[1562] パーティの主役

投稿:  著者:  読了時間:17分(本文:約8,300文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1562    2004/07/13.Tue.14:00発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 18626部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

             <奇妙なデジャヴー>

■買い物の王子さま(46)
 パーティの主役
 石原 強

■クリエイター手抜きプロジェクト(9)Illustrator 10編
 Illustrator 10で価格や商品写真などを自動配置
 古籏一浩

■デジタルサウンズ研究室 
 渋谷でヴァンパイヤを見たという話
 モモヨ(リザード)



■買い物の王子さま(46)
パーティの主役

石原 強
───────────────────────────────────
デジクリにこのコラムを書き始め、早いもので一年経ちました。この間、コミ
ュニケーションはメールのやり取りのみ。読者の方や他の執筆者と直接会って
みたい。そこでデスクの濱村さんに「東京ではオフ会やらないの?」と聞いて
みたところ、「やりたいんだけど幹事がいなくて」との返事。それならばと、
幹事を引き受けることになりました。

オフ会を盛り上げるために、美味しい食べ物や飲み物は欠かせません。最初は
「会場の近くで買って持ちこめばいいかな」なんて簡単に考えていたのですが、
参加者の人数から量を考えると、それは無理。そこで、会場に時間指定で届け
てくれるお店を探すことことにしました。

まずはどんなお店があるのかと「ケータリング」「渋谷」で検索してみました。
するとケータリングのお店を集めているサイトを発見。中でもお店の数が多か
ったのが「楽天デリバリー(http://delivery.rakuten.co.jp/)」です。

夏のパーティの飲み物といえば、冷たいビール。これは十分な量を確保してお
きたい。予算も限られているから、できるだけ安いお店を探します。「お酒の
宅配」コーナーで比べると「なんでも酒やカクヤス」が圧倒的に安い。

しかしお店に問い合せてみると、時間を指定した配達はできないとのこと。冷
やして届けてもらっても、この夏の暑さでは、すぐにぬるくなってしまいます。
冷やしておける場所があればいいのですが、会場の給湯室には小さな冷蔵庫が
一つだけ。とても間に合いません。

パーティの間中、ちゃんと冷えたビールを出したい。そこで選んだのがこのお
店。値段は定価ですが、東京23区内なら無料で配達してくれるそうです。

---
指定の時間・指定の場所へ送料・冷代サービスでお届けします。
ストッカー(使い捨て)に冷えた商品を入れ氷詰めでお届けできますので長時
間冷えたまま飲めますので好評です。ご希望の方はご用命下さい。
---

しかも、終了後に空き缶を回収してくれるサービスもあるということ。フリー
ダイヤルがあるので、条件など直接確認してみました。電話の対応も親切で安
心できたので、ここで注文することにしました。できるだけ冷えたビールを出
すために、配達時間はパーティの始まる20分前厳守でお願いしました。

当日は突然の雨にもかかわらず、ほぼ満席。第2部の執筆者紹介の間に、次々
とパーティの食事が届きます。しかし最後に届くはずの飲み物だけが、なかな
か届きません。ちょっと焦って携帯で連絡をしたら、ちょうど会場のビルの一
階でクーラーボックスに氷と水を張ってセッティングしていたところでした。

柴田編集長、濱村さんの司会で盛りあがった第2部終了後、参加者にも手伝っ
てもらい食事や飲み物を会場に並べます。心配していた食事のボリュームも程
よく、第3部の懇親会は終了予定時間をオーバーするほど盛況でした。でも残
念ながら、私自身はほとんど口にすることができませんでした。多くの方に声
をかけていただき、話に夢中になってしまったからです。

オフ会のビールを買ったお店「応援隊」
http://delivery.rakuten.co.jp/store/274/

【いしはら・つよし】info@webanalyst.jp
ウェブプロデューサー、ウェブアナリスト
オフ会に参加した皆様、本当にありがとうございました。第3部パーティでは
準備から片付けまで積極的にお手伝いいただき感謝しています。しかも打ち合
わせてもいないのに的確な動き。さすがデジクリ読者はレベルが高い!と感動。
・ウェブマスターの情報源「ウェブアナ」
http://www.webanalyst.jp/mt/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■クリエイター手抜きプロジェクト(9)Illustrator 10編
Illustrator 10で価格や商品写真などを自動配置

