[0115] 小粒だが有効な[Web solution News]をおすすめ

投稿:  著者:  読了時間:22分(本文:約10,800文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0115 1998/09/01発行
http://www.dgcr.com/
情報提供・投稿はこちらまで mailto:hamamura@dgcr.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●「小粒だが有効な[Web solution News]をおすすめ」
 火曜日担当:柴田忠男

●マクロメディア株式会社 日本語Webサイトリニューアル
●コーレルドロー8J発売日情報

●主要サイト情報
 Apple/ Microsoft/ Sun Microsystems/ Macromedia/ Adobe/ SGI

●本日キャッチしたコンピュータニュース関連

●イベント・情報
 ◎第37回京都デザイン大賞コンペ1998



「小粒だが有効な[Web solution News]をおすすめ」
 火曜日担当:柴田忠男
----------------------------------------------------------------------
太洋堂の日刊メールマガジン[Web solution News]は、今年の7月に創刊され、
昨日8月31日が22号目だった。コンテンツはコンパクトだ。
[Web Weekly Report]と[Web solution Watch]の2本立てで、それぞれが短編
だから、忙しい時にも「あとでゆっくり読もう」という気になる前に読み始め
てしまう。一方Watchやアスキー24やZDNetなんかは情報量が多いから、ときど
きは「あとでゆっくり読もう」モードになってしまうのだが。

さて、このコンテンツがかなり硬派。1週間で特定マーケットを読むウィーク
リーテーマも、「教育とWEB」、「SGML/XLM」、「医療関係とWEB」、「中小企
業の情報化」4テーマを終えた。正直、難解なときもあったが、毎日が非常に
要領よくまとまっていた。今週は、趣向を変えて、コンベンションレポートで
ある。

太洋堂は京都の中規模の印刷会社で、デジタル化がもっとも進んだ会社として
知られる。CD-ROM出版も早い時期にてがけ、インターネットへの取組みも早い。
社長の瀧静子さんは同社のホームページ(これが印刷屋さんのなの?というく
らい洗練されたページだ)でこう言っている。

◆さらに、97年頃からは、にわかに「WEB solusion」という分野が注目を集め
始めております。つまり、企業のコストダウン、顧客満足の増強、そして事業
運営の効率化を求めて、企業は数々の難問を WEBに求め始めました。今、人類
が、情報化という壁の向こうにあるまだ見ぬ世界、この未知なる世界への扉を
開けはじめたところです。 WEBが実在の事業や人々の生活にいかに活用できる
のか?この未知なる扉を、私どもは皆様とともに開けていきたいと思います。


太洋堂クリエイティブグループのプランニングディレクター・的場一起さんに
インタビューした。なお、このメールマガジンは大阪SOHO組合が編集協力して
いる。 

・この媒体はなにを目指すのですか?

◆基本的なものは、「インターネット創成期における(特に提案する立場の
方々)の知識を向上していただくための媒体発行と考えております。底辺をあ
げる事で、相対的にWEB関連の提案側の地位が向上するのではないかと思います。

・本業との関わりは?

◆直接はありません。ただ間接的に弊社が、正しい認識の会社である事がPRで
きるのであれば、それは本業で眼に見えぬプラスになって効果が現れると思っ
ています。
 
・ビジネスになるのですか?

◆情報編集発信自体を主とするメディアビジネスでの展開を行おうとは、考え
ておりません。弊社が、クライアントにプレゼンテーションする場合の基礎資
料としては、充分活用できると考えております。
 
・読者の反応は? どういう人が読んでいますか?

◆創刊したばかりなので、現在調査中ですが、文面からもお察しの通り、でき
るだけ問題意識をともにしていただける方に、ご購読頂きたいと発行サイドで
は考えております。

メールニュース編集局の塩見政春さんは、こう言っている。

◆情報化時代の最大の落し穴は「多元化した情報」であるといえます。どの情
報が自分にとって有益なのか、有害なのか・・・情報再編成が必要となります。
そこで、情報倉庫であるインターネットから、デジタル時代に必要であると考
えられるページをピックアップし、最新の更新情報として、インデックスメー
ルニュースを編集発行、情報の再編化に少しでもお役にたてればと思っており
ます。

