Otakuワールドへようこそ![332]コロナ禍のステイホームで募るイライラとムラムラ
── GrowHair ──

投稿:  著者:



さしものコロナ禍もそろそろ終息に向かいそうな按配だ。折しも、桜は葉っぱが満開で、公園などは葉っぱ見の人々でにぎわっている。学校の授業が再開されたのか、街では夏用の制服姿の女子学生の姿をよく見かけるようになった。そろそろセーラー服姿のおじさんが、再び姿を現してもいいころか。まずは伸び放題のスネ毛を剃らねば。

さて、今回は、小ネタ。





●カタカナの似合わない新宿

昔、大都市周辺で運転された近距離専用電車を「国電」と呼んでいたが、国鉄が民営化されてJRになったタイミングで「E電」と名称変更された。ムズムズするのは私だけではなかったようで、新名称はまったく定着せず、その後、表示から消えた。

脳内BGM:沖田浩之『E気持』

山手線品川駅の北側に新駅が開業して、その駅名が「高輪ゲートウェイ」。懲りないねぇ。「ゲートウェイ」って長ったらしい。しかも、日本語として一般になじみがなく、牛柄のパソコンを思い浮かべてしまう。

知り合いの知り合いに新型コロナに感染した人がいて、感染源として心当たりがあるのは、この新駅を開業初日に見に行ったことぐらいだそうだ。コロナゲートウェイ。

で、今度は「東京アラート」と来たもんだ。東京タワーにプリンとアイスクリームを添えたイラストを描いてる人がいた。はいはい、東京アラモードね。

じゃあ、問題。「新宿___」だったら、何がはいる?
♪ 新宿西口駅の前~

いやいや、カタカナで。意外とスッとは出てこない。映画で「新宿スワン」。ジャズライブハウスで「新宿ピットイン」。どっちも私は知らなかったよ。

ストリップだと「新宿OS劇場」(※)、「新宿モダンアート」、「新宿TSミュージック」があったが、どれも閉館している。「新宿ニューアート」は健在だ。健やかかどうかはいざ知らず。カタカナをつけてもカッコよくならなくて、いかがわしくなっちゃう。それが、新宿。

※OSとは“Operating System”ではなく、「大阪ストリップ」の略である。

ちなみに、“nude”という単語は「ヌード」と発音するのが一般的だが、地方によっては「ニュード」と発音するようで。そのほうが感じが出てると思う。

新宿ゲイタウン。伝統と格式ある二丁目ですね。古くからあるけど、和製英語ではないところがよい。

読んでた小説の中に「バスローヴ」という表記が出てきて、ブッと吹いたことがある。お耽美な世界を描写する流れで、うんと気取って使ったのだろうが、元の英単語が“bathrobe”なもんで「バスローブ」じゃなきゃおかしい。作家のみならず編集者も少しは英語勉強しろ。

サラリーマンの基本給が上がることを「ベースアップ」と言うが、和製英語だ。それをさらに「ベア」と略しちゃう。あの感覚には加齢臭が漂ってくる。

感覚的には新しくても、いわゆる「意識高い系(笑)」の用語はやっぱりなじみづらい。予定変更することを「リスケ」って……。フランス語由来の英単語に“risque”というのがあり、「際どい下ネタ」という意味だ。

ホワイトボードの行き先に「TW」と書いている人がいて、台湾に行っているのかと思いきや、テレワークだった。外出先から会社に戻らずに帰宅することを「NR」と書くのには慣れたけど。ノー・リターン。英語だと「返品お断り」の意味だ。

脳内BGM:野坂昭如『マリリン・モンロー・ノー・リターン』

「新宿アルタ」。ああ、二幸のことね。「新宿メトロプロムナード」。地下連絡通路。JR新宿駅のたくさんの線路の下をくぐって西口と東口をつなぎ、さらに、東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅に至る。

黒い素材でできた3人のニュード女性像は、ものごころついたときからあった。開通したのは昭和34年。オレより年上だ。そんなに古いのに、フランス語なのがオシャレだ。

コロナ禍もそろそろ終息が近いかというムードの中、新宿区だけは、新たな感染者を出すことで目立っており、「夜の街」が世間から槍玉にあげられている。「新宿コロナエピセンター」なんて、どうだろ? 震央。

秀逸なのは、これ。「新宿ユリコガーデン」。考えてくださったM野さんは編集のお仕事をされているようで。さすが、言葉のプロ!

