[2052] 「テレビCM崩壊」後の「CG-CM」

投稿:  著者:  読了時間:20分(本文:約9,700文字)


<400万本の2リットルのダイエットペプシと400万個のメントスが>

■KNNエンパワーメントコラム
 「テレビCM崩壊」後の「CG-CM」
 神田敏晶

■クリエイター手抜きプロジェクト[102]Photoshop CS/CS2編
 PSDファイルにEPSファイルを配置する
 古籏一浩

■ブックガイド&プレゼント
 「イラストレーター303人のキャラクターファイル」

---PR-----------------------------------------------------------------
  ポスター印刷やチラシ・小冊子の印刷は特売プレスにおまかせ下さい!
 B1サイズ ポスター100枚 81,900円〜   ポケットフォルダー印刷も対応
   〜印刷業界向けPDFであるPDF/X-1a入稿も多数実績があります〜
                     http://www.ddc.co.jp/tokupre/
        入稿データについては→[ http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/ ]
-----------------------------------------------------------------PR---


■KNNエンパワーメントコラム
「テレビCM崩壊」後の「CG-CM」

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

織田浩一監修の「テレビCM崩壊」翔泳社が売れている。
< http://adinnovator.com/ >

約2か月で35,000部。いやむしろ第1章が無料でダウンロードできることの方が快挙であり、もうすぐ6万ダウンロードに達しようとしている。第一章が50ページ分、全ページ270ページなので19%が読めるのだ。

一冊1,600円の本の19%が無料ということは、約300円相当の本が読めたことになる。CD楽曲がアルバムではなく曲単位で購入できることによって、アルバムでは購入しなくなったが、書籍は第一章を読めば結局、欲しくなってしまうのだ。うまいプロモーションだ。全部アップロードしてもサイトで読みきる人は少なく、やはり売り上げは上がるとボクは思う。

先週の金曜日「BlogTV(MXテレビ毎週金曜日22:00)」で、織田さんご本人にスタジオにきていただいた。
< http://trj.weblogs.jp/blogtv/2006/09/ad_innovator__2cb9.html >

番組終了後には「コンシューマー・ジェネレーテッド・コマーシャル(CG-CM)」について話をさせていただいた。

この番組は、テレビ局、制作会社、スポンサー、出演者がすべてネットへの掲載を承諾しているので、YouTubeなどへの投稿番組サイトへ投稿できる。MXテレビがカバーしていない視聴者にも視聴していただけるし、いつでもクリックさえすれば公式サイトから視聴できるテレビの新しい姿である。
< http://trj.weblogs.jp/blogtv/ >

広告の世界にも大きな変化がおき始めている。まずは、ソニーのBraviaだ。映像のインパクトが大きいだけ、CMの予告編も期待でき、さらにTributeによるCG-CMが魅力を増す。

パロディ映像からCMの予告編まで登場し世界観を見せる。

「Bouncing Balls」
< >
「予告編」
< >
「メイキング編」
< >
トリビュート編 逃げ惑う人々
< >
トリビュート編 これは一緒に作ったんでしょ?
< >
トリビュート編 これはやってみたくなります
Tribute to the Sony Bravia Bouncing Balls advert
< >
トリビュート編 自宅編 Sony Advert Tribute
< >

Braviaは薄型テレビなのでこのCG-CMを見て購入にまではいたらないが、それが、ダイエットコークやメントスのような消費財ならどうだろうか?

この映像を見て欲しい。
「The DietCoke & Mentos Experiments」
Experiment#4
2リットルダイエットコーク&4粒メントスの場合
合計101本の2リットルダイエットコーク523粒のメントスを使用した実験結果
< http://one.revver.com/browse/Most+Watched#_show_video_27335 >
02:57 3,402415ビュー(2006.09.24)

映像プロモーションを手がけたRevverのサイト
「The DietCoke & Mentos Experiments」
< >

Experiment#6
チューブを通してメントスを入れた場合の失敗事例
< http://one.revver.com/browse/Most+Watched#_show_video_28106 >

Experiment#13A
5粒メントス 2リットルコーク
< http://one.revver.com/browse/Most+Watched#_show_video_27639 >

コーラだけでなく、こんなパロディ映像も続く…。

Pepsi Girl
< http://one.revver.com/browse/Most+Watched#_show_video_31264 >
243,138ビュー

