[1790] 心の恋人がいる方へ

投稿:  著者:  読了時間:20分(本文:約9,500文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1790    2005/07/14.Thu.14:00発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 18154部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           <上戸彩にうつつを抜かす>           

■笑わない魚(162)
 後ろ向きに考える(3)~心の恋人がいる方へ
 永吉克之

■子育てSOHOオヤジ量産プロジェクト(72)
 FileMaker使うならFSAに入ろう
 茂田カツノリ

■セミナー案内
 RIAコンソーシアム・ビジネスセミナー

■イベント案内
 SKIPシティ 国際Dシネマ映画祭2005



■笑わない魚(162)
後ろ向きに考える(3)~心の恋人がいる方へ

永吉克之
───────────────────────────────────
知り合いの女性が、わたしにとって、ゲーリー・クーパーが永遠の恋人なのよ、
とあくまで言い張るので、そんな、とうの昔に死んだアメリカの俳優を好きに
なっても、結婚どころか、セックスもできないじゃないか、そんなものは愛で
もなんでもない! と自分でもわけのわからないことを酔った勢いで言ったら、
その後しばらく、彼女との関係が気まずくなったことがある。しかし、まるっ
きり見当違いなことを言ったとも思えないのだ。

コレだ! という異性のスターに出会って、その年齢や出身地、経歴などを知
るうちに、本人を直に見たい、できれば話をして握手のひとつもしたい、あわ
よくばキスもしたい、願わくば恋人になりたい、叶うことなら結婚して、新婚
旅行はウランバートルに行きたい、と願望がエスカレートしてゆくのが自然な
反応というものだろう。

まあ、デビューしたばかりで来週には雲散霧消してしまいそうな二束三文のア
イドルなら、ひょっとしたらディープキスのひとつもできるかもしれないが、
相手がゲーリー・クーパーでは、もはや見ることも触れることもできない。ど
うしても思いを遂げたいのなら、その墓を暴いて骨を抱きしめるという猟奇的
な行為に及ぶしかないではないか。上の女性は、ゲーリーは心の恋人だから会
えなくてもいいと言うが、そんな考えが通るほど、世間は甘くない。

                 ●

当たり前のことだが、いわゆるスターと呼ばれる人間には多くのファンがいて、
その人のことをよく知っている。たとえば平村ミリカさん(仮名・22歳、IT企
業勤務)は、SMAPの香取慎吾の星座、血液型から母校、祖父の職業、血糖値ま
で知っていて、毎晩、夢で見るほど慕っている。しかし香取慎吾は平村さんと
いう人がいて、そこまで思ってくれているということを知らない。つまり、彼
にとって、平村さんは存在しないのとまったく同じなのである。

香取慎吾の出ている番組や映画はすべて観て、関係出版物は香港や台湾で出て
いるものまで読み尽くし、関係するあらゆるファンクラブに入っていても、香
取慎吾が平村さんのことを知らなければ、ふたりの間には何の交流も生まれな
い。ピンナップに向って「シンゴー!」と叫んでいるのと根本的にはなにも変
らないのである。

かりに、平村さんが香取慎吾の後頭部を背後からバットで殴って失神させ、そ
の間に彼にいかがわしいことをしたとしても、そういう行為をしたのが平村さ
んだということを香取慎吾が知らなければ、やはり、つながりは生まれない。
堂々と名を名のり、真正面から殴ることによって、香取慎吾のなかに平村ミリ
カという女性が存在し始め、交流が生まれるのである。

                 ●

喜寿を過ぎてから、ブラウン管やスクリーンのなかの女性にうつつを抜かすと
いうことがトンとなくなっていたのだが、NHKの大河ドラマ『義経』を観てい
て、出演している上戸彩が、あるとき突然、大好きになった。

