[5016] 卵黄風ソース好き◇オンライン授業のための半端ない出費

投稿:  著者:



《仕事部屋は機器のカオス状態》

■グラフィック薄氷大魔王[655]
 「卵黄風ソース好き」他、小ネタ集
 吉井 宏

■ネタを訪ねて三万歩[182]チェック
 オンライン授業のための半端ない出費
 海津ヨシノリ
 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グラフィック薄氷大魔王[655]
「卵黄風ソース好き」他、小ネタ集

吉井 宏
http://bn.dgcr.com/archives/20200527110200.html
───────────────────────────────────

●メガネが壊れて偶然が役に立った話

近々メガネの蝶番が壊れてることに気がついた。2本の支柱のうち1本が根元から折れ、1本の支柱でなんとか繋がってる状態。もう1本折れてしまうと、仕事に支障が出てしまう。近々メガネはデスクトップのディスプレイを見る用に、距離を調整してあるから。メガネ店に電話したら、修理は3〜4週間かかるとの
こと。

で、2014年に作ったこの近々メガネは、その2年後に作った遠近メガネと同じメーカーの同じフレーム。狙ったわけじゃなく、店頭にあったフレームを選んだら同じ型(色違いというか、下半分の色が薄いバリエーション)だった。
http://www.yoshii.com/dgcr/megane-P5262484

同型フレームなら、もしかして、レンズを入れ替えできるかも! 聞いてみたら、可能! と。さっそくメガネ店に行って、レンズを入れ替えてもらった。壊れてるほうのフレームは修理に出した。普通のメガネは他に2本持ってるから、遠近メガネがなくてもとりあえず困らない。

同じフレームで微妙な色違い、どちらが遠近か近々か、しばしば取り違えて困るという間抜けなことをやってたのだが、役に立つときが来たw

●卵黄風ソース好き

最近、弁当やカップ麺なんかについてる「卵黄風ソース」の、本物っぽく濃厚な味が好きw というのは、生卵にはいつもは何の抵抗もないけど、ごくたまに生臭くてダメなことがある。その心配がない加工食品の卵黄なら安心だから。

ふと検索したら、業務用で売ってるのね。冷蔵庫に常備したい。他にもキューピーの卵黄風製品はいろいろある。業務用なので入手むずかしいかと思ったら、楽天はじめいろんなサイトで買えるっぽい。
https://www.kewpie.co.jp/prouse/products/detail.php?p_cd=10600
https://bit.ly/3dR1AyK

こんな記事も。

「コンビニ弁当の卵黄は『卵黄風』のソースだった 広報は『業務用なので一般の方は買えない』とコメント」
https://bit.ly/2Ls7XfH

逆に、鶏卵の加工品がダメと思われるパターン。ベーカリーのパンでエピが特に好きなんだけど、ときどき生臭くてダメなことがある。エピ以外のパンでも時々生臭い。推測だけど、乾燥卵白というか卵白パウダーを使ってるのがダメな気がする。

●謎の曲、もうひとつ判明

最近何度か書いてきた、鮮明に覚えてるけど何だかわからない音楽を調べるシリーズ。「昔エアチェックしたラグタイムピアノっぽい曲」はガーシュインの「Do, Do, Do」と判明。大昔、近くの音楽教室で歌われてた歌は「ヤマハ音楽教室の歌」とわかった。

「バラエティ番組で勇ましいシチュエーションの時にかかるファンファーレ」はまだ何かわかってないのが残念。

で、もうひとつ。しばらく前に思い出し、それが何だったのかわからない曲、というか、アルバムを探してた。

1920年代の何とかいう有名なメロディが流れる中、機関銃やクルマの「バキューンバキューン、ダダダダ、キキキーッ」みたいな効果音が重なって、禁酒法時代のギャングの抗争って感じに盛り上がる。

なにかのB面だったと思う。Stars On 45か、Hooked Onシリーズか、ミーコの「スター・ウォーズ」か、そんな感じでいろんな音楽をディスコ調に編曲したアルバムのB面という記憶。Apple MusicやYouTubeで探してたんだけど、見つからない。

で、さっきふと思い出した。ミーコは「スター・ウォーズ」と別アルバムで「未知との遭遇」を出してなかったか? それのB面だったりして? と思って検索したら、大当たり! これだこれ。あったあった。

「Meco - Encounters Of Every Kind」の「Crazy Rhthym」


デザイン学校に入りたての頃、貸しレコード屋で借りてカセットテープに録音したはずなので、たぶん1981年頃。39年前だw


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

緊急事態宣言は解除されたけど、感染防止はもともと自主的なものなんだから、制限がなくなったこれからが勝負だよ。と、宣言前と宣言中と宣言後の生活がまったく変わらない僕が言ってもねw とはいえ、お仕事的にはシャレにならない影響もあったりする。あこがれの「V字回復」目指してガンバル。

