[3722] 森和恵とコロのMKチャット第2回〈2014年夏アニメ編〉

投稿:  著者:  読了時間:30分(本文:約14,700文字)


《もともと残業手当はありませんので》

■講師だって、最初は初心者だもの×まにまにころころ[02]
 森 和恵とコロのMKチャット第2回〈2014年夏アニメ編〉
 森 和恵/川合和史@コロ。 Kawai Kazuhito

■クリエイター手抜きプロジェクト[394]Illustrator CC 2014編 
 CC 2014で追加された機能
 古籏一浩

--PR------------------------------------------------------------------
★DTP・印刷専門のデジタルコンテンツ販売サイト「印刷の泉」
 ≫≫≫ https://www.ddc.co.jp/estore/ ≪≪≪
 ●セミナー・勉強会を撮影した動画・スライドも好評販売中!
 ●"無料"のPhotoshopアクション・Acrobat用プリフライトもあります!
 ●編集作業の味方! PDFの違いを発見してくれるソフトを販売(体験版あり)

★電子書籍 PDF フォント 素材 スクリプト 動画を販売したい方を募集中!
-----------------------------------------------------------------PR---




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講師だって、最初は初心者だもの×まにまにころころ[02]
森 和恵とコロのMKチャット第2回〈2014年夏アニメ編〉

森 和恵/川合和史@コロ。 Kawai Kazuhito
< http://bn.dgcr.com/archives/20140630140200.html >
───────────────────────────────────
こんにちわん、コロこと川合です。今回は、いつものまにころはお休みして、森和恵さんとのチャット対談をお届けします。実は2回目。MKチャット!(笑)

M=森和恵(r360studio)
K=川合(コロ)

◎──MKチャット復活!?

M:やほー。

K:こんにちわんー。久しぶりのMKチャット(笑)ですね〜。

M:ですねー!

K:前回は、2012年の12月でしたので、1年半ぶりくらいですね。

M:お。もうそんなに経ちますか。年を取るはずだ。

K:前回は「マンガ」でしたが、今回の主題は「2014年の夏アニメ」ということで。

M:はーい! 川合さんは、放映中のアニメってリアルタイムであんまりみない派なんですよねー?

K:そうなんですー。「派」ってわけじゃないですが、結果的に。なので、予習として伺えると助かります(笑)

◎──サバイバルゲーム(サバゲー)ブーム?

M:ちなみに、今回の夏アニメのリストは、こんな感じ。

・【2014年】夏アニメ&秋〜 新作タイトル一覧【TV放送予定表】最新情報!
< http://anicobin.ldblog.jp/archives/38259726.html >

K:ざっと見たんですが、結構知らないタイトル目白押しで。「さばげぶっ!」って、タイトルから行くと、サバゲーですよね。少し前にもサバゲーものありましたね、しーきゅーぶでしたっけ?

M:そう「ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)」です。筋が緩すぎて、途中で見るのをやめちゃったのですけれど.......「さばげぶっ!」ファン的には、一緒にしてほしくないらしいですよ w

K:www

・ステラ女学院高等科C3部
< http://www.tbs.co.jp/anime/stella/ >

・さばげぶっ
< http://sabagebu.com/ >

M:私も見るリストに入ってませんでしたが、原作がなかよしで、制作がぴえろなんですね。なかよしもぴえろも頑張ってるなー。

・なかよし(講談社コミックプラス)
< http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/01033 >

・株式会社ぴえろ
< http://pierrot.jp/ >

K:サバゲーブームなんでしょうか。知り合いのマンガ家さんも、大好きみたいで。Kindleでミリタリーファッションの同人誌出してました。

・「STG」(Kindle)
< http://goo.gl/4GORTq >

M:「サバゲー」をする人が増えてるみたいですね。やってる方に聞いたら、なんか大人のファッションとしてサバゲーらしいですよ。ファッションと機材にめっちゃお金かかるそうです。

K:高そう......


◎──ソードアート・オンライン

M:サバゲーではありませんが、オンラインゲームが舞台のアニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」の話を。この夏アニメのSAOは、「ソードアート・オンラインII Phontom Bullet」ということで、アニメ的には二期なんですよ。

・「ソードアート・オンライン」
< http://www.swordart-online.net/ >

K:一期、少しだけ見ました。CATVで、ちょい遅れで。

M:めっちゃ人気があったのにすぐ二期にはならなくて...。待ちました。

K:SAOの舞台は、VRのMMORPGですよね。一期って、最後、システムが没収されながらも、オープンソース的に世界に広がったんでしたっけ。

(注:VR=Virtual Reality、仮想現実)
(注:MMORPG=大規模多人数同時参加型オンラインRPG)

