[0062] がんばれ!「日刊京都経済」

投稿:  著者:  読了時間:22分(本文:約10,700文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0062 1998/06/23発行
  <http://www.towers-inc.com/mag/daily/>
  情報提供はこちらまで 
  登録・変更<http://www.towers-inc.com/mag/daily/regist.html>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本日のコラム『がんばれ!「日刊京都経済」』
 火曜日担当:柴田忠男

●デジタルクリエイターを目指す若い人におくる <貧乏自慢編>
 ◎「いざとなったら、もやしですよ、も・や・し!!!」(第2回)

●KNN神田の最新フランスワールドカップ事情
 ◎「これだからニホンはナメられる」

●臨時ニュース 「STEP-BY-STEPアート&デザイン」の読者に急告

●本日のニュース
 ◎「QuarkXPress 4.0日本語版」発売日変更
●イベント・情報
 ◎「Macromedia Fireworks」セミナー
 ◎関西中のクリエイターとDHの卒業生達が集結!! パーティー開催
 ◎クリエイター座談会 in CG OSAKA98
 ◎「デジタルビデオスターティングセミナー」のお知らせ
●本日のTIPS/3Dアプリケーション「LightWave3D編」



●本日のコラム『がんばれ!「日刊京都経済」』
 火曜日担当:柴田忠男

1997年12月1日、今までにないタイプの日刊地域経紙「日刊京都経済」が創刊さ
れた。編集・制作ではパソコンネットワークのみによるシステムを、国内の新
聞社として初めて全面的に採用した「横組みの新聞」であるのが大きな特徴だ。

「今年の5月頃、新聞制作システムを持っていそうないくつかの会社に、パソコ
ンで新聞を作ろうとしているがシステムを提案して下さいとオファーして、い
ろいろやりとりがあって、結局、方正(株)の新聞組版対応Windows95 レイア
ウトアプリケーション「FounderMEGALITH」(メガリス)に決めました。最初は
汎用のDTPでやろうと思っていましたが、メガリスの非常に高い操作性を評価し
ました」発行元である(株)京都経済新聞社の社長・築地達郎氏はこう語る。

新聞のレイアウトは斬新な横組だ。7段で1段の1行の字数が17字である。なぜ横
組なのか? 読者にとって読みやすい、使いやすいというのが原点である。数
字が読みやすい。全部ハコに入ったデザインなので、切り抜きがし易い。各記
事の末尾に署名プラス日付が入るというから、さらに使いやすい。大手新聞の
複雑な組みは1面2時間かかるといわれているが、メガリスのような操作性のい
いもので作ると、素人でも研修を2週間やれば1ページ20分で組める。

アートディレクターの高橋トオルさんによれば、「組版が未熟な素人でも、高
度なテクニックを用いずに使える、装飾性を排したデザインフォーマット」で
あるという。組版オペレータの熟練度向上によっては、「刻一刻フォーマット
を進化させていくつもりだ」とも言っている。

文字はTrueTypeのヒラギノ明朝体4新聞横という、ヒラギノのカナと英字を新し
く作ったフォントを使用(まだ商品版のフォントではない)、メガリスで縦偏
平をかけている。そしてFounderPSP NT (高速RIP)を通してレイアウト情報を
アウトライン化し、イメージセッタLUXSETTER5600(印刷会社の輪転機のそばに
セットしてある)から出力する。

「なぜMacintoshDTPを使わないのだ。WindowsDTPはきちがい沙汰だといわれる
根拠の一つは、MacintoshDTPだったら他にもバックアップがとれるではないか、
出力センターに出せるではないかというところですが、それについてはあえて
目をつぶりました。新聞の場合は、どっちにしてもイメージセッタは専用機に
なる。毎日使うものだから、入力側と出力側と1対1対応しているのが当たり前
の姿で、もしもセッタ側にトラブルがあったら当日は間に合わないのは仕方が
ないでしょう」(築地氏)

「日刊京都経済」には、非常に分かりやすい株式のグラフがある。「メガリス
を採用した理由の一端が実はここにあるのですが、Windowsなのでエクセルで
作ったグラフをそのままOLEという機能で貼り込める。デザイン的には、イラ
ストレーターで作るものと比べると確かに劣るのですが、作業効率でいうと圧
倒的にいいわけです。データの数値を入れ換えれば、グラフもメガリス上で変
わる。そういう仕組みがあるのでそれを一番買ったのです」(築地氏)

日刊紙制作の一日のスケジュールは、最終のフィルム出力終わりが19時。前日
までに紙面を作って午前中に送るもの、当日作って午後送りのものもあり、切
りわけて使う。原稿の締め切りは17時。それから18時にかけて組んで、18時く
らいから送信する。オペレータ5人のうち3人が当日の紙面組みを担当する。

