[0884] 燃えるぜ! FLASHイベントin大阪

投稿:  著者:  読了時間:19分(本文:約9,100文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0884    2001/06/20.Wed発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 18342部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 <浪速上陸作戦>

■デジクリトーク MKチャット対談
 燃えるぜ! FLASHイベントin大阪

■公募案内
 エプソン カラーイメージング コンテスト2001
 
■展覧会案内
 アネッテ・メイヤー ファッション・インスタレーション BODYWRAPPInc.

■展覧会案内
 文化庁メディア芸術プラザ「美術館」第10回企画展
 「アヴァン=ポップ/ザ・ストーリーズ・オヴ・マーク・アメリカ」
 -デジタル化社会のアートの「在り方」-



■デジクリトーク MKチャット対談
燃えるぜ! FLASHイベントin大阪

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: まいどでーす、笠居ですー。いやー蒸し暑いっすねー
まきお: どもども、急性鼻炎で大変なまつむらっすー、ずびー(笑)
かさい: 鼻詰まりかい?(笑)
まきお: だいぶマシになったけど、ほれ、先週打ち合わせした日、なんか寒か
    ったっしょ? あれ以来ずびー(笑)部屋中ティッシュの山っす
かさい: ええやん、鼻声がセクシーで(笑)ところで今日はスペシャルゲスト
    をお呼びしてるんですよね
まきお: はいはい、よーやくお呼びできました、Flashでコマアニメ作らせたら
    日本一、FlashアニメーターのA.e.Suckさんでーす
さっく: A.e.Suckです、どもー!
まきお: 拍手拍手(^^)//""""""パチパチ
さっく: パチパチパチ~

●匠の技っちゅーのをみたいっ!