M:だいたいそんな感じです。危ない部分だけ取って、コアの部分をオープンソースにしたという。

K:そう遠くない未来、ゲームとしての近いものはできそうな。

M:初代機は、ナーヴギアっていうヘルメットっぽいものをかぶって、仮想空間にダイブします。

K:今回の「Phontom Bullet」は、続編にあたるんですよね。

M:そう。待ってる間に、原作ラノベをだいぶ読んじゃいましたよー。今回の「Phontom Bullet」は原作読んでから見ることになります。一期では、原作第一章「アインクラッド」編と第二章「フェアリィダンス」編をやりました。で、二期は、第三章「ファントム・バレッド」。全部、ゲーム世界が違うんですよ。

K:違うんですねー。

M:今度の目玉は、主人公のキリトが、とある事情でゲームを乗り換え(コンバート)します。「フェアリィダンス」編の世界「ALO・アルヴヘイム・オンライン」から、「ファントム・バレッド」編の「GGO・ガンゲイル・オンライン」へ。で、なんと、コンバートする時にキャラの属性が「男の子なんだけど、みためはすっかりかわいい女子」になります w

K:なんと! ベースのシステムは同じで、別サーバの、別世界観のゲーム、って感じですか?

M:そうです。「ALO」は妖精の世界、「GGO」はガンマンの世界という感じです。さいしょの「SAO」は剣=騎士の世界というかんじですね。

K:なるほどー。一期の彼女や妹もまたでてくるんでしょうか。

M:ネタバレになっちゃうので伝え方がむずかしいところですが、彼女も妹も「ALO」に置いてけぼりで、ひとりだけ「GGO」にコンバートします w

K:ネカマとしてw

M:ネカマ......私のキリトが......ww

K:夏アニメ「Phontom Bullet」推しなのは、原作読んでハマった結果ですかー?

M:いえSAOは元々ハマってまして。竿(SAO)のアニメは、キャラデザが好きで。abecさんです。ちなみにキャラこんなの。
< http://www.swordart-online.net/phantom/character/ >

K:おー。

M:今回、「GGO」で出会うのが、シノンちゃんです。コンバートしても、リア充なヤツです。キリト。

K:うらやまけしからん。でもたしかに、VRMMORPGって、設定から興味引かれますねー。

M:なにせ、ベースが同じってだけで、いろんなゲーム世界でネタ広げられますからね。

K:現実化すると、びみょーに怖い世界ですけどねえ。今でさえ(というかMMORPG登場以来)廃人続出なのにw

M:死ぬ間際ぐらいに、死ぬまでの間若さを取り戻すためにダイブしてみたい気はあります。リア充になれるし。

K:ヘッドマウントディスプレイ外した瞬間、どっと色んな疲れが押し寄せますよw

M:装着したまま、死んでいきたい ww

K:なんて迷惑な!(笑)

M:ラノベ原作のアニメは、筋とか展開がしっかりしてるから、やっぱり面白いんですよね。今期の「ノーゲーム・ノーライフ」も超あたりでした。

・「ノーゲーム・ノーライフ」
< http://ngnl.jp/ >

K:最近、年のせいか、ラノベ読む元気がなくて......

M:おや。まだまだ若いのに。

K:ノリや複雑な設定について行けずに、縁側でお茶すすりながら歴史小説読んでますw

◎──この夏、セーラームーンが復活!

M:ところで、セラムンはどうですか? 前作見てましたー?

K: 前作、途中までしか見てないんですよね〜。原作も途中までは持ってたんですけど。それぞれどこまで見たのかも覚えてないですw

M:あ。そか。原作つきでしたね。リボン? なかよし?

K:なかよしです。今回、絵柄が原作寄りですねー。

M:そうなんですね。私、とある人の影響でオープニング(OP)だけ見て、カラオケで歌うのが好きなので、あらすじは全然知らなかったりします。でも、まわりが「楽しみ!」って人が多くて。

・「美少女戦士セーラームーン Crystal」
< http://sailormoon-official.com/animation/ >

K:お、今回、ルナが広橋涼さんだ! 応援してますw

M:今回、主人公以外は、声優さん総入れ替えでしたっけ?

K:ですね。うさぎだけ、そのまま三石琴乃さんで。

M:新旧でイメージぜんぜん違いますね。

K:トレーラーの印象としては、原作絵のまま動いてる感じですねー。本放送時にどうなるかわかんないですけど。

M:セル絵とデジ絵って感じですね。ファンの人は、イメージ壊れたりしないのかしら? 最近○○周年とかで、復刻するアニメ多いけど、良し悪しかなと。

K:だいぶ間が空いてるんで、主なターゲット層は完全に世代交代してるし、いいんじゃないですかね。

M:なるほど。新規開拓!

◎──その他、あれこれ

M:川合さん的に面白そうな今期アニメってありますか?