掲載した記事は、テキストデータとして、いろいろ活用していくことは考えら
れる。紙で出す以外に、オンラインでのサービスがある。テキストベース記事
の配信は、ニーズをみてやっていくという。

パソコンによる制作以外に、印刷と配達は既存の大手新聞社に委託するという
方法をとり、新聞発行の固定的コストを徹底的に切り下げ、安定した経営体制
を実現するのも特徴である。記事も大手新聞社や通信社と契約し、8割はグロー
バル、2割は地ネタを扱う予定だ。約1億円の立ち上げ資金の大半を小口直接融
資によって調達しているところも、金融界から注目されている。また、将来、
他地域、他分野において同様のコンセプトを持つ新聞社の設立支援業務を事業
化していく。「日刊京都経済」創刊で得た経営ノウハウを活用していくという。

京都発で経済のネタが毎日あるのだろうか。「ありますよ。京都で、あるいは
地方でニュースがないといっている新聞記者は無能な新聞記者ですね。とにか
く、具体的なものごとから大きな構造を読み取っていくのが私たちの仕事です
から、そういう力のない新聞記者はこれから淘汰されるでしょうね。そんな人
達は既存の新聞社にいっぱいいると思います」だから、地域経済紙とはいえ、
東京や大阪で読まれる可能性が高い。いまのところ、講読申し込みをしている
のは京都以外が半分以上を占めるという。

以上は、昨年創刊前に取材して、「日経デザイン」1月号でレポートしたものだ。
ところが、6月16日の朝日新聞朝刊で8段のレポート「新聞をひらく」の「経営」
の回で日刊京都新聞が出た。

記事によると、部数が伸び悩み、経営状態がおもわしくないため、4月1日に翌
日の発行見送りか、継続するかの話し合いがもたれたという。この日、多くの
社員が辞め、残った5人で、それでも新聞を出した。休刊騒動後、すぐ契約社員
らを集めて体制を組み直した。いまスタッフは外部を含め約20名。発行部数は
公称1万部、採算ラインにはあと一歩とのこと。

さっそく、知り合いの菅原陽一さんにメールすると、ほぼあの通りだという。
そして、電子新聞はあきらめたというニュアンスがあるが、あくなき挑戦を続
けている、とも。朝日新聞によれば築地さんは「ぼくはジャーナリストという
人種が飯を食える環境を作りたい」と、めげていない様子だ。がんばれ、日刊
京都新聞。
http://www.kyoto-keizai.co.jp/

【プロフィール】
しばた・ただお ゲゲゲの編集長日記を更新。日記書いているばやいぢゃな
いっうかんじで、われながらあまり面白くない。が、お気楽なSOHO者の実態を
知るにはいいかも。
http://ip-net.ieps.co.jp/ip/st/mag97_12/12_x/index.html

*********************************************************************
●デジタルクリエイターを目指す若い人におくる <貧乏自慢編>

「いざとなったら、もやしですよ、も・や・し!!!」(第2回)
あるCGデザイナーの超貧乏的な現実 message from 花山由理
---------------------------------------------------------------------
そして、生活のはじまり、はじまり~。
……しかし、現実は甘くはなかったのでした……。
♪♪ブラックなミュージックをかけながら読みましょう♪♪

東京にきてから、3カ月間はレトルトもの生活でした。なにしろ、レンタカーで
運べる程度のお荷物だから……つまり、家具とか、電化製品なんか、あるワケ
がない状態。冷蔵庫もない。フライパンもない。なのに、なぜか3個380円の大
中小のお鍋のセットだけはありました。それと、2合だけたけるという炊飯器。

料理なんてできやしない。電話もなかった。どことも連絡がとれない。でも、
唯一テレビはありました。もらいものの78年製の13インチ。リモコンなんかあ
るか! ってなシロモノ。これをじかに畳の上に置いて見てました。

しかし、こんな生活のおかげで、5月中旬には入院しました。反省したので、退
院した私は、早速家財をそろえ始めました。当然一文無しの田舎もの。カード
もなけりゃ、知り合いもいない。……で、リサイクルをはじめたワケ。

まずは… (明日に続く)

【プロフィール】
Yuri Hanayama
home page* <http://www2.rainbow.co.jp/~hana/>

*********************************************************************
●KNN神田の最新フランスワールドカップ事情 98/06/22(月)
http://www.knn.com/report/9806/wc98.html

