展覧会案内/関西写真家たちの軌跡100年 写真展 時の創造者296人の視点

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,100文字)


入江泰吉 大和路巡礼 愛蔵版長い歴史と伝統を持つ関西写真界の活性化のために、その草創期から現在までの写真家の作品を一堂に集めて紹介する大型展覧会。

展示作品:歴史的な業績を残した写真家たち59名・110作品。
主な展示作家は梶原啓文、横山錦渓、福森白洋、上田備山、米谷紅浪、淵上白陽、島村逢紅、小川月舟、花和銀吾、中山岩太、山沢栄子、平井輝七、田中幸太郎、ハナヤ勘兵衛、安井仲治、入江泰吉、棚橋紫水、本庄光郎、小石清、堀内初太郎、岩宮武二ら。
現代の写真家たち236名・708作品
(作品は前期と後期の二回に分けて展示する。詳細はサイトを参照)


会期:5月3日(木)〜5月19日(土)10:00〜18:00
会場:兵庫県立美術館 ギャラリー(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 TEL.078-262-0901)

写真展図録の内容:出展作品、出展写真家略歴、出展写真団体略歴、「関西の写真」中島徳博(美術史家)。
体裁:A4判、260頁、予約販売価格:2,200円
(図録は会場で販売いたしません。予約販売だけですのでお早めに予約下さい。ただし現在残部少数)

前期展:5月3日(木)〜5月10日(木)5/7休
後期展:5月12日(土)〜5月19日(土)5/14休
入場料:一般・大学生500円、高校生以下無料

●講演とシンポジウム-1
日時:5月6日(日)13:00〜16:30
会場:兵庫県立美術館 ミュージアムホール
定員250名 先着順 聴講無料

・シンポジウム「写真・発想・創造」13:00〜15:00
パネリスト/
津田洋甫(浪華写真倶楽部代表)
西岡伸太(シュピーゲル写真家協会会長、京都丹平会長)
太田安昭(地懐社会長)
コーディネーター/井上博道(日本写真家協会)

・講演「田沼武能の写真史」15:30〜16:30
田沼武能(日本写真家協会 会長)

●講演とシンポジウム-2
日時:5月13日(日)13:00〜16:30
会場:兵庫県立美術館 ミュージアムホール

・シンポジウム「デジタル人・銀塩人」13:00〜15:00
パネリスト/
BOCO 塚本(日本広告写真家協会)
大栗恵(シュピーゲル写真家協会)
浅田嘉信(京都丹平)
コーディネーター/今駒清則(日本写真家協会)

・講演「関西写真の100年」15:30〜16:30
中島徳博(美術史家・元兵庫県立美術館館長補佐)

< http://kansai100.komma.jp/ >
< http://www.artm.pref.hyogo.jp/home1.html >

[map:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1]






photo
回想 山口瞳―江分利満氏の想い出40年 田沼武能写真集
田沼 武能
岩崎芸術社 1997-09
おすすめ平均 star
star山口瞳ファンにはたまらない




photo
入江泰吉 大和路巡礼 愛蔵版
入江 泰吉
小学館 2005-10

入江泰吉 私の大和路―秋冬紀行 入江泰吉 私の大和路―春夏紀行 入江泰吉・万葉花さんぽ

by G-Tools , 2007/04/27