展覧会案内/第10回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


今回第10回を迎えたTARO賞は、名称を「岡本太郎記念現代芸術大賞」から「岡本太郎現代芸術賞」と改め、太郎賞、敏子賞という賞を新設してリニューアルし、美術のジャンル意識を超えた新たな芸術表現の発表の場とすべくスタートしました。今回は前回9回の応募数518点を遙かに上回る614点の応募作品から、16点の作品が選出され、その中から太郎賞、敏子賞、特別賞の3点が選ばれました。(サイトより)


会期:2月3日(土)〜4月8日(日)9:30〜17:00 2/13・3/22休
会場:川崎市岡本太郎美術館(川崎市多摩区枡形7-1-5 TEL.044-900-9898)
料金:一般600円、高大生400円、中学生以下・65歳以上無料

< http://www.taromuseum.jp/exhibition/exhibition_current.html >

[map:川崎市多摩区枡形7-1-5]


photo
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか
岡本 太郎
青春出版社 1993-08
おすすめ平均 star
star切れと味のある言葉
star魂の言葉
star実在した超人
star悩める20代、30代の方にオススメ!
starまさに経験から生まれた自分の言葉で語っている。

今日の芸術―時代を創造するものは誰か 強く生きる言葉 壁を破る言葉 芸術は爆発だ!―岡本太郎痛快語録 美の呪力

by G-Tools , 2007/02/02