かさい: Suckさんにお越しいただいたということはっ
まきお: 以前からここで何度か言ってた Flashイベントがいよいよ決まったち
    ゅーことですねっ
かさい: ですです。ようやく、企画が軌道に乗って、みなさんにご報告できる
    準備ができました~
さっく: はくしゅぅぅぅぅ~!
まきお: 7月18日、大阪にて Suckさんをお迎えしてセッションをおこないまー
    す。題して「FlashPowerSesson2001~アニメーションの逆襲~」!!
さっく: いきますよー、大阪! 30年ぶりに!
まきお: わはははは、万博っすね(^_^;)
かさい: それ以来きてないのかー(笑)
さっく: そそそそ 
まきお: うちからエキスポタワーが見えるんすよ
かさい: んなことはどーでもよいのだ(^^;)
まきお: いいのか(^_^;)
かさい: (笑)具体的にどんなことをやるのか、やりたいのか、話しましょう
まきお: んじゃあ、先に概要を紹介しましょ
さっく: 待ってました!
まきお: 三部構成で、第一部がファントムメナス...
さっく: あ、アナキンの子供時代すね!
かさい: そうくるか(^^;)
まきお: ちゃいますね(笑)第一部がプロに聞く!アニメーションテクニック
    と題して、Suckさんをメインに、まつむらがイラストレーターな立場
    から、笠居さんがデザイナーな立場から Flashアニメーションについ
    てあーだこーだ言う企画です 
かさい: Suckさん、当日は何しゃべってくれます?
さっく: ActionScriptについて、みっちりと 
まきお: だはははっは(^_^;)
かさい: おーい(^^;) ボケ倒しやな
まきお: ネタに関しては実はまだなーんも相談してないんすよね(^_^;)
かさい: でもまあ Suckさんを叩けばなんぼでも出てくるでしょう<ネタ(笑)
まきお: とりあえず、あれっすよね、匠の技っちゅーのをみたいっ
さっく: あぁ、タイミングとか、見せ方とか
まきお: ちゅーか、まずですね、描くところがみたいっすよ
かさい: うんうん、見たい!
さっく: どうやって描いてるか?いいすよ。お見せしましょう
まきお: わくわく
かさい: わーい(^^)/
まきお: まず、上半身裸になって...えぐりこむように
さっく: 描くべし!
かさい: ちょっとスキを見せるとすぐボケるなぁこの2人、ツッコミが間に合
    わんわ(^^;) 当日、2人でボケはじめたらほっとこうかなあ(笑)
まきお: あんまりアホなコト言ってると、参加者が減るような気が....(^_^;)
さっく: まず原画の下描きから描きますね。そんで清書です。
まきお: そのあたりって、ほら、本だとさらっと数行ですんじゃうじゃないで
    すか。下絵にしても、動画の下絵って、ナニを考えて描くのかとか
かさい: 動きとかが全部頭に入ってて描いてるのかとか
さっく: 完全攻略では結構ページさいたですよ 
まきお: そんなことゆーたら、人があつまらんしぃ(笑)生でしかわからない
    ことってのがね、あると思うんですよ、アニメって
さっく: たとえばどんなことでしょう?
まきお: ほら、Suckさんの本で、女性のポーズをかくのに、自分でポーズして
    る写真があったでしょう?(^_^;)
さっく: あぁ、はいはい。女性の手も自分の手見ながら描きますよ
まきお: あれのね、動画版がみたいんすよ(笑)
さっく: なるほどー。今の時代はデジカメあるから資料集め楽です
かさい: その場で描くのって時間かかりそうだなあ(^^;) どうすか?
まきお: 下絵レベルの動画なら、可能ですよね?
さっく: 大丈夫でしょう
まきお: わーい(^_^) じゃあ、一発スキップを....(笑)
さっく: それは大変。ホント、難しいんだから 
まきお: 知っててゆーてるんです(笑)完全攻略にかいてましたがな
かさい: わはははははは
まきお: 今回のイベントって、キャラアニメや、イラストレーターの人ばかり
    じゃなくて、いわゆるモーショングラフィックをやってるデザイナー
    や、3Dアニメをやっている人にも非常に参考になるんじゃないかと思
    っているんですが
かさい: カット割りやタイミングのテクニックとかモーショングラフィックに
    も応用ききますよね
まきお: Suckさんって、モーショングラフィックとかもされるんですか?
さっく: 最近はしません。キャラものが多いので
まきお: 昔はやってた?
さっく: やってましたねー。モーショングラフィック自体は好きですよ。作る
    のも見るのも
かさい: そういうの作るとき、アニメのテクニックとか意識して作ってます?
さっく: もちろんです。ツメとか、アンチとか
かさい: そんな話もしましょう<当日(^^)
さっく: ただ、最近気になるモーショングラフィックはですね、動くのはいい
    けど、動いちゃうと読めない文字!
かさい: わははははは。早すぎて読めない?(^^;)
まきお: トメが皆無ってケースもありますよねぇ
かさい: カットインの多用でスピード感出すのが流行ってますからね
さっく: 動かすのもほどほどに、というか、目的はキチンとしてほしいですね
まきお: 当日、200人以上のFlashユーザー動員が予定されているんですが、逆
    にSuckさんから、これは見せたいぜっ、ってコトあります?
さっく: 考え中です…
まきお: 秘策がある、と(笑)
かさい: 実際どんな話やテクニックが飛び出してくるかは、当日のお楽しみっ
    てとこでしょうかね(笑)
まきお: そのあたりは大丈夫、わしら2人でほじくりだしますから(笑)

●第二部、第三部もある!

