[0237] ブラウザの左右サイズ

投稿:  著者:  読了時間:16分(本文:約7,900文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0237 1999/01/28発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
■■■■■■■■→■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■→アルバイト・シゴト情報なら【フロム・エーONLINE】
■■■■■■■■→会員制情報サービス【クラブ@フロム・エー】登録受付中
■■■■■■■■→ http://210.228.141.247/go.cgi?c0019m0024A
■■■■■■■■→■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
------------------------------------------------------PR--------------

●「ブラウザの左右サイズ」
 木曜日担当:森川眞行

●「色鉛筆効果・その後」
 笠居トシヒロ

●柴田のこねた(いいわけ)

●編集部から生コメント--「CGWORLD + DigitalVideo」最新号
 特集は「最新ゲーム映像はこうして作られた!」

●ノストラダムスエンジン情報
 ◎現在登録数204件。「デジクリ会議室」についても。

●現在募集中
 ◎ノストラ、WEBデジクリの「マスコットキャラクター」「ロゴ」募集
 ◎ 読者プロフィール
 ◎ ホームページリニューアルインフォメーション
 ◎ 新刊情報
 ◎ デジクリClassifieds



「ブラウザの左右サイズ」
木曜日担当:森川眞行
----------------------------------------------------------------------
Dreamweaver 2での作業時、ドキュメントウインドウの下部分(ステイタス
バー)に新しいメニューが付け加えられている。それは現在作業中のドキュメ
ントウインドウサイズをプリセットで変更するものだ。プルダウンメニューに
は592w、536×196(640×480、初期設定)、600×300(640×300、最大)など、
ブラウザとモニタの解像度を考慮したドキュメントサイズがプリセットされて
いる(単位はすべてピクセル、もちろんカスタマイズ可)。
その中で興味深いメニューがWebTV仕様で、サイズは544×378ピクセルになって
いる。

WebTVはテレビで見る。テレビの解像度は御存知のように640×480。544×378と
いうのはWebTV独自のメニューバーやナビゲーションスペースを差し引いた数字
なのだろう。

みなさんはWebページをデザインするときに、ページの左右幅について頭を悩ま
したことはないだろうか? 自分は今年でWebページでザインを開始して4年めに
なるのだが、Webページの左右幅というのはWebデザインを開始した当初から今
も続いている悩みごとのひとつなのだ。
趣味の領域で自分のWebページを作成しているときは、他人の環境なんて考えな
かったし、周囲のクリエイター環境はMacintosh一色だったから、自分のモニタ
で表示される内容が全てであった。しかし実際にWebデザインを仕事として開始
するようになって、はじめてWindowsの環境やNetscape Navigator以外(要する
にIE)を意識して作成しなければならなくなったのである。当時のクリエイター
はみんなMacintoshが大好きで、Windowsを嫌っていたから(今でもそんな人を
たまに見かけるが…)ボクの知っている限り、ダサダサのWindowsを泣く泣く導
入した多くのクリエイターは、ブラウザでの確認用のためである事が、ほとん
どだった。

しかし、仕事となると圧倒的にWindowsユーザーを考慮したWebデザインを行っ
ていかなければならない。そこでもブラウザの左右サイズってのは、Windows環
境の人たちのフォントサイズの問題と同じように大きな壁なのである。

もちろんユーザーのOS、ブラウザ、モニタサイズなどの環境をすべてクリアで
きる「デザイン」を構築することがデザイナーとしての力量なのだろうけど、
実際には簡単に片付けられる問題ではない。少なくとも自分と、自分が知って
いるWebデザイナーはこの問題でいつも悩んでいる。

個人的には、このWebTVサイズというものを見たとき、ボク自身ある種の解答を
見たような気がした。まだちゃんと確認したわけではないが、WebTVにはコンテ
ンツ制作時における推奨マニュアルがあって、その中ではページをフレーム分
割して左端のナビゲーションを禁止しているとのことである。それはWebTV独自
のナビゲーションスペースが左端にあるし、よく考えたらIE4からもそのスペー
スが確保してある。確かに2重になったナビゲーションは見苦しいと思う。
そのせいかどうか分からないが、昨年の夏以降で、デザイン変更をした大手の
Webサイトは従来の右端ナビゲーションスペースを取り払ってしまったものが多
くあった。

最近はこのWebTVサイズが個人的に気になっていて、最近作成したWebページは
544×378を基準にデザインするように心掛けている。もちろん左右544いっぱい
にフォントを配置すると見苦しいので、空きスペースを作る。その基準として
考えているのは468ピクセル。一般的な広告バナーのサイズだ。通常は左右468
ピクセルでボーダーゼロのテーブルを作成し、センターに配置する。その中に
レイアウトをするようにしている。
DHTMLでレイヤーを使う場合は、544-468=76。その半分で38。つまりy軸の始点
を38ピクセルに固定してデザインをするようになった。

これでもまだ、100%のユーザを対象にすることはできない、フォントサイズの
問題もあるし、3.0ブラウザのユーザーは切り捨ててしまうことにもなるから。
それでも何かしら手がかりを持ってデザインをしなければ前へ進まない。CSS
だってまだまだ検証中だが、いずれはこの苦労が報われる日もくるのだ(…と
信じているのだが…)。