このなかで義経は、石原さとみ演じる静と、上戸彩演じる「うつぼ」のふたり
のきれいな女性から愛されるという、男ならだれでも七転八倒して羨ましがる
ような立場にいる。結局、石原さとみと住むことになるのであるが、私はこれ
を見て「アホやな、なんで石原さとみやねん、上戸彩の方が絶対ええ女やんか、
あっちを取らんかい、あっちを」と、史実を無視して叫んだのだった。

石原ひとみは、顔がこじんまりと可愛らしくまとまり過ぎているのに対して、
上戸彩は、全体は非常な美形なのに、やや大きすぎる口が「美的破綻」とでも
いうべきものを作り出していて、それが男心の下腹部をクジャクの羽根のよう
な感触でくすぐるのである。女性の美は93パーセントくらいの完成度において
最も男を惹きつけるのだ。

目も鼻も口も完璧だがアントニオ猪木のようにアゴの出た女性、全盛期のエリ
ザベス・テーラーを彷佛とさせる顔だちだが、曙のような巨躯を持った女性、
顔はもちろんスタイルもミス・ユニバースなみだが、全身がオランウータンの
ような剛毛に覆われた女性、容姿は申し分ないのだが毒ガスを吐く女性。男は
みんな、そんな女性が好きなのである。

                 ●

いや、美の分析なんかどうでもいいのだ。上戸彩を愛してしまった私は「ああ、
これが老いらくの恋というものか。しかし、よりによってなぜ、ひ孫ほども歳
の離れた女を」と悩んだが、よく考えてみたら、上戸彩の年齢も出身地も、ほ
かのどんな番組に出ているのか、俳優なのかお笑いタレントなのかといったこ
とも知らなかったのである(ここ数年、大河ドラマは、お笑い芸人からプロレ
スラーまで起用するようになった)。

出演者に興味をもったら、とりあえずネットで検索してみようとするのが通常
の反応だと思うのだが、今回、このコラムを書くにあたって初めてgoogleで検
索した。つまり私は上戸彩の顔にしか興味がないということだが、それでいい、
それが世間というものだ。

【ながよしかつゆき/アーティスト】katz@mvc.biglobe.ne.jp
野球中継は、映像はテレビで観て、実況はラジオで聞くといい。地元ラジオ局
だと、たまに、露骨にひいきした実況をしてくれるから面白い。

・Blog <http://www.naga44.com>
・EPIGONE <http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ework>
・携帯メルマガ『絶対真理』<http://mini.mag2.com/pc/m/M0040937.html>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■子育てSOHOオヤジ量産プロジェクト(72) 
FileMaker使うならFSAに入ろう

茂田カツノリ
───────────────────────────────────
このコラムでも何度か書いたように、いま、FileMakerによるソリューション
開発専業の会社を立ち上げている。出資を募り、登記を進め、事務所と人材を
確保し、という感じだ。僕としては3つめの起業なのだが、今度の会社はしっ
かり目的を絞って収益性を高め、規模の拡大をはかるつもりだ。

●新会社設立の経緯

僕ら夫婦の会社である(有)アモニータはWeb制作を中心としているわけだが、
僕がFileMaker関連書籍をいくつか書いてる関係上、そっち方面の相談を受け
ることも多い。

しかし2人だけの会社では、受けられるのは小規模案件に限られる。納品先の
人がある程度トラブルシューティング可能でないと、対応しきれない。だから
中規模以上の案件が舞い込んでも、いままでは断ってきていた。

でも、FileMakerによるソリューション開発仕事の魅力は大きい。特にバージ
ョン7になってOracleの市場すら侵食できそうになったことで、この領域のビ
ジネスにより強い魅力を感じるようになったのだ。

というわけで、個人事業主としてFileMakerデータベース開発に携わっていた
知人とともに、新しい会社を立ち上げたという流れなのだ。

純粋なビジネスとしてこの仕事にご興味ある方、出資はまだ受け付けてますよ
っ(という発言すると出資法違反になるので気を付けましょう[笑])。

●みんなFSAに入ろうっ!

