[1346] やってるです、まざ~。ぽえ~ん。

投稿:  著者:  読了時間:23分(本文:約11,400文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1346    2003/07/09.Wed発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 20305部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------

         起業・独立のためのお役立ちメルマガ

      <http://www.dreamgate.gr.jp/aff/af.php?ue=72,4 >

-----------------------------------------------------------------PR---


   <もーこうなったらわしも買う(^^;) 明日買ってくるぞ!>

■MKチャット対談
 やってるです、まざ~。ぽえ~ん。
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■買い物の王子さま 第2回
 ネットの買い物は夢の入り口
 石原 強



■MKチャット対談
やってるです、まざ~。ぽえ~ん。

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: まいど、笠居です。まだちーっと右手親指が曲がりにくいんですが、
    何とか打鍵できるようになったので、今週はチャットでお届けします
    ~(^_^)/
まきお: ども、禁煙1週間クリアのまつむらです♪ で、指はなんやったん?
    ○○のしすぎって?
かさい: あんたが「○○」とか書くから、変に誤解うけるでしょーが(^^;)
    たぶん「マウス操作」だとおもー
まきお: それはないよねぇ、読者のみなさん(笑)
かさい: ホントです(^^;) おっさんは「テニス」とか言わせたいみたいだけど
    月に1回、2時間弱しかやってないのに、関節炎の原因になんかならな
    いっすよー。医者にもハッキリ否定されたもん~~
まきお: だってあーた、マウス操作なんて、もう10年以上毎日やっとるんでし
    ょーがぁ
かさい: 10年分の溜まりに溜まったのが一気に来たんだな(笑) それよか、
    そっちの禁煙はどーよ
まきお: 夜店のカメか(笑)>10年。禁煙はなんとか1週間続いたよーん♪
    1日目が一番きつかった~。先週原稿書いたときな。一番頭が錯乱状
    態(笑)
かさい: 今はそうでもないのかな?
まきお: だいぶ落ち着いたっす。当初考えてたよりは順調かな
かさい: 最初は意外とスムーズに止められそうな気がするものなのだ(笑)
まきお: そうだなー(笑)これから落とし穴が多いのかも(笑)
かさい: 3ヶ月超えてから、もう一度苦しみのピークが来るから、お楽しみに
    ~(笑)
まきお: いやん(笑)

●糸井的何かのあるRPG

かさい: (笑) ところで、今日のお題は何にする?
まきお: 先週書いたビデオチャットの話もおもしろいのだが、笠居さんやって
    ないしねぇ。そうそう、MOTHERの1、今日終わったん~♪
    <http://www.nintendo.co.jp/n08/a2uj/ >

かさい: たしか先々週のFlaConのときに発売だったんだよね<MOTHER 2週間
    でクリアか・・・仕事してる?(笑)
まきお: (笑)いや、大学に行くじゃない? はかどるのよ通勤時間に(笑)
    あと、タバコがわりにとか(笑)ゆーても、ファミコン時代のゲーム
    だからね。わりとあっさり
かさい: 通勤の電車の中でゲームかぁ(^^;) ま、たしかに複雑なゲームじゃな
    いけどねー
まきお: 一度やってるし、当時のガイドブックもあるし
かさい: え? 攻略本まだ持ってるの? 15年前のゲームだよ(^^;)
まきお: MOTHERの公式ガイドは当然持ってるべきでしょうー。復刊ドットコム
    でも常に上位だったんよ。今回めでたく復刊されたー♪
    <http://www.1101.com/MOTHER/MOTHER.html#DIC >