●むずかしいパソコン

会社から貸与されたノートパソコンは、使い勝手のよいものではなかった。キーボードが小さくて、指を縮めて打たないとならない。マウスをつけてくれなかったので、キーの並びの手前についているパッドを指でこすってカーソルを動かすのだが、これがなかなか思い通りにいかない。

ドラッグが特にダメで、うっかり落っことした場所がどこかのフォルダの上だったりすると、吸い込まれていき、探し出すのがたいへんだ。狭い液晶モニターに表示される文字は、ゴマ粒なみの小ささだ。

2018年2月26日(月)に貸与されて以来、得意先でプレゼンするのに、いちいち同僚のを借りなくて済むようになった。

2019年1月15日(火)に実施した月次点検で、電源ケーブルを紛失していることに気がついた。11日(金)に得意先を訪問した際、差しっぱなしで置き忘れてきたらしい。次の訪問予定は、31日(木)だ。それまで使う予定がないので、ちっとも困らない。無事、取り返せた。

ところが、コロナ禍でテレワークが推奨されるようになり、使用頻度が一気に増えた。自前のパソコンからでは、会社のシステムに入れないようになっているのだ。しぶしぶ使っていると、ものすごいことを発見した。

液晶モニターをつついて操作できるのである。これにはおったまげた。おまえはスマホのバケモノか?! 怖くなって、自前のノートパソコンでも試してみるが、反応しなかった。

●小人閑居して朝っぱらからエロサイトが重い

ステイホームによる抑圧の反動なのか、春先によくあるアクシデントなのか、
はたまた、気のせいであって、特に増減はないのか、このところ変態が絡んだ
ヌース、いや、ニュースが目立つ気がする。

脳内BGM:桑江知子『私のハートはストップモーション』

◆東京・中野区新井でマスク着用の全裸男出没
 https://this.kiji.is/620734450268488801

2020年4月9日(木)6:37am
東京都不審者情報
(東京)中野区新井1丁目で全裸 4月9日未明

4月9日午前3時20分ごろ、東京・中野区新井1丁目の路上で、帽子とマスクを身につけただけの全裸の男が立っているのを、通行人が目撃し、110番通報した。犯人は年齢30代くらい、身長170センチ前後、小太りで灰色のニット帽とマスクをつけていたが、首から下は素っ裸だった。

【ケバヤシのコメント】

中野区新井1丁目……その地名、聞き覚えあるぞ。早稲田通りからT字に北へ伸びている、新井薬師参道の商店街「薬師あいロード」の周辺ではないか。セーラー服を着たおじさんぐらいでは、もはや話題にもならないからって、エスカレートしすぎはよくないぞ。

◆白マスクだけの全裸男を女子高生が目撃
 (元記事はすでに削除されているのでURLなし)

2020年4月9日(木)
西日本新聞ニュース
白マスクだけの全裸男を女子高生が目撃
鹿児島市の空き地付近 県警が注意喚起

鹿児島市西別府町の空き地付近で8日午前10時半ごろ、女子高校生が一人で登校中、白色マスクだけ着用した全裸の男を目撃したとして、鹿児島県警は9日、メールで注意を喚起した。県警によると、男は20~30歳くらいで身長約170センチのやせ形。黒色の長髪だった。

【ケバヤシのコメント】

まったく同じ日に東京と鹿児島で似たような犯行が! そういう気を起こさせる要因がなにかあったのだろうか。ちなみに2020年4月8日(水)は満月である。

◆アダルトサイトPornhubが期間限定で有料サービスを無料開放
 https://hypebeast.com/jp/2020/3/pornhub-premium-now-free-worldwide

2020年3月26日(木)
HYPEBEAST
アダルトサイトPornhubが期間限定で有料サービスを無料開放
新型コロナウイルス拡散防止のためのソーシャル・ディスタンスを支援
By Yuki Abe

新型コロナウイルスの影響により、アメリカでは14の州で外出制限(本稿執筆時点)を実施されており、SNS上でも自宅待機を促す“STAY HOME”運動が盛んとなっている。そんな中、アダルト動画サイト『Pornhub(ポーンハブ)』が、有料サービス“Pornhub Premium(ポーンハブ プレミアム)”を期間限定で無料提供することを発表した。

期間は現在のところ4月23日(現地時間)まで。感染拡大が深刻なイタリア、フランス、スペインでは既に無料化されていたが、3月25日に日本を含む全世界が対象となった。

【ケバヤシのコメント】

小人閑居して朝っぱらからエロサイトが重い。夜、アクセスしたら重かったので、朝またアクセスしたら、やっぱり重かった。みんな同じこと考えたかー。というか、全世界だからしょうがないのか。

◆【閲覧注意】アベノマスクを『穿いて』しまう女性が現れる
 https://togetter.com/li/1505803
 

2020年5月9日(土)
Togetter
【閲覧注意】やっと届いたアベノマスクを『穿いて』しまう女性が現れる
ガーゼだけに、穿き心地も悪くない模様
Matome_Mashita

