[1667] Mr.インクレディブルでPIXARは変わったのか?

投稿:  著者:  読了時間:21分(本文:約10,300文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1667    2005/01/12.Wed.14:00発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 18261部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
---PR-----------------------------------------------------------------
【本日受付開始】デジクリの2005年イベント第一弾! 1月22日(土)
「結局、デジカメとモニタとプリンタの色って、どう合わせればいいの?」
   >> 答えは会場で。 <http://www.dgcr.com/table2005/index.html>
 富士ゼロックス株式会社+デジタルクリエイターズ presents.
 『Creator's Table 2005』参加は無料です。プロの方、特に推奨します!
-----------------------------------------------------------------PR---

          <オレはお母ちゃん派(笑)>

■MKチャット対談 
 Mr.インクレディブルでPIXARは変わったのか?
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■セミナー・イベント案内
 JPC PDF委員会定例セミナー
 第17回 CGアニメコンテスト
 「しんげんち -Groung Zero Paintings-」阪神大震災10周年の記録
 ラジカル鈴木個展 新年めでたい!! 「ガハハ展」



■MKチャット対談 
Mr.インクレディブルでPIXARは変わったのか?

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: まいどー、笠居です。あけましておめでとうございますーm(__)m
    本年もデジクリとMKチャットをよろしゅうお願いいたしますー
まきお: おめでとうございます~♪ いつもより多めにまわしておりますのま
    つむらです! ぐーるぐーるぐーる
かさい: 何を回してるんでしょうか?(^^;) わたしゃ新年早々から仕事がケツ
    カッチンで目を廻してますけど(笑)
まきお: テニスに惚けてるというウワサを小耳にはさんだような気がしたが、
    気のせいかな......(笑)
かさい: 合間にちょっと息抜きしただけですがな(笑)ホンマに忙しーねんて
まきお: まぁ、自分のクビしめない程度にね(笑)まぁ、毎年のことながら、
    暮れ正月って、結局その前後がしんどいのよね~
かさい: 休みの前後ね。「休み明けイチバンに下さい」とか言われるからねえ
    (苦笑)
    