「これだからニホンはナメられる」

サッカーの後半戦45分がこんなにも短く感じたことはありませんでした。日本
がクロアチア戦にやぶれた瞬間、このバブリーなワールドカップの盛り上がり
も一気にトーンダウンしてしまいました。この17日間フランスに滞在して、い
ろんな事を感じました。

日本人サポーターのまったくいなかった開幕戦、ロナウドのしなやかさに誰も
が圧倒されました。そして、トゥールーズ戦が近づくにつれ増えてきた日本人
サポーターたち。そして、信じられないような、チケットの手配ミス事件。そ
して、トゥールーズでの、まるで物乞いをするかのような、ダフ屋からのチ
ケット購入騒動。10,000フラン(約25万円)でチケットが飛ぶように売買され
るのを目のあたりにして、頭がクラクラしました。

こちらのダフ屋は、日本のダフ屋とはちょっとちがいます。ニセ物のチケット
を握らせたり、途中でホンモノをニセモノに取り替えたり、やっと手にいれて
喜んでいる日本人の手からすっとスリとるなど…。彼らの行動のすべてが歯が
ゆくて仕方がありませんでした。

日本の政府はこの件で何かフランスに抗議でもしているのでしょうか?クロア
チア戦のナントから車でパリに本日戻ってきましたが、パリでは、アルゼンチ
ンVSジャマイカ戦が3000フラン(75,000円)の高価で売買されています。ジャ
マイカ戦をひかえているので、日本人サポーターもたくさん集まっているよう
です。現地の旅行代理店の人が言うには、「日本人がダフ屋の値段をつりあげ
てしまった」そうです。実際にアルゼンチンの人や、ジャマイカの人がチケッ
トが買えなくて、その国に関係ないジャマイカ戦まで時間のあまった日本人が
金に物を言わせて観戦していました。

クロアチア戦の時にボクはダフ屋に「ハウマッチ・ドゥー・ユー・ウオント?」
と聞かれました。「ワンサウザンドフラン(それでも2万5000円)」と500フラ
ンを握り締めながら言いました。彼らはひとさし指をたてて、横に振り「チッ
チッチ」とやります。また「金がないんだったら、ここまでくるな」とどこの
国の言葉かわかりませんが、言いました。次の瞬間、なんだか急に顔が熱くなっ
たボクは、立ち去ろうとするそいつの服を強く引っ張っていました。
「SHIBAKUZO!」何年かぶりにこの言葉をつぶやいていました。パスポートを取
られたり、クレジットカードがなくなって、心にゆとりがなかったからでしょ
うか?幸い、まわりにはたくさんの日本人や報道陣がいます(^_^)

するとダフ屋の知人が「ナンダナンダ」とハンコのような同じ浅黒い顔をした
奴が3人4人とボクを取り囲みます。カメラとビデオを持つ手がちょっと震え
ます。しかしこいつらには、絶対に負けたくはありません。さらに大きな声で、
「Say Again!」(もう一度言ってみろ)と言いました。さっきまで、「アレ!
アレ!」とマスコミのカメラの前で大声で叫んでいた日本人サポーターたちは、
ただ遠巻きに心配そうに見ているだけです。

オイオイ助けてくれよ~。

これだから、日本は奴らにナメられるんです!

フランスの警察がわってはいってきてくれました。ダフ屋は「こんな奴相手に
しないで商売商売」とすてゼリフを残してちらばります(こういう時の言葉っ
てなぜかわかるんですね)。カメラとビデオを持っていなければ、もしかする
と有名人になっていたかもしれません(^^;)。「日本人サポーター、現地ダフ屋
と大暴動!」とか…。しかし、本当はこれぐらい日本人が今回の事に関して
怒っていることを世界中に知らせるべきだったのです。

みんな、ダフ屋で買うことが当たり前のように考えていますが、これはダフ屋
にチケットがなぜ流れた原因を徹底的に調査するように国際的にフランスに対
して抗議すべきなのです。フランスくんだりまで来て、ナントの試合を液晶ス
クリーンで見て、惨敗の後、トボトボ肩を落としてTGV列車へ向かう日本人の青
い制服の列には、同胞としてなんだか、終戦を知らされた兵隊の列のようにも
見えました。

4年後の日本・韓国の開催では、このチケットの問題は絶対に解決しなければな
りません。もしくは、フランスにはチケットを渡さないようにするとか?