FileMakerデータベース開発者の会である「FileMaker Solutions Alliance」
(以下「FSA」)の制度が先日大幅に改正され、とってもとっても便利になっ
た。とにかくFileMaker使ってるなら入らないと絶対ソン! っていうくらい
有利な制度になったのだ。

何が有利かっていうことを細かい話抜きで簡単に言うと、年間24,000円の会費
を払えば39,000円のFileMaker Proがもらえちゃうのだ。そのほか特典はいろ
いろだが、これだけでも話としては十分ではないだろうか。

・FSAメンバーの特典
<http://www.filemaker.co.jp/developers/membership.html#fsa2>

FSAメンバーに提供されるソフトウェアのライセンスは、いわゆる「NFR(Not
For Resale)」というもので、ユーザ登録もアップグレードも有償サポートも
対象にはならないけれど、機能やパッケージ内容は製品版とまったく同じ。

従来のFSAは若干敷居が高かったが、今回の改正では「Subscriber」というカ
テゴリが新設された。FileMakerでのデータベース開発をお仕事にしていなく
ても、自社用システムを作っているというだけで申し込み資格があり、法人で
なくてもいいから、気軽に入れるようになったのだ。

ちょっとでもデータベース開発をやってて、さらに技量の向上をとお考えなら、
もうソッコーで下記ページから申し込みしてしまおう。「気軽に」といっても
審査があり落とされることもあるから、これ通ったら親戚に自慢しよう。

・FSA Subscriberの申し込みページ
< https://fsa.filemaker.co.jp/subscriber/ >

FileMakerでの開発をお仕事にしてるならはAssociateに、さらに上を目指すな
らPartnerというカテゴリもある。

・FSAについての紹介ページ
<http://www.filemaker.co.jp/developers/membership.html>

●FM-Tokyoに行こう!

FileMakerユーザの集い「ファイルメーカーPro東京ユーザーズミーティング」
(=通称「FM-Tokyo」)は、この業界の著名な人たちがタダでノウハウを公開
してしまうという、これまたお得な勉強会。次回は8月6(土)に開催予定だか
ら、これもまたぜひ参加してみよう。会場費実費500円だけで、こんなに勉強
ができちゃって人脈も広がるんだから、こんなにお得な話はない。

FileMaker関連の質問をたっぷり持参し、質問コーナーや懇親会で聞きまくる
というのが正しい利用法。

・FM-Tokyoのページ
<http://www.filemaker.gr.jp/fmtokyo/>

知らない人ばかりの会合に出るのは気後れするというなら、まず私にメールく
ださい。ちゃんと守って差し上げます(誰から?)。

●DevConの話

毎年8月末にアリゾナで開催されるFileMakerの祭典「FileMaker Developer's
Conference」。もちろん、僕は今年も行くのだ。

FileMakerについてのユーザ側の技量や情報量は、たとえばWebなどの分野と比
較しても、かなり日米の意識格差・情報格差が大きい。だからもっともっと米
国の情報を入れる必要があり、やっぱり行かねばなのである。

というわけで、来週はそのへんのお話しを。

【しげた・かつのり】shigeta@amonita.com
Webプロデューサー/テクニカルライター。いろんな企みを進めてはいるが、
その歩みがどれも鈍すぎて、このままでは還暦になっちゃうぞと危機感つのる
40歳。めまいと頭痛が治らないのが悩み。

▼FileMaker 7のトレーニング値下げ!