まきお: (笑)まぁ年明けそうそう暗い話はこれくらいにして(笑)。ぼくは
    年末、なんとかお正月映画をまとめて見てきたよ。
かさい: おお、ナニ見たん? まだ見てなかったのって、ハウルとMr.インク
    レディブルだっけ?
まきお: そそ、連チャンで見てきました。まずハウル、翌日インクレディブル
かさい: で、どうでした? 面白かった?
まきお: 両方おもしろかったよー。ハウルはなんか評判悪かったから覚悟して
    いったら、しっかりおもしろかった。で、インクレの方はもう、めち
    ゃくちゃおもしろかった!2004年のナンバーワンです、まつむら的に
かさい: なるほどー。オレはハウル期待していったので、はぐらかされた感じ
    だったんだけど、まーそれは置いといて、インクレディブル面白かっ
    たよね!
まきお: おもしろかったちゅーか、もう、びっくりした。アイアンジャイアン
    トのバード監督という期待と、今までのピクサー映画って個人的にあ
    まり好きじゃなかった不安で見に行ったんだけど、これ、全然ピクサ
    ーじゃないよ(笑)
かさい: ほぉオレは基本的にピクサー好きだし、これもしっかりピクサーだと
    思うんだけど、どのあたりで「ピクサーじゃない」って思ったわけ?
まきお: 今までのピクサー映画って、お行儀よすぎるというか、いかにも良識
    を押しつけるみたいな感じがね、好きじゃないのよ。ほら、併映され
    た羊の映画あったでしょう? ああいうの見ると石投げたくなるわけ
かさい: んー、なるほどね。たしかに今回のはターゲットがかなり「大人」に
    シフトしてた感はあるね
まきお: そうそう。お子さま向けの映画だったらやだなぁと思ってたら、後で
    知ったんだけど、今回はじめてPG指定だったんだってね。保護者同伴
    が望ましい、と
かさい: へぇ、それは知らなかった。いや、子ども連れて行ったんだけど、こ
    んな「大人の事情」みたいなの小学生に理解できるんかな? とか、
    思うシーンも結構あった
まきお: そうそう、オトナはみんな大爆笑よね(笑)あと、暴力的な描写もち
    ゃんとあるわけで、こりゃすごいと
かさい: 直接描写はされてなかったけど、最後のあれは「確実に死」んでるし
    ね~
まきお: あそこから蘇って復讐に現れてこそ、真の悪役ですよ(笑)
かさい: しかしまあ、そんなことよりも、キャラクターがきちんと芝居してて
    それが上手い。3Dなんだけど、ぜんぜんそんなこと意識せずに見れた
    のがスゴイよかった
まきお: キャラの造形がさぁ、今までのピクサーの造形とは根本的に違うよね
    非常に二次元的というか
かさい: 二次元的っていうのは、ぴったりの表現だね。正直なとこ、トイ・ス
    トーリーやモンスターズインクに出てくる「人間」には違和感があっ
    たからね
まきお: そうそう。今回はマンガ的なキャラがいかにもカートゥーンな芝居を
    する。3Dなんだけど、2Dのアニメっぽい印象すらあったよ、キャラは
かさい: いえてますね。マンガ映画なんだよね。描画方法として3D使ってるだ
    けで
まきお: 日本のAppleseedと正反対。Appleseedは線画(トゥーンシェーダー)
    なんだけど、モーションキャプチャで、いかにも3DCGくさかった。
    リアルすぎるというかね。今回はまったく逆で、3Dな絵なんだけど、
    手書きアニメっぽい楽しさがいっぱいで。Appleseedも面白かったけ
    どね
かさい: 最初から「人間っぽくない」キャラとして作った感じがしたね。質感
    とかフォルムとかの話だけど<人間っぽくない
まきお: ちゃんと、アイアンジャイアントと同じ絵になってるんよね(笑)
かさい: しょせん3Dで人間の質感を描こうとしても、「ニセモノ感」を払拭す
    るのは無理。だったらカートゥーンの立体化で行こうってことだと理
    解しましたょ
まきお: トイストーリーなんかだと、同じコンセプトであのキャラなんだろう
    けど、どうも、人形劇っぽいのよ。まぁ、オモチャだからそれでいい
    んだけどさ(笑)で、今回も人形劇っぽいのかと思ったら、芝居が
    全然ちがった
かさい: ちゃうねー。ほんとにキャラに感情移入できちゃう
まきお: 感情移入できちゃうのは、絵のせいではなく、境遇のせいだとはおも
    うけどね(笑)同世代だろうなぁと(笑)
かさい: 同世代ね(笑) いやホントにキャラの設定いいよ。あんなヨメだっ
    たら頼りがいあっていいなーとか思ったもん(笑)
まきお: (笑)ただ、これも見る前は「家族の団結」がテーマなのか、と思っ
    てたら、そういうところにいってないのがね、すごいと
かさい: 最後のあたりで、家族の絆にほろりと来るシーンもあったけど、でも
    説教臭くないのがいいね
まきお: 絆っていうか、この映画のテーマって、もっと個人的なところにあっ
    て....
かさい: それぞれの立場での葛藤みたいなのでそ?
まきお: 立場というか、個人の能力を否定されて、ストレスたまってる人々、
    ってのがテーマだよね。あくまで個人の気持ちにフォーカスしてる
かさい: うん、そこらへんがイチバン「あー大人向け」って思ったとこよね
まきお: 家族が助け合う、というのは2次的であって、それぞれが能力を出し
    切ったときに、自信に満ちあふれたいい顔になる、ってのが、この監
    督のテーマだよなぁと。普通、家族愛とかにしちゃうもんね。ダンナ
