[1462] 書類送検されちゃいました!

投稿:  著者:  読了時間:20分(本文:約9,900文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1462    2004/02/09.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 20075部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<2003年にクレイジーな奴が日本の道路関連法に疑問を抱いた>

■KNNエンパワーメントコラム
 書類送検されちゃいました!
 神田敏晶

■月曜クリエイターズサロン コンテンツビジネスへの挑戦(3)
 大阪・ミナミ発のショートフィルム
 ぱく・さよん

■セミナー・イベント案内
 Webマスターサミットinふくい/日本の先駆者29名が福井に集結
 SKIPシティ国際Dシネマフェスティバル
 第9回学生CGコンテスト



■KNNエンパワーメントコラム
書類送検されちゃいました!

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田@書類送検中です。

イラクから帰国した翌日、警視庁の交通捜査課より連絡があり、昨年の7月に
開催した「セグウェイ広告」 http://www.1stsegway.jp/pr0707.php
に関しての事情聴取の報告書ができたので確認をしにいった。

昨年から、何度もこの件で任意出頭という形で警察に協力してきた。警察では、
今回のイベントがどの程度の交通違反かどうかを判断するために、セグウェイ
そのものを調べないといけないということで、弊社のセグウェイを無償で「お
持ち帰り」となった。

そこで警察は、
1.米国Segway社のマニュアルの全ページ翻訳
2.警察に出入りしている検査会社にての走行テスト
などをおこないセグウェイの出力を自動二輪相当と判断した。
(そこまで税金と時間をかけないと判断できないと判断したそうだ)

そこで自動二輪とするならば、ウインカーやライト、ブレーキ、ナンバープレ
ート、ブレーキランプなどがないセグウエイは「整備不良車」となり、整備不
良車を運転した(させた)世田谷区の男性の取調べをおこない、検事によって
判断をするための書類を送ったというのが、現在の「書類送検」の状況だ。

これから検事さんによって、どの程度の違反かの裁定がくだされるワケなので、
あまり刺激するようなことは今のところは一応、控えておきたい(だって罰金
もコワイもんね~、さらにお持ち帰りになったセグウェイも早く返してほしい
でしょって言われていますから…モグモグ)。

そして、2月6日(金)の朝、警視庁はマスコミ発表をおこなったのをボクはひ
っきりなしにかかってくる電話で知ることとなった(ボクはその日の事をまっ
たく知らされていなかった)。イラク映像の締め切り間際に、マンションにお
しかけているマスメディア軍団。納品データはマンションの中にある。すでに
マンションの前にはたくさんのマスコミが待ち構えている。

テンガロンハットを取り、サングラスをかけてマンションに入る。まんまと侵
入成功。レンダリングの終了したデータをテープに録画する。その間もズカズ
カとエレベータに乗ってくるメディア。容赦なしにチャイムを鳴らす。こちら
はそれにかまっている余裕はない。テープができた。一応、メディアに写る場
合のための服装に着替えてから表にでた。

「神田さんですね?」とマンションを一歩、外に出ると、そこにはカメラとフ
ラッシュが待ち構えている。オウム事件の横山弁護士の「やめろっちゅーに!」
の気持ちがよくわかる。「お昼のニュースで報道したいので」と彼らは口をそ
ろえて言う。こちらは夜のニュースと朝刊が狙いなのでお昼なんかに報道して
もらっては困る。

「撮影しないでください」といっても、許可なく平気でカメラを向けてくる、
マイクというメディアのナイフを無神経にズカズカと心につきつけてくる。三
軒茶屋の駅へ向かうまでの間、必要以上に矢のような質問。「今、締め切りの
納品で忙しいのであとで時間をとりますので…」といってようやく解放される。

警察も発表して事情がわかっているのならば、警備を2~3人まわすべきだろう。
殺人犯人でもなく、まだ何の違反かも決定していない一般市民を保護する気は
ないのだろうか? メディアを集めて発表したことによっての保護の責任はな
いのだろうか?