かさい: じゃあ、第二部の紹介に行きましょうか?
まきお: それそれ。第二部も、これまた強力。 Flash大喜利!と題しまして、
    わたしら3人に加えて
かさい: 森さん(GO!GO!FLASH5 ゲームを作ろう編 著者)、柴田さん(おしえ
    て!! Flash5 アクションスクリプト 著者)、日高さん(FLASH5 上級
    サンプル100 著者)、青木さん(GO!GO!FLASH5 著者)、keiさん(デ
    ザイナー)、植木さん(DREAMWEAVER WEB MASTERING BOOK 著者)、
    福田さん(イラストレーター)など、 Flash使いのプロが多数スピー
    カーとして出演します。
さっく: 12人の怒れるFlasherですね
まきお: だはははははは(^_^;) 10人しかおらんがな(^_^;)
かさい: とにかく 強者のFlash使いが集まって、素朴な疑問から難題まで、会
    場のお題に答えちゃおうという企画ですね
まきお: 多分、このメンバーで答えられないことは、アメリカ行って開発者に
    でも聞かないとわかんないですね(笑)
かさい: それはどうだかわかんないが(笑)、でまあ、大喜利以外にパネルデ
    ィスカッションとかもやりたいんですよね
さっく: やりたいですね
まきお: アニメ、イラスト、スクリプト、デザインとそれぞれテリトリーが違
    うので面白いとおもうんですよ
さっく: けんかになる?
まきお: どうかな(^_^;)
かさい: みんなそれぞれの主張があるからね(笑)
まきお: で、今回のイベントは一応、セミナー形式ではあるんですが、一方通
    行ではなくて、会場とステージでわーっと盛り上がれるものにしたい
    なぁと思っています。飛び入りプレゼンとかね
さっく: Flashファンの集い!
まきお: 裏タイトルがありまして、表のサブタイトルは「アニメーションの逆
    襲」なんですが、裏は「史上最大のオフ会」です(^_^;)
かさい: わははははははは
さっく: この日をD-Dayにしましょー
まきお: Director-Day?(^_^;)
さっく: ちゃう、ノルマンディ上陸作戦にひっかけて
かさい: 浪速上陸作戦(笑)
まきお: すきですねぇ、Suckさんも(^_^;)
さっく: きっと長くてあっとゆーまの1日になりますよ。
まきお: 参加者の技術レベルを問わず、だれでも楽しく得るものの多いイベント
    だとおもいまーす。でもって、第三部もあるんすよね
さっく: いよいよジェダイが!
まきお: 父さんっ、やめてっ!
かさい: こらこら、またボケる(^^;) 当然のように第三部は飲み会です(笑)
まきお: 残念ながら、会場の都合もあるので、全員ってわけにいかんのですが
かさい: まあ、早いモン勝ちですね、これは(^^;)
まきお: めちゃ濃いっすよね、きっと(^_^;)
さっく: ずっと同じ会場でやるんですか?
かさい: いえいえ、第三部は近所の店に移動します。セミナー会場から歩いて
    3分ですが(笑)
まきお: なかなかいい店ですよ
さっく: 楽しみですねー
まきお: いやー、ほんとはこんなにオオゴトになるとは考えてなかったんです
    けどね(^_^;)
さっく: 史上最大ですから
かさい: できれば、定期的に開催したいなあ、と(笑)
まきお: 野望ですね(笑)松笠の野望(笑)
さっく: BY KOEI
まきお: で、とにかく、最初の第一歩。次があるんじゃないかと思って来ない
    と一生後悔することになるでしょー
かさい: そうそう、当日、どんな話が聞きたいのか、といったことも BBSを使
    って事前に募集しようと企んでます
まきお: とにかく双方向!(実はなかみがあまり決まっていない!)
かさい: おーい(^^;)
まきお: とにかく、詳しい内容、申し込みは公式ページを見てくださいね。で
    もってご近所お誘い合わせの上(笑)ぜひご参加くださいませっ。
    たのしいぜっ 
さっく: みなさんにお会いできるのを楽しみにしてま~す
かさい: お楽しみに~~(^^)/


「Flashパワーセッション2001大阪~アニメーションの逆襲~」
●主催 Flashパワーセッション実行委員会(Flash-japan、デジタルクリエイ
    ターズ、ソフト産業プラザiMedio)
●後援 デジタルクリエイターカレッジWAO!
●協賛 アトムショックウェーブ株式会社、マクロメディア株式会社、株式会
    社ワコム(50音順)
●開催日 2001年7月18日(水曜日) 14:30~18:00
●会場 大阪市 大阪産業創造館4階大ホール(地下鉄堺筋本町下車徒歩5分)

