[0490] ネットアイドルはアンドロイドの夢を見るのか?

投稿:  著者:  読了時間:15分(本文:約7,000文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0490   1999/12/13.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 14645部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 <ネット+アイドル=自作自演の完全個人Webサイト>

●デジクリトーク
 ネットアイドルはアンドロイドの夢を見るのか?
 神田敏晶

●デジクリトーク 1999年、わたしにとって最大の危機とその対処
 メールマガジン「デイリーM」編集現場から
 吉武 涼

●ニュース
 大阪府立現代美術センター 大手前に移転
 2000年1月12日から展覧会スタート
 


■デジクリトーク
ネットアイドルはアンドロイドの夢を見るのか?

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

Y2K-Tokyo TVと称して、連日21時より、いろんなゲストを招いては、一番町
のワンルームストリームスタジオは、日増しに「デジタル(黒柳)徹子の部屋」
と化していきます。昨日のゲストは、ネットアイドル「とよみちゃん」をお招
きしました。「とよみちゃん」は、ネットアイドル業界の期待の一人でもあり、
Y2K-Tokyo のボランティアの一員でもあります。彼女を通じてネットアイドル
の世界に触れてみたいと思います。

Toyomi's Lovely Web
http://www3.justnet.ne.jp/~toyomin/

昨日のオンデマンド放送はこちらです。
http://www.y2k-tokyo.org/ram/19991212a.ram

そもそもネットアイドルとは、読んで字のごとく「ネット+アイドル」のこと
なのですが、そんじょそこらの芸能アイドルとは、ひと味もふた味もちがいま
す。とよみちゃんは、本番前に、生タグのHTMLをバシバシと手打ちしたり
するほど長けており、セルフポートレートで、カレンダーからポスターまで、
自分をキャラクターとして、すべて自分をセルフプロデュースします。

さらに日記やBBSを駆使して「自分」という存在を強烈にプロモートしてい
ます。デジクリの読者にも、自分の個人サイトを持っている人は当然多いので
すが、ランキングの上位を占めるごく一部の上位ネットアイドルには、一種の
「天才的なプレゼンテーションの才覚」を感じることができます。

さらにネット・マーケティング的にも、これからのネット・コミュニティが何
を求め、どう変革していこうとしているのかをネットアイドルは、示唆してい
るのです。それがランキングサイトにもあらわれています。

gal ranking
http://www.technoware.co.jp/ranking/index.html

ネットアイドルTOPランキング
http://www4.airnet.ne.jp/~mamada/idol-ranking/rank01/main.cgi?

ネットアイドルランキング
http://www.webranking.net/rank/rank21.html

キュートガールズ
http://takanami.to/cgibin/cglink/search.cgi?

インターネットアイドルマガジン
http://www.idol-magazine.com/

メールマガジン同様、このネットアイドルのランキングは日本独自のものであ
り、アメリカにはあまり存在しません。きっと英語版を作ったサイトとバイリ
ン帰国子女が日本語と英語を駆使すれば、グローバルにネットアイドルブーム
が広がるのかもしれません。

アメリカもそろそろ映画スターやTVアイドルに食傷気味です。さらに悪徳ネ
ットエロサイトや、フードル慣れした女性に愛想をつかした男性陣にとっても、
ネットアイドルたちは清涼剤のようなさわやかさと元気を与えてくれます。芸
能タレントよりも、もっともっと身近な立場でありながらです。

急速に「ネットにはばたく女性たち」の市場は形成されつつあります。「ネッ
トアイドル」とは…という説明が不要なほど、言葉がそのまま、いいあててい
ますが、ネット+アイドル=自作自演の完全個人Webサイトの特徴は、自分
自身をウエブサイトのコンテンツにしてしまうところです。人様の行動をネタ
にしているジャーナリストとはちがい、自分本人の経験がそのままコンテンツ
となります。まさに自分がネタ元となっているのです。

上位ネットアイドルのサイトでの3種の神器は、「日記」「掲示板」「写真」
です。この3種の神器の絶妙なバランスが彼女たちの上位ランキングを決定づ
けています。

グラビアアイドルの「美形」や「巨乳」が逆立ちしてもかなわないのが、普通
に生活する女の子たちの日記です。その赤裸々な日々の日記は、時に楽しく、
そして苦悩し、怒って、泣いてという日常の生活記録を、ネットアイドルたち
は驚くほどの分量を日々更新しています。

さらに「掲示板」では、些細な発見をも共有できるファンとのコミュニティを
日々育てています。ファンレターを出してもそれっきりという芸能アイドルの
世界ではなく、数分後に返事が帰ってきそうな、声の届くアイドルなのです。
また、実際にオフ会でも簡単に会えてしまうのです。

