[0269] 悟る前にしがみつこう -クリエイターからパワーをもらう方法-

投稿:  著者:  読了時間:13分(本文:約6,000文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0269 1999/03/06.Sat発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
前号の発行部数 11054部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
□■□■□■□■□■□ ★メールマガジンについての簡単なアンケートを
■ 抽選で図書券を ■    行っています。ご協力お願いします!! 
□ 50名様に   □  
■□■□■□■□■□■        アンケートは下記にて↓
http://210.228.141.247/go.cgi?e0003m0024A
------------------------------------------------------PR--------------

●デジクリトーク
 悟る前にしがみつこう
 -クリエイターからパワーをもらう方法-
 ゲスト:武田瑛夢

●ASCII24より
 ◎大学院レベルの専修学校「岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー」

●イベント情報
 ◎インターネットコンテンツ企画・開発者向けに
 「インテル ウェブデベロッパ・カンファレンス」開催のお知らせ

●読者限定「激安」キャンペーンのお知らせ

●現在募集中



■デジクリトーク
----------------------------------------------------------------------
悟る前にしがみつこう
-クリエイターからパワーをもらう方法-
ゲスト:武田瑛夢
eimu@t3.rim.or.jp
----------------------------------------------------------------------
皆さん、はじめまして。特にニュースな出来事もない私ですが、日々作品と向
き合ったり、友人のWebを徘徊したりという淡々とした日常の中でのココロの動
きなどについて語りたいと思います。

私がクリエイターとしてスゴイと感じる人に会うと、その人が物を創ることが
好きな感じやこだわりが伝わってきて、こちらまで楽しくなってしまう。

スゴイと簡単に言っても「相当スゴイ」「なかなかスゴイ」「ちょっとスゴ
イ」などのレベル分けがぼんや~りとあるけれど、あくまでも自分の中で人に
対して思っている個人的感情だ(ちなみにココの編集長の柴田さんは「相当ス
ゴイ」《大人部門》である)。

若い頃だったら、スゴイ人と歳が近いほどクッヤシーと思ったものだけど、最
近だと自分より若い逸材がゴロゴロいる。ま、ここは開き直ってスゴイと認め
て仲良くしているけれど、本来は仲良くしている場合じゃないのかもしれない。

クリエイターがクリエイターから何かを得ることができるのは、その人の考え
方や制作姿勢からが一番大きいし、その塊みたいなものが「作品」や「仕事」
だろう。だからこそ、作品を人様に見せる時はとても緊張する。裸の自分がさ
らけ出されるからだ。日常で感受性の感度を研ぎすまして制作しているので、
他者の反応にも非常に敏感になってしまうということだと思う。傷つくことが
あるからこそ感じることができるってもんだ。作品や仕事はその人の分身のよ
うなものだから。

そんな自分の「作品」(私の場合=絵)というのは、1年に1枚くらいは自分を
支えてくれる同志になり得る。きっと一生に1枚くらいは人生を支えてくれるの
ではないか、という甘い期待の上で作品作りを続けてしまうのではないかと
思っている。トホホ、なかなかこの1枚というのは出てこないっ。

「そんな簡単に出てきたら、終わってしまうやんか」と言われてしまいそうな
んだけど、まさにその通り。
一生に1枚でもいいからガツンと来ないものだろうか。。。

自分の作品は客観的に見れなくても、不思議と人のものは途中段階からでも、
「うわっ」と思う程天才的な輝きが見えたりする。そういう作品を描き始めた
友だちを見ていると、その友だちの背中に真っ白い羽根でも生えて飛んでいっ
てしまいそうに思う。

それは、発展途上の若い年頃のすごい可能性を、ある種の『恐怖』と共に見て
しまったような時。人に恐怖感を与えるような力の噴出を、私は何度か同じア
トリエの友人に見たことがある。この子はどこへ飛ぶの? というような想い
だった。

自分にも羽根が欲しいけれど、同じ羽根は決して生えないのが作家の世界なの
ではないだろうか。自分には自分の重さを支えられる独自の羽根が必要なのだ。
人から感じる恐怖のために離れてしまったこともある。自分小ささゆえに側に
いるのが怖かったから。今はそんな友人たちが各分野で活躍している話を聞く
のがとても感慨深い。あの恐怖感はきっと間違いではなかったのだと思う。

友だちから見れば、私にも羽根が生えたように見えた瞬間があったのだろうか。

人の作品を気にしたり、自分に対する評価を気にしたりというのは、「小さい
考え方」と思われがちだけど、それだけまわりが見えているということではな
いだろうか。仙人のように全てを悟って、何の焦りも感じないのは生きていて
もったいないとすら思う。

人は人、自分は自分と悟る前に(なんでコイツこんなにすごいの!!)と思
いっきり打ちのめされたことのある人の方が、粘り強く自分なりの表現まで辿
りついたりする。若い感受性のそんな思いにつぶれる前にがんばって欲しいと
思う。なんかバリバリ活動している人ほど、まわりにも気が散っているものな
のだ。まわりからパワーを得ながら自分にエンジンをかけている。

まわりを見ない大人にならないために、今のうちにしがみつこう。

影響しあえるスゴイ友人と仲良くしている場合じゃないかもと思うのは、「嫌
いになる程スゴイ人」というレベルもあると思っているから。でももちろん柔
軟に歳をとっていたりするので、心の中でハナマルをつけてあげている。