プログラム詳細、参加申し込みはこちら
http://www.dgcr.com/fps2001/


【A.e.Suck/Flashアニメーター】
22年前に名古屋から上京してアニメーターに。BS-2で再放送中の「キャプテン
・フューチャー」がデビュー作。今はFlash専門ですが、ずっとスクリプトと
は無縁なままです(笑)「Flashアニメーション完全攻略」(オーム社)も発
売中。
<http://dynamictoon.com/><http://ae-suck.com/>


【笠居 トシヒロ/グラフィック&Webデザイナー】
イベント用のロゴマーク、Suckさんとまつむらさんが描いたイラストにわしが
作ったロゴを組み合わせたもの。3人でコラボするのは初めてだけど、なかな
かナイスなデキではないだろーか?(笑)
<http://www.mad-c.com/>

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
今回のチャット、実はこの数倍の量があって、続きはイベント当日配布パンフ
に掲載予定。濃いんだよ、これがまた(笑)
<http://www.makion.net/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■公募案内
大賞賞金300万円!
エプソン カラーイメージング コンテスト2001
http://www.epson.co.jp/contest/
───────────────────────────────────
応募規定
デジタル画像出力された作品であること。
[写真部門]ストレートフォトを中心に写真表現を自由に追求して制作された
作品。単写真、組写真を問わない(組写真は5点以内)。
[グラフィック+アート部門]デジタルデザイン、CG、絵画、版画、イラスト
レーション、タイポグラフィなど。

応募条件
・応募作品は、未発表のオリジナル作品に限る。
・応募は、個人またはグループでも可。
・プリンタにより、デジタル画像出力された作品であること。
・使用する機材のメーカー、機種は問わない。
・応募点数の制限はない。ただし、同一作品での複数部門への応募は認められ
ない。
・応募サイズは問わない。
・作品は、同一のプリントアウトで2部送付。ただし、A3より大きい場合はA3
に縮小したもの1部を別途添付。

応募締切 9月25日(火)
結果発表 11月下旬頃 受賞者への通知をもって発表にかえる。
審査員  伊藤俊治・勝井三雄・HIROMIX・藤原新也・森村泰昌

大賞:賞金300万円+副賞エプソン製品(1作品)
審査員賞:賞金各30万円+副賞エプソン製品(5作品)

入賞は、写真部門、グラフィックアート部門それぞれ
優秀賞:賞金100万円(1作品)
エプソン賞:賞金30万円(2作品)プリンタ出力、制作プロセスにおいて工夫
      や努力、研究の成果がみられる優れた作品におくられる
プロスペクト賞:賞金10万円+副賞エプソン製品(1作品)満22歳以下の優秀
        作品におくられる
入選:エプソン製品(15作品)
佳作:記念品(30作品)

受賞作品展覧会
上位入賞作品を紹介する展覧会を東京をはじめ全国各主要都市にて実施予定。

応募・問合せ先
〒107-0061 東京都港区北青山2丁目7番30号10F(株)パッション内
「エプソンカラーイメージングコンテスト事務局」 TEL:03-5414-2155
(受付時間10:00~17:00土・日・祝日除く)
http://www.epson.co.jp/contest

主催 セイコーエプソン株式会社/協賛 エプソン販売株式会社
───────────────────────────────────
▼ このコンテストとまっこうから対抗するのが既報の「キヤノン・デジタル・
クリエーターズ・コンテスト」である。

デジタルフォト(プリント部門)、デジタルグラフィックス/イラスト(プリ
ント部門)、デジタルムービー部門、WEB部門とがあり、部門グランプリは賞
金300万円(各部門1点)、優秀賞は各部門1点50万円、入賞は各部門5点10万円
そのほかキヤノン賞、協賛企業賞、特別審査員賞などがある。
応募締切は9月5日(水)

http://www.canon.co.jp/cdcc/index.html

▼イラストレーター若野桂作成のコンテスト・メインビジュアルができるまで
のレポートもある。題して「クリデジ」(爆)
▼トップクリエイターズ・インタビューは安野モモヨ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
アネッテ・メイヤー ファッション・インスタレーション BODYWRAPPInc.
http://www.spiral.co.jp/
───────────────────────────────────
デンマーク生まれのファッションデザイナー/アーティスト、アネッテ・メイ
ヤーの日本初の展覧会が開催される。今回の展覧会は、ヨーロッパ、北アメリ
カ、アジアの3大陸各国で入手したジャンクフードやキャンディ、生活用品な
どの包装紙を素材にした衣類を、3大陸で発表するプロジェクト。