クライアント先のテレビで、「報道しないでください」とのコメントをしたに
もかかわらず、顔にボカシがいれられ報道される。しかも「世田谷区の会社経
営の男」だ。どうみても犯罪者だ。対応を考え、こちらから局へ出向くことを
考えはじめた。

無事、納品が終わり、ネットを見ると、yahoo!ニュースのトップで掲載されて
いる。ここでは世田谷区の輸入販売業者となっている。警察もメディアもどこ
を見て発表しているんだろう。あれだけ調書で「ジャーナリスト」と言ってい
るにもかかわらずだ。セグウェイの販売はあくまでもサービス事業であって会
社ではないはずだ。他のメディアでは、なんと「イベント会社社長」となって
いる。イベント会社なんてどこにも書いていないゾ?

午後になってから、各メディアの取材に対応する。各メディアによって犯人扱
いしたいところと真摯に報道しようというところと大きく態度が違う。

NHK=警視庁からの発表のみ報道。独自取材なし。

TV朝日=取材に応じたにもかかわらず氏名の表記なし。世田谷区の会社経営の
男性(42)ならまだしも、「世田谷区の男」よばわりはやめて欲しい。「反省
の色なし」という批判のテロップまで。取材するディレクターの心情を疑う。
報道局長あてに内容証明で抗議文を送る。

フジテレビ=電話取材。7月のイベント取材の素材を活用。悪意ある報道姿勢
が電話取材で内容が変わった。こちらの趣旨は伝わった。

TBS=スタジオに招いていただき、丁寧に取材される。こちらの意図している
ことはかなり編集されているが伝わったと思う。「ニュース23」や「サンデー
ジャポン」とワンソースマルチユースが行き届いている。

TV東京=遅れてきてマンションで待ち伏せするが、ボクがわからずに退散(笑)

新聞はすべて電話のみでの対応。

大半のメディアが警視庁発表の本人コメントを掲載するが、本人にそのコメン
トを確認するメディアは少ないのが非常に驚きだ。

「法律を改正してでもセグウェイを広めたかった」と報道されるが、そんなこ
とは、一言も言っていない。

「セグウェイですら、対応できない今の日本の道路に関する法律はおかしい」
とコメントしたはずだ。確かに外人が翻訳すると前者のような解釈になるのか
もしれないが、こうまで日本語が通じにくいとは思わなかった。

また、日本のテレビメディアが警視庁の大本営発表をコピー&ペーストのみで
報道するということに疑問を抱かざるをえない。

また、セグウェイのニュース騒動はその日だけで、翌日からはメディア以外で
大騒ぎ、続々と知人からの応援メールと知らない人からの中傷メール。さらに、
…とあるクライアントの微妙な反応。一応、事件だが「交通違反」の範疇です
と説明して判断はゆだねる。

「書類送検」と「送検」では意味が違う事も説明要だろう。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~yoshi-oh/law/lawkoramu001.html

セグウェイに関しては、アメリカほどではないが、韓国、フランス、イタリア
などでも歩道のみの走行が可能ということになってきた。日本ではナンバーつ
けて道路を走らなくてはならないという判断がいまだにおかしいと思う。する
と当然、歩道で走れなくなるし、エレベーターや屋内では走れない。

セグウェイで3人の事故が起きたという。何人の人が世界でクルマによって亡
くなっているんだろう? セグウェイで死んだ人はまだ一人もいない。

セグウェイが危ないかどうかは、大阪で雨の日にカサをくくりつけて買い物カ
ゴに荷物をたくさん積んで子供を前と後ろに乗せて猛スピードで走ってくるお
ばちゃんと勝負させてみるといいでしょう。自転車でさえも乗る人によって凶
器になります。

制度を死守することばかり考えるのではなく、制度が時代にあっているのかど
うかも考える土壌が必要なのではないか? ニュース番組の中でも木村太郎氏
がフォローのコメントをしてくれた。

さらに、セグウェイにブレーキが必要だという国も日本だけだ。この不可解で
ありアンタッチャブルな「車検制度」に対しても、一石を投じるチャンスなの
かもしれない。国際的に見ても、「車検制度」の必要性を検討する必要がある
かと思う。