さらに、こんなロケットが登場することに、「メントスダイエットコークロケット」
How to make a "COKE ROCKET"
< http://one.revver.com/browse/Most+Watched#_show_video_33071 >
146,218 ビュー

ダイエットコークとペプシコーラとA&Wとメントス13粒
< http://www.yourdailymedia.com/media/1129615573 >

この映像をもとに、いろんな人がこのバカげた、無駄な、飽食な使い方に熱狂している。一度くらいはやってみたくなるから不思議だ。

YouTubeで「Diet coke」と「mentos」を検索するとすでに4,000本以上の映像がアップされている。100人に一人がこの映像をアップしていると仮定すると、40万人以上の人がこの実験を認知している。そして、いつかは自分がやってみたいと思い10人の人を集めて実験をしたとすると、400万本の2リットルのダイエットペプシと400万個のメントスの売れ行きが予測できる。

メントスの製造元では年間におよそ2,000万ドル(22億円)の広告費をかけているが、今回の大ブームで1,000万ドル(110億円)分の宣伝効果があったとみなしているらしい。

また、ファイヤーフォックスブラウザにはCG-CM専門サイトが作られている。
< http://www.firefoxflicks.com/flicks/ >

こちらではプロが作った作品や自社で作った作品を、広告メディアでなく自社サイトで展開している。すると、youtubeにはそれにトリビュートした作品が作られるというスキームが形成されはじめている。

joyride編
< >
ライフスタイル編
Daredevil
< http://www.firefoxflicks.com/flick/index.php?id=19326 >
シャラップ編
"Wheee!"
< http://www.firefoxflicks.com/flick/index.php?id=19542 >
ファイヤーフォックスバトル編
"Fox Fever"
< http://www.firefoxflicks.com/flick/index.php?id=21146 >
ファイヤーフォックスロゴ編
< http://youtube.com/watch?v=l_KXhf1BI-k >
window編
< >
Freedom of expression編
< >

少し説明が過剰ですが、つくりやすさからいうとこのパターンで製品コマーシャルは作れそう。

The Briefcase Syndicate編
< >

The Road to Firefox2
< http://www.firefoxflicks.com/web-diaries/ >

さて、ここで考えていただきたい。企業がCG-CMのために、エキストラに支払った金額は、いくらであろうか? 限りなくゼロに近いはずだ。

企業はユニークなCMを制作してそれを流通させ、音楽やトリビュート作品に関する訴訟や取り下げをしないというオープンソース的な発想で展開すれば、バイラル力によって商品やサービスを紹介するメディアはYouTubeなどのメディアを使って自ら自己増幅していくのである。

■「"YouTube"ビジネス戦略セミナー」
〜日本に"CGMビジネス"は開花するのか?〜
< http://knn.typepad.com/knn/2006/09/on_vox_youtube.html >

講師:KandaNewsNetwork,Inc.代表取締役 神田敏晶(かんだとしあき)
  :株式会社日広代表取締役 加藤順彦(かとうよりひこ)
  :株式会社インターネットイニシアティブ 取締役 戦略企画部 部長
   三膳孝通(みよしたかみち)

日時:9月26日(火)19:30〜21:00(終了後懇親会あり)
会場:株式会社インターネットイニシアティブ 大会議室(東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング)
< http://www.iij.ad.jp/map/ >
20時以降に会場に入られる方は、090-7889-3604までご連絡ください。
※渋谷区dotBARから変更となりました 料金も協賛のおかげでリーズナブルに
費用:1万円(懇親会費込み)
協賛:株式会社インターネットイニシアティブ < http://www.iij.ad.jp/ >
協力:株式会社メタキャスト < http://www.metacast.co.jp/ >

【申し込み方法】以下の内容をコピーの上、Subjectに「YouTubeビジネス戦略セミナー参加」と入れて[kandaknn@gmail.com]宛にお申し込みください。

-------以下をコピーの上、必要事項を記入のうえ送信ください。--------
To:kandaknn@gmail.com
Subject:YouTubeビジネス戦略セミナー参加