そして、「写真」では、それぞれがデジカメを駆使して、工夫を凝らしたサイ
トを構築します。デザインや企画力も、ヘナチョコウエブデザイナーが、ブっ
飛ぶほどのパワーを秘めています。それは当然です。請け負い業者と表現者と
の違いがそこにあるからです。自分への自己愛が、サイトプレゼンテーション
に責任感も生んでいます。

ウエブサイトで、未来の配偶者を見つけるネットアイドルも続々と登場するで
しょう。出会いの数からすると、きっとスチュワーデス以上でしょう。さらに
心無いメールや嫌がらせにも自分で対処するスキルも持ち合わせています。し
かし、今の自分を謳歌し、生きている女性に恐いものなどはありません。

顧客と直接コミュニケーションをはかり、顧客のニーズに応え、時に期待を裏
切り、事件が起きたり、TVドラマでは、味わえない双方向のドラマが日々、
彼女たちのサイトでは、展開されています。しかもBBSではいつでも人生の
相談役がひしめきあっています。そこで彼女たちは、はじめて、自分が自分の
ものだけでない、「自分の価値」に触れるのです。

きっと近い将来、大手プロダクションで占められる芸能界そのものを凌駕する
ネットアイドル産業が君臨するとボクは予言したいと思います(^^)。芸能界で
はなく、かつての「タバコ屋の看板娘」的親近感が、デジタルでネットワーク
され、ランキングによって切磋琢磨され、その中からいくつもの本当の才能
が開花するチャンスも開かれていくことでしょう。

ネットアイドルの名のもとに、日本国中の美少女、美女そして予備軍がWeb
で一斉にはばたきはじめています。彼女たちにとっては、HTMLとデジカメ
はすでにファッション雑誌や化粧品と同様に、欠かせない自己表現のツールと
なっています。女性の「美」への象徴と憧れがデジタルに表現されればされる
ほど、女性をマーケットにする企業は彼女たちに注目しなければなりません。

ネットアイドルがお母さんになる時、ネットアイドルの子供たちは、生まれる
前から大きなお腹の超音波画像でデビューしていくことでしょう。そして誕生
の瞬間から、サイト更新される人生を歩む子供達で21世紀はスタートするの
です。そんなジェネレーションが続々と登場です。

きっとボクたちの過ごしてきた20世紀とはまったく違ったメディアとコミュ
ニティの狭間で、21世紀の人生を共有することになりそうです。きっと、未
来SFにでてくるようなアンドロイド社会ではなく、デジタル社会は、ますま
す心のヒダに接近する時代へと向かいそうな気がしました。ネットアイドルは、
日本で今、一番元気な人たちかも知れません…。

Live now! my Tokyo studio http://www.y2k-tokyo.org/ram/live.ram
Y2K-Tokyo PROJECT http://www.y2k-tokyo.org/
The smallest digital TV station in the world
KandaNewsNetwork http://www.knn.com
Toshi Kanda mailto:knn@rr.iij4u.or.jp
111 N.market st.suite1000-17
San Jose,California.95113-1101 USA
Tokyo:4-22,ichibancho,tiyodaku,Tokyo 03-3221-9957
Kobe:2-5-10,kamisawa,hyogo,kobe 078-511-4647

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリトーク 1999年、わたしにとって最大の危機とその対処
メールマガジン「デイリーM」編集現場から

吉武 涼
───────────────────────────────────
デジクリの読者の皆様、お久しぶりです。というより、はじめましてと挨拶し
た方がよいかもしれません。随分以前に一度だけコメントを寄せさせていただ
いた、メールマガジン「デイリーM」の編集長の吉武と申します。

テーマは「1999年、わたしにとって最大の危機とその対処」。

う~ん、でも今年って危機的状況ってあったかなぁ。「今年はいい年でした、
だから危機もありませんでした」ではコラムにならないし..。さぁ、困った、
困った。皆様の思っている危機とは随分違うかもしれませんが、思うところを
そこはかともなく書かせていただきます。

今年は1999年、私の最大の関心事というとノストラダムスを含めた世紀末
の大予言の行方でした。なにせ、昔学生だった頃に人生の目的は? って質問
されたときに、「1999年の第8の月を無事に迎えて、何も起こらなかった
事を笑う事」なんて答えたぐらいでしたから。

諸説様々ありますので、まだまだ安心は出来ないのかもしれませんが、とりあ
えず終末思想の方の自暴自棄による暴走もなかったことで、一安心というとこ
ろです。

次の関心事項と言ったら、2000年問題でしょうか。でもこれは元システム
エンジニアの経験からいうと、そういうプログラムを書く方が手抜きなのであ
って、それをしっかり管理している所であれば、そう恐れる問題でもないと考
えています。

