グラフィック薄氷大魔王[646]本棚にフィギュアを置くスペースを空ける/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,300文字)



2年以上も作り放題してきたフィギュアの、置き場所がなくなってきた。3×5=15マスの本棚を何コマか空ければ、いくつか置けるぞ……。

あらためて本棚を観察してみた。現在の本棚の内容内訳↓
http://www.yoshii.com/dgcr/hondana-zu.png

2008年の本の大処分、2011年からの書籍自炊を経て、部屋や廊下を埋め尽くしていた書籍はすでに4マス分まで減ってる。

残り11マスの大半は、処分できない掲載誌や印刷物のストック、書類やスケッチなどの箱、ポートフォリオやページ保存などのクリアブック、イラストのプリントの束、筆記用具やスプレー缶など。11冊もある未スキャンのクリアブックをどうしよう? 問題も残ってる。

スキャン・選別して残す分を段ボールに詰め込んで、トランクルームに運んでしまえば、軽く6マス分くらいは空きそう。そうすればフィギュアが置き放題w 同時に、フィギュアに占領されてる小さいデスク2台も空けられるわけだし。

で、2月1日からスキャン作業を始めた。スタートダッシュである程度片付けてしまおうってことで。ScanSnapとフラットベッドスキャナをフル回転。「控えとしてスキャンし、原本が残る場合はトランクルームへ」を原則とする。





●今回のScanSnap作業で新しくやってること

◯クリアブックそのまま「自炊」

中身の無数の印刷物、従来はスキャンしたら画像として保存してたけど、数が多くなってくるとわけがわからない。ファイル名をつけるのも大仕事。

なので、基本、クリアブックに入れてあるそのままでPDF化することにした。順番や整理を考えなくて済む。

また、過去にスキャン済みの番号付き画像もAcrobatでPDF化。何百枚何千枚の画像が、数十個のPDFになって扱いやすくなる。

◯エクセレントモードで取り込んで縮小

スーパーファインモードの2倍の解像度のエクセレントモードでPDF化→300ppiで最適化保存すると、とてもキレイ。

今までも、モアレを軽減するためにエクセレントで読み込み、Photoshopでボカしてから縮小するのは画像でScanSnapする際にやってたけど、PDFの場合も有効。ボカシの工程が入らないので、少々モアレっぽさは残るけど、シャープできれい。

スーパーファインモードに比べての、縦横の比率の正確さは先日確認済み。画像が必要なときは、Acrobatから300ppiで画像書き出しすればいい。PDFと画像を別々に二重に保存しなくてよくなった。

◯白い紙をしおりとして挟む

複数ページの記事をいくつもいっぺんに読み込むと、どこが切れ目かわからなくなる →白い紙を挟んでスキャン。後でAcrobatで不要なページを削除したり注釈を加えるなど編集するとき、サムネールがめちゃくちゃわかりやすくなった。

ScanSnapの操作画面に、「白紙を1枚追加」ってボタンがあれば便利だろうな(片面モードで1枚、両面モードでは2枚みたいに)。

◯最終保存解像度を変更

Acrobatで最終的に保存するとき、「最適化してPDFを保存」のとき、閲覧用になるべく軽くするため180ppiに縮小してた。主に、書籍自炊したPDFをiPadに大量(千数百冊)に保存するのに都合がいいから。スーパーファインモードの300ppiでは容量を食いすぎる。

300ppiのPDFを見ると、そりゃもう180ppiよりだんぜん画質がいいに決まってる。作品集なんかを自炊する場合、間をとって240ppiで保存することにした。

あと、今までの書籍自炊の途中段階ファイル=「300ppiで取り込んで最終保存する前のPDF」は、BD-Rに保存してあるので、そのうち画質が重要なものは240ppiで保存しなおそう。

●スキャン作業が一段落

約2週間で主なスキャン作業は終了。フィギュアのために空けられたのは4マスにすぎなかった。あと1〜2マス空けるには「もう一段階上の決断」が必要。単にトランクルームに移動するだけなら簡単だけど、「原本と控え」の原則はできるだけ守りたい。

雑多な印刷物などで、スキャン済みがけっこう多かったのが想定外。2005年に集中スキャンして以降、意外とまめにスキャンしてきたようだ。画質は今回スキャンしたものと変わらない。

●フラットベッドスキャナの地位

フラットベッドスキャナの地位が下がりつつある。エクセレントモードのScanSnapのすごさ。ペラの紙でなきゃ通らない弱点はあるものの、光のムラはないし、とにかく速いし、PDFになって扱いやすいし。

ScanSnapメインでぜんぜんいいやって感じ。


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

スキャン作業が済んでも、画像やPDFの整理はほとんど手付かず。まあ今年中に片付けばいいや。

80年代後半の、デザイン事務所時代のイラストが載った古〜い印刷物なんかをスキャンしてるとき、たまたま、カイリー・ミノーグのファーストアルバムをBGMにしてて、衝撃を受けた。

「どちらも88年頃! 当時のイラストは笑っちゃうほど古いのに、カイリーの歌声も楽曲は今も瑞々しい!」って。

あと、本棚を整理してたら、少なくとも6年以上行方不明だった30cm定規が出てきたw


○吉井宏デザインのスワロフスキー

・三猿 Three Wise Monkeys
https://bit.ly/2LYOX8X

・幸運の象 LUCKY ELEPHANTS
https://bit.ly/30RQrqV

・SCS ペンギンの赤ちゃん PICCO
https://bit.ly/2JStbC4