かさい: そーなんかぁ(^^;) って元々持ってなかったですが<ガイドブック
    しかし、MOTHER いまだに人気あるよねー、なぜか
まきお: ねぇ~。ぼくはもともと、音楽の鈴木慶一が好きで、やったクチなの
    だが、一般にこんなにファンが多いとはおもわなんだ
かさい: 人気があるからこそGBAで復刻されたわけだけど。人気の秘密は何だ
    ろ? 音楽は当然要因のひとつだろうね。
まきお: いいですよー、音楽。サントラもオススメします。あくまでも当時の
    話になるわけだけど、当時、RPGっていうと、指輪みたいなファンタ
    ジーが基本で、マザーみたいな現代劇っていうのはなかったよね
かさい: そうだね。基本的に「ファンタジー」の世界が舞台だった、というか
    今でもRPGというとその傾向が強いよね
まきお: そそ。これがマザーはスピルバーグ的世界
かさい: 失礼な話だけど、僕はMOTHERが出た当時は「奇をてらって」現代劇に
    したんじゃ、と勘ぐった(^^;)
まきお: まぁ、それもあるでしょう。DQ、FFがあったわけだし。
かさい: ま、糸井さんの「オレだけの」RPGって思い入れからだと思うけどね
まきお: オレPG。いいね、それ
かさい: やっぱどうしてもね、RPGって「指輪物語」とかのファンタジーの呪
    縛から逃れられない傾向があるでしょう?
まきお: すり込みだよねぇ。ガンダムとかのも、今はあるかな
かさい: あるかも。壮大な世界観みたいのを見せられちゃうと、なかなかそれ
    以外のとこで自分の世界って構築しにくいよね
まきお: 日本人なら時代劇とかの方がよさげなのだけど(笑)どろろとかさ
かさい: かえって感情移入しにくいかもね<時代劇(笑)
まきお: じゅうべえくえすとは名作であったよぉ>時代劇 で、やっぱMOTHER
    は糸井さんの私ゲームだなぁと
かさい: MOTHERは、単に舞台を現代に置き換えただけじゃない「糸井的何か」
    がある?
まきお: あるある。まず、言葉が違うわな
かさい: 言葉。糸井さんの専門分野だわな。たとえばどんな?
まきお: さりげない、町の人の言葉とかにね、みょーに含蓄があったりねぇ。
    まざ1では、それほどではないんだけど、2はもう、読みながらニヤニ
    ヤしっぱなし、みたいな
かさい: うーん、具体的に思い出せないな。。。(^^;) ずいぶん前のことだか
    らなー
まきお: アイテムとしては、「ものさし」じゃないかと、マザーは(笑)
かさい: (ものさし。。。忘れてる(^^;))
まきお: あかんなぁ(^_^;)マザーの神髄じゃないですか、ものさし(笑)
かさい: 武器、じゃないよな・・・(^^;) フライパンは武器だったけど
まきお: やってみてください(笑)フライパン、バットね。武器
かさい: あと、たしか主人公が喘息もちだったよね?
まきお: そそ。そういうディテールがマザーだなぁと
かさい: どこにでも居そうな、普通の子供だよな。パーティのほかのメンバー
    も同じく。戦士とか勇者とかの資質はなさそう(笑)
まきお: マザーが出たとき、すでに社会人になってたから、というか、わしら
    こどものときにビデオゲームなんかなかったか(笑) こどもにとっ
    てどうこうという判断で、これがつくられているのかどうかはわかん
    ないんだけど、おっさん的には感情移入しやすい(笑)
かさい: ゲームの中の子供に成りきれる、みたいなかんじ?
まきお: いや、ちがうな。あ、糸井さん(ゲームクリエイター)に感情移入す
    るんだわ(笑)
かさい: なるほど。じゃあ子供の親になった今だと余計にじゃない?<感情移
    入(笑)
まきお: うーん、そういうわけではないが...電話とか?
かさい: 最初やり始めたとき「MOTHER」なのに、なんでお父ちゃんのほうが出
    番多いの? って思ったね(笑)声だけですが
まきお: わははは(笑)MOTHERというタイトルは謎ですね
かさい: ○ー○の母親、ってことなんじゃ?<MOTHER
まきお: だれが? ちゅーか、そんなネタバレ話したらあかんでしょう(笑)
かさい: あ、あかんのか(^^;) そかそか、知らない人も多いんだな、スマソ
まきお: ○で伏せよう(笑)プレイヤーが、という意味?
    ○○○○○○○○○○(20行抹消(笑))
まきお: だから、それがテーマではないと思うんだよな
かさい: いちおう RPGの形を取ってるけど、ラスボスを倒して平和を取り戻す
    ってのは主軸じゃないと
まきお: そうそう。だれも死なないしねぇ。あ、まざつでは冒頭、死ぬ人がい
    るけど(^_^;)
かさい: なんとなく、そのへんをうろうろしたり、森の中通り抜けられるか試
    してみたり、けっこうのんびりしたゲームだった印象があるな
まきお: なんとなく、というか、ものすごく不親切なんだよ、まざワン(笑)
    2はすっごくゲームっぽくなって、親切なんだけど
かさい: そそ。不親切というか「わかりにくいなー」と思ったのは、まずマッ
