展覧会案内/グラフィックトライアル2008 4人のアートディレクターによるグラフィック表現の追求

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


第一線で活躍する4人のアートディレクターと、凸版印刷のプリンティングディレクターがコラボレーション。“オフセット印刷”のグラフィック表現の可能性を探る。参加デザイナーは、廣村正彰、永井裕明、高井薫、米津真理の4氏。それぞれ「印刷原点を視覚で捉える」「美・味・品の三拍子揃った幕の内弁当を」「紙とインキでやりたかったことは……」「感触のイメージを膨らませると」をテーマに、印刷実験を重ね、ポスターを制作した。独創的なアイディアと多様な印刷技術を組み合わせて完成させたポスターの数々や、制作過程でのトライアルを楽しめる。


会期:4月25日(金)〜7月13日(日)10:00〜18:00 月休
会場:印刷博物館(東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル TEL.03-584 0-2300)

◇トークイベント
日時:5月24日(土)15:00〜17:00
会場:印刷博物館グーテンベルクルーム
定員:80名 申し込み多数の場合は抽選
入場料:無料(印刷博物館本展示場に入場の際は入場料が必要)
申し込み受付締切:5月12日(月)

< http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/080425/ >

[map:東京都文京区水道1-3-3]