今回の、ウインカーやライトが必要はまだしも、セグウェイにブレーキをつけ
なければならないという発想そのものを考えなおしていただかないと、日本の
モビリティ産業全体の発展、しいては国益にまで、今後は影響するかと思われ
ます。

実際にセグウェイと同様、いやそれ以上のものを日立やトヨタで開発している
けれども、道路法規や車検に通らないということでプロジェクトがお蔵入りに
なっているそうだ。

そのうちこんなカナダの乗物「エンブリオ」が登場しても、日本だけで乗れな
いなんて情けないのかも…。
http://www.wired.com/news/images/0,2334,61216-9889,00.html
http://www.wired.com/news/mediaplayer/0,2108,61384-61384-embrio_qt_hi,00.html

少なくとも、2003年にクレイジーな奴が日本の道路関連法に疑問を抱いたこと
は歴史に残ったはずだ。しかし、なんで交通違反を決めるのに7ヶ月もかかる
の? スピルバーグなら映画2本作っています(笑)。

ニュース報道一覧
http://news.tbs.co.jp/20040206/headline/tbs_headline902442.html
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040206i404.htm
http://www.sankei.co.jp/news/040206/sha051.htm
http://www.hotwired.co.jp/nwt/031202/msg00014.html

blog
http://neta.ywcafe.net/000114.html
http://216.58.174.152/taiichi/mt/archives/000160.html
http://www.sndy-d.com/mt/000078.html
http://joi.ito.com/archives/2004/02/07/busted_in_tokyo_for_riding_segway.html
(英語)

KandaNewsNetwork,Inc. http://www.knn.com/
CEO Toshi Kanda mailto:kanda@knn.com
#810-2-15-12,Sangenjaya,Setagaya,Tokyo,Japan154-0024
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5430-8887

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月曜クリエイターズサロン コンテンツビジネスへの挑戦(3)
大阪・ミナミ発のショートフィルム

ぱく・さよん
───────────────────────────────────
最近、一気にキーファー・サザーランド主演の連ドラ「24」を観ました。久し
ぶりに息詰まる展開で興奮してしまいました。

「映画では表現できない」というのが売りのひとつですが、確かにリアルタイ
ムに展開する24時間を、全てみせるのは映画では無理です。

最後までどんでん返しがあって非常に楽しめました。未見でサスペンス好きの
方にはおすすめです。

24時間とは対照的に、当社で製作している20分のショートフィルム「HOLE-
thanatos」のプロモーション活動が、いよいよ今年の春からスタートします。

まずは、4月から6月まで大阪のハコ系カフェをつないでイベントツアーを組ん
でプロモーション活動を行ない、6月末か7月上旬に第一弾上映として大阪・ミ
ナミで単館レイトショーを行います。

今回は「売り物になるショートフィルムを作る」というのが至上命題なので、
プロモーション活動には力をいれていきます。

出演者のほとんどが大阪・ミナミを活動基盤にしており、ミナミの老舗キャバ
レー「ユニバース」でロケを行うなど、まさにミナミで生まれた作品といえま
す。なので、プロモーション活動もミナミからスタートです。

監督はバミリオンプレジャーナイトという番組でアートディレクターをつとめ
た片山宏明氏。セクシーな美女20名とグラフィックの融合、魅惑的な演出で独
特の世界観を作りあげます。

また、大阪南船場の世界一赤い男、ケン・ハマザキ(浜崎健立現代美術館)も
出演。ローカル色たっぷりですが、話題性もあり、手前味噌ながらかなり面白
い作品に仕上がると期待しています(現在編集中です)。

と、まあここまではいいんですが・・・。

実際作品を作るというのが、こんなに大変なことだとは思っていませんでした。

とにかく、当初想定していたよりもどんどん大がかりになっていき、スタッフ・
出演者を合わせると、総勢50人以上が関わる大きなプロジェクトになってしま
いました。

これだけ人が動くと足代・飯代でどんどん予算がなくなります(笑)。

もちろん撮影機材やフィルム代、衣装代、特殊メイク、小物、雑費、それにフ
ィルムの現像代・テレシネ(フィルムからビデオに落とすこと)代と数え上げ
ればきりがありません。