    プね。歩いててどこにいけばナニがあるのか見渡せないでしょう?
    マップじゃなくて、等身大の風景なんだよな、どこにいっても
まきお: ドラクエだと、全体のマップのなかに、町アイコンがあって、そこに
    入ると町にはいって、なのが、マザーって町の中と外が地続き
かさい: そうそう。だから必然的に同じとこをうろうろするはめになる(笑)
まきお: あれはマップじゃないもの(笑)
かさい: マップじゃないね(笑) ホントに遠くまで一人でテクテク旅してる
    気分
まきお: それがいいんですよー
かさい: だろうね。この町の中と外が地続きってシステムは、その後ポケモン
    に受け継がれてるんだけど。自転車もね(笑)
まきお: ポケモンやってないんだよー。そうなんか>自転車
かさい: そそ。子供に買ってやって、ちょっとだけ自分でもやったんだけど、
    自転車が出てきたんで思わずにやっとした(笑)
まきお: なるほどねー。まぁ、自分がゲームを作ろうとするとき、意識する
    ゲームだよなぁ
かさい: しかし、あまり爆発的に売れたゲームじゃなかったと記憶してるんだ
    けど……
まきお: うーん、ゲームのセールスまではわからんが……
かさい: あ、いやいや、世間一般で大ヒット作というんじゃなくて、プレイし
    た人は長く愛するゲームだったんだな、と。それにしても、ナニがそ
    こまでユーザーを魅了してるのか、いまいちハッキリしないな、とね
まきお: うんうん。2はもう、感動ですよー。ゲームでなんで感動するのかわ
    からんくらい感動した覚えがある
かさい: そうなんだよな。オレも確かラストでかなり感動した覚えがあるんだ
    わ。でも忘れちゃってるのよ、何に感動したのか(^^;)
まきお: そうなの(笑)わたしも忘れてる(笑)けっこう中盤でも感動したよ
    うな記憶が...
かさい: 2人ともアカンやん(^^;
まきお: 歳ですから(笑)1は覚えてた通りだったけどねー。2は印象的なシ
    ーンがそれこそ山のようにあって。一番好きなのがダンジョン男。
    ドンドコドンドコ♪
かさい: オレはどせいさんかなーやっぱり
まきお: どせいさんはまぁ、別格というか、あれは狙ってるしねぇ。マザツー
    の公式ガイドにはしりあがり寿のどせいさんまんがが載ってるのだ
かさい: どんなん? なんかマンマのような気もするけど(^^;)
まきお: まんま、ぽえ~ん(笑)マザワンの方は吉田戦車の4コマが載ってる
    のだー
かさい: (笑)ええねえ
まきお: 保存していて、当然でしょう?(笑)
かさい: 買ってたらなー(笑)
まきお: 糸井重里責任編集なんだから、買ってないのはモグリ(笑)MOTHERを
    やった、ことにはならんよ、それでは(笑)
かさい: オレは基本的に攻略本の類は買わない主義なのだよ。でも、MOTHERは
    買っとけばよかったな
まきお: 当然だよー。まざー1はゲームと、公式ガイドと、サントラの3つがそ
    ろって、はじめて一人前(笑)
かさい: ゲームの謎解きとかクリアが目的の場合、攻略本って楽しみ半減する
    みたいでいやなんだ……ということは、MOTHERの楽しみつーのは、
    それ以外にあるってことになるなぁ
まきお: あまり役に立たないのだ、公式ガイドは(笑)1は、ゲームの表現が
    乏しかったので、メディアミックスでイメージをふくらませたんだっ
    て……
かさい: ゲーム以外のメディアを補助的に使うってのは、初期のころのゲーム
    ではよくあったね。FFの天野さんの画集とかも
まきお: 天野さんのはなぁ...あれは、ギャップがありすぎて(^_^;) ファミコ
    ンの画面だと、なにがなんだか(笑)
かさい: まあ確かに(^^;) でもオレは想像力豊かだったから(笑)
まきお: テキストのみでもよかったのではないかと(^_^;)ドラクエの鳥山さん
    のキャラだと、それこそ、フィギアでもあつめているかのようなね、
    楽しさがあるけど、天野さんのリアルな絵を、初代ファミコンで表現
    されてもなぁ、と(^_^;)
かさい: 俺は好きだったけどねぇ<初期FF(笑)
まきお: 初期からダメだったー。あがれないんだもん。あと、宮崎アニメのア
    イテムがいっぱいで(^_^;) なんかパチモンくさくてやだった(笑)
かさい: 宮崎アニメのアイテム……飛空船とかかな?
まきお: チョコボも、ナウシカの鳥馬でしょう?
かさい: そーか、あまり気にしなかったけどなー、そのあたり(^^;)
まきお: なんか、すっげーあちこち気になったんよ~。影響受けるのは否定し
    ないけど、なんか安っぽい感じがしたなぁ
かさい: ふうん、なるほどね。ゲームシステムみたいのは、ドラクエよりFFの
    ほうが好きだったんだけどねー。ただまあ強制イベントが多いのはち
    ょっと閉口したかな<FF 後期はDQも似たようなもんだったけど