好評のFileMaker 7トレーニング「ステアウェイ・トゥ・セブン」、おかげさ
まで申し込みも順調だし、会場費等のコストダウンにも成功したから、それを
受講者の方に還元すべく150,000円→138,000円に値下げをした。すでに申し込
み済の方や過去の受講者には差額を返金するという律儀さなのだ(自分で言う
なっ)。まあ安ければ来るかっていう種のものではないけど、気持ちの問題っ
ていうことにしてほしい。
次回の8月19日(金)~8月21日(日)は、現時点で残席かなり減ってきたので、
お申込の方は、お早めにぜひ。「どんな内容?」「受講するに必要な知識は?」
等のご質問もおよせください。
<http://www.sevensdoor.com/seminars.html>

[FileMaker情報サイト“セブンズドア”]
<http://www.sevensdoor.com/>

[有限会社アモニータ]
<http://www.amonita.com/>

---PR-----------------------------------------------------------------
・贈答品や記念品にも。iPodパーソナライズサービス。
<http://www.dgcr.com/ad/apple_ipod.html>
-----------------------------------------------------------------PR---

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
RIAコンソーシアム・ビジネスセミナー
~RIAは今。メディアから、市場から、開発者からの視点で語る~
<http://www.ria-jp.org/information/20050725.html>
───────────────────────────────────
Rich Internet Application(RIA)の現実(もしかしたら、Flashやリッチク
ライアントといった方がピンとくるかもしれません)を、開発現場とメディア
やマーケットの視点から見直そうという、パネルディスカッション中心で構成
されたセミナーです。

開発現場からは、セカンドファクトリー、ビジネスアーキテクツ、ネットイヤ
ーグループの現場責任者が登壇。メディアでは、@IT、JavaWorld、アスキー、
Internet Magazine、Web Designingから編集長クラスが参加します。

Webで情報探索や操作を日常的に行いつつある今日、これからそれらはどんな
風に変化していくのか、いまどんな変化が進んでいるのかを問い直したいと思
います。

テーマは、開発手法やスタイル、市場の展開、人材育成、そもそも「RIA」の
定義や、余りに多い似て非なる技術群への対応方法。更には、より相応しい呼
び方に至るまで多岐に渡る予定です。プロジェクト(予算)の大きさに依存し
ない、デザイナとエンジニアの良好なコラボレーションのヒントにも迫りたい
と思っています。

RIAに現在関わっている方も、まだ様子見している方も、是非お越しください。
総合司会は、デジクリで電網悠語:Ridual開発記を書かせて頂いた三井が担当
します(入場料:3,000円)!

開催日と会場:
日時:7月25日(月)13:30~17:30(13:00より受付開始)
会場:日本薬学会 長井記念館大ホール
<http://www.pharm.or.jp/whats/access.html>
定員:120名(先着順)
参加費:お一人様 3,000円(事前振込み制)
お申込み:http://www.ria-jp.org/information/20050725.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント案内
SKIPシティ 国際Dシネマ映画祭2005
<http://www.skipcity-dcf.jp/program/long.html>
───────────────────────────────────
会期:7月16日(土)~7月24日(日)
会場:SKIPシティ(川口市上青木3-12-63 TEL.048-264-7777)

●短編コンペ部門、参加ゲスト情報
国内のクリエイターを応援する、短編コンペ部門。応募作品264本の中から第
一次審査を経た10作品が、期間中上映され、上映後には、各作品の監督による
Q&Aが行われる。
<http://www.skipcity-dcf.jp/guests/index.html>

●特別イベント メイキング・オブ『エイブル・エドワーズ』
長編コンぺ部門にノミネートされたレトロSF大作『エイブル・エドワーズ』。
撮影日数15日、予算3万ドル(約300万円)、市販のMini-DVで撮影された作品。
セットを一切使わず、倉庫の一角を借り、合成用グリーン・スクリーンの前で
撮影し、撮影後にFinal Cut Proを使い3D化したセットイメージを合成した。
特別企画として、銀座アップルストア3Fイベント会場にて、ロバートソン監督
のトークイベントを開催する。
日時:7月22日(金)19:00~20:00
会場:銀座アップルストア(中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館)
<http://www.apple.com/jp/retail/ginza/week/20050710.html>
参加費:無料(先着順)問合わせ:アップルストア銀座 TEL.03-5159-8200