参加代表者名:
人  数:   名
会社名:
所属部署:
認知メディア:日刊デジタルクリエイターズ

毎週金曜日22:00MXテレビ「BlogTV」出演中 < http://trj.weblogs.jp/blogtv/ >
NetSurfin2.0 放送中!デジハリ大学放送部 < http://blog.dhpodcast.com/ >
神田敏晶著「Web2.0でビジネスが変わる」735円(税込)新書発売中です!
< http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797335939/ >

KandaNewsNetwork,Inc. < http://www.knn.com/ >
CEO Toshi Kanda mailto:kanda@knn.com
#502 1-4-8 Komaba Meguro Tokyo Japan,153-0041
TEL 090-7889-3604 FAX 020-4622-7170
< http://mixi.jp/show_friend.pl?id=550 >
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5458-6226

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■クリエイター手抜きプロジェクト[102]Photoshop CS/CS2編
PSDファイルにEPSファイルを配置する

古籏一浩
───────────────────────────────────
今回は、EPSファイルをPSDファイルに配置するスクリプトです。Illustratorなどで作成したロゴデータを、PSDファイル上の特定の位置に表示させる場合に便利です。今回の処理は、スクリプトでなくアクションでも、ドキュメントサイズが同じ場合は同様の処理が可能です。

使い方ですが、あらかじめ配置するEPSデータを用意しておきます。次に以下のスクリプトで

offsetX = 40; // 左からの位置
offsetY = 20; // 上からの位置

の値を指定し表示位置を設定します。単位はピクセルにしていますが、最初の行のUnits.PIXELSをUnits.MMにすればミリメートル単位での指定もできます。

PSDファイルは保存され内容が書き換えられてしまうので、安全のため複製を作っておきましょう。

また、MacOS X版のPhotoshop CSではフォルダ名またはファイル名に日本語が含まれると正しく処理されない可能性があります(Photoshop CS2では問題ありません)。

preferences.rulerUnits = Units.PIXELS;offsetX = 40; // 左からの位置
offsetY = 20; // 上からの位置
epsOpt = new EPSOpenOptions();
epsOpt.antiAlias = true;
epsOpt.constrainProportions = false;
epsOpt.width = 256;
epsOpt.height = 192;
epsOpt.mode = OpenDocumentMode.RGB;
epsOpt.resolution = 72;

epsName = File.openDialog("EPSファイルを選択してください");
if (epsName) {
open(new File(epsName), epsOpt);
activeDocument.selection.selectAll();
activeDocument.selection.copy(true);
activeDocument.close(SaveOptions.DONOTSAVECHANGES);
psdFolderObj = Folder.selectDialog("PSDファイルがあるフォルダを選
択してください");
if (psdFolderObj) {
psdFileList = psdFolderObj.getFiles("*.psd");
for (i=0; i< psdFileList.length; i++) {
open(new File(psdFileList[i]));
activeDocument.paste();
layObj = activeDocument.activeLayer;
x = parseFloat(layObj.bounds[0]);
y = parseFloat(layObj.bounds[1]);
layObj.translate(offsetX-x, offsetY-y);
activeDocument.close(SaveOptions.SAVECHANGES);
}
}
}

上記のサンプルは、左上からの位置を基準にしていますが、ロゴなどを右下を基準にして配置したい場合もあります。その場合は以下のスクリプトを利用してみてください。

preferences.rulerUnits = Units.PIXELS;offsetX = 40; // 左からの位置
offsetY = 20; // 上からの位置
epsOpt = new EPSOpenOptions();
epsOpt.antiAlias = true;
epsOpt.constrainProportions = false;
epsOpt.width = 256;
epsOpt.height = 192;
epsOpt.mode = OpenDocumentMode.RGB;
epsOpt.resolution = 72;

epsName = File.openDialog("EPSファイルを選択してください");
if (epsName) {
open(new File(epsName), epsOpt);
activeDocument.selection.selectAll();
activeDocument.selection.copy(true);
activeDocument.close(SaveOptions.DONOTSAVECHANGES);
psdFolderObj = Folder.selectDialog("PSDファイルがあるフォルダを選
択してください");
if (psdFolderObj) {
psdFileList = psdFolderObj.getFiles("*.psd");
for (i=0; i< psdFileList.length; i++) {
open(new File(psdFileList[i]));
w = activeDocument.width.value; // ドキュメントの横幅
h = activeDocument.height.value; // ドキュメントの縦幅
activeDocument.paste();
layObj = activeDocument.activeLayer;
x = parseFloat(layObj.bounds[2]);
y = parseFloat(layObj.bounds[3]);
layObj.translate(w-offsetX-x, h-offsetY-y);
activeDocument.close(SaveOptions.SAVECHANGES);
}
}
}