プロジェクトはすでにアメリカ、デンマークでの発表を終え、いよいよ日本で
の開催。これに加え、スパイラルでは、過去に発表されたパフォーマンスの衣
裳「Costumes」や、包装紙のスーツを着て歩くモデルたちの記録ビデオも展示
する。

会期 6月28日(木)~7月15日(日)11:00~20:00 会期中無休 
会場 スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   東京都港区南青山5-6-23 Tel.03-3498-1171
入場料 無料

オープニングイベント
6月28日(木)18:30~19:00 BODYWRAPPInc.NYのスーツを着た20人のモデルが
青山に出現、スパイラルへやってくる。その模様を会場でビデオ上映する。

主催 京都芸術センター、株式会社ワコールアートセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
文化庁メディア芸術プラザ「美術館」第10回企画展
「アヴァン=ポップ/ザ・ストーリーズ・オヴ・マーク・アメリカ」
-デジタル化社会のアートの「在り方」-
http://plaza.bunka.go.jp/
───────────────────────────────────
文化庁メディア芸術プラザはメディア芸術にたずさわるアーティストや、アー
ティストを目指している人達のために文化庁が1999年2月26日より運用してい
るwebサイト。プラザには「美術館」「画廊」「講座」「図書館」の4つのコー
ナーがあり、「美術館」では、3か月ごとにインターネット上の企画展を開催
している。

プラザ「美術館」では第10回企画展として、アメリカのインターネット・アー
ティストであるマーク・アメリカ氏の回顧展を、インターネット上で開催。ア
メリカ氏は、デジタル・アーティスト、理論家、小説家であり、そしてインタ
ーネット上で出版を行う試みの先駆として知られる『Alt-X Online Network』
の創設者といった数多くの横顔を持っている現コロラド大学教授。

この展覧会においては、『グラマトロン/GRAMMATRON』をはじめとして、『フ
ォーン・ミィ/PHON:E:ME』、『ホロ=エクス/HOLO-X』、『アニメーテッド・
ジフとしてのアーティストのポートレイト/Portrait of the Artist As An
Animated Gif』、そして『インターネット・アーティストになるには/How To
Be An Internet Artist』などの、アメリカ氏の手になる数多くのネット上の
アート・プロジェクトを展示すると同時に、アメリカ氏の活動によせられた海
外の数々の論評を日本語でも紹介する。

会期 7月1日~9月30日
閲覧料 無料(要会員登録。登録も無料)
主催 文化庁メディア芸術プラザ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(06/20)
・ここんとこデスクに張り付いていることが多いせいで、肩や首、腰がうっと
おしい。久しぶりに行ったマッサージは、担当が代わっていて、今度の人はと
ても親切で長時間治療してくれるのだが、痛いのなんのようこ。いままでのマ
ッサージはなんだったんだト思うくらい痛い。気持ちいいのが7割、痛いのが3
割というところか。悪いから痛いのか、痛けりゃそのうち楽になるのか、よく
わからないが耐える、耐える、えらい。自治会の運動で耐えることを知ったわ
たしにとって、数秒、数分の痛みなんか平気、でもない。いやです。(柴田)

・Flashイベントの公式サイトができた。BBSなどもあって、イベントに対して
の要望も書き込めるようになっているので、よろしくです。当日のスタッフも
追って募集します。我こそは!と思う方、ぜひお願いします。/雨で湿気がす
ごい。スポーツをしている時のように、汗が流れ出てくる。肌はうるおいすぎ
てベタベタ。もうクーラーの季節なのかなぁ。       (hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  
メーリングリスト参加者募集中  <http://www.dgcr.com/ml/>

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、カプライト<http://kapu.cplaza.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、E-Magazine<http://www.emaga.com/>、
melma!<http://www.melma.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2001 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■