古籏一浩
───────────────────────────────────
広告やダイレクトメールなどで、商品の写真入り+価格や宣伝文句などを入れ
ることがあります。それなりのコストをかけて全自動に近い状態でできるとこ
ろならよいのですが、そうでない場合には何となく手作業で文字を入力したり
(またはコピー&ペースト)しなければなりません。

さすがに、それでは面倒です。しかし全自動で配置してしまってはデザイン上
の都合もあって、という場合には半分自動で処理させておいて、必要な部分だ
け手作業で行えば問題なし(?)。今回のスクリプトは商品の写真や見出し、
価格などを自動的に配置します。

x = 0; // 表示するX座標
y = 600; // ■表示する開始Y座標
bw = 170; // ■枠の横幅
bh = 100; // ■枠の縦幅
CRCODE = String.fromCharCode(13); // 改行コード
TABCODE = String.fromCharCode(9); // タブコード
fileObj = new File("/data.txt"); // ■ファイルのパス
if (fileObj.open("r","","")) {
docObj = documents.add(); // 新規書類作成
Line = (fileObj.read()).split(CRCODE);
for (i=0; i Data = Line[i].split(TABCODE);
(docObj.pathItems.rectangle(0,0,bw,bh)).translate(x,y);
// 外枠を描く
if (Data[5]) { // ■画像を配置する
pItem = docObj.placedItems.add();
pItem.file = new File("/image/"+Data[5]); // ■画像のあるパス
pItem.width = 60; // ■配置画像の横幅
pItem.height = 60; // ■配置画像の縦幅
pItem.position = [x,y]; // 画像の位置
}
setText(x+6,y-45,Data[0],6); // ■小見出し
setText(x+6,y-60,Data[1],12); // ■品名
setText(x+6,y-70,Data[2],6); // ■詳細
setText(x+6,y-80,Data[3],6); // ■入り数「200g×6個」
setText(x+75,y-96,Data[4],24); // ■金額
y -= bh;
}
}
function setText(xx,yy,txt,tSize) { // 文字表示設定
var tObj = docObj.textArtItems.add();
tObj.contents = txt;
tObj.translate(xx,yy);
(tObj.textRange()).size = tSize; // 文字サイズ
}

ちなみに、このスクリプトはIllustrator 10では動作しますが、Illustrator
CSでは動作しません。

まず、商品の情報が入ったテキストファイルを用意します。このファイルの名
前をdata.txtとしてボリュームのルート(一番上の階層)に保存します。文字
コードはSHIFT JIS、改行コードはCR(Macのもの)にします。
 このdata.txtの中身は以下のようになっています。

問屋ギフト CD-40E ブルマン・ブレンド 200g×6個入 4200円 1.eps
問屋ギフト AD-240E ブルマン・ブレンド 100g×7個入 2000円
問屋ギフト CD-112 ブルマン・ブレンド 150g×8個入 2600円 2.eps
問屋ギフト CX-90B ブルマン・ブレンド 120g×9個入 4000円
問屋ギフト CW-R22 ブルマン・ブレンド 180g×10個入 3250円

商品情報などは「タブ」で区切られています。6番目のデータは配置する画像
ファイル名です。画像ファイル名はあってもなくても構いません。ない場合は
画像は配置されないだけです。エクセルで作成してタブ区切りテキストで保存
するのが楽で良いでしょう。

その場合、文字の前後に"(ダブルクオーテーション)が付く事がありますが、
それを削除するような処理は行っていません。手作業で削除してください。
(プログラムを改良すれば自動的に処理できますが)

スクリプトのコメント部分の先頭に■がついてる部分の行は数値などを変更し
ても構わないところです。枠サイズや位置などは全て「ポイント単位」になり
ます。mmやcmは使えないのでポイントに変換した値を指定してください。