ええい! もう、うっとおしい~! ワシのデザインしたページは絶対に崩し
たくないもんね~! と主張する人にはフルFlashでコンテンツを作成するのも
よいだろう。4.0ブラウザが多くのユーザーに使われ、Flashがこれだけ浸透し
ている今、それはヤケクソでもなんでもない。ダイレクトに.swfを当てても、
Load MovieやTall Targetを駆使すれば従来のHTMLでの表現以上のWebサイトを
構築できる手段でもあるのだ。

またMacromedia GENERATORという必殺業も今後ブレイクする可能性も大きいの
である。ダイナミックフォントとデーターベースによるパブリッシングはまだ
まだ新しい可能性を沢山持っている。フォントの問題、ブラウザでの左右サイ
ズにとらわれないデザイン。ある意味ではFlashはその辺を一気に変えてしまえ
る可能性を持っている。もちろんデータだって軽いしね。

WebTVはFlashをサポートしている。

【森川眞行】もりかわ・まさゆき/ Silicon Cafe'
FireworksとDreamweaver、すっかり手放せないアプリになっちゃいました。加
えてFlashもバリバリ使っているのですが、気が付くとすっかりMacromediaの思
うツボ(笑)Fireworksもバージョンアップの噂が届いてきてます。今年も大変
ですわ。著書「FIREWORKS徹底解析」に関する情報は以下のページで御案内して
います。ヨロシクね。
http://www.siliconcafe.com/fireworks/text/book/index.html

______________________________________________________________________
■色鉛筆効果・その後
 笠居トシヒロ
----------------------------------------------------------------------
1/27付けのデジクリコラムで、5色のiMacを列べて展示することのメリットに
ついて書いたんだけど、その後何人かの方から情報を頂いた。それによると、
Appleから販売店に対して5色列べて展示するようにというお達しがでてたらし
いんである。それも発売日の数日前にでたということで、販売店側はかなりあ
わてて対処したということだ。

列べるったって、やっぱディスプレイとして美しく見えなきゃ何の効果もない
わけで、窮屈なスペースに押し込めて展示したって逆効果なだけである。Appl
eも中途半端な注文をしたモノだ。

せっかく色の相乗効果について一節たれたついでに、あわよくば...とお礼まで
期待していたワタクシにとってはエライ迷惑な話である。これではお礼どころ
かAppleの片棒を担いだとさえ思われかねないではないか。G3購入時に、逆恨み
されてぼられてしまったらどうしてくれるのだ(んな事はないだろうが)。

件の原稿はG3ウォッチングにいった翌日、1/16日に書き上げて、濱村デスクに
送っている。当然Appleから販売店へのお達しがでる何日も前に書いているので
これとは何の関わりもない。こんな言い訳めいたフォロー文を書かなきゃなら
んとは(いや別に知らん顔してたっていいんだけど)なんともトホホである。

〆切よりはるか前に入稿するという優良ライターのつもりだったが、時事ネタ
ではあまりこういうことをしない方がよさそうだ。今後は書いてもすぐ送らな
いで〆切ギリギリまで寝かしておくことにしよう(寝かせすぎて忘れちゃった
りして)。

情報を下さった須貝さん河野さん、どうもありがとうございました。

______________________________________________________________________
■柴田のこねた(いいわけ)
----------------------------------------------------------------------
ここ1週間ほど頭が痛くて(風邪の後遺症と運動不足だと思うのだが)、とんだ
ボケをかまし続けている。火曜日のレギュラーコラムのライティングがいつも
より遅れてしまった。ハマムラデスクからは、だいじょうぶ、待っていますと
のメールで、その直後に書き上がって送りだした。ト思ったら、送ってなかっ
た(ト後から気がつく)。

最初のダミーの235号では、わたしの欄だけが空白で出た。あれ? 間に合わな
かったようだと思ったが、だいじょうぶだろう、早寝しちゃえとマックの電源
を切りさっさとベットに入った。その後、デスクから、原稿が届かない! ピ
ンチヒッターで武藤修さんのコラムを掲載しますよ、とメールが来ていた(モ
チロン寝ているから読んでいない)。

さて、翌朝、昨日分のデジクリを見てびっくり! わたしのが落ちて、武藤さ
んのが入って配達されている。武藤さんの、というのがモンダイで、じつは3日
前に訂正が来ていたのを、グズグズ放置しておいたのだ。直っていないのが掲
載されて、配達済みである。がが~ん。武藤さんにおわびメールして、一日外
出してしまった。

帰ってから、武藤さんのお許しのメールを見てホッとして、心配しているデス
クに武藤さんコメントをコピーして、まだ送っていなかったわたしのコラムを
添付して送った。ト思ったら、なぜかデジクリメーリングリストに送ってし
まったのだった。このボケが~~。

教訓 <原稿着いていない、どうしました? 時間がありません、差し替えま
す>という緊急メッセージはメールではなく、リアルタイムの電話をしても
らった方が確実だった。普段のわたしはネットにつなぎ放しだから、チャット
のように対応できるが(よく驚かれる)こっちが寝ていたら読めないわけだ。
もっとも、非常識な時間に寝ちゃったわたしが悪いか?

