グラフィック薄氷大魔王[663]「USBスピーカー音量問題の解決」他、小ネタ集
── 吉井 宏 ──

投稿:  著者:



●OMENノートPCとフェルトの質感

昨年12月、VRのテストのために購入したHPのOMENノートPC。いわゆるゲーミングPCで、GPUが強化されてる。下から二番目の比較的安いモデルなのに、2017年モデルの12コアXeonの黒筒MacProと、ほぼ互角のレンダリング性能。
https://jp.ext.hp.com/gaming/personal/omen/

最近気がついたのが、Fur(毛)のプレビューがかなり早い。あるモデルでプレビューが表示開始されるまでの時間と、完成度50%になるまでの時間を計ってみた。

MacPro=開始まで8秒、50%まで26秒
OMEN=開始まで3秒、50%まで19秒……速い!

Fur作業の何が時間かかるって、「プレビューを見て設定をちょっと変えてまたプレビューを見て」の延々繰り返し作業。プレビューが早いと、しんどい感じがしない。

それで、ここ10日くらい練習を兼ねて、Furを櫛ツールなど本格的に使ってTDWキャラを作ってる。すでに年末までのTDWは作ってあるんだけど、新しく作ったFurキャラと差し替えていく予定。





Furの設定をいじってたら、フェルト細工っぽい質感ができた。かわいいフェルト細工のキャラ人形とか、大好きで画像集めてたりする。今までもフェルト質感を作れないかなとは思ってたけど、プレビューが早いから実験してみる気になった。この質感でいろいろ作りたい!
http://www.yoshii.com/dgcr/felt-r05

●Apple Pencilとフットスイッチ

(AstropadやSidecarで液タブ的に使う場合の話です)。iPad Proで3DソフトModoを使うには、投げ縄ポリゴン選択などに必須の、右クリックと中クリックが出来なきゃいけない。ワコムでは、ペンのサイドボタンの上下に右・中クリックを割り当ててるが、Apple Pencilにはサイドボタンがない。

で、便利なものを思い出した。右・中クリックをそれぞれ割り当てた、フットスイッチを持ってたのだった(3ds Maxを使い始めた頃に、足で操作できればと作ってもらった)。
http://www.yoshii.com/dgcr/footswitches-IMG_2688

以前、Surface Proの一個しかないサイドボタンでModoを使うには、フットスイッチだ! ってやってたこともあった。
http://bn.dgcr.com/archives/20170215140100.html

さっそくiPad Pro上で、投げ縄選択をApple Pencil+フットスイッチでやってみたのだが、うまくいかない。板タブIntuosとフットスイッチではちゃんと動くのに。おかしいな。

……なんだ、わかった。Intuosではペンを浮かして投げ縄選択してるのだった。iPad Proではペンは画面に接触してないと反応しないため、浮かしたまま動かせない。

ショートカットキーがあればいいのだが。右クリックはcommandキーを押してクリックすればいい(Modoではcommandキーがcontrolキーの役割をする)。

しかし、中クリックに相当するショートカットが見つからないなあ。たぶんないのかも。中クリックが必要な操作は「見えない向こう側まで投げ縄選択」くらいだから、なくてもなんとかなりそうだけどね。

せめて、AstropadやSidecarの画面ボタンかジェスチャーに、中クリックを割り当てられればいいのに。

●USBスピーカー音量問題の解決!

2月に書いた、MacにUSBスピーカーを繋いでるときの、音量調整がぎこちなかったりエコーがかかる問題。
http://bn.dgcr.com/archives/20200219110100.html

根本の原因がついにわかった。Duet Displayだった。なんで? 意外すぎる!

先日のMacProの調子が悪かった件でいろいろいじった後、音量問題がなぜか直ってたのだ。もしかして、ログイン項目を減らしたのが良かったんじゃないかと、いじってないほうのMBP13のログイン項目を確認したら、DropboxとDuetの2つだけ。Duetを削除して再起動したら、直った〜!

念のため、Duetを起動してみると音量問題は復活し、終了すると直る。確定だ。Duetを入れたのは昨年12月。Boom2の削除できない「.kext」が原因じゃないのか? とか半年以上も困ってたのだった。USBスピーカー、捨てちゃうところだったよw

OS Xになる前は、Macの調子が悪いと拡張機能を一個ずつ外してみたり、名前を変えて読込まれるようにしてみたり、再起動を繰り返して検証してたなあw


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

先週死去した、エンニオ・モリコーネ。なんどかこの連載にも書いたけど、Apple Musicの聴き放題によって、僕的に「再発見」した音楽家の代表だった。タランティーノの「ヘイトフル・エイト」でのアカデミー賞作曲賞受賞を、リアルタイムで喜べたのはよかったなあ。

Apple Musicのプレイリストには、彼の無数のサントラ盤やベスト盤、新録音盤が登録してある。まだごく一部しかちゃんと聴いてない。全部聴き込んだ上で僕的ベストを選べるようになるには、何十年かかるかも。

◯バーチャル展覧会、開催中

所属しているパリのエージェントCostume3piecesの毎年恒例の展覧会、今年は新型コロナの影響で、バーチャルで開催(9月末まで)。仮想ギャラリーで33名のアーティストの作品が見られます。今回のテーマは「小屋(cabanes)」。僕は回して見られる3D作品を出してます。
https://www.costume3pieces.com/cabanes/

◯ウォーキングアプリ「STEP ISLAND」

ミクシィのゲーム感覚ウォーキングアプリ「STEP ISLAND」(現時点でiPhoneのみ対応)。歩き回るキャラクターを数十匹提供してます。6月初旬にアップデートされ、キャラも増えてます。

App Store  https://apps.apple.com/jp/app/id1456350500
公式サイト https://stepisland.jp

○吉井宏デザインのスワロフスキー

・三猿 Three Wise Monkeys
https://bit.ly/2LYOX8X

・幸運の象 LUCKY ELEPHANTS
https://bit.ly/30RQrqV