エセー物語(エッセイ+超短編ストーリー)[49]エッセイ 文字の髪をもつ姫 たなかなつみ 超短編ストーリー メリーゴーランド
── 柴田友美 ──

投稿:  著者:



エッセイ「文字の髪をもつ姫」

たなかなつみ作品、英訳のご紹介
今回は、たなかなつみさんの作品が英語版を紹介します!
日本語タイトルは「文字の髪をもつ姫」
英語のタイトルは「The Princess Whose Hair Was Writing」です。
(Toshiya Kameiさんという方が翻訳されてるようです)





◎ The Princess Whose Hair Was Writing

Once there was a kingdom without writing. To be precise, the only person who possessed letters in the kingdom was the princess. To be more precise, the kingdom’s only written language was the princess’s hair. The princess had been obliged to wear her hair rather long since her birth. The ancient secret letters of the kingdom were magically passed down from the queen to the princess. The princess let her hair grow forever and braided it with her small fingers. Her hair was the most important artifact in the kingdom, and no one was allowed to touch it. The princess’s braided hair conveyed all kinds of information. Sometimes it served as a signpost for politics, at other times it heralded each season’s arrival. Her thick, rich hair was admired throughout the kingdom, and the princess was expected to have character traits that inspired such admiration.
The current princess especially, praised for her virtuous qualities, attracted reverence from her subjects. Blessed with alluring looks and abundant, cascading hair that would cover her slender body and all the floors of the castle, she was a symbol of the kingdom.
A prince from a neighboring country arrived with a retinue of soldiers. He had no idea that the princess’s hair was writing. Yet, dazzled by the beauty of her lush, long hair, he kissed it and courted her. The princess accepted his courtship, and the two kingdoms were united, putting an end to the scuffle between them. Everyone praised the princess reasoning that all was due to her virtue.
The princess sat by the window and wove her hair into braids. Then she covered her mouth with her copious hair and yawned, her jaws agape. “Oh, how boring. I hate it. I really hate it. I never thought I’d have to marry such a mediocre prince. I was waiting for someone decent. He’d bring a big beautiful knife and cut my hair short with its blade, once and for all ‘Princess,’ he’d say, ‘I’ve come to take you away. A musty old castle like this doesn’t suit you.’”
In the meantime, the princess kept braiding her hair. Her ever lengthy hair flowing through the window of the castle was her next diplomatic move. She wouldn’t stop there. In order for this small kingdom to survive and thrive, her balanced foreign policy was more important than anything else.
The princess continued to braid her hair while mumbling, “I hate it. I really hate it.”

By Natsumi Tanaka
Translated by Toshiya Kamei

初出はThe Fanzine、2019年


◎エッセイ「文字の髪をもつ姫」
たなかなつみ

その国は、文字をもたない国だった。正確に言うと、文字を有しているのはその国の姫だけだった。もっと正確に言うと、その国の文字は姫の髪だけだった。

姫には長い長い髪を伸ばすという義務が、生まれたときから課せられていた。国に伝わる秘密の文字は、女王から姫へと口伝される。姫は長い長い時間をかけて髪を伸ばし、その小さな指で髪を編んだ。誰にも触らせることのない、国いちばんの大事だった。

姫の編む髪は、あらゆる情報を伝える。ときに政治の道しるべとなり、ときに季節の訪れを伝える。量が多くて長いその髪は国中の憧れで、そして姫はその憧憬に堪えるだけの人格をもたねばならなかった。

特に当代の姫は徳が高く、国民の崇敬の的となっている。美しい容貌と姿態をもち、その身を覆って床を這い城中を覆い尽くすほどの豊かな髪の持ち主は、それだけで国の象徴だった。

他国の王子が現れる。王子は姫の髪が文字だとは知らない。ただ、その豊かな長い髪の美しさに圧倒され、その髪に口づけし、姫に求愛する。姫はその求愛に応じ、二国の融合が果たされ、戦が終結する。皆すべて姫の徳によるものだと称賛する。

姫は窓辺に座り、小さく髪を編む。そしてその豊かな髪で口元を隠し、大きくあくびをする。あぁあ、退屈。やんなっちゃう、やんなっちゃう。あんないけ好かない感じの王子と結婚しなくちゃだなんて。もっとカッコイイ男を待ってたのに。見とれるほどに美しいナイフを持っていて、その刃でわたしの髪を短く刈っちゃうのよ。お嬢さん、迎えに来たよ、こんなかび臭い城はあんたには似合わない、とか言って、きゃー!

その間も姫はせっせと髪を編み続ける。城の窓から流れる長い長い髪は、姫から放たれる次の外交の一手。ここで終わりにはしない。この小国が成り上がるためには、姫のバランスのいい外交政策が何より大事なのだ。

姫はせっせせっせと髪を編み続けながら、やんなっちゃう、やんなっちゃう、と呟き続ける。

――了――

オリジナルサイトはこちら
THE PRINCESS WHOSE HAIR WAS WRITING
http://thefanzine.com/the-princess-whose-hair-was-writing/

文字の髪をもつ姫
https://note.com/tanakan/n/n3b8b0a625fc7

これも英語と日本語、両方読むと面白いです!
美しい文化、姫の嘆き、笑ってしまいます!
(たなかさん京都や…。大阪の私がこんなん言ったらしばかれる……)

しかし理想の王子様になるというのは難しいですね……。

たなかなつみさんのホームページはこちら
(ここで他の英訳された作品を読む事ができます。)
http://www.max.hi-ho.ne.jp/tanakan/writing.html


◎超短編ストーリー「メリーゴーランド」

いくらジョウロを使っても、自分が形にならない。
あきらめてプリンを食べていると、空からメリーゴーランドが降ってきた。


【柴田友美(しばたともみ)】

短いお話を書いています。
huochaitomomi@gmail.com

群青コースター(Kindle版)発売中!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MF8HE57/dgcrcom-22/
私個人のホームページ
http://mrs-mayo.babyblue.jp/menu/index.html