そして、今日9月1日号に掲載された[WEB solution news]のコンセプト。

◆当然、WEB solution news 編集部の視点はひとつ。「誰の、どの様な課題解
決(solution)のために、 WEBがどの様に活かされているのか?また、どの様
に活かされる可能性があるのか?」、また、「その課題解決のためには、どの
様な技術が必要で、誰が(どの企業)が解決しようとしているのか?」である。

太洋堂 http://www.love.co.jp/
登録は http://www.love.co.jp/news/form.htm

【柴田忠男】しばた・ただお そうなんですよね。いま一番必要なのは<情報
の再編成>なのだ。そこで、これからは編集者の時代が来る、はずである。そ
う思ってSOHO者になって、日夜インターネットに向かっているわたしだが、さ
すがに何もかも投げ出してしまいたいことがある。もう、つながっているのは
イヤ! ときどき四国遍路のリンクに行って、実況中継など見ているわたしで
ある。
四国遍路のリンク
http://plaza13.mbn.or.jp/~hkushima/henro/links.htm

______________________________________________________________________
■マクロメディア株式会社 日本語Webサイトリニューアル
http://www.macromedia.com/jp/
----------------------------------------------------------------------
マクロメディアの日本語Webサイトが9月1日よりデザインを一新。
米国サイトに合わせたデザインの統一により操作性の向上をはかったもので、
トップページの運営にはMacromedia Generatorを使用。

更新と同時に、カスタマーサービスアドレスを設定。
製品全般についてのご質問、ご購入前のご相談を受け付ける窓口となる。
mailto:info-j@macromedia.com
尚、製品購入後のテクニカルサポートは、上記のアドレスでは受付していない。

______________________________________________________________________
■コーレルドロー8J発売日情報
----------------------------------------------------------------------
こんにちは。先日コーレルドロー情報を投稿したまるまるです。

コーレルドローの新バージョン8Jの発売日が決まったようです。
今度こそ!ちゃんと発売日にお店に並ぶといいなあ・・・(実は8月8日発売
予定だったんです・・・)。

発売日と価格は以下のとおりです。

「CorelDRAW 8J」
9月11日、プロフェッショナル 68,000円、スタンダード 35,000円
「CorelPHOTO-PAINT 8J」
9月11日発売、48,000円

プロフェッショナルというのは、
●CorelDRAW(ドローソフト)
●CorelPHOTO-PAINT(フォトレタッチソフト)
●CorelDream3D(3Dグラフィックソフト)
この3つのソフトと、その他いろいろのツール、40,000点(だったかな)以上
の素材集(写真とかクリップアートとか)がセットになったなんだかすごくお
得なパッケージです。
ちなみにCorelDream3DはRAYDREAMがもとになってるソフトで、アニメーション
機能がないこと以外はほとんど同等の機能をもっているそうです。

スタンダードはCorelDRAW単体。
「CorelPHOTO-PAINT 8J」はその名前のとおりPHOTO-PAINTの単体版です。

登録ユーザーはアップグレード版を購入することができます (安いです!)。
すでに申し込み用紙が届いてるはずですが、登録してるのにまだ案内がこない!
という人は、
コーレルアップグレードセンター 電話:03-5645-8408
に連絡をしてみたほうがいいようです。アップグレード版の店頭販売の予定は
ないそうです。

私は今まで PHOTO-PAINTの単体版のユーザーだったんですが、今回のバージョ
ンアップを機に、プロフェッショナルに移行する予定です~。
早くとどかないかな~わくわく。

まるまる
http://www2.airnet.ne.jp/maru2/

______________________________________________________________________
■主要サイト情報
----------------------------------------------------------------------
Apple/ Microsoft/ Sun Microsystems/ Macromedia/ Adobe/ SGI
----------------------------------------------------------------------
Apple
~~~~~
▽iMacに対して、大手デベロッパ各社が対応製品を続々と開発・発表
(1998.08.29)
http://news.apple.co.jp/applenews/980829developer.html
▼(添付資料)各デベロッパからのコメント
http://news.apple.co.jp/applenews/980829developer-2.html

▼"Think different"キャンペーンのTVCMが、エミー賞に選ばれたことを発表。
http://www.apple.com/pr/library/1998/aug/31emmy.html

▼8/30から9/4まで、サンフランシスコで行われているSeybold San
Francisco/Publishing '98でのAppleのプレゼンテーションの概略を掲載。
http://www.apple.com/pr/library/1998/aug/31seybold.html

Microsoft
~~~~~~~~~
▼マイクロソフトは、iMacの好調な販売状況を歓迎する声明を発表。
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0831imac.htm