ショートフィルムといえども、映画を作るというのは、ほんとにお金がかかる
ものですね。人ごとのようにいってますが痛感しました。

これだけ手間と時間とお金をかけて作ったら売らなきゃ嘘です。必ず回収しな
ければと決意も新たにがんばる所存です。

どうか興味を持たれた方は下記サイトから情報チェックして下さい。

今回はもうちょっと内側の話をしたかったんですが・・・
次回はもっと突っ込んだお話をさせていただきますので・・・

朴士用【ぱく・さよん】park@aquapress-web.com
最近まともに家に帰れなくて子供に会いたい、でも会えない、という切ない日々
を過ごしている新米へたれプロデューサー。
AQUAPRESS,inc 代表
ContentsLabel +mean 主宰 http://mean.mu/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
Webマスターサミットinふくい/日本の先駆者29名が福井に集結
http://www.websummit.jp/
───────────────────────────────────
<主催者情報>

日時:2月27日(金)10時~17時30分・28日(土)10時~15時
会場:福井県立大学 交流センター(福井県吉田郡松岡町兼定島4-1-1)
無料セミナーあり(有料セミナー3,000円)
問い合わせ先:(財)福井県産業支援センター IT推進室
TEL.0776-67-7415/E-mail. it-suishin-r@fukui-iic.or.jp

[無料セミナー]
eビジネスの最新動向についてのパネルディスカッション
・クチコミ仕掛け人 vs 楽天・ヤフー・ビッダーズ
・「伝説のWebマスター」が語る、超現実的ネット活用術
・ビッグ3が語る、製造業のためのネット活用戦略

[有料セミナー] (参加料:3,000円)
オンラインショップ、ネット受発注に関する実践セミナー
・ノウハウ編
・事例編
・製造業編
・域活性化編
特に事例編では、地方特有の課題に挑む企業の事例も多く取り上げることによ
り、「産直志向」「顔の見える食材」に対応できるショップ、企業の支援を目
的とする。

[イベントの特徴]
福井県内のWebマスター集団である「福井インターネット通販研究会」の企画
をもとに、福井県産業支援センターが実施するもので、Webマスターによる、
実践的ノウハウの交換と交流の場を提供することを目的としています。
本イベントは、日本全国で頑張っている「Webマスター」300名以上の参加を見
込んでいます。また、セミナー講師として実践者であるWebマスター、企業経
営者、コンサルタントなど29名が一堂に会することも大きな特徴です。

主な講師(敬称略)
・粟飯原理咲(All About Japan マーケティングプランナー、お取り寄せ.net
主宰)
・内原康雄(NCネットワーク 代表取締役社長)
・久米信行(久米繊維工業 代表取締役)
・高須賀宣(サイボウズ 代表取締役社長)
・村上肇氏(ふぁーすとらぼ 代表、e製造業の会 主宰)
・森本繁生氏(逸品)
・岸本栄司氏(イージー)
・小橋昭彦氏(NPOシフトアップかすが 雑学プラス編集長)
・新井秀樹氏(Yahoo!Japan)
・高木克人氏(楽天)
・八津川博史氏(ディー・エヌ・エー)
などなど、総勢29名

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント案内
SKIPシティ国際Dシネマフェスティバル
http://www.skipcity-dcf.jp/
───────────────────────────────────
会期:3月20日(祝)~28日(日)
会場:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ホール、SKIPシティ 埼玉県
産業技術総合センター 多目的ホール、川口総合文化センター リリア 催し物
広場
オープニング作品「恋人はスナイパー 劇場版」をはじめ、招待作品、Dシネマ
国際コンペティション部門、特別上映部門、デジタルシネマをテーマとしたシ
ンポジウム、D-コンテンツ・マーケットやシネマロードふれあいイベント等、
華やかに開催される。全作品のチケットは、チケットぴあで発売中。

招待作品部門・Dシネマ国際コンペティション部門
前売券(プログラム指定・指定席)大人500円、こども250円
当日券(プログラム指定・自由席)大人500円、こども250円
各回入替制、定員制 当日券は初回上映1時間前から発売