○吉井宏デザインのスワロフスキー

・三猿 Three Wise Monkeys
https://bit.ly/2LYOX8X

・幸運の象 LUCKY ELEPHANTS
https://bit.ly/30RQrqV

・SCS ペンギンの赤ちゃん PICCO
https://bit.ly/2JStbC4


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ネタを訪ねて三万歩[182]
オンライン授業のための半端ない出費

海津ヨシノリ
http://bn.dgcr.com/archives/20200527110100.html
───────────────────────────────────

●仕事部屋は機器のカオス状態

引きこもりも二か月目が過ぎようとしています。さすがに運動不足は拭えません。注意しないと危ないですね。で、テレワークというか、オンライン授業という新たなハードルが突如として湧いてきたので、出費も半端ないです。

細かい出費はきりがないのですが、新たにAndroidタブレット、マイクロフォン、オーディオインターフェイス、ライブプロダクションスイッチャー。そして、もう一台の大型モニターなど、他にも色々と買い込んでしまいました。

ただし、一部の製品は入荷未定なので、夏頃になる可能性大です。もう少し早めに発注していればよかったのですが、やはりアウェーの製品は下調べが肝心ですからね。これからは必需品になるでしょうし……。

・Androidタブレット(人生初)

Windows、macOS、Android、iOSに対応できないと、授業が成立しない科目があるのです。昨年購入したiPad miniも当然使っていますが、何故か私のMacとの接続が上手くいかない。そもそもiTunesとの接続で、過去にデータを二度飛ばしているので、正直、信用していないわけです。

私の場合、普段からWindows、Mac、Tablet、iPhone間でデータのやりとりをしているので、イライラが募ってとうとうGoogleドライブ一本で管理することにしました。もっと早く気が付けば良かったレベルで大満足。OneDriveもあるし、便利な世の中になりました。

・マイクロフォン

内蔵マイクはイマイチなのと、所有しているICレコーダー用の外部マイクもあるのですが、相手にとって聞きやすい環境作りは大切なので思い切って購入。なんだか怪しいYouTuber的な部屋になって苦笑い。

・オーディオインターフェイス(人生初)

マイクを買ったら、マイクロフォンの性能を引き出すために必須。まだブツが届いていないので、良くわからないです。

・ライブプロダクションスイッチャー(人生初)

一眼カメラ、PC、タブレットと、瞬時に画面を切り替えて授業をしたいので。今年の2月に行なった「page2020」のセッションで実際に使い、その機能が気に入ってしまったので。

ただし、こちらもブツがまだ届いていないので謎々です。たぶん7月に入らないと届かない感じ(>_<)……デジクリ的には、8月配信号でないとお話できないかも(>_<)

・大型モニター

これでMacBookProもダブルモニターとなります。モニターは数あった方が面積も増えるので、色々と複数の資料やソフトを起動して画面確認が出来る。3台のマシンがすべて2モニター以上なので、学生からの質問に素早く対応できる。

・4代目のXP-Penタブレット

マシンの台数すべてに添えるのは、さすがに現実的ではありませんが、最低限の環境だけは揃えたいので、XP-Pen Deco Pro Smallをゲット。ちなみに、今までのも含めて、すべて機種が違うのがポイント。気分ですね。

・グリーンバック

仕事部屋はカオス状態なので、背景として残念な絵になってしまうため、グリーンバックを購入したのですが、商品が届いてセッティングしたあとに、某案件が発生して、急遽使っていない部屋をプチスタジオにしました。

と言っても、緊急だったのでMAcBookPro一台ですが……背景処理しなくても良い空間なので助かりました。そういえば、digiCamControlというツールで、Nikon D7000をWebカメラにしているのですが、どう設定しても映像がノートPCのWebカメラ以下の画質でガッカリ。

ライブプロダクションスイッチャーまでの繋ぎのつもりでしたが、これじゃ、ドネーションを払う気になれないですよ〜(>_<)

digiCamControl
http://digicamcontrol.com/

あっ、別にYouTuberになるわけではありません。すべてが揃うのはいつになることやら……。とにかく時間がないので、今手元にある機材と環境でスタート、少しずつ構築というわけです。

●もっとオタクを育てないと

これからは、打ち合わせという時間は減るでしょうね。たいていの人はオンライン対応できるようになったわけですから、案外と気軽に問い合わせや打ち合わせができるようになると思います。

で、オンライン授業になったことで、通常の授業の3倍ほど負担が掛かることを痛感して、ゲッソリしています。とにかく、メールでの問い合わせが半端ないので。

それを回避するためにTeamsやGoogleドライブ、Moodle等を活用しているのですが、やはり直接メールが桁違いに多いですね。大学によってはポータルサイト経由のメールシステムがあるのですが、学生が集中しているのか? メールの案内が翌日になってしまうなど、もう本当に予想外のところで問題というかトラブルが発生しています。

