イベント案内/[第11回]文化庁メディア芸術祭の受賞作品が決定

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


映画 河童のクゥと夏休み (小学館のアニメ絵本)<主催者情報>

第11回文化庁メディア芸術祭の受賞作品、功労賞、推薦作品が決定しました。今年度は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界43の国と地域からご応募いただいた過去最大となる2,091作品から選ばれています。

アート部門大賞は、原爆ドームの90年間の歴史を膨大な写真をコラージュのように綴った映像作品『nijuman no borei』、エンターテインメント部門大賞は、新しいインターフェースによってゲームの新しい可能性を提示した『Wii Sports』、アニメーション部門は、河童と少年のひと夏の出来事を描いた劇場作品『河童のクゥと夏休み』、マンガ部門は、刑務官が死刑囚たちと向い合い葛藤する姿を描いた『モリのアサガオ』が受賞しています。

功労賞は、日本のテレビアニメの黎明期から、脚本家として活躍されてきた辻真先氏が選ばれました。

今年度の受賞作品の全体を通しての特徴は、作品として強いメッセージをもっていたり、作品の中に革新的なチャレンジが見られる作品が多く選ばれています。

なお、メディア芸術プラザでは、12月13日に推薦作品と受賞作品詳細情報、1月10日にシンポジウムやイベントスケジュールなどを発表していく予定。


●第11回文化庁メディア芸術祭 開催概要
会期:2008年2月6日(水)〜2月17日(日)10:00〜18:00 金20:00 2/12日休
会場:国立新美術館(東京・六本木)入場無料
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁・国立新美術館・CG-ARTS協会)
問合せ:CG-ARTS協会「文化庁メディア芸術祭事務局」フリーダイヤル0120-454536 contest@plaza.bunka.go.jp

< http://plaza.bunka.go.jp/festival/2007/ >

photo
モリのアサガオ 1―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (1) (アクションコミックス)
郷田 マモラ
双葉社 2004-12-06
おすすめ平均 star
star魂のキャッチボール
starなんとなく違和感が。
star淡々とした日常描写
star一気に読めます!

モリのアサガオ 2―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (2) (アクションコミックス) モリのアサガオ 3―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (3) (アクションコミックス) モリのアサガオ 4―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (4) (アクションコミックス) モリのアサガオ 5―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (5) (アクションコミックス) モリのアサガオ 6―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (6) (アクションコミックス)

by G-Tools , 2007/12/05