展覧会案内/[3.11を忘れない写真家の会]津波も、瓦礫もない写真展 ─beforemath─

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,100文字)


会期:2013年3月2日(土)〜24日(日)
月〜木9:00〜23:00 金〜土9:00〜24:00 日9:00〜21:00
会場:珈琲市場「讃香」(福島県いわき市平字田町63-2 TEL.0246-35-6885)
JR常磐線「いわき駅」より徒歩1分 常磐自動車道いわき中央I.C. 車10分
※祝日の20日(水)には参加作家によるトークイベントも企画中
< http://ameblo.jp/shashinkanokai-311/ >

〈展覧会によせて〉

2011年3月11日に起きた東日本大震災は未曾有の災害となり、人、町、生活などを我々から奪い去っていきました。

それを受けて私たち写真家有志は、写真家として何ができるのかを自問自答し、震災半月後に[写真で被災地を復興する会]を結成し、その年の11月に、まずは東京の二か所の写真ギャラリーで17人の写真家有志により展覧会とトークショーを開催致しました。

その後、参加した写真家数名がそれを引き継ぐ形で[3.11を忘れない写真家の会]を結成し、今回はその初めての展覧会となります。

私たちの展示する写真には、津波も瓦礫も写ってはいません。それは、震災が起きる前の町の写真だからです。

写真家たちが日々記録し撮り続けてきた写真は、被害も甚大で全てが失われてしまった地域だけではなく、建築物などの被害は少ないが被災した地域も含まれています。理由は3.11以前の写真を集めて展示したいという写真家たちの純粋な気持ちを優先したいからです。

今回は実行委員会のメンバーと、その意志に賛同して下さった写真家の方々で展示致します。私たちの展覧会にぜひ足を運んで頂けたらと思っています。宜しくお願い致します。

[3.11を忘れない写真家の会]実行委員会代表代行 谷口雅彦

◎参加作家と作品

data1.jpg
撮影者:谷口雅彦 < http://homeurl.web.fc2.com/taniguchi/ >
撮影年:2009年
撮影地:岩手県陸前高田市小友町字冥加沢147

data2.jpg
撮影者:中居裕恭
撮影年:1998年
撮影地:岩手県九戸郡野田村

data3.jpg
撮影者:平賀淳 < http://jhp2.web.fc2.com/jhp1.html >
撮影年:1999年
撮影地:茨城県水戸市

data4.jpg
撮影者:柴田秀一郎 < http://syashinka.com/main/ >
撮影年:2002年
撮影地:福島県いわき市大久町

data5.jpg
撮影者:西岡修
撮影年:2010年
撮影地:福島県福島市

data6.jpg
撮影者:猪狩英司
撮影年:2010年
撮影地:福島県双葉郡川内村上川内

data7.jpg
撮影者:柳本史歩
撮影年:2010年
撮影地:岩手県下閉伊郡山田町 浦の浜海水浴場

data8.jpg
撮影者:丹野章
撮影年:1982年
撮影地:岩手県下閉伊郡田老町(現:宮古市)