狂うと言っても時系列のものが主になるでしょうから、最悪時計をいじればな
んとかなるような問題であると認識しています。まぁ、制御系のプログラムの
一部には怖いものもありますが、じっと家で本でも読んでいる分にはそう問題
も起こらないでしょう。

正月が開けて、混乱が納まった頃に、日常の生活に戻ればちょうど良いかなっ
て楽観視しています(まぁ、それでも、一応念の為コンピュータ一式は実家に
持ちかえりますが...)。

あとは、そうですねぇ..。仕事がらみになりますが、「デイリーM」について。
「デイリーM」というメールマガジンは、印刷・DTP・マルチメディアのニ
ュース速報を毎晩お送りしているものなのですが、この中の討論会のコーナー
がちょっと不活性化してしまって困った事があります。

年初は、「フォントについて」と反響も強く上々の滑り出しだったのですが、
「デイリーMの体裁について」をやった時ぐらいからおかしくなって、その後
「カラーマッチングについて」「印刷業界における2000年問題について」
「デジタル化の印刷業への影響」と、そんなに盛りあがらないうちに終了して
しまいました。

問題提起と設問は、それなりに良かったと思っていますが、広報と運営方法に
少し問題があったのではないかと反省しております。

その後、対応策として「デジタル素材集について」では、あるメーカーとタイ
アップして素材集をプレゼントする事にして、一般の訪問者から(ホームペー
ジでも同時開催しているので)の討論参加者が増えて何とか持ちなおしました
が、次の「新情報提供サービスについて」「CTPフレキソ印刷について」に
ついては、活性化したという所までは行きませんでした。

だれかパワーユーザーが声を大にして語りかけてくれれば、もっと盛りあがっ
たのかもしれませんが、そういったユーザーを捕まえるだけの力量が不足して
いたようです。来年はそれらの反省点を踏まえて、改善された新たなメールマ
ガジンを展開してみたいと思っています。

あ! あと、デイリーMのキャラクターを募集して、キャラクターグッズを作
ってしまおうと言う企画も進行しています。もしデジクリの読者様で、「デイ
リーM」に興味のある方はご一報下さいませ(と、露骨に宣伝してしまいまし
た)。
それでは、また、いずれのおん時にか...。

株式会社 印刷之世界社 デジタルデータ管理室
「デイリーM」発行責任者 吉武 涼
http://www.monz.co.jp
E-Mail:ryo-yoshi@monz.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ニュース
大阪府立現代美術センター 大手前に移転
2000年1月12日から展覧会スタート
───────────────────────────────────
大阪府立現代美術センターは、12月12日に大阪府新別館に移転し2000
年1月から「府民と美術をつなぐ新たな交流の場」としてオープンする。
新所在地 大阪府新別館北館・南館 大阪市中央区大手前3丁目1番43号
最寄り駅 地下鉄谷町線または中央線「谷町四丁目」1A出口徒歩3分 京阪
     「天満橋」南へ徒歩12分
電話   06-4790-8520 ファクス 06-4790-8522
(ありゃ~~、インターネット関係の表示がないゾ、なぜだ? ということで
調べたものを)
http://paper.cup.com/osaka/genbi.html

───────────────────────────────────
■編集後記(12/13)
・まだ咳が抜けないが、とりあえず活動している。昨日は、しばらく書店にい
ってなかった鬱憤をはらすため、浦和の須原屋へいく。やっと手にした「関ケ
原連判状」「信長」「トニー谷、ざんす」「市民科学者として生きる」はじめ
文庫も雑誌も山盛り、気持ちいい。「三国志」も2冊(横山光輝です)。浦和
は「十二日町」で旧街道通りは夜店が大変な数で、人出もすごい。たこやき、
いかやき、じゃがバター、お好み焼き、おなじみのメニューの中にすごいネー
ミングの食品が! ディズニー焼き! すごすぎる。クラクラした。(柴田)

・仕事部屋とは別の自分の部屋の電灯が壊れた。どうせ寝にいくだけの部屋だ
ったので、さほど支障はないのだけれど、明かりがないだけでできないことの
多さを感じている。電気がなくなったらパソコン使う仕事はできないし、読書
は昼だけしかできない。TVで時間を食い荒らされることもない。でもよくよ
く考えたらそっちの方が基本なんだよね。電気がなくなってくれたら、時間の
たっぷりある優雅な生活が送れそうだ。(hammer.mule)

----------------------------------------------------------------------
■ 日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>、
E-Magazine<http://www.emaga.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■