    助けるの、別の女性だしね(笑)
かさい: 浮気してんじゃないの? 的なとこから話発展していくからね(笑)
    しかし面白かったんだけど、けっこう長く感じたな、この映画。実際
    3Dアニメとしては長いんだけど<120分
まきお: たっぷりだったねぇ。容赦なしというか(笑)基本的なストーリーを
    追うだけなら、90分台なんだろうけど+30分がこの映画を大人のもの
    にしてるね
かさい: そうそう、つまんなくて長く感じるんじゃなくて、「わーまだまだこ
    のペースで楽しめるんや」的な「長い」ね。スカイキャプテンのとき
    も同じような感じがあったな
まきお: いや、スカイキャプテンとこれは器が違うよー(笑)スカイキャプテ
    ンは中身ないもん(笑)
かさい: (笑)それはまあおいといて。エンターテイメント感のハナシ。で、
    この映画語ると、どうしてもキャラクターそのもののハナシになると
    思うんだけど、どのキャラがよかったすか?
まきお: あー、笑瓶出てたよね、笑福亭ショーヘイ(笑)とーちゃんの上司で
かさい: あー、あれ笑瓶さんかぁ(笑) 金にウルサイサラリーマンってこと
    で、あれ日本人だよねえ
まきお: 明らかに笑瓶(笑)吹き替えが笑瓶じゃなかったのが残念でしょうが
    ないよ(笑)キャラって、うーん、笠居さんはお気に入りのキャラと
    かあったの?
かさい: お母ちゃんでしょー(笑) もう大活躍だったし、吹き替えの黒木瞳
    もハマってたし、よかったっすよ(笑)まきお: そうなんか(笑)
かさい: どうもバイオレットがいいという人が多いんだけど、オレはお母ちゃ
    ん派(笑)
まきお: わはははは(笑)ぼくはあまり、キャラでは見なかったからなー、こ
    の映画。でも、吹き替え、よかったね。三浦友和ぅ?って思ってたら
    もう、全然オッケー!
かさい: 吹き替えよかったよーマジで。三浦友和の声ってこんなんやったっけ
    ?ってすげー上手い
まきお: ハウルのキムタクもよかったっすよ。昔は単に客寄せのための有名タ
    レント起用だったけど、今はちゃんと演出考えた上でキャスティング
    されてるよね
かさい: んでも、正直なとこ、ハウルの吹き替えは、そんなにいいと思わなか
    った。倍賞千恵子の若作り声とかぞっとしないな。キムタクもまあ悪
    くはなかったけど、スゴイ上手いとは思わんかったし
まきお: 倍賞千恵子はちょっと無理ありますよね、若い時は(^_^; ダブルキャ
    ストの方がよかったなー、とは思った
かさい: 宮迫の悪役は、子ども時代も含めて上手かったよ。すげー憎たらしい
    し(笑)そのくせ気弱なとこも上手く出てた。キャラの外見からは、
    くりぃむしちゅーの有田のほうが合ってるけど(笑)
まきお: らしいねぇ、いや、よーわからんのですよ、最近の芸人は
かさい: オレ結構くわしいよ<お笑い
まきお: 全然わかんないのよ。ギター侍だっけ? 流行語大賞とった時点では
    まったくわかんなくて、正月のTVではじめて見たよ
かさい: 残念!
まきお: 名前も顔もわからんし、見てもなにがおもしろいのかもわからんかっ
    たという....(笑)
かさい: いまイチオシは「アンガールズ」なんで、今度見てください(笑)
まきお: サイトでみたけど、しらん、こんなやつら~。そーゆー芸人はいつ、
    TVに出てるのよ? みたことないぞ(笑)
かさい: お笑い番組チェックしなよ(^^;) 「笑いの金メダル」とか
まきお: そんな番組、しらん(笑)おいら、バラエティは大阪ローカルしか見
    ないからなぁ
かさい: 見れ(笑)
まきお: いやじゃ(笑)
かさい: オモロイのに・・・
まきお: それは関西風なお笑いなのかね?
かさい: 関西風もあり、東京風もあり、最近は九州方面からの進出もあり、
まきお: 関西風以外はあんまりみたくないなぁ。今回のインクレディブルって
    今までのピクサー映画と違って、関西ノリだったでしょう、笑いの構
    造が
かさい: え~、そうか? あんまりそういう風には感じなかったが
まきお: ニモにしても、トイストーリーにしても、コメディリリーフは相方で、
    主人公はそのボケにひたすらイライラしている。そのイライラしてる
    のを見てるとイライラするんだよね。もっとのったらんかーい、って
    (笑)
かさい: あー、一人ボケがストーリー展開の障害になってるって設定は両方と
    もあったねえ
まきお: 今回は、主人公本人の芸でちゃんと笑いとってるでしょう(笑)腰い
    わしたりさぁ(笑)
かさい: ボケとツッコミが上手くかみ合ってる、的なもんじゃなく、ピンの芸
    ってことね(笑)
まきお: うん、それと、相手を落として笑いをとる、関東スタイルって好きじ
    ゃないのよね。おお、ちゃんと話が映画に帰ってきた(笑)
かさい: (笑)最近はそんな「笑点」的な相手落とすスタイルばかりじゃない
    から、食わず嫌いせずに見てみたら<若手芸人 んで、Mrインクレデ
    ィブルも、もちろん必見ですよん>皆さん
まきお: ギター侍だってそうじゃーん。まぁ、笑いって地域性が強いから、そ
    れぞれあっていいのよ。まぁ、お笑いについてはまた改めていつかや
    りましょう(笑)インクレディブルは、ほんま、オススメです。吹き
    替え版で、画面しっかり見るといいですよ
かさい: まだの人はお早めに!