フランスよりKandaNewsNetwork神田敏晶

神田氏が編集長を務めるもうひとつのメールマガジン、
「日刊!関西インターネットプレス」 http://www.kip.net/ より転載。

*********************************************************************
■臨時ニュース

●「STEP-BY-STEPアート&デザイン」の読者に急告

「STEP-BY-STEPアート&デザイン」誌026号(6月18日発行)が書店から姿を消
した。叶精作、藤原カムイ、唯登詩樹、Michikoなどのデジタルコミック・メイ
キング特集が大ブレークしたから、ではない。実は、付録のCD-ROMにウィルス
(悪性ではない)が入っていたため、急遽回収という騒ぎになった。定期購読
者には電話作戦で連絡をとっているが、本を買って、この情報をいま初めて知っ
た人は、CD-ROMは破棄するように。編集部に連絡すれば、パワーアップ版を送っ
てくれる。まだ買ってない人、この本が再び流通に乗っても一部の書店に限ら
れるようだから、発行元のアゴストのホームページに行って申し込みましょう。
http://www.agosto.com/

なお、8月発行号から「AGOSTO アート&デザイン」と誌名が変わる。同時に、
発売がBNNからアスキーに変わる。AGOSTOとは8月を意味するスペイン語で、同
社代表の広瀬一郎氏が会社を興したした月であるという。(柴田)

雑誌といえば、design plexも「創刊号」ってなっていて、びっくりしました。
今までの「MAC LIFE別冊」の文字がとれたようです。
発行がBNNからBNNと丸紅の合弁会社「株式会社エクシードプレス」になったよ
うですね。(発売はBNN)「MAC LIFE」も同様のようです。(濱村)

*********************************************************************
■本日のニュース

●「QuarkXPress 4.0日本語版」発売日変更
http://www.systemsoft.co.jp/PRODUCTS/Whats/Quark4.html
http://www.koyosha.co.jp/solutions.html

6月19日に発売が予定されていた「QuarkXPress 4.0日本語版」だが、Mac版が
7月3日発売に変更された。Win版は未定。
なお、クオーク社のページのアナウンスはそのまま。
http://www.quark.co.jp/support/csfaqinf.html#q10

*********************************************************************
■イベント・情報
 今見られるイベント・アート・セミナースケジュール
http://www.towers-inc.com/mag/daily/event.html

---------------------------------------------------------------------
●「Macromedia Fireworks」セミナー

日刊デジクリでもおなじみの木曜日のコラム担当の森川眞行氏が、WEBデザイン
アプリケーションソフト「Macromedia Fireworks」のセミナー講師を担当する。

連載しているコラムやTOWERSのWEBでの「Fireworks徹底検証」の検証内容を基
として、実演を含めて革命的ともいえる、「Macromedia Fireworks」の無限の
可能性を説く。
http://www.towers-inc.com/mag/fireworks/index.html

セミナータイトル「WEBクリエーター必携のツール Fireworks徹底検証」

期  間:7/3(水)
時  間:19:00~21:00
料  金:会員¥2000 非会員¥6000
会  場:ドーンセンター
問  合:関西DTP協会事務局内 06-355-2955
     http://dtp.digitalstudio.or.jp/
アクセス:京阪天満橋駅・地下鉄谷町線天満橋駅から徒歩5分

*********************************************************************
●関西中のクリエイターとDHの卒業生達が集結!!

今回、「CG OSAKA'98」を記念してデジタルハリウッドOSAKAでは[DH HUB
Creator's nite]と題して、日本シリコングラフィックス・クレイ社「テクノ・
プレゼンテーション」のクリエイター座談会の懇親会をかねて、プライベート
パーティーを開催します。関西のクリエイターの交流を深め、広げる「場」の
提供を日本シリコングラフィックス・クレイ社や、マイクロソフト社のバック
アップのもと、デジタルハリウッドが行います。日本全国から第一線で活躍中
のクリエイター達が集結!!

人脈づくりや情報交換に最適なイベントです。是非、ご参加ください!!

日   時:1998年6月23日(火) 20:00~22:00
会  場:DH OSAKA(B1) HUB (梅田:旧関西テレビ)
     周辺マップサイト→http://www.dhw.co.jp/ndh/dhhp/index_f.html
費  用:¥1500(当日券のみ、入場多数の場合制限あり)
問  合:0120-7591-55、まで
メニュー:
○立食(軽食)スタイルでの懇親会
クリエイターやその卵たちが大集合!!

○ゲストトークショー
インナーブレイン(株)
デジタル映像事業局局長 チーフプロデューサー 藤井氏
「銀河鉄道999」の映画内でのCG制作を担当した現場の最前線トーク

○音と映像のコラボレーション 等

*********************************************************************
●クリエイター座談会 in CG OSAKA98

関西で活躍中のクリエイタ-の方々にご自身の作品制作について様々な観点か
ら発表していただきます。また関西地区のCG業界、クリエイタ-の活動をどう
盛り上げるかなど、様々な意見交換、情報交換の場として参加者全体でディス
カッションします。
参加は、もちろん誰でもOK!

