クリエイター手抜きプロジェクト[252]3D映像編リアル3D映像からサムネール画像を作成する/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)


今回は、TM750+3Dコンバージョンレンズ(長いので以下TM750で省略)で撮影した3D映像から、サムネールを作成するスクリプトです。

TM750で撮影した3D映像はサイドバイサイド(Side By Side)方式になっているため、左目用の映像と右目用の映像が一枚の映像の中に収まっています。映像はフルハイビジョンサイズ(1980×1080ピクセル)で、このサイズ内に以下の座標で左目用と右目用の映像が記録されます。

・左目用
(66,51)-(893,1030)

・右目用
(1026,51)-(1853,1030)
*どちらも横幅は828ピクセル、縦幅は980ピクセル

以下のスクリプトは、フォルダ内にある複数の3D映像(拡張子はmov)から左目の部分を切り取り、JPEG画像として保存するスクリプトです。サブフォルダは走査しないため、指定したフォルダと同じ階層にある映像だけが対象になります。



(function (){
var folderObj = Folder.selectDialog("SideBySide映像があるフォルダを選択してください");
if (!folderObj) return; // キャンセルされたら何もしない
var fileList = folderObj.getFiles("*.mov");
for (i=0; i