【笠居 トシヒロ/WEBコンテンツクリエイター・デザイナー】
エンドロールでいつものようなNG集とかがあるかと期待してたんだけど、今回
のはちょっと毛色違ってましたね。期待はずれではあったけど、あれはあれで
カッコいいかも~
<http://www.mad-c.com/>

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
↑えーっ、おいらNG集は大嫌いだから、ニモからなくなってホッとしたのに
(笑)さて、これが配信される12日にはAppleの怒濤の新製品が発表になって
いるはず。今からワクワク。
<http://www.makion.net/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
JPC PDF委員会定例セミナー「ますます広がるPDFの世界」
「Adobe Acrobat 7.0登場!」
<http://www.jpc.gr.jp/jpc/seminar/050128.html>
───────────────────────────────────
日時:1月28日(金)13:40~17:20 受付開始 13:00~
会場:フジボウ会館ビル コートメダリオン 第二ホール(東京都千代田区富
士見2-10-28 最寄り駅:JR、東京メトロ「飯田橋」駅)
http://www.medallion.co.jp/map/tizu.html

●最終成果物がPDFとなる新薬の申請文書や、電子マニュアルを作成支援する
ツールの紹介
・OpenFlow(申請文書作成システム)
・OpenFlow(電子申請文書作成システム)
・WebProof(電子校正システム)
・SpeedLinker(PDF上のリンク確認システム)
・SpeedLinker(PDF上のリンク編集システム)
株式会社プラネットコンピュータ 代表取締役 深澤秀通氏

●Adobe Acrobat 7.0徹底解説
Adobe Acrobat 7.0でさらに強化された機能の数々を印刷関連機能を中心に
徹底的に解説いたします。
アドビ システムズ 株式会社 クリエイティブプロフェッショナル部サービス
プロバイダーマネージャー 百合智夫氏