【古籏一浩】openspc@po.shiojiri.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >
今週の27日に「逆引きGoogle Maps API」が出ますので、こちらもよろしく。
それから、JavaScriptリファレンスの新しいバージョンも作成中。
< http://www.openspc2.org/JavaScript/reference4/index.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックガイド&プレゼント
「イラストレーター303人のキャラクターファイル」〜CHARACTER FILE 06-07
< http://www.genkosha.co.jp/np/detail.do?goods_id=588 >
───────────────────────────────────
「イラストレーション・ファイル」の新シリーズが登場!

キャラクターグッズの世界は大きな市場を形成していますが、キャラクターの役割はそれだけにとどまりません。説得力のあるイラストレーションを描くために、また、より強力なイメージ戦略を展開するためにも、キャラクターが大きな役割を果たします。本書はコミュニケーションアートの主人公としてのキャラクターを描くイラストレーター303人と、約2,000種のキャラクターを収録。従来の『イラストレーションファイル』と同様に、連絡先・略歴・顔写真・HPアドレス・制作スタッフ名を見やすく掲載。企業に、アートディレクターに、編集者に、イメージ戦略の武器となる必携のデータベース本です。

イラストレーション編集部:編
B5判・312頁/定価2,835円(税込)ISBN4-7683-0231-9

●本誌を玄光社よりデジクリ読者2名様にプレゼント。
応募フォームをつかってください。締切は10月3日(火)14時。当選者(都道府県、姓)はサイト上に10月上旬に掲載予定です。
< http://www.dgcr.com/present/list.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(9/25)

・お彼岸に実家に帰った。自転車で20分程度の距離なのに、なかなかめんどうなもので、年間平均で月に一回に満たないくらいしか実家に行かない親不孝者である。門扉を開けると、ちょうど父が犬の散歩から帰ってきたところであろう後ろ姿が見えた。この前行ったときは、手術した後で動作がまだ不便なようだったが、もう犬の散歩に行けるくらい回復したのか、さすがは不死身の家系だ(うそです)と一瞬思ったのだが、振り返った顔はなんと兄だった。全体の雰囲気がそっくりだ。さすがは親子。わたしの娘とわたしの妹(の若い頃)と見間違えた瞬間もある。わたしの妻は丸系の顔で、トンガリ系の顔した母親とは似ていないが、急にそっくりに見える瞬間がある。そういうわたしは、笑うときの顔が母親とそっくりだと妻が言う。なんだかしゃべり口や笑い声が兄に似てきたなと自分自身思うこともある。孫娘は父親似と言われているが、写真を見ると娘の子ども時代といってもいいような顔をしている。孫の男の子は(「孫息子」という言葉がないことを知った。「広辞苑」にもない)いまのところ、わたし似だと言われている。そのせいか、彼にとってわたしは優先度一位のようにみえる(でへへ)。わたしがだっこしたりおんぶしたりしていると、実の父母が手をさしのべて呼んでも9割の確率で拒否する。いい気持ちであることは確かである(むふふ)。ま、そういう時期もあるでしょう。子どもの顔はどんどん変わるものだし。で、実家の居間に入ると、母親がいきなり「お前、また太ったね」。うう、実にまずい。(柴田)

・アミノバリューコンクのCM「片足屈伸+片足立ち」篇。片足立ちは難なくできたが、片足屈伸は全然ダメ。というより、今までの人生、これができたことがあったのだろうか? お試しあれ。(hammer.mule)
< http://www.otsuka.co.jp/adv/ >  CM動画
< http://www.japan-sports.or.jp/test/ >  オリンピック選手と比較
< http://www.kenkoigaku.or.jp/html/eiyo/eiyo0901.html >  体力の分類
< http://www.big.or.jp/%7Eryoke/check23.htm >  チェック編
< http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060916-00000060-mai-int > やせすぎ
< http://www.ahv.pref.aichi.jp/taikei/chap1_nn.html >  BMI測定