まきお: 強制イベントもダメ~。イベントみてるうちに、さっきまで何をしよ
    うとしてたか、忘れない?(^_^;)
かさい: 忘れるねー(笑)それ以上にねぇ、いつ強制イベントに突入するかひ
    やひやしてたな(^^;)
まきお: FFはゲームじゃなくていいです(^_^;)
かさい: わははは(笑)
まきお: 結局、RPGってのは、なんなのだ?とね、思うわけですよ~。 FFはも
    う、ゲームじゃなくていいし、片やMOTHERは、たしかにこれは、ゲー
    ムでなくてはならないだろうなぁと
かさい: 僕は元々のボードゲームとしてのRPGをやったことはないんだけど、
    プレイヤーが物語作りに参加していくような雰囲気なのかなーと思っ
    てたんだが、どうなんかな
まきお: みたいだねぇ。「バイオニックジェミー」というドラマがあったでし
    ょう?
かさい: 女サイボーグのやつね
まきお: うん。あれのなかのひとつのエピソードで、学園中が D&D(ダンジョ
    ン&ドラゴン/テーブルトークタイプのRPG)にどっぷりはまって、と
    いう話があって。そんとき D&Dをはじめて知ったと思う。アメリカ人
    は変なことするなぁと(笑)
かさい: だねえ、日本でのRPGの理解され方っていうのは、本来のゲームとは
    違うだろうなぁ
まきお: 目的とかストーリーはどんどん変化していくわけでしょう?「なりき
    る」方に重きを置くわけで。そこに、ストーリーとキャラクターを持
    ち込んだのはドラクエの発明かな?
かさい: 大本には「ウルティマ」と「ウィザードリィ」があったと思うんだけ
    ど、単数一人称でプレイを成立させたのはDQが最初かも
まきお: MOTHERはなんかね、行動、体験に重きを置いているというか、ジュブ
    ナイルだよね。ジュブナイルというのは基本的にそうなんだけどね。
    なんらかの経験を通して、成長していくと。ボタンを押すだけなのに
    結構、シビアな判断させられるみたいな。「親友だよな」と聞かれて
    「はい」「いいえ」とかねぇ。ゲームの大筋とは関係ないんだけど
かさい: 子供が成長していくわけだよね。 RPGの文法として「経験値」っての
    があるけど、主人公が子供だとごく自然に受け入れられる
まきお: あー、経験値だけじゃなくて、悪いヤツにだまされるとか、いい人に
    救われるとか、ものさしとか(笑)なんかそういう端々が経験主義み
    たいな
かさい: ものさしがわからん~~(^^;) オレももう一回買おうかな<MOTHER
まきお: ものさし、重要だよぉ(笑)
かさい: うがー(^^;) しかしつくづく変なゲームだぞ<MOTHER。 面白かっ
    た、感動した、という記憶はあるのに、ディティールをすっかり忘れ
    てる
まきお: 忘れすぎじゃ(^_^;)
かさい: いや、ドラクエとかはもっと細かいとこも覚えてるんだ。歳のせいだ
    けじゃないような気がするぞ(^^;)
まきお: おおおおおおおーーー!!!!!!!
かさい: なんじゃその叫びは(^^;)
まきお: 今、まざつーやってたのだが、めちゃくちゃ感動したっ(^_^;)そうだ
    ったそうだった(笑)
かさい: ゲームやりながらかー!(^^;)
まきお: 検証ですがな(笑)いや、感動した。まだまざ2のごく初期段階だけ
    ど、まざ1全部分、すでに感動したっ(^_^;)
かさい: もーこうなったらわしも買う(^^;) 明日買ってくるぞ!
まきお: 指、また腫れるぞ、キミ(^_^;)
かさい: アクションゲームじゃないから大丈夫だろー(^^;)
まきお: しかしだなぁ、ゲームボーイも、あれよね、わたしらの世代直撃され
    てるよね(^_^;) ゼルダのトライフォースもそうだけど、TVの前に腰
    を据えにくいわたしらを狙って復刻してるとしかおもえん(^_^;)
かさい: そうかな(^^;) 考えすぎじゃぁ……オレは本来画面ちっちゃいGBは
    目が辛いので敬遠してたんだ
まきお: たしかにね。だからこそ、ほれ、ライト付きでみやすいGBSP(笑)
かさい: SPかぁ うーむ、そういう言うオレが買う気になったんだから、しっ
    かり罠にはまってるわけだな(^^;)
まきお: マザーなんかさぁ、スリープモードがあるんよ。他のもあるんかな、
    最近のは
かさい: スリープってハードじゃなくてソフトにそう云う機能があるわけ?
まきお: そそ、画面表示が完全にとまって、節電モードになるん。電車でも安
    心♪ 戦闘中でも、強制イベント中でも、ちゃんとスリープします。
    忙しいオトナにうれしいね(^_^;)
かさい: ふーん。やっぱ携帯機ならではの機能やねー(笑)
まきお: ではわたしは、そろそろ冒険に戻らなくてはいかんので、このへんで
    (^_^;)
かさい: あなたの健康を損なうおそれがありますので、やりすぎに注意しまし
    ょう。
まきお: やっとタバコやめたのに(^_^;)