▼8/31発行マイクロソフトニュースレターの公開。9/28開催の「Microsoft in
the Enterprise 98/Fall」の概要と、Microsoft SideWinderゲームコントロー
ラ製品群のリニューアルの予告を掲載。
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/nl08_31.htm

▼個人事業者向け財務管理ソフト「Microsoft Money 99」を発表。収入、支出、
税金の管理と顧客情報へのアクセスがひとつに統合される。1999年1月発売予定。
http://www.microsoft.com/presspass/features/8-31money99.htm

▼9/9から9/11までラスベガスで開かれるBusiness Applications Conference
98にて、Microsoftは電子商取引の高度なノウハウをデモンストレーションする。
http://www.microsoft.com/presspass/features/8-31bizapps.htm

Sun Microsystems
~~~~~~~~~~~~~~~~
▼金融、製造、流通、テレコム分野の最新ソリューション・激化するビジネス
を勝ち抜く情報化ビジョンを提案する、「Sun Industry Summit'98」が10/6に
開催される。会場は赤坂プリンスホテルで、入場は無料(事前登録制)。参加
申込受付中。
http://www.savage.co.jp/summit/

▼Sunは、UltraSPARC IIプロセッサに対応した「CSA/NASTRAN Version 98」を
発表。Version 97に比べて処理速度が2~5倍高速化される。
http://www.sun.com/smi/Press/sunflash/9808/sunflash.980831.1.html

Macromedia
~~~~~~~~~~
▼9/2 (水)のPM 2:00-7:00に、LAOXザコンピューター館においてascii主催の
Fireworksおよびインターネット関連ツールの店頭デモが行われる。
http://www.macromedia.com/jp/macromedia/events/ascii/

Adobe Systems
~~~~~~~~~~~~~
▼HTMLエディタAdobe PageMill 3.0のMacintosh版を発表。現在プレヴュー版が
ダウンロードできる。発売は10月の予定で、価格は$99。アップグレードは$49。
http://www.adobe.com/aboutadobe/publicrelations/HTML/9808/980831_pm3macannounce.html

▼PDFとPJTF (Portable Job Ticket Format) を利用した「Adobe PostScript
Extremeアーキテクチャ」の概説を掲載。この技術によって出力のプロセスが合
理化される、とのこと。
http://www.adobe.com/aboutadobe/publicrelations/HTML/9808/980831_extremehelps.html

Silicon Graphics
~~~~~~~~~~~~~~~~
▼お茶の水女子大学大学院に新設された人間文化研究科の複合領域科学専攻の
基幹講座である複雑系科学講座には、研究基盤重点設備としてSGIの並列コン
ピューターシステムOrigin2000及びOCTANEグラフィックスワークステーション
が導入され、大量なデータの高速処理による、解析・可視化に活用されている。
(「日経サイエンス1998,10月号」掲載記事)
http://www.sgi.co.jp/Headlines/1998/Aug/ocha/

【▼担当 Hironori DOI】 mailto:h-doi@pop13.odn.ne.jp
昨日、遅ればせながらiMacに会ってきました。思ったより小さくてかわいい
なぁ、と。店にはいってきた人はみんなさわっていました。小学生くらいの子
も知っているコンピュータってすごいですね。

【▽担当 山口 壮/ えむ】 mailto:PXX06120@nifty.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/yamaguchi/
ちゃんと画像処理をしようと思って、 Photoshopの解説書を購入しました。今
まで、ろくすっぽマニュアルさえ見ていなかったので、その内容の新鮮なこと
と言ったらもう......(笑)。僕もデジタルクリエイターとして精進していき
ます!