●ミランダ・ジュライ監督・トークイベント
長編コンペ部門ノミネート作品『ミー・アンド・ユー・アンド・エブリワン・
ウィ・ノウ』で監督、主演、脚本をつとめ、今年のカンヌ映画祭で新人監督賞
を受賞したミランダ・ジュライ監督を迎え、トークイベントを行なう。
日時:7月23日(土)17:00~18:00 
会場:彩の国ビジュアルプラザ1F ガイダンスルーム 
参加費:無料(先着順)
問合わせ:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2005事務局 TEL.048-263-0818

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(7/14)
・8月22日(月)から26日(金)まで、扇町メビックで関西のデジタルアーテ
ィストによるアート展を、デジクリとメビックが共催する。内容はこういうの。
「従来の展覧会といえば、鑑賞する人に対するやさしさがなかったのではない
でしょうか。その作品で作者はなにを表現したいのか、どんな思いで制作した
のか、どういう点を見て欲しいのか、技術的にむずかしかったところはどこな
のか、といった鑑賞の手引きになるような情報が与えられず、作品は壁に展示
されているだけで、あとは見る人に任せるといった展覧会ばかりでした。いや、
本当は作家自身が作品の脇に立っていて、望まれればいくらでも解説したかっ
たのかもしれません。でも、そういう展覧会は開かれたことがありません。そ
こで、今回の展覧会は、見る人だれにでも"わかってもらえる"展覧会を目指し
ました。『どこがおもしろいのかというと~』『どこがすごいのかというと~』
といった、林家三平師匠の話術スタイルを応用(?)して、作者自らが作品を
懇切丁寧に、おもしろおかしく解説します。といっても、作家がずっと会場に
いてしゃべりまくることはできませんし、鑑賞する側も疲れてしまいます。そ
こで、わかりやすい解説を掲載した小冊子を会場に用意しておき、見る人はそ
の解説を読みながら作品を楽しんでもらえるというしくみを考えました。もち
ろん、その小冊子は記念に持ち帰っていただけます。会期はちょうど夏休み、
お仕事プロはもちろん、小学生から大学生、専門学校の学生さんにも楽しんで
もらえる、とにかくよくわかるアート展を開催します」。本誌のおなじみ永吉
克之さんらを中心に15人くらいが参加する。いま仕込み中、おもしろくなりそ
うだ。出展者はけっこうな負担だが、観る側は楽しいと思う。 (柴田)

・KNN Night 関西の申し込み開始! テーマは「ポッドキャスティング」よろ
しくですー!/植木さんからメール。塊魂の携帯マスコットとニンテンドーDS
の画像。なんてラブリーな! もう2000m突破なんだって。私は昨日やっと手
に入りました。ペリーや王様の長話はいいから早く転がせろ~と心で叫んでい
ました。水中ステージでつまずきました。コントローラーの右スティックがへ
たってて、ニュートラルに戻りません。新しいコントローラーが必要に……。
/携帯マスコットをノートパソコンのそばに寄せると光りだす。無線LANにも
反応しているみたいだ。                 (hammer.mule)
<http://www.dgcr.com/seminar/knn.html>  KNN Night 関西
<http://playon.jp/photo/p1.jpg>  これと
<http://playon.jp/photo/p2.jpg>  これと
<http://playon.jp/photo/p3.jpg>  とってもラブリー
<http://www.nintendo.co.jp/ds/adgj/kgoods/>  ガシャポンなんだって

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
リニューアル  8月サンタ
アシスト    鴨田麻衣子

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/>、
E-Magazine<http://emaga.com/>、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/>、
Ransta<http://ransta.jp/>、melma!<http://www.melma.com/>、
めろんぱん<http://www.melonpan.net/>、MAGBee<http://magbee.ad-j.com/>、
のシステムを利用して配信しています。配信システムの都合上、お届け時刻が
遅くなることがあります。ご了承下さい。

★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/>

Copyright(C), 1998-2005 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■