【笠居 トシヒロ/WEB&グラフィックデザイナー】
チャットが終わってから、ヨドバシのポイントを確認したら、2万以上貯まっ
てた。GBA-SPとMOTHERセットで買ってもお釣りくるじゃん(笑)
<http://www.mad-c.com/ > <mailto:kasai@mad-c.com >

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
京都の博物館で開催中のスターウォーズ展、行きました??何度でも行きたい♪
<http://www.makion.net/ > <mailto:makio@makion.net >

▼小見出し入るところがないじゃないですか……(泣)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■買い物の王子さま 第2回
ネットの買い物は夢の入り口

石原 強
───────────────────────────────────
今年8月27日火星が地球に大接近するらしい。いつかは買おうと思っていた望
遠鏡を手に入れて、夜空を眺めてみようと思い立つ。すかさず検索エンジンで
調べてみる。すると天文ショップの望遠鏡セットや、愛好家による購入アドバ
イスのページに混じって、ちょっと変わったサイトを見つけました。

そこで売っていたのは、火星を覗くための望遠鏡ではなくて、なんと火星の
「土地」そのものです。なにもふざけているのでもなく、いたずらでもありま
せん。「ルナ・エンバシー(月大使館)」というお店。ここでは、月と火星の
土地が売られています。

---
The Lunar Embassy.corp(アメリカ ルナエンバシー社)は、法的な根拠に基
づいて月の土地を販売している、いわば地球圏外の不動産業を行っている企業
です。
すでにアメリカでは、二人の元大統領を始め、ハリウッドの著名人やNASAの職
員も購入しており、全世界でもすでに120万人以上の人々が月のオーナーとな
っているそうです。
---

月にはそんなにたくさんのオーナーがいるのか。月に土地を持つのは普通のこ
となのか?

オーダーページを見ると、価格は1エーカーで3000円(1エーカーは、だいたい
60m四方の大きさ)。もっと高いのかと思ったけど。まあいいか。入力フォー
ムに必要事項を記入して、決済はクレジットカードで終了。法的な解釈はとも
かく、いくら買ってもそれを利用できないばかりか、その場所までいくことさ
えできないのだから、意味ないし、詐欺じゃないかとも思ったが、後の祭り、
我ながらなんだかばかばかしい買い物をしたものです。

それから2週間。手元に届いた商品を開けてみると、私の名前が入った「月の
土地権利書」、購入した場所がわかる「月の地図」。そして、それが法的に認
められているとする「月の憲法」です。それまでと違う「月」を感じた瞬間で
した。手に届かないものとして外から眺めるのだけのものから、ぐっと身近な
ものになったのです。

私の「土地」が、地球から約38万キロはなれた月面にある。場所はディオファ
ントスクレータ近くで、そこでは、どんな風景が見えるのか。地球はどんな風
に見えるのだろうか。太陽はまぶしいだろうか。自分の買った「月」をもっと
良く知りたい。

私は小さい頃、宇宙飛行士になりたいと思っていました。生まれた年には、既
にアポロ11号は月に到達していて、月に住む日ももうすぐだという話を聞かさ
れていました。いつか私も宇宙ロケットに乗って、月に行くのだと夢みていま
した。20年以上たって大人になった私は、月には行けなかったけれども、代わ
りに「土地」を手に入れることになった。忘れかけていた夢を思い出した。近
頃、忙しいことを言い訳に、新しいことへのチャレンジができなくなっている
自分に気づく。