人と影響しあうには存在の意識だけで十分だ。そしてインターネット! これ
ほど影響ピンポンの速いものが他にあるだろうか。作家は孤独なものだけれど、
自分に刺激を与えてくれる人に出会いたくて活動しているようなもの。もちろ
ん自分が誰かに影響を与えられるようになったら素晴らしいと思うことこの上
ないのです。

【たけだえいむ】グラフィックアーティスト。ディジタル・イメージ会員。デ
ジタルハリウッドThe Multimedia School「GRAPHIC DESIGN」OpenText book
(Photoshop編)を執筆。MdN3月号(2/6発売号)「Photoshopの達人」に作品制
作手順を掲載。

☆今年になってWebをリニューアルしました。『egg pairs』というたまご絵合
わせ神経衰弱ゲームもあるので、皆さんでどしどし遊びに寄って下さい! 
TOPページ上の小さな球が隠しボタンになっています(バラシてしまった)。皆
さまのWebお立ち寄りを心からお待ちしています☆
http://www.t3.rim.or.jp/~eimu/
eimu@t3.rim.or.jp

_____________________________________________________________________
■ASCII24より
大学院レベルの専修学校「岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー」
http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/990301/keyp02.html
----------------------------------------------------------------------
<以下は記事より抜粋。加筆。>

国際的な視野を持つ大学院レベルの専修学校「岐阜県立国際情報科学芸術アカ
デミー(略称IAMAS)」が、3月5日から14日まで、同じ大垣市のソフトピアジャパ
ンセンターで、第2期生の卒業制作展を催す。同時に同じ会場で、国際レベルの
メディアアートの展示会である“インタラクション'99”も開催される。

「小学生から高齢者まで、思うことは、基本リテラシーがあってはじめて表現
できます。文学でも絵でも同じです。関心、アイデア、感性があって、それを
表現します。技術、特にコンピューター技術は、どんどん変わります。変わっ
ても、勘が働かせるだけの、何ならできるのかという理解と、技術の基本的道
筋の把握は要ります。技能の詳細に入り込んで、意義を表面しか理解しないと、
技術が変わったときに対応できません」

同校の開校いきさつ、方針、生徒のレベルや客員芸術家制度などクリエイター
に限らず興味深い記事内容となっている。

・岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー
http://www.iamas.ac.jp/index-j.html
・インタラクション'99
http://www.iamas.ac.jp/interaction/i99/index-j.html
・国際情報科学芸術アカデミー第二期生 卒業制作展
http://www.iamas.ac.jp/exhibit/
・ソフトピアジャパン地図
http://www.ginet.or.jp/ogaki/map/71020.htm

・ASCII 24
http://www.ascii.co.jp/ascii24/

_____________________________________________________________________
■イベント情報
----------------------------------------------------------------------
インターネットコンテンツ企画・開発者向けに。
「インテル ウェブデベロッパ・カンファレンス」開催のお知らせ
http://www.intel.co.jp/jp/business/report/webdev.htm
----------------------------------------------------------------------
<以下は主催者案内より抜粋。詳細はお問い合わせください。>

最新のインターネット・テクノロジを一同に集めた技術セミナー、「インテル
ウェブデベロッパ・カンファレンス」をホテルニューオータニにて開催するこ
とになりました。 このセミナーではインテルの最新PCテクノロジの他、国内
外の有力インターネット・テクノロジベンダ様のご講演を予定しております。
ご多忙中の事とは存じますが、是非ともご参加ご検討頂けますよう、よろしく
お願い申し上げます。

●日  時:1999年3月16日(火) 10:30~19:00 (10:00より受付開始)
●場  所:ホテルニューオータニ、麗の間および悠の間
    東京都千代田区紀尾井町4-1

●参加対象:インターネットコンテンツ企画・開発者
●定  員:200名(先着順に受付)
●参加費用:3000円 (昼食・ドリンク代込み)

●講演予定ベンダ:
 株式会社アスキー(3Dワールド)
 マイクロソフト株式会社(ストリーミング、Direct Animation他)
 マクロメディア株式会社(Flash他)
 ヤマハ株式会社(ストリーミング&MIDI)
 リアルネットワークス株式会社(ストリーミング)
 プラティナム・テクノロジー株式会社(3Dワールド)
 Blaxxun interactive Inc.(3Dワールド)
 MetaCreations Corporation(3Dマルチメディア)
 OZ.COM(3Dキャラクタ・アニメーション)
 Superscape Ltd(3Dワールド)

●問い合わせ先:インテル ウェブデベロッパ・カンファレンス事務局
        電話:03-3434-5600 担当:福井 孝一

_____________________________________________________________________
■読者限定「激安」キャンペーン
http://www.agosto.com/dp_special/
----------------------------------------------------------------------
254号でもお知らせしましたが、「読者限定」キャンペーン実施中です。マクロ
メディア製品を買うとおまけや割引までしてくれるというもの。詳細は254号
と、上記アゴストさんのサイトへゴー。今月の「アート&デザイン」や吉井宏
さんのペインター本、柴田編集長編の美少女本もよろしく。

アゴストさんのサイトでは、アンケートプレゼントも実施中。
http://www.agosto.com/dp/pre.html
アゴストのサイト
http://www.agosto.com/

______________________________________________________________________
■現在募集中
http://www.dgcr.com/etc/invite.html
----------------------------------------------------------------------
●読者プロフィール
●ホームページリニューアルインフォメーション
●新刊情報
●デジクリClassifieds など、
クリエイターに有益なもの全般!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>で配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■