●入口から出口まで:JDF対応EFIワークフローのすべて
EFIではFieryコントローラだけではなく、印刷業界に向けたソリューションを
手がけています。入稿から印刷まで、すべてをEFIテクノロジでカバーするEFI
のワークフローをご紹介いたします。
イー・エフ・アイ株式会社 マーケティング シニアマネージャー 田中和宏氏

参加費:JPC会員・団体会員:無料、一般:10,000円(税込)
※当日会場でお支払いいただきますのでご用意下さい。
お申込みはこちらから
http://www.jpc.gr.jp/jpc/seminar/050128.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント案内
第17回 CGアニメコンテスト
<http://doga.jp/contest/>
───────────────────────────────────
自主制作のCGアニメを対象とした国内最大規模で、最も歴史のあるコンテスト。
1989年から毎年開催されており、今回で17回目となる。応募総数は400作品を
越え、毎年極めてレベルの高い作品が集まっている。現在日本を代表するCGア
ニメ作家達の中にも、このコンテストでデビューした人が多い。
募集作品:コンピュータを使用した自主制作のオリジナル映像作品。作品時間
に制限はない。使用機種・使用ソフトは問わない。3Dだけでなく、2Dや手描き
のCGアニメも問題ない。静止画だけの応募はできない。実写等が含まれていて
もかまわないが、その部分は審査の対象にはならない。アマチュアはもちろん、
プロでも自主制作(私的に制作された作品)であれば問題ない。他のコンテス
トに応募された作品でも応募できる。応募締切は2月14日。
・入選作品上映会 東京会場
日時:5月5日(金祝)開場12:30 開演13:00 終了17:00(予定)
会場:サンパール荒川 大ホール(東京都荒川区荒川1-1-1)
・入選作品上映会 大阪会場
日時:5月29日(日)開場12:00 開演12:30 終了17:00(予定)
会場:大阪市中央公会堂=通称:中之島公会堂(大阪市北区中之島1-1-27)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント案内
「しんげんち -Groung Zero Paintings-」阪神大震災10周年の記録
<http://www.spica.cc/top.html>
───────────────────────────────────
阪神大震災10周年の記録として、被災地神戸のテント村「しんげんち」に暮ら
しながら制作をした画家、武 盾一郎、鷹野依登久、和田綾子、齋藤洋子らの
記録展を開催致します。アートと社会が共生する「しんげんち」の過去と現在、
そしてこれからの姿をどうぞご覧下さい。入場無料。

●展覧会
会期:1月17日(月)~2月20日(日)12:00~20:00 最終日15時 水休
会場:SPICA art(東京都港区南青山4-6-5 TEL.03-5414-2264)
主催:しんげんち展実行委員会、深瀬記念視覚芸術保存基金、株式会社スピカ

●イベント
オープニング&ライブ・ペインティング
1月16日(日)、オープニングパーティーとあわせて、18時よりギャラリー内
で武盾一郎によるライブ・ペインティングを行います(入場無料)。
座談会
1月22日(土)17時より、SPICA二階フロアにて、武盾一郎と、アジール(避難
所)ペインティングを実現するため、辻仁成、西谷修各氏らと語らい、作家た
ちに神戸被災地行きを依頼したジャーナリスト、コリーヌ・ブレ、本展企画者
深瀬鋭一郎が、アジールにおける当時の文化状況について対談します(入場無
料)。

