ネタを訪ねて三万歩[184]ライブプロダクションスイッチャー(スイッチャー)騒動
── 海津ヨシノリ ──

投稿:  著者:



今月の原稿は、まったく予期しない内容に急遽変更という流れになりました。なんと、先月号の原稿が公開される前にほぼでき上がってしまい、私のデジクリ原稿執筆史上、最速記録になってしまいました。

ということで、今月は2回登場します。いや、しばらくは月2回の登板になるようです。





●「認識しない」というイヤ〜な事態

さて、ことの発端は先月号で納期をディスった2つの製品のうちのひとつ、ライブプロダクションスイッチャー(スイッチャー)が、先月分の原稿が公開される数日前に突然届いたことが、今回の記事の発端です。

それは嬉しかったのですが、その後、私は奈落に突き落とされてしまいました。DCアダプターでバッテー交換の必要がない状態として、4台のカメラを専用に用意していました。ところが、認識しないのです。

もちろん、スイッチャーとの接続に関しては認識しているのです。これはケーブルの問題かも知れないと、軽い気持ちでAmazonクリック。

その翌日、もしかしてカメラ未対応だったら? という思いが浮かびあがり、手持ちのカメラ9台を片っ端からテストしてみました。結果は、ほぼ全滅です。内訳は1勝2分け6敗となりました。

1勝はSONY α7II。2分けはNikon D7000とSONY αNEX6。α7IIは別の用途で専用機化しているので除外、専用機にしたかったOlympusとPanasoniは全滅。最新機種ではないので仕方がないことは理解しています。

一応画像は届くものの表示がおかしい、Nikon D7000とSONY αNEX6には活路がありそうですが、液晶部面に表示される色々な設定表示を完全に消すことが出来ずに少しイライラ。

そもそもSONY αNEX6用のオートフォーカスレンズを持っていないので、可能性はNikon D7000に絞られてしまいました。

ちなみに、どうしてOlympusとPanasoniを使いたかったかというと、マイクロフォーサーズが小型であるコト。なにより、オートフォーカスレンズが色々とあったからです。Nikonもありますが、カメラ本体が大きいので除外していました。

しかし、YouTube等でこのスイッチャーを調べまくっても、一人を除いて誰もカメラ側の設定に触れていない。ケーブルでつなげば直ぐに使えるって「ウソだろ〜」とキレまくる寸前で、一人だけカメラの設定について少し触れていたYouTuberを見付けました。ちなみにその方の再生数は驚くほど少なかったのが、逆にビックリです。

手持ちカメラのHDMI端子につなげば〜、という無責任な意見を信じてしまった私が悪いのですが、勘違いして発注した人が多いみたいです。いやいや、機材は常に最新型が当然でしょ! と、返り討ちに遭いそうですね。

まるで一太刀も浴びせることもなく、討ち取られた感じデス。結局、知り合いの多くは中古のカメラを別途発注したとのこと。事前に一番重要な情報は、以下の2点であることを知っていれば……も、後の祭りですね。

・HDMIモニタリングスルー対応
・カメラの表示パネル情報の非表示化

これからHDMIモニタリングスルー非対応の機種の、中古相場が下落しそうですね。撮影だけを楽しみたい人には朗報かも知れませんが、私の非対応機種の今後がとっても気になります。

しかし、このスイッチャーを使うために、色々と関連機材を買いそろえた額が完全にスイッチャー価格の2倍を超えていました。恐ろしく高い授業料でした。

なにせ、もともとdigiCamControlとIP Camera Adapterで、Nikon D7000をWebカメラとしていたわけ(Windows環境オンリー)ですから、色々買い込んで振り出しに戻る間抜けな展開でした。

まっ、実際に確認はしていませんが、とりあえずiPadやAndroidを繋げて切り替えるコトはできるはずなので、怒りは収まりました。

digiCamControl
http://digicamcontrol.com/

IP Camera Adapter
https://ip-webcam.appspot.com/

●13年前のビデオカメラで実験

ここでかなりクールダウンしたからなのか、デジタルデータ系ビデオカメラを持っていたことを思い出しました。Victor Everio GZ-HD3という13年前の機種です。

とりあえずダメ元でHDMI接続したら、何も調整せずともあっさり理想どおりに繋がってしまいました。もちろん、日付の再設定をしたり、色々基礎設定をマニュル片手に調整しましたが、それ以外は何も調整していません。

まっ、問題は狭い部屋での至近距離には向いていないという点ですが、前に酔狂で購入したワイドコンバーターレンズがあったので、ちょっと元が取れた感じ? かな。確か他にも何か怪しいモノがあったので、色々遊んでみたくなりました。工夫は大切ですからね。