______________________________________________________________________
■本日キャッチしたコンピュータニュース関連
----------------------------------------------------------------------
ソフト関連
~~~~~~~~~~
●Mac用 ATOK11 for Macintosh R.1.1アップデータ
http://www.justsystem.co.jp/download/atok/11mac3a.html
*ジャストシステム、iMac,PowerPC G3対応アップデータ

●Mac用 Asahi-Auto8 / People-Auto7 / PCV-Auto6
http://www.iijnet.or.jp/matsumoto/seihin/jterm3/j3script.html
*Jterm3.0用各種自動巡回スクリプト。Asahi-Net / People / PC-VAN

●Mac用 CacheBuilder1.2b5
http://www.netlaputa.ne.jp/~jcotton/basic.html
*ホームページをオフラインでみる。ベータ版なので注意が必要。

●Mac用 Color to Hex ver1.4.2
http://w3.mtci.or.jp/~nagata/
*HTMLで使用する色を16進数に変換

●Win用 Access Information98 Ver1.20
http://www.platz.or.jp/~kyu/
*通信料金を計算する

●Win用 SuperTag 32 Pro 1.60
http://www2s.biglobe.ne.jp/~supertag/
*HTMLエディタ

●Win用 P-Grep Ver1.00
http://www.lares.dti.ne.jp/~parasa/
*文字列検索

●Win用 Pastel Touch Ver1.80
http://www.lares.dti.ne.jp/~parasa/
*キーボード拡張ユーティリティ

●Win用 RWATCH Ver2.27
http://www.bekkoame.or.jp/~ngt/
*テレホーダイ対応ダイヤルアップ監視ソフト

コンピュータハードや一般など
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●NTT、インターネット上で消費者ニーズや企業製品に対する評価調査する
「ネットリサーチサービス」9月1日開始
http://pr.info.ntt.co.jp/news/news98/9808/980831b.html

●日本HP、IrDA1.2対応赤外線トランシーバ・モジュール「HSDL-3201」9月1
日販売開始
http://www.jpn.hp.com/Corp/pressreleases/FY1998/CG063201.html

●日本HP、「HP ProCurveシリーズ」にハブやスイッチなど6機種追加 9月1日
販売開始
http://www.jpn.hp.com/Corp/pressreleases/FY1998/PSG24NET.html

【強力!べんりDesse】 mailto:joy@osk.3web.ne.jp
http://www2.osk.3web.ne.jp/~joy/benridesse/

______________________________________________________________________
■イベント・情報
----------------------------------------------------------------------
第37回京都デザイン大賞コンペ1998
http://www.joho-kyoto.or.jp/~kdahome/
----------------------------------------------------------------------
あなたの創造に満ちた作品を期待しています。
ご応募ください。

第37回京都デザイン大賞コンペ1998
THE 37th KYOTO DESIGN COMPETITION 1998
主催/京都市 (社)京都デザイン協会 京都商工会議所
会期/平成10年12月9日(水)~13日(日)午前9時~午後5時
会場/日図デザイン博物館(京都市勧業館「みやこめっせ」地下1F)
   (京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)

●テーマ「伝統とデザイン・京都スタイル」
京都は豊かな伝統と奥深い文化に支えられてきた都であり、今なおそれらが日
常的に息づいています。世紀末の閉塞感の中、伝統を軽視し続けてきた近代デ
ザインの価値観を根底から変革させるデザイン運動が始まろうとしています。
京都の豊かな伝統文化に学び、人間の生き方を提示し来世紀に向けたデザイン
を京都から発信する、それが今回のテーマ「伝統とデザイン・京都スタイル」
です。
この京都デザイン大賞コンペは今年で37回目を迎える、日本でいちばん歴史の
あるデザインコンペです。あなたの創造に満ちた作品を期待しています。ご応
募ください。
入賞・入選作品は、日図デザイン博物館において、展覧されます。