●展示作品(いずれも販売しています)
下中島公園テント村、しんげんちまつりのビデオ記録(壁に投影)。作家、関
係者のインタビュー・ビデオ(モニターに投影)。しんげんちペインティング、
東遊園地等の写真90枚のウォール・インスタレーション。製作用つなぎ等、神
戸の日常に関する資料のインスタレーション。1999年6月しんげんちまつり用
に描いた旗ペインティング「萬歳」(215×502cm)。新作建築シート・ペイン
ティング2点(各180×360cm)。ライブ・ペインティング(トリプチィック、
計180×270cm)。武盾一郎「神戸ノート」エスキース(神戸で描いた絵日記の
ゼロックス・ブック版下)。作家たちの活動年譜等ドキュメンテーション、な
ど。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
ラジカル鈴木個展 新年めでたい!! 「ガハハ展」
<http://www1.big.or.jp/%7Eradical/>
───────────────────────────────────
会期:1月7日(金)~19日(水)11:00~19:00 最終日17時 13日(木)休廊
会場:OPA Gallery ・Shop (オーパ・ギャラリー/ショップ)東京都渋谷区
神宮前4-1-23・1 TEL.03-5785-2646
http://www.geocities.jp/opa_gs/
内容:また新たな切り口で展覧会を開きます。前回はNYにインスパイアされた
オール手描きの巨大ドローイングでした。今回のテーマはズバリ、「バカ」
(笑)。いつものタッチを基本に(そうぢゃないモノもあるかもしれません)
面白可笑しいシュール&Hなテーマをを中心に、エナジーみなぎるにぎやか&
カオスな展示です。

<応募受付中のプレゼント>
 『Shade Graphic Parts Design』 本誌 1666号(1/20 14時締切)
以下は姉妹紙「写真を楽しむ生活」にて受付中のプレゼント
 「本格レッスン! デジタル絵画」#527号(1/20 14時締切)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(1/12)
・「Creator's Table 2005」受付開始しました。
              <http://www.dgcr.com/table2005/index.html>

・成人の日はマンションの定期総会だった。会場の市民会館に行くと、いたい
た、白いえりまき(ってのか?)の和服の娘がいっぱい。そろって老けた顔つ
きだ。入り口付近にたむろして大声で騒いでいる男たち。エレベーター内がタ
バコ臭なのは彼らの仕業だろう。昔から成人式には偏見を持ち、ばかばかしい
と参加もしなかった偏屈なわたしである。さて、総会だが、2時間の予定が3時
間にも延びたしまらないものだった。これは、議長である今期の理事長がけっ
こう老齢で、途中で疲れちゃったのか、自分でもなにを言ってるのかわからな
いと告白するくらい支離滅裂な議事進行をしでかしたからで、最後はもちなお
してきちんと次期理事長にバトンタッチしたからよかったけど。どういう経歴
の人か知らないが、素人(?)にしては1年間しっかり運営してくれたと思う。
問題は、管理委託会社の担当者が、わたしの大嫌いな「させていただきます」
症候群患者であったことだ。すべてにそれがひっついてくるからうっとおしい
ったらない。それから、彼が説明する場面では必ず「ご指名をいただきました
ので、×××の件について説明させていただきます」とくる。決算や予算の数
字を読むときは「×××円というかたちになっています」とくる、金額にどう
いうかたちがあるっての? いちいち気に障る。シンプルにやってくれ。事務
的でいいんだ。無駄な発声の何秒かも、積もり重なると何分か何10分かににな
るのだ。「させていただく」を連発する人にあまり誠意は感じられず、つい反
感をもってしまう偏屈なわたしである。             (柴田)

・寝ようと思ったら、マックワールドエキスポの基調講演がはじまってしまっ
た。QT7やiLife、iWorkなど。マックミニ、お弁当箱サイズで静からしい。
iPod Shuffleほかいろいろ。詳細はアップル公式や情報サイトへ。/iDVDが外
付DVDドライブに対応してくれるってことはないのか……。Shuffleはスポーツ
する人には良さそう。                 (hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
リニューアル  8月サンタ
アシスト    鴨田麻衣子

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/>、
E-Magazine<http://emaga.com/>、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、melma!<http://www.melma.com/>、
めろんぱん<http://www.melonpan.net/>、MAGBee<http://magbee.ad-j.com/>、
のシステムを利用して配信しています。配信システムの都合上、お届け時刻が
遅くなることがあります。ご了承下さい。

★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/>

Copyright(C), 1998-2004 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■