「望遠鏡」を買う目的は達成できなかったけれど、今までよりも夜空を見上げ
るのが楽しくなった。月に立って地球を眺める、明日の自分を夢みる。そんな
心の望遠鏡。それを買ったのです。

月の土地(の権利書)を買ったお店、「ルナエンバシージャパン」
http://www.lunarembassy.jp/

【いしはら・つよし】t.ishihara@compolex.jp
ウェブプロデューサー、サイトアナリスト
前回コラムの感想をいただきありがとうございます。特に、印影のプレビュー
については、複数の方からセキュリティの面から注意が必要とのご指摘を受け
ました。ネットで便利になったら、別の心配がでてくることもあります。便利
さをとるか、より慎重になるかは買う側の選択になると思います。今後、この
コラムでもセキュリティについて取り上げていきたいと思います。

顧客の「気持ちをつかむ」ウェブサイトをつくります。
COMPOLEX, INC. (http://www.compolex.jp/)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(7/9)
・おすぎの新聞コラム「危険な歩きたばこ 嫌煙以前の問題」を読んで、モー
レツに感動している、というほどではないけど言いたいことずばりと代弁して
くれていてうれしい。長めに引用させてもらう。「歩きたばこで火を外側に向
けて平気で歩いているのがいるじゃない。ああゆうの見ると腹が立つというよ
り、もうバカとしか思えない。(略)その場で捕まえて磔にして、みんなでた
ばこの火を押しつけてやるべきよ」「(略)嫌煙や受動喫煙の問題と言う以前
に、非常に明確な『基本的な人としての想像力』の問題だから、厳しく罰する
べきよ。(略)『基本的な想像力』の無い行為には適切な規制が必要よ」まさ
にその通り、刃物を裸で持ち歩く行為と同じなんだから、法的な規制が絶対必
要だ。外出すると必ず出会うこういうバカ者に対して注意したいが、暴力をふ
るわれてはたまらないので我慢している。じつにストレスである。 (柴田)

・新機能を備えたアーロンチェア「Mirra Chair」登場。なんだけど、なんだ
かリープチェア。/母親の知り合いから、10月まで毎月ご招待という映画館の
株主優待券をもらっていた。なので捨てるのはもったいないと通う。ただし仕
事の関係上、見たい映画が上映している時に行けるわけではなく「8 Miles」
などは見逃してしまった。この映画館のいいところは完全入れ替え制。あと、
最近改造したので座席のクッションはいいし幅がある。シネコン化したため、
とりあえず有名な映画はやってくれる。もう少しマイナーな映画をしてくれた
ら言うことない。/日経平均が1万円台復帰。といっても株もってないんだけ
どね。映画館の株主っていいなぁと毎月思っていたり。   (hammer.mule)
http://www.hermanmiller.com/mirra/  Mirra Chair
http://www2.hermanmiller.com/global/japan/aboutus/hmnews.html ニュース
http://www.leap-online.jp/  リープチェア
http://www5b.biglobe.ne.jp/~cinema/0401.html  シネコンの基礎知識

<応募受付中のプレゼント>
 Illustrator 定番マーク デザインブック 1343号。
 デジタル商品撮影 実践の書 1344号。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/ >

編集長     柴田忠男 <mailto:tdo@green.ocn.ne.jp >
デスク     濱村和恵 <mailto:zacke@days-i.com >
アソシエーツ  神田敏晶 <mailto:kanda@knn.com >
アシスト    島田敬子 <mailto:keiko@days-i.com >
リニューアル  8月サンタ <mailto:santa@londontown.to >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        <mailto:info@dgcr.com >
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html >
広告の御相談はこちらまで   <mailto:info@dgcr.com >

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/ >、
E-Magazine<http://emaga.com/ >、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/ >、
Pubzine<http://www.pubzine.com/ >、Macky!<http://macky.nifty.com/ >、
melma!<http://www.melma.com/ >、めろんぱん<http://www.melonpan.net/ >、
MAGBee<http://magbee.ad-j.com/ >、posbee<http://www.posbee.com/ >、の
システムを利用して配信しています。

★携帯電話対応メルマガもあります。<http://dgcr.com/i/ >
★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/ >

Copyright(C), 1998-2003 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■