●目的
新人デザイナーの発掘と育成、ならびに市民のデザイン意識の高揚をはかるこ
とにより、デザインの重要性を周知し、京都の産業の振興発展に寄与すること
を目的とします。
新しいデザインの発見と発信のために、広く全国からあらゆる分野のデザイン
を網羅した全国公募展を実施するものです。

●募集部門
デザインのあらゆる領域を対象にします。
「伝統とデザイン・京都スタイル」をテーマとした未発表の作品に限ります。
ビジュアルデザイン、プロダクトデザイン、染織、テキスタイルデザイン、
ファッションデザイン、クラフトデザイン、空間デザイン(建築・環境)等の
それぞれの分野からテーマの主旨にのっとり、従来の伝統的価値体系にこだわ
ることなく、新しい発想のユニークな「伝統とデザイン・京都スタイル」の作
品を期待します。

●応募資格
デザイナー、デザイナーを目指す人、伝統工芸に携る人、学生、一般。

●出品規格
平面作品=B全判(103×72.8cm)パネル仕上げ、または、縦横四辺の合計が
600cm以内とする。
立体作品=縦+横+高さが300cm以内、重量が20kgまでとする。輸送、展示が手
軽にできるもの。素材、表現方法は自由。

●賞
大賞〈京都市長賞〉 100万円
準大賞〈(社)京都デザイン協会理事長賞〉 20万円
準大賞〈京都商工会議所会頭賞〉 20万円
奨励賞〈審査員賞〉 5万円×8点
伝統工芸特別賞〈審査員賞〉 5万円
佳作 記念品×10点

●審査員長
本郷大田子[(社)京都デザイン協会理事長]
●審査員
松永 真 [グラフィックデザイナー]
若林広幸 [建築家]
中村宗哲 [工芸作家]
菅井英子 [ファッションデザイナー]

●応募方法
作品の添付カードは所定の用紙に記入し、平面作品は裏面右上に添付。立体作
品には展示の際、邪魔にならなくて、わかりやすい場所に添付してください。
(1作品ごとに作品応募カードを添付し、複数出品の場合は必要枚数をコピーし
てください。)

●審出品手数料
出品作品1点につき3,000円とします。2点目からは1点につき2,000円とします。
郵送による搬入の場合、出品手数料は
郵便振替番号/01030-5-26083(社)京都デザイン協会へ
〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275 ABLビル3階

●作品搬入
日時/平成10年11月17日(火)午前10時~午後4時まで
場所/日図デザイン博物館(京都市勧業館「みやこめっせ」地下1F)
  (京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)
◯搬入は原則として会場へ直接搬入してください。
◯郵送による搬入の場合は、事前に主催者へ連絡の上、上記日時・会場に必着
 するようお送りください。
◯応募作品の開梱及び梱包は、本人またはその代理人(運送業者も可)がおこ
 なってください。
◯搬入の際、すでに展示可能な装備にしてください。
◯展示方法については、原則として事務局に一任するものとし、特に指定があ
 る場合は、必ず搬入の際、写真又は図面を付けてください。

●選考通知
入賞・入選・選外は通知するとともに、入賞者は広報発表します。

●表彰式
平成10年12月9日(水)会場内にて

●出品物の管理
1.出品物は展示中撮影及び模写することを原則として禁止します。ただし、主
 催者が特に認めた場合はこれを許可し、また、印刷物等への転載を許可する
 ことがあります。
2.出品物は誠意をもって管理につとめますが、不可抗力による損害については
 責任を持ちません。

●権利・義務
入賞・入選作品のすべては会期中、公開展示いたします。
出品物に関する諸権利は出品者に帰属するものとします。

●作品搬出
日時/平成10年12月14日(月)午前10時~午後4時まで
場所/日図デザイン博物館(京都市勧業館「みやこめっせ」地下1F)
作品の搬出は上記以外は一切受け付けません。なお、上記日時に搬出されな
かった作品は、主催者において処分いたしますのでご了承ください。

●連絡先
応募要項の請求は切手120円分を同封して下記のいずれかへ。
また、本展に関するすべてのお問い合わせも下記のいずれかへ。

第37回京都デザイン大賞コンペ1998開催委員会事務局
●(社)京都デザイン協会
〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275 ABLビル3階
TEL(075)541-0239 FAX(075)525-0294
http://www.joho-kyoto.or.jp/~kdahome/
mailto:kda_home@mbox.kyoto-inet.or.jp
●京都市産業観光局商工部伝統産業課
〒604-8571 京都市中京区河原町御池
TEL(075)222-3337 FAX(075)222-3331

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、<http://www.dgcr.com/>、まぐまぐ<http://www.mag2.com/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>で配信しています。

Copyright(C), 1998 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■