個人的に感じたのは、大学図書館のデジタル化の遅れですね。それと、Web会議もスマホで参加している学生の通信費を考慮して、音声だけか、できるだけ短く! というアナウンスも出始めているようです。

私も初回のみ映像でしたが、結局、それ以降は音声だけにしています。日本の通信費って高すぎますからね。何とかならないんですかね〜。

しかし、仕事の関係で、急遽メールアドレスが某所から発行されることになったのです。オンライン会議用に必要なのですが、細かい内容についてはここでは省略します。

問題はその手続き。まず申請書をFaxまたは郵送するわけです。そしてメールアドレスとパスワードが記載された書類、そして受領書が数日後に郵送されてきました。受領書に捺印してFaxまたは郵送……。頭の中がクラクラしてしまいました。

納品&請求書だって、20年以上前からPDFで処理しているところもあるのに、同じ国に住むとは思えない落差に腰砕け状態です。新幹線と馬車が混在している、パラレルワールドなのかもね。

しかし、オタクの私はある意味完全に毒されているわけで、学生にとっては外国語の授業と感じる者も少なくありません。高校での情報の授業に対する力の入れ方が、もろに影響していますね。もっとオタクを育てないと。世界はオタクで回っているんですから〜。

■今月のお気に入りミュージックと映画
--------------------------------------------------------------
"Jumanji: The Next Level" on Jacob "Jake" Kasdan in 2019(USA)

邦題「ジュマンジ・ネクストレベル」。前作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017)」の続編です。

今回は現実世界の初老の二人……ダニー・グローヴァー演じるマイロ・ウォーカーと、ニー・デヴィート演じるエディ・ギルピン。そして、ジュマンジの世界には無関係なのだれど、最後に登場するビビ・ニューワース演じるノラ・シェパードがポイントですね。

とても気持ちのいいコメディー作品でした。カレン・ギラン演じる、ルビー・ラウンドハウスがキュートですね。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のネビュラと同一人物とは思えないです。

とくにこのシリーズは、1982年の「ジュマンジ」、そして精神的続編「ザスーラ(2005)」は好きな作品です。ただ、少しだけミン・フリートフットのキャスティングには「?」でした。

個人的には、ティファニー・ハディッシュあたりに弾けてもらいたかったかも……。とにかく、前作のメインキャストが全員が続投しているのもいいですね。もうネタないでしょ〜と思ってお気軽に観たのですが、意外と楽しめました。さしがに、もう次はないと思いますが……。

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』予告


映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』新予告


今月の音楽は、引きこもっているので〈伊福部昭祭り〉としました。1958年から1975年にかけての、SFのあの曲です。

伊福部昭 ─ 東宝映画の行進コレクション Vol.2


伊福部昭 ─ 東宝映画の行進コレクション Vol.3


伊福部昭 ─ 東宝映画の行進コレクション Vol.4


伊福部昭 ─ 東宝映画の行進コレクション Vol.5


大怪獣バラン(1958)
宇宙大戦争(1959)
キングコング対ゴジラ(1962)
海底軍艦(1963)
宇宙大怪獣 ドゴラ(1964)
フランケンシュタイン対地底怪獣(1965)
怪獣大戦争(1965)
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966)
キングコングの逆襲(1967)
怪獣総進撃(1968)
緯度0大作戦(1969)
ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣(1970)
メカゴジラの逆襲(1975)


【海津ヨシノリ】グラフィックデザイナー/イラストレーター/写真家/お菓子研究家

yoshinori@kaizu.com
http://www.kaizu.com
http://kaizu-blog.blogspot.com
https://www.facebook.com/yoshinori.kaizu
https://twitter.com/Yoshinori_Kaizu

引きこもり生活ゆえにお菓子作りを楽しんでいるのですが、小麦粉類がスーパーから消えてガッカリです。理由が分からず混乱しているのですが、突然パン作りが密かに流行っているのでしょうか? 

しかし、引きこもって二か月過ぎていますが、なんというか……元々引きこもり的な生活だったので、ちょっと不謹慎かも知れませんが、実感がないんですよね。散歩ができなくなったので、スナップ撮影ができないことが少々ストレスを溜めるかも。

で、今回の件で妙な現象が発生してビックリ。もともと私は文章を[カナ変換]で行っていました。ここでもネタにしましたが、一時期[ローマ字変換]に変更しました。でも直ぐに挫折した経緯がありましたが、それでも大学では[ローマ字変換]で通していました。

その関係で家でもWindowsマシンは[ローマ字変換]になったのですが、久しぶりに使ったMacBookProで、[カナ変換]がメタメタになってしまいました。[ローマ字変換]ならサクッといけるのです。