教訓 メールを送りだすとき宛先は何度も確認すること。あぶない私信をメー
リングリストに流して大恥をかいたこともある。人の悪口なんか書いていたら
えらいことになる。

----------------------------------------------------------------------
トいうわけで、武藤さんのコラムの訂正箇所はココ。

【誤】
最後に、先日この絵本の増刷が決まりました~。(^^)/
まだ発売1カ月経たないのに(執筆時)嬉しい誤算です。
これで印税が、、、でなく(^^;、それだけ多くの人に読んでもらえ、母親、父
親が子供にこの絵本を読んで聞かせてることを想像するだけで嬉しい事ですね。

【正】
最後に、多くの人に読んでもらえ、母親、父親が子供にこの絵本を読んで聞か
せていることを想像するだけで嬉しい事ですね。

______________________________________________________________________
■編集部から生コメント--「CGWORLD + DigitalVideo」最新号
 特集は「最新ゲーム映像はこうして作られた!」
http://www.dtp-world.com/cgw/
----------------------------------------------------------------------
編集長の永田氏より、以下の内容が届きました。1月29日発売だそうです。こ
んな特集をしてほしい、というリクエストも欲しいとおっしゃってました。

特集「最新ゲーム映像はこうして作られた!」
あの「ファイナルファンタジー8」の製作現場密着取材をはじめ、「ガンダム逆
襲のシャア」「R4」「エアガイツ」「サイレントヒル」など最新ゲームのメイ
キング情報やゲーム製作のワークフローなどを紹介。ちなみにファイナルファ
ンタジーはギャガ配給で映画化されますが、Mayaの機能をフルに活かした異様
にリアルな作りになる予定です(詳細は本誌ニュース記事で)。

第2特集「CGレコーディング&ビデオ編集入門」
PVRなどのミドルレンジビデオレコーダを使ってCG製作から実際にカット編、
DVEなどをやって完パケにするまでの流れを追います。ちょっと高めだけど、こ
れさえあれば放送クオリティもいけます! アマからプロへの第1歩。

そのほか、SGIの発表したNTマシン、VisualWorkstationの紹介「スモールソル
ジャー」のパペットクリエイター、スタン・ウィンストンのロングインタ
ビューディズニーの最新フル3D映画「バグズライフ」最新情報フルCG漫画
「WiredBob」、Lightwave3Dユーザー必読の宇宙船アニメーションなどなど。

_____________________________________________________________________
■ノストラダムスエンジン情報
http://www.dgcr.com/
----------------------------------------------------------------------
現在登録数204件。に、200越えた~! うわ~! まだまだ行くっすよ~。広報に
励まなきゃと思いつつ、日常業務に追われているのであった。

疋田さんから、リンクのお申し出が。ありがとうございます~。もしバナーが
必要でしたら、
http://www.siliconcafe.com/dgcr.html
にありますので、お願いしますだ~。

昨日からオープンした「デジクリ会議室」いかがっすか? お気軽に書き込んで
くださいね。貴方の悩みは、他の人の悩みでもあるかもしれません。MLにポス
トされる質問でも、「そーそー、そういえば私もそのやり方わからなかったん
だっけ」と思うこと多いです。MLにポストするのは、ちょっと・・というよう
な内容でも、どんどん書き込んでくださいね。
それから、書き込み方がわからない、という方はメールくださいね。FAQ作りま
すので。よろしくお願いします!                 <濱村>

【新着情報】
●HOMEPAGE制作工房「ランバー・ジャック」- アフターサービスは任せて。
http://www3.osk.3web.ne.jp/~jack98/
●Uchronia - 時間のない世界という意味。物語や雑文、Webや飛行艇デザイン。
http://plaza7.mbn.or.jp/~uchronia/
●博物工房 - Webデザイン。仕事は、Mailなどの通信手段を利用しています。
http://www.alles.or.jp/~mhkobo/
●(株)ビーウェル・インターナショナル - 犬とカメのイラスト、加工写真募集。
http://www.bremen.or.jp/bewell/
●あすみが丘ホームページ工房「@home工房」- 折込チラシ感覚でオーダー。
http://greenpark.net/

●Game Game Game - Shockwave等で作ったゲームが20種類以上あります。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tomoChan/
●P&P HAMAMATSU - 大型ポスター格安出力サービス。リクルート情報も掲載中。
http://www.orange.ne.jp/~pandp/
●秀和システム - コンピュータ関連書の出版社。ゲームの開発・販売も。
http://www.shuwasystem.co.jp/
●shock again - dreamweaver2の新機能、変更点を解説。
http://www.tim.hi-ho.ne.jp/apes/dw2/
●red - FONT,CG,DOLLサイト。フリーフォントのダウンロードも可。
http://www8.big.or.jp/~nazi-y/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>で配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■