2020年5月8日(金)9:39pm
twitter
#アベノマスク
#アベノマスクチャレンジ
アベノマスク大きいから履いた
白玉あも @amoshiratama

【ケバヤシのコメント】

週刊プレイボーイにもカラーで掲載されてるし。

こんなことにも批判を投げつけたがる人はいるようで、あもちゃんは「穿いたって洗えば使えるでしょうに」と反論している。ごもっとも。

◆セーラー服姿にマスクの男がスカートまくり下半身露出
(元記事はすでに削除されているのでURLなし)

2020年5月20日(水)2:00pm
西日本新聞
セーラー服姿にマスクの男がスカートまくり下半身露出
熊本県菊陽町の路上で通行中の車両に

熊本県警大津署は20日、菊陽町原水の路上で同日午前9時20分ごろ、セーラー服姿の男が通行中の車両に対し、スカートをまくり上げて下半身を露出する公然わいせつ容疑事件が発生したとして、メールで注意を呼びかけた。署によると、男は、年齢・身長不明の痩せ形。黒色の髪、黒っぽいセーラー服の上着、黒っぽいスカート、黒色ハイソックス、黒色スニーカー、白色マスクを着用していたという。

【ケバヤシのコメント】

まったくもう、セーラー服おじさんの風上にも置けんやっちゃ。こういうやつがいるから、軽々しく仲間になっていいものかどうか、よく判断に迷うのだ。

◆中学生の制服盗んだ54歳無職男、自宅からは下着2,700点
(元記事はすでに削除されているのでURLなし)

2020年6月3日(水)7:47pm
読売新聞
中学生の制服盗んだ54歳無職男、自宅からは下着2,700点

中学生の制服を盗んだとして、岡山中央署は2日、岡山市中区の無職の男(54)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。男の自宅からは女性用下着など2,700点以上を発見、押収しており、同署は十数年前から盗みを繰り返していたとみて調べる。

【ケバヤシのコメント】

2,700点も必要だったのだろうか。10年前からの犯行だとすると、一日あたり0.74点のペースだ。勤勉なこと。これだけの点数を失敬してくるまで捕まらなかった、そのノウハウについては聞いてみたいもんだ。一般的に、こういうお宝的物品にはけっこうな需要があるとみられる。

昔、ブルセラ屋の店長へのインタビュー記事を読んだことがある。なんでも、新興宗教を開いて教祖様になろうとしたんだけど、人々の悩みを聞いているうちに、下世話なことで悩んでるやつが意外と多いと知り、迷える民を救うためにこの商売を始めたのだとか。

◆釣り竿使用か 下着窃盗疑いで男逮捕
http://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/news/2020/06/n20200605_097664.htm

2020年6月5日(金)6:00pm
KBS京都
釣り竿使用か 下着窃盗疑いで男逮捕

長岡京市にある民家のベランダから女性の下着を盗んだとして63歳の男が警察に逮捕されました。男は釣り竿を使って盗んでいたとみられ警察が調べを進めています。

【ケバヤシのコメント】

長さ約6メートルの釣り竿の先端をフックに改造した道具を用い、2階のベランダから盗ったという。執念は大したものだが、映像によると、道具は割と素朴だ。ドローンをホバリングさせておいて、ロボットアームで器用に外して失敬してくるような、手の込んだ装置は作れないものか。万が一、目撃されても誰の犯行かバレないし。

◆世界的なコンドーム不足の恐れ、新型コロナで生産減
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200409039935a

2020年04月09日(木)11:48am
JIJI.COM
世界的なコンドーム不足の恐れ、新型コロナで生産減

新型コロナウイルス感染拡大による製造工場の閉鎖や流通の混乱で、世界的なコンドーム不足が懸念されている。すでに世界最大のコンドームメーカーであるマレーシアの「カレックス」が生産減に追い込まれており、国連は「破滅的」な影響を及ぼしかねないと警鐘を鳴らしている。

工場の操業停止や出入国制限でコンドーム業界が混乱に見舞われている一方、需要は増加傾向にあるようだ。

インドでは全人口13億人に対して外出禁止が発表された後、コンドームの売り上げが一週間で25~35%増になったと報じられている。世界的に外出制限が続いていることから、カレックスはコンドームの需要は今後増加すると見込んでいるという。

◆19年の出生率 1.36、12年ぶり低水準 少子化加速
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60014450V00C20A6MM8000/