もう何が何だかわからなくなってしまったのですが、ようやく原因が判明しました。黒いキーボードだと[ローマ字変換]、白いキーボードだと[カナ変換]という体になってしまったようです……。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(05/27)

●偏屈BOOK案内:小林信彦「最良の日最悪の日」

「NHKの大河ドラマは、何年かごとに『忠臣蔵』をとり上げる。今年は『元禄繚乱』というタイトルで、またしても『忠臣蔵』である。視聴率が下がると、『忠臣蔵』が出てくるらしい」と小林信彦が書いたのは、ちょうど20年前だ。1963年から始まった大河ドラマは、2020年で59作目。実際に「忠臣蔵」をやったのは、わずか3回しかない。最も新しい大石は1999年の中村勘九郎であった。

「忠臣蔵」は現実の赤穂事件の47年後に上演され、大ヒットしたきわめて「よくできた」芝居だ。フィクションである「忠臣蔵」と、リアル「赤穂事件」とは違うものだが、「忠臣蔵」があまりにも有名でポピュラーなので、いつのまにかごっちゃにされた。いまでもフツーの人(とくに年配者)は、赤穂浪士は善で吉良家は悪と割り切って、浪士側(とくに大石)に思いを入れるだろう。

小林信彦は日本橋両国の生まれで、赤穂事件が300年近く前のこととはとても思えず、子供の頃から、ひとりの老人を47人のサムライが殺しにかかるのがおかしいと思っていた。長じて作家になってから、てまひまかけて「裏表忠臣蔵」を書いた(1988)。ところが1994年に野口武彦の「忠臣蔵」(ちくま新書)が出た。ドラマ性を排除して「赤穂事件とは何か」だけにテーマを絞っている。

「著者には失礼だが、こういう書物があれば、ぼくはあれほど苦労せず、もっとデタラメを書けたのだった。『赤穂事件』についての資料は山ほどあるが、どれが信用できるのか、素人にはむずかしい。野口氏の労作は、そこが極めて明解である」。そこでわたしも野口武彦を読むことにした。文庫本を整理したら、「忠臣蔵」モノは20冊あった。他に単行本もあり、さらに増えそうだ。

・中島丈博「元禄繚乱」・森村誠一「吉良忠臣蔵」・池宮彰一郎「四十七人の刺客」・森村誠一「忠臣蔵」・堺屋太一「峠の群像」・鈴木輝一郎「美男忠臣蔵」・池宮彰一郎「その日の吉良上野介」・池宮彰一郎「最後の忠臣蔵」・縄田一男編「忠臣蔵コレクション 本伝編」・岳真也「吉良の言い分」・小林信彦「裏表忠臣蔵」・山田風太郎「妖説忠臣蔵」・清水義範「上野介の忠臣蔵」・渡辺保「忠臣蔵 もう一つの歴史感覚」・池宮彰一郎他「異色忠臣蔵大傑作集」・岳真也「吉良上野介を弁護する」・朝松健「妖臣蔵」・井沢元彦「忠臣蔵元禄十五年の反逆」・山田風太郎「明治忠臣蔵」……他にもまだある。

「『忠臣蔵』というのはきわめて〈よくできた芝居〉だが、大ざっぱにいえば、現実の〈赤穂事件〉の四十七年後に上演され大ヒットした。いうまでもなく、フィクションである「忠臣蔵」と、モデルになった「赤穂事件」は違うものなのだが、「忠臣蔵」があまりにポピュラーなので、この二つはごっちゃにされた」。松島栄一「忠臣蔵」(岩波新書)にその事実が書かれている。(柴田)

小林信彦「最良の日 最悪の日 人生は五十一から/2」2003 文春文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167256126/dgcrcom-22/

わたしは大河ドラマなんて一度も見たことがない。そもそもドラマどころか、テレビを見るのは正午のNHKニュースと、夕食時の民放ニュースだけである。


●「卵黄風ソース」なんてのがあるのか! スライスたまごまであるっ。

/ある日の後記、脱脂粉乳続き。あるサイトから抜粋。

「牛乳が濃縮された形となっているので、牛乳と比べてもたんぱく質、カルシウム、乳糖(ラクトース)などの栄養価が高め。カロリーは低く、ダイエット食品としても適しています。」

「妊婦さんにも安心の飲み物」「ドリンクとして〜はちみつやショウガを入れるのがおすすめ」「きな粉やシナモンも」「コーヒーや紅茶のミルク代わり」

「年単位の保存性が望めるスキムミルクは、ホームベーカリーでのパン作りやお菓子作りの材料にとっても最適!」

「本格的な美味しい天然酵母パン作りをするためにも、スキムミルクは必要な材料」

知らなかった。(hammer.mule)

スキムミルクとは? 毎日食べる私が教えるおすすめスキムミルク14選!
https://tobuy.jp/eat/sweet/post-116