グラフィック薄氷大魔王[655]PLAに適した接着剤はどれか? 選手権大会/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,400文字)



3DプリンタのPLAという材質を接着するのに、どの接着剤を使うのがいいか? 選手権大会。

出力失敗の薄板と、新しく直径12mmの円柱を出力して9個用意。軽くサンドペーパーをかけてそれぞれ接着し、数日後、ちゃんとくっついてるか確認する。
http://www.yoshii.com/dgcr/secchakuzai-IMG_2600.jpg

前もって検索したところ、以下にリンクした記事でもけっこうまちまち。実際やってみればはっきりするだろう、ってことで。

セメダイン社による素材別3Dプリント接着検証
https://idarts.co.jp/3dp/cemedine-mft2018/

3Dプリンターの造形物をくっつけよう! ~FDM編~
https://www.cemedine.co.jp/cemedine_reports/3dFDM.html

接着剤をいろいろ試す -PLAの接着
https://3dp0.com/adhesive/

従来は瞬間接着剤とエポキシ接着剤を、交互に塗布して接着してた。瞬間接着剤が良好なのは知ってたけど、僕的にはUコン時代から使ってきたエポキシ接着剤が最強という認識だった。瞬間接着剤って一発勝負だから、神経使うのが苦手。

ところがちょっと前、エポキシのみで接着したパーツ部分を不用意に持ち上げたらポロッと取れたorz 接着部分に残ってたエポキシ接着剤は、爪で強く掻いたらベロベロと剥がれた。ぜんぜんくっついてないじゃん! ってことで、今回のテスト。いろいろ用意した。
http://www.yoshii.com/dgcr/secchakuzai-IMG_2581.jpg





ラベルをよく見たら、ボンド「GPクリヤー」は合成ゴム系=両側に塗ってしばらく乾かして圧着するアレで、今回の用途には適してないと判明。まあついでなので、以前ウレタンスポンジを接着するために購入したけど、「やわらかめ」なので、今回のテストから外してあったボンド「SU」もラインナップに加えてみる。

今回の中ではセメダイン社おすすめだし、使いやすそうな「ABS用」が適してるという結果を希望。どうなるかな? (エポキシ系は本当にダメなのか確認するためにラインナップしてある)

普通に考えての予想では、瞬間接着剤はどれも良好(特にガレージキット用のX3G)、次点でABS用。エポキシと柔らかい系2つはダメ。って感じかな。瞬間接着剤とABS用は、無理やり取ると薄い板がちぎれるくらいにはくっつくと思うけどなあ。

究極の強度は不要。扱いやすい接着剤で、ある程度の強度が出ればいいかなとは思うけど。

ところで、PLAには最強って複数の記事で言われてる「アクリサンデー」というアクリル接着剤。3Dプリンタを使う、造形のプロ・織田隆治さんに奨められたこともあって、遅れて購入。

●結果発表

「PLAに適した接着剤はどれか? 選手権大会」の結果。ほぼ予想通りで、あんまり面白くないけどね。

瞬間接着剤はすべて良好(強くひっぱると薄板がちぎれるほど)。エポキシ含む柔らかい系はきれいに剥がれ、ABS用も残念ながら柔らかい系だったため、他と同様きれいに剥がれた。
http://www.yoshii.com/dgcr/secchakuzai-IMG_2601.jpg

追加テストとして、上記のアクリサンデーも使ってみたのだが(写真下の「アクリ」と書いてある部分)、さすがに溶着、完全一体化してて、剥がせない。

結論としては、「アクリサンデーをメインに、瞬間接着剤を補助に」って感じだろうか。

●おまけ:アクリサンデーの接着練習

で、アクリサンデーの接着練習用に丸い板を出力、くっつけてみるテスト。

スポイトの先端をライターで炙って、引っぱって細くして注入(注射針のような注入容器が付属してるけど、本番で使うつもり)。
http://www.yoshii.com/dgcr/secchakuzai-IMG_2604.jpg

垂れた個所のPLAがブニブニにやわらかくなってる。中を覗くと溶けて融合した部分が見える。そりゃ強力だわ。雑だけど、溶け合ってるのがわかる個所。
http://www.yoshii.com/dgcr/secchakuzai-IMG_2605.jpg

24時間くらいで余計な溶剤が揮発するらしい。全体ベタっとくっつかなくても、2〜3個所ポイントで溶着すれば強度は十分。


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

部屋にこもって集中制作してると、3日おきに週末が来る感じで慌ただしいw

接着テストはずいぶん前の話。GW前の4月22日号に「禁断の立体制作に手を出してしまった」と書いた。4月半ばから仕事と並行して4点の立体制作にかかりきりだったが、いちおう完成。一か月以上かかってしまった。

コロナ自粛が言われ始めて以来、TDWキャラや仕事でバリエーションを作ったものも含めると、100個弱は3DCGで「完成作品」を作ってるわけで、アナログ制作でスピード感が極端に落ちるのが、精神的にキツくてキツくてw

特に今回は、出力物にエポキシ樹脂のコーティングを試したのだけど、これが結果的に一週間をほぼムダにする原因となった。塗装もめちゃくちゃ時間かかるし。もうイヤ! って感じw

もうそろそろ立体制作は卒業ってことにしようか(3回目だw)……などと考えてたら、「サクサク削れるPLA樹脂フィラメント」というものを知ってしまい、もう次のが作りたくてしょうがなくなってる。懲りろ!w

○吉井宏デザインのスワロフスキー

・三猿 Three Wise Monkeys
https://bit.ly/2LYOX8X

・幸運の象 LUCKY ELEPHANTS
https://bit.ly/30RQrqV

・SCS ペンギンの赤ちゃん PICCO
https://bit.ly/2JStbC4