オープニング作品「恋人はスナイパー 劇場版」
参加方法:一般公募による完全招待(当日席はない)
応募方法:住所、氏名、年齢、電話番号を官製はがきで応募
応募締切:3月5日(金)消印有効
応募宛先:〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-63 3F 映画祭事務局オー
プニング作品招待係まで
会場:SKIPシティ 映像ホール(4F)
上映日:3月20日(祝)13:00~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント案内
第9回学生CGコンテスト
http://www.cgarts.or.jp/scg/winner/
───────────────────────────────────
今後を担う若い才能の発掘と作品発表の場を提供することを目的として、1995
年から毎年開催している学生CGコンテストは、今年で第9回目となり、応募総
数1,706点の中から25作品が今年度の受賞作品として決定した。2月26日(木)
~3月7日(日)東京都写真美術館において、受賞作品を展示・上映する。
サイトでは入賞作品が掲載されており、とくに動画部門の入賞作品はよくでき
ている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(2/9)
・「第9回学生CGコンテスト」の入賞作品がサイトに掲載されている。動画部
門の入賞作品はみんなよくできているので、ぜひご覧下さい。作品を見るコツ
は、いきなり見ちゃうこと。講評や受賞コメントは後から読みましょう。最優
秀賞の「ホーム」はクレイアニメ、これは思いもつかぬ展開をします。実写も
ふたつあって、「ゲートボール」はすばらしく映画的なうまさがあり、あの
「ピンポン」より面白い。「接触」も意表をつく映像にあっけにとられる。も
っとも短編の「Lights」のオチのうまさ、爆笑もの。アート系作品もふたつあ
り、次々と変化する映像が快く、あきさせない長さである。全部で8本、最短
で54秒、長くても5分、全部見ても25分だ。わたしはもちろん「ゲートボール」
がお気に入り。三橋達也ばりのヨシオさんが渋い。3回見ちゃった。/パンク
修理の電動ヤスリは30年前からありますよ、とのお便りをいただく。知らなん
だ。だって30数年前からは自分で直していたから、自転車屋さん行ってなかっ
たのでした。/マックからマックか、原田永幸さんの転身おシャレ。(柴田)

・腰痛ネタ。Utsumiさんからは「目覚めのヨーガ」「痛みと歪みを治す健康ス
トレッチ」の二冊と「バランスボール」のオススメメールが届く。バランスボ
ールは叔母へプレゼントしたんですが、自分にも買おうかなぁ。ストレッチポ
ールあるしなぁ。迷うなぁ。ヒラヤマさんは「近所の整体」だそうです。保険
がきくので一回約350円とのこと。病院関係って行くの苦手なのよ~。情報あ
りがとうございます!/池田さんからは、以前紹介したピラティスについて。
セッションを受けてからは、すぐだるくなる腰が改善されました、とのこと。
自己流ではわからないところがあるそうです。私も申し込みましたが、いっぱ
いだったので断念したんですよ。池田さんはたまたまキャンセルが出てすぐに
受講できたそう。うむむ。                (hammer.mule)
http://www.kpfjapan.com/contents_3.html  バランスボールトレーニング
http://diet.goo.ne.jp/nonmember/way/move_no5/  ダイエットに

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/ >

編集長     柴田忠男 <mailto:shibata@dgcr.com >
デスク     濱村和恵 <mailto:zacke@days-i.com >
アソシエーツ  神田敏晶 <mailto:kanda@knn.com >
リニューアル  8月サンタ <mailto:santa8@mac.com >
アシスト    吉田ゆうみ <mailto:yoshida@days-i.com >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        <mailto:info@dgcr.com >
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html >
広告の御相談はこちらまで   <mailto:info@dgcr.com >

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/ >、
E-Magazine<http://emaga.com/ >、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/ >、
Pubzine<http://www.pubzine.com/ >、Macky!<http://macky.nifty.com/ >、
melma!<http://www.melma.com/ >、めろんぱん<http://www.melonpan.net/ >、
MAGBee<http://magbee.ad-j.com/ >、posbee<http://www.posbee.com/ >、の
システムを利用して配信しています。

★携帯電話対応メルマガもあります。<http://dgcr.com/i/ >
★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/ >

Copyright(C), 1998-2003 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■