展覧会案内/「サイバーアーツジャパン──アルスエレクトロニカの30年」

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


会期:2月2日(火)〜3月22日(月・振休)10:00〜18:00 月休 3/22は開館
会場:東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1 TEL.03-5245-4111 TEL.03-5777-8600 ハローダイヤル)
観覧料:一般1,000円、学生・65歳以上800円、中高生500円

メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」(オーストリア・リンツ市)の30周年を記念して、日本のアート&テクノロジー、メディア芸術領域の特集展を開催します。(略)本展では、アルスエレクトロニカ・リンツ後援のもと、30年の歴史を物語る貴重な映像や作品資料が初めて展示されます。約25プロジェクト・50作品による展示は複数のパートで構成されています。歴代受賞者らによる展示や、本年度受賞作品のほか、アルスエレクトロニカ・センターとの企画連携(デバイスアート展)、リアルタイムでリンツと東京会場を結び、Museum of the Future(未来の美術館)を考え、解体再構築するネット・プロジェクトも試みられます。さらに、文学作品の視覚化、デジタルパブリックアート、宇宙芸術などのハイブリッドな新領域を題材に、話題のメディア芸術/メディアアートが呈示されます。(サイトより)

出品作家:岩井俊雄、明和電機、八谷和彦、平野啓一郎+中西泰人+森野和馬+ケンイシイ、池田亮司、真鍋大度、エキソニモ、スズキユウリ、河口洋一郎、鈴木康広、東京大学、クワクボリョウタ、児玉幸子、渡邊英徳、ほか

< http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/112/ >
< http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/cyberarts/ >