2020年6月5日(金)2:38pm
日本経済新聞
19年の出生率1.36、12年ぶり低水準 少子化加速

厚生労働省が5日発表した2019年の人口動態統計によると、一人の女性が生涯に生む子どもの数にあたる合計特殊出生率は1.36となり、前年から0.06ポイント下がった。4年連続の低下で07年以来12年ぶりの低水準になった。生まれた子どもの数(出生数)は過去最少の86万5234人に落ち込んだ。少子化が政府見通しを上回るペースで加速している。

【全記事を通じてのケバヤシのコメント】

人間、やはり半強制的な圧力の下に、2か月もステイホームしていると、イライラがつのるだけでなく、ムラムラもアレなことになってくるのだろうか。

コンドームの需要増といった世界的な傾向については、なんだか健全でほほえましい感じがする反面、どうも日本は方向性が独特な感じがして、理解しづらいところがある。

釣り竿を改造して2階のベランダに干してある下着を失敬してくることに情熱を燃やしても、出生率は上がりそうにないし。子孫繁栄につながる王道の道筋から分離独立して、変態的妄想が純粋化しているのだろうか。純粋に不純というか。

気になるコをデートに誘ってみるとか、おつきあいするとか、プロポーズするとか、結婚するとか、子づくりするとか、そういう愛の進展過程を、マジョリティーの歩むべき太い道とする考え方は、昭和の時代までで廃れちゃったのかねぇ。日本は貧困と晩婚が両輪で加速している。

って、幸福追求のスタンダードな道から逸脱しつつあるようにみえる世の傾向を、セーラー服を着たおっさんが批判しても、あんまり説得力ないか。


【GrowHair】GrowHair@yahoo.co.jp
セーラー服仙人カメコ。アイデンティティ拡散。
http://www.growhair-jk.com/

テレワークのおかげで、仕事が場所に縛られなくなったのはありがたい。職場に縛られないってだけで、ノマドワークする選択肢はほぼなかったけど。漫画喫茶・ネットカフェの類は営業してないし。大回り乗車で読書というのもよろしくないし。

大きな声じゃ言えないけど、近所の居酒屋が重宝した。いつもだと、ランチ営業のあと、いったん閉めて、夕方再開していたのだが。夜が8:00pmまでの短縮営業になった埋め合わせに、午後は連続営業してくれた。

電源のある席がひとつだけあるので、早めに行って確保する。背後の窓がばーっと全開で、換気抜群。

ホッケ焼き定食かサバ焼き定食とオニオンスライスを注文し、昼食のあと、仕事する。たいてい静かだ。夕方になったらビール中ジョッキ2杯とかつお藁焼き、塩キャベツ、鶏皮ねぎ塩炒めなどを注文。これで3,500円程度。

終息したから出社して来いと言われても、もう戻れない。むしろ、ノマドワークの選択肢が広がるはずだ。カラオケ屋で、テレワークに利用する客を積極的に呼び込もうとする動きがある。漫画喫茶は、個室ブースといえども壁の上部と天井の間はガラ空きなので、私語禁止だが、リモート会議OKなブースを新設したところがある。

個人的な理想を言えば、昭和記念公園や森林公園のように広大で自然豊かな公園で、大きな池のほとりに四阿(あずまや)があって、電源があるとよい。さわやかな風に吹かれて、日がな一日過ごしたい。

自前のパソコンから飲食物が注文できて、持ってきてくれるとか。深夜まで滞在OKとか。

御岳山(みたけさん)のケーブルカーの上の駅から30分ほど歩くと、御岳神社の手前のところに土産物屋街があって、どの店も奥が茶屋になっている。ああいうところで、山の涼しい風に吹かれて過ごすのも快適そうだ。通勤と逆方向なので、平日なら電車が空いているはずだ。

地方の山奥のひなびた温泉宿で、月曜から金曜までテレワークプランとか、やってくれないかなぁ。あ、Wi-Fiだけは、ひとつよろしく。

一人カラオケ専門店があるくらいだから、お一人様専用居酒屋があってもいいと思う。照明が明るくて、BGMがかかってないか限りなく低音量で、店員が大声を張り上げない。思う存分、孤独に浸れる。自慢じゃないが、オレは、そうとう酒が入っても、本が読めるし、詰将棋が解けるし、原稿が書ける。

大きな声じゃ言えない、秘密の居場所がもうひとつ、実はある。どこの駅からも遠い火葬場の裏手でこっそり深夜営業している、古めかしい居酒屋。

現世からのお客はめったにいない。西洋のオバケみたいに凶暴なやつはいなくて、物陰からじっとりとした視線を送ってくるくらいなので、気にしなきゃいい。店を出てから振り返ると、もう影も形もなくなっている。代わりにあるのは、葉ぶりのよい桜の樹。