画像データのあるフォルダはボリュームのルート(一番上の階層)にimageと
いう名前にしてください。そのフォルダ内に1.epsや2.epsなどの画像ファイル
を入れます。画像フォルダの名前を変えたい場合には以下のスクリプト部分の
imageという部分を変更してください。

pItem.file = new File("/image/"+Data[5]); // ■画像のあるパス

次に配置する文字ですが以下のように書かれています。

setText(x+6,y-45,Data[0],6); // ■小見出し

最初のx+6は枠の左からの位置、y-45は枠の上からの位置になっています。い
ずれも単位はポイントです。Data[0]というのは商品情報の文字列です。

問屋ギフト CD-40E ブルマン・ブレンド 200g×6個入 4200円 1.eps

とある場合にはData[0]とすると問屋ギフトの文字になります。Data[1]だと
CD-40Eです。最初が0から始まります。

最後の6は文字のサイズです。これもポイント単位で指定します。

あと、改行コードの都合上、Windowsでは期待通り動かないかもしれません。
また、MacOS Xの場合にフォルダ名とファイル名に日本語が含まれていると動
きません。

実際には文字の色を指定したり、より自動化したりすることになりますが、と
りあえずざっとデータを配置するだけでも作業が楽になるのではないでしょう
か。商品情報をエクセルデータでもらうか掲載するものをリストアップするよ
うな形にした方がいいかもしれません。

【古籏一浩】openspc@po.shiojiri.ne.jp
      http://www.openspc2.org/
実際のスクリプトは色とか、白抜きにしたりとかで割と長いものです。強引に
短くしたので読みにくくてごめんなさい。勉強用じゃないから(と言い訳)。
ネタで使わせてもらったので宣伝のため(?)URL書いておきます。
http://www.tonya.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジタルサウンズ研究室 
渋谷でヴァンパイヤを見たという話

モモヨ(リザード)
───────────────────────────────────
東京オフ会に行ってきた。

土曜は、地下鉄の表参道出口を出たとたんに猛烈な雨で、少しばかりなら雨に
濡れることを厭わない私でも、どうにもならない土砂降り。出口近くの売店で
ビニール傘を買って歩き始めたが、雨に加えて車のあげる水しぶきで周囲はけ
ぶり、視界も思わしくなかった。雨が激しく、傘も上げられない。ビニール越
しに周囲を覗きながら先をいぞいだ。時間には二十分ほど余裕があった。

オフ会の場所は、子供の城の先だ。視界が悪くても、とちゅう青山学院がある
はずだから、それを目安に歩いていけばいい。そう思っていたが、どこまで歩
いても青山学院は見えてこない。そうこうするうちに防災放送のスピーカーが
五時を告げた。少しして、こやみになった雨を通して、目のはじに道路標識が
とびこんできた。

この先、「日本橋」と書いてある! 

なんと、私は、逆方向に歩いていたのであった。幾度も歩いたおなじみの町だ。
こんなことは初めてだ。何時もと異なる出口を使ったせいか、あるいは、傘を
買った時に方向を見失ったのか、それは判らない。いずれにしても、せっかく
傘を買ったというのに、雨に濡れるのもかまわず前を上げて歩かなければなら
なかった。

場所はすぐわかった。エレベーターを出ると濱村さんがおられた。不思議なこ
とに会ったことのない濱村さんを私はすぐに彼女とわかった。

こうやって、原稿を書いているけれど、柴田さん、濱村さんはもちろん、他の
執筆者の方ともこれまで会ったことがない。しかし、不思議なことに、皆さん
とは、昔から知っていた間であるかのように思えてきた。オフ会の間、その奇
妙なデジャヴーめいたものを覚え、一人、困惑していた。……傍目には、ただ
もくもくと箸を動かしていただけかもしれないが。

……しかし柴田さんは、とんでもなくワカい。私も少しばかり茶髪だし初対面
の人に50歳というと驚かれる方で、自分の中には反老化因子があるのではない
かと疑っているくちだけど、柴田さんの外貌にはとてもかなわない。あるいは

ヴァンパイヤか?

と疑ぐりたくもなる。じっくり観察したが、どうも人間であるらしい。

反老化因子所有の人間としては、ここは脱帽というしかない。とんでもないワ
カさであった。オフ会では、いろいろと収穫があったが、あるいはこの事実が
最大の収穫かもしれない。

ところで、先月に、あるバンドの縁で『デジレコ』というところが主宰するラ
イブに行ってきた。こちらは、楽器店の店頭などで無料で配布している、いわ
ゆるフリーペーパー。

フリーペーパーといっても内容はデジタルレコーディング一般記事が満載され
ていて、そこらの有償の雑誌よりよほど内容が濃い。そこが、どうしてフリー
でやっていけるのか? というと、やはり宣伝収入を頼りにしているわけで、
そもそも、雑誌というのが、宣伝収入がいかほどであるか、それを試算したう
えに企画されている。

