展覧会案内/知られざる鬼才「マリオ・ジャコメッリ展」

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


Mario Giacomelli: Cose Mai Viste1950年代から写真を撮り始め、2000年にその生涯を閉じたイタリアの写真家マリオ・ジャコメッリは、戦後の写真界を代表する写真家の一人です。その長い活動期間と欧米での高い評価に較べると、我が国において知られることの少ない写真家と言えます。イタリア北東部のセニガリアで生まれ、ほとんどの作品をその街で撮り続けたアマチュア写真家です。まとまった展覧会としては日本初となる本展では、「ホスピス」「スカンノ」「若き司祭たち」「大地」といった代表作のシリーズはもちろん、最晩年のシリーズまでも網羅し、強烈なハイ・コントラストで「死」と「生」に立ち向かい、孤高の写真表現で現実(リアル)を抽象した「ジャコメッリの世界」をご紹介いたします。(サイトより)


会期:3月15日(土)〜5月6日(火)10:00〜18:00 木金20時 月休 5/5開館
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイスTEL.03-3280-0099)
入場料:一般1,000円、学生800円、中高生・65歳以上600円

< http://www.syabi.com/details/mario.html >
< http://www.conversation.co.jp/schedule/mario_giacomelli/ >

[map:東京都目黒区三田1-13-3]



photo
Mario Giacomelli
Alistair Crawford
Phaidon Inc Ltd 2006-01-21



photo
Mario Giacomelli: Cose Mai Viste
Mario Giacomelli Enzo Cucchi
Photology 2006-08-15

by G-Tools , 2008/03/17