しかし、購入した年に少し使った程度で、それ以降はまったくさわっていなかったこの機種が、今頃になって出番が発生するなんて皮肉ですね。

突っ込んだままにしていたSDカードは4GBでした。調べると4GB以下のSDカードって、当時の価格の倍になっていますね。8GB以上は逆に安くなっています。需要と供給の問題ですね。

サイズは最大フルHD(1920×1080)に対応と記載しているサイトが多いようですが、それは静止画のサイズで、動画は1440x1080はのハイビジョンサイズ(死語?)です。気になったので調べてみたら、発売当時の店頭価格15万円前後だったようで、ビックリです。

さらに、3000円程度で買ったオモチャのウェラブルカメラ(GoProのパチモノ)も、あっさり繋がってしまいました。もう笑うしかないです。

この勢いに乗って、あとはiPadとAndroidの接続実験と勇み立ったのですが、とりあえず実験は中止。ケーブル類の価格がもう半端なく高くて、馬鹿らしくなってしまいました。今のところ使う予定もないですから。

あっ、忘れていました。友人から教えてもらったのですが、バンダイがキャプチャーソフトを無料公開しています。PanasonicもLUMIX(一部の機種)用のテザーソフトを公開しています。

他メーカーも色々出しているかもしれません。運が良ければ機材を追加することなく、Webカメラとして使えます。ダメ元で調べて見ることをお勧めします。

高性能動画キャプチャーソフト - Bandicam
https://www.bandicam.jp/

LUMIX Tether for streaming
https://av.jpn.support.panasonic.com/support/software/lumixtether/download/d_lumixtether_b.html

あとはまったく届く気配がないばかりか、どんどん納期が長くなっている、有名音響機器専門店に発注したオーディオインターフェイス……。もしもこんな音響機器専門店があったらの世界……ダメだこりゃ。

■今月のお気に入りミュージックと映画

"Breaking In" on James McTeigue in 2019(USA)

邦題「ブレイキング・イン」。直訳すると「進入」かな? 主人公のショーン・ラッセルは、疎遠だった実業家の父の遺産整理のために、娘のジャスミンと息子のクローバーとともに、かつて彼女も住んでいた湖畔の邸宅へと向う。

ところが、父親の隠し財産を狙う4人組の強盗たちがすでに邸宅に侵入していて、娘と息子が人質にとられ……、子供たちを救うために母親が強盗と戦う、といったストーリー。

ポイントは、格闘家でもない普通の母親が、素手でどう切り抜けていくかという展開が、逆にリアリティーを感じて、低予算映画なのにいい感じに仕上がっています。アイデアって大切ですね。4人組強盗のキャラクター設定もいいですね。

Breaking In Official Trailer #1(2018)


"時間よ止まれ" by 矢沢永吉 1978(日本)

なんとなく聴きたくなってしまいました。資生堂のCMとしての印象が強く、CMの世界は時代を感じますが、逆に豪華できれいというイメージは、今より上なのでは? と感じています。

で、肝心の曲は今聴いても古さを感じないですね。昨年武道館周辺を散歩していたら、矢沢永吉のツアーバスが止まっていてビックリしたことを思い出しました。

キャロル時代から好きなアーティストですが、私自身コンサートはまだ未体験です。人混みが苦手なので……。そういえば学生時代に、この曲を超リアルで物まね風に歌うH君がいたのですが、今どうしているのかな〜。

矢沢永吉 時間よ止まれ Music Lovers 2012


化粧品CMソング ベスト10(1分33秒あたりから)



【海津ヨシノリ】グラフィックデザイナー/イラストレーター/写真家/
お菓子研究家

yoshinori@kaizu.com
http://www.kaizu.com
http://kaizu-blog.blogspot.com
https://www.facebook.com/yoshinori.kaizu
https://twitter.com/Yoshinori_Kaizu

諸般の事情で、5月中旬からほぼ一か月かけてWord基礎の連載をしたのですが、これが意外と好評で正直ビックリ。実はExcelも控えていたので少し気になっていましたが、やはりユーザー数が多いですからね。

ということで、このデジクリが公開される頃にExcel基礎の連載も、現時点では未定のPowerPoint基礎の連載も完結しているとは思います。あっ。そうそう、modo基礎の連載もしていました。

Wordの基礎&その他のTips
http://kaizu-blog.blogspot.com/2020/06/microsoft-365-office-365-20200605.html#word365

Excelの基礎&その他のTips
http://kaizu-blog.blogspot.com/2020/06/microsoft-365-office-365-20200605.html#excel365

PowerPointの基礎&その他のTips
http://kaizu-blog.blogspot.com/2020/06/microsoft-365-office-365-20200605.html#ppoint365

modoの基礎&その他のTips
http://kaizu-blog.blogspot.com/2020/06/modo-zbrush-other-3d-202006055.html#modo