◎テクノ・プレゼンテーション’98
会 期:6月23日(火)
会 場:マイドームおおさか8F会議室
時 間:15:00~16:30
主 催:SGI2000Club
協 力:デジタルハリウッド
参加料:無料(事前申し込み)
問 合:0120-7591-55、まで

テーマ:クリエイター座談会 『21世紀にクリエイタの時代を実現しよう』

(パネリスト)
◎今西 雅文 株式会社レッズ CGアーティスト
◎佐々木 宏 株式会社IMAGICA大阪映像センター
CGスタジオIMPRESSIONクリエイティブディレクター
◎竹内  潤 株式会社カプコン CGデザイナー

(ナビゲーター)
◎柳原 秀哉 デジタルハリウッド株式会社

*********************************************************************
●「デジタルビデオスターティングセミナー」のお知らせ
http://www.adobe.co.jp/whatsnew/events/ww98_prem/index.html

アドビシステムズは、デジタルビデオ編集に興味をもっているデザイナー等を
対象に「デジタルビデオスターティングセミナー」を開催する。

「現在グラフィックデザインを行っているが将来的にデジタルビデオにも取り
組みたい」と考えているデザイナーや「WebやCD-ROMのコンテンツにビデオ素材
も使ってみたい」と考えているコンテンツクリエイター等、デジタルビデオ未
経験者が対象。「Windows WorldExpo/Tokyo 98」の開催期間中の7月4日(土)
に幕張メッセ国際会議場で開催される。参加費は無料。

6月23日までに
http://www.adobe.co.jp/whatsnew/events/ww98_prem/form.html
のフォームで申し込む。また、このセミナーへの参加、不参加にかかわりなく、
先着2,000名に「Windows World Expo/Tokyo 98」の展示会招待券がプレゼント
される。こちらの申込みフォームは、
http://www.adobe.co.jp/whatsnew/events/ww98_prem/wwform.html

*********************************************************************
■本日のTIPS/3Dアプリケーション編
 【日刊・デジタルクリエイターズ】では毎日クリエイティブ関連のアプリケ
 ーションのTIPSを掲載していきます。
 TIPSの難易度は、5段階で★印を文末に付けています。
---------------------------------------------------------------------
●LightWave3D編/「モデリングの編集単位」

「Modeler」で配置されたオブジェクトを編集するには、編集対象のポイントま
たはポリゴンを事前に選択しておく必要があります。画面下部の「ポイント」
「ポリゴン」などのボタンを押して、それぞれの操作対象(ポイント、ポリゴ
ン)を選択します。以下はポイント、ポリゴン双方の選択時に共通の操作です。

◆左ボタンクリック(Macではクリック)で、クリックした個所のポイント(ポ
 リゴン)選択します。
◆左ボタンを押したままマウスをドラッグ(Macではドラッグ)すると、ポイン
 タの通過した部分のポイント(ポリゴン)を連続選択します。
◆右ボタンを(MacではCommand+マウスボタンで代用)押しながら、目的のポイ
 ント(ポリゴン)周囲を取り囲むようにして選択すると囲まれた部位のポイ
 ント(ポリゴン)を選択します。
◆すでに選択されている個所で上記の操作をすると、その部分のポイント(ポ
 リゴン)の選択が解除されます。
◆Shiftキーを押しながら上記の操作をすると、その部分のポイント(ポリゴ
 ン)が追加選択されます。
◆選択ポイント(ポリゴン)がない状態で各種編集操作を行った場合、可視状
 態にあるすべてのポイント(ポリゴン)が操作対象になります。

★★★
松岡アキラ(ディジタルクリエーター)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0062 1998/06/23発行
発行社  タワーズ株式会社
     <http://www.towers-inc.com/>
     大阪市中央区高麗橋1-5-6 東洋ビル3F
     TEL:06-231-1011 FAX:06-231-0838

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供はこちらまで 
           担当:濱村和恵
------------------------------------------------------------
※リアルタイム編集後記「編集長はつらいよ」はこちら↓
http://www.towers-inc.com/square/editor/visit.shtml
※討論・激論・あったか感想・なんでもありの「日刊デジクリBBS」↓
http://www.towers-inc.com/cgi-bin/towers-inc/daily/dailybbs.cgi
※バックナンバーはこちらから手繰ってくださいね↓
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
------------------------------------------------------------
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

Copyright(C), 1998 TOWERS INC.
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■