こちらは、デジクリとはうってかわった派手なイベントだった。

こんなことは、柴田さんのキャリアから考えれば基本の基本。どうすれば金が
儲かるかというノウハウだって熟知しているはず。同時に、そうした方式を採
用した時の矛盾点、短所も熟知していよう。あるいは、営業がらみで幾度も涙
ながらに自分のペンを折った口かも知れない。ジャーナリズムだけでなく社会
的な法人に組み込まれれば誰だって悔しい思いをするものだが、ジャーナリス
トを志す人種の場合、こうした現実の壁はさらに高く感じるものだ。

そうした経験の上で、若いクリエーターの話をにこやかに聞いておられる。商
売もいいが、同人誌というものいいが意味するところのものは、柴田さんが笑
っている限り安泰なような気がしている。ヴァンパイヤ編集長だから、まだま
だ大丈夫ですよね、柴田さん。

モモヨ(リザード) 管原保雄
http://www.babylonic.com/


<応募受付中のプレゼント>
 Shade 建築パース テクニックガイド #1559号(7/16締切)
 
<応募受付中のプレゼント>姉妹誌「写真を楽しむ生活」
 『デジカメ プロフェッショナル・プリント コンプリートガイド』 #419号
 (7/16締切)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(7/13)
・今週いっぱいはデジクリ東京オフ会をネタにしたコラムや編集後記が連発す
ることだろう。さて、オフ会で発表したことなどを。デジクリ、写真を楽しむ
生活、そしてもうひとつ(まだヒミツ)、3つのメールマガジンのサイトが近
く同時公開される。それぞれのサイトはなるべくシンプルなものにするが、新
しいオマケをつけることにした。メールマガジンと同じ内容のPDFである。コ
ンテンツのプリントバージョンが用意されたサイトもあるが、ああいうもので
はない。A4判にきちんと組版したもので、画面上でも読めるし、プリントすれ
ばなお読みやすい。基本設計を向井裕一さんにお願いしたので、非常に読みや
すく美しい体裁になっている。メールマガジンにしろ、Webサイトにしろ、き
ちんと組版ができないことが前々から不満だったが、いかんともしがたい。だ
ったら、組版したものもつくってしまおうという発想だ。かつて日本初のPDF
マガジン「月刊アイピーネット」をつくったが、事業としては失敗してしまっ
た。そのリベンジみたいな気分。でも、今回は事業ではなくてサービス。てま
ひまかけて、それにたいする見返りは、直接的物質的にはないと思うが、なに
かいいことはあると確信している。まずは読者さんに喜こんでもらえればいい。
なお創刊予定のメールマガジンでは、内容は簡略なものとし、本文はWebサイ
トに用意されたPDFをダウンロードして(そのまま、あるいはプリントして)
読むスタイルとする。なんだか時代に逆行しているかのようでもあるが、いい
コンテンツは必ず評価されるはずだからこのスタイルでゴー。もちろん、神田
さんが昨日指摘したような展開も視野に置いている。 (もと白髪鬼・柴田)

・「年金マイレージプラン。」消費税を払った時にマイレージカードを提示す
ると、将来もらえる年金額がアップするというもの。検索していて見つけた日
記で提案されていたんだけど、面白いね。年金活用だけでなくてもいいし。消
費税率をアップして、たまったマイルから市民税や所得税に振替できるとかさ。
強制加入の株式感覚なら、もう少し使い方に興味がわくかもしれないし。ただ
税金を払っているだけじゃなくて、配当金やマイレージがあるとなれば、関心
がわくかも。/「印刷技術で血管再生。」誤植かと思った。 (hammer.mule)
http://sv.mcity.ne.jp/D/13044/index5.html  4月28日
http://www.dnp.co.jp/jis/news/2004/040712.html リリース

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
リニューアル  8月サンタ
アシスト    鴨田麻衣子

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/>、
E-Magazine<http://emaga.com/>、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、melma!<http://www.melma.com/>、
めろんぱん<http://www.melonpan.net/>、
MAGBee<http://magbee.ad-j.com/>、posbee<http://www.posbee.com/>、の
システムを利用して配信しています。配信システムの都合上、お届け時刻が
遅くなることがあります。ご了承下さい。

★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/>

Copyright(C), 1998-2004 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■