K:人気原作ものはやっぱ気になりますね。ヤングジャンプ買っておきながら読んでないんですけど、連載中の「東京喰種」とか。人食いの話。

M:んと。(公式サイト見てる)

・「東京喰種」
< https://www.maql.co.jp/special/tokyoghoul/ >

M:怖い奴だー!(←血が出るの苦手)でも、これもぴえろなんですね。

K:あと、まったく知らないんですが「アオハライド」がちょっと気になります。前に、事務所向かいの本屋さんでお店の人と立ち話してた時、その間に目の前でアオハライドの新刊がどんどん売れてて。すごい人気だなと。

・「アオハライド」< http://aoha-anime.com/ >

M:アオハライドは、見るリストに入ってます。Production I.G さんのヤツなので、きっと綺麗な映像なんだろーなーと。

・Production I.G< http://www.production-ig.co.jp/ >

K:森さんとしては、「花物語」はどうなんですか。真っ先にこれの話題がくるかと思ってました(笑)

・「物語シリーズ セカンドシーズン」< http://www.monogatari-series.com/2ndseason/ >

M:あ。あれねー。ほんとの放送は、GWだったんですが、何かの事情で夏に延期されたんですよ。なので、いまホントは放映中の予定だったんですが、穴埋めに、再放送をコメンタリー版でやっちゃってるという。あの対処には、度肝を抜かれましたw

K:そうなんですね(笑)

M:映像とまったく関係ないことをしゃべってるので、初めて見た人がいたら、「なんなの?」ってなると思う。(個人的にはちょっとアレ。)

K:このシリーズ、まともに見たことないんですよね〜。

M:おや。たぶん、アニメで見るより、先に原作読んだ方が面白いと思います。ってか、原作読んでおかないと、補完できない ww

K:なんてアニメだ!(笑)

◎──ちょっと先取り、秋アニメなど

K:さっきのリスト、そのままの流れで秋アニメみてるんですが、秋にはちょこちょこ知ってるやつが。「Fate」、またstay nightをアニメ化するんですね。

M:Fate、お好きですよね (^^)

K:一番PCゲームしてた時代の作品ですからねー。時代といっても、1〜2年くらいの短期間でしたけども。平和な時代でした(笑)

M:昔好きだった奴は、どうしてもねー。いい思い出。

K:当時は、TYPE-MOON「Fate」の他、Keyやオーガストのゲームをよくやってたんですが、エロゲー(18禁)で出して、全年齢版だして、アニメ等に展開して、って流れが「上手いなー」って。そう、コンテンツビジネスの研究対象としてプレイしてたんですよ! 研究対象として!(熱弁)

M:w

K:夏も秋も、新作の他、シリーズ続編ものと、あと、懐かし系がちょいちょいある感じですね。「天地無用」なんて、懐かしすぎます。

M:「天地無用」......おばちゃんたちの後の流行りですね。

K:僕が高校生くらいだったかなぁ......

M:私が高校生の時は、キャプ翼・星矢でした。トオイメ。

(注:キャプ翼=「キャプテン翼」、星矢=「聖闘士星矢」)

K: その辺は小学生でした......

◎──制作会社に注目して選ぶ

M:そういえば、秋、てらふぉーまーずもやるんですね......テレビ的に、いいのかなぁ。(原作読んでません。もちろん。)

K:「テラフォーマーズ」前回のチャットで、原作の話をしましたけど、アニメ化、正気と思えないですね(笑)

(注:火星で独自進化したゴキブリと戦ったりする話です)

M:やーめーてー......そうそう、秋の「四月は君の嘘」は、川合さん好きそうな気がします。

・「四月は君の嘘」< http://www.kimiuso.jp/ >

K:タイトルがなんか、好きそうな匂いしますw

M:漫画原作なんですが、Koboで一気買いしました。アニメ、映像が、もーめちゃきれい。さすがの A-1 Pictures 。最近ココのアニメ推しなんですよね。私。

K:劇場アニメかOVAみたいなクオリティですね。

M:ですよね。ほんとにこのクオリティでやるなら、すごい。でも、ノイタミナ枠ならやりかねないです。

K:僕、あまり制作会社を意識してみること少ないんですよー。細かいこと気づかなくて......ストーリーだけ見てる感じです(笑)

M:私はハズレをひきたくないので、制作会社で決めたりします。A-1 Pictures 、京都アニメーション、ポンズ、P.A.WORKSあたりは、とりあえず1話は見ますねー。

K:確かに、安心感ありますよねー。

M:話を夏アニメに戻すと、P.A.WORKSのグラスリップ、結構いい感じですよ。

・「グラスリップ」< http://www.glasslip.jp/ >

あの花とか好きなら、オススメ。

(注:あの花=「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」)

あの花作ったのは A-1 Pictures なんですけどね。その辺の流れに乗っかって、「凪のあすから」とか作ったのが、P.A.WORKSさんです。女の子がねー可愛いー!

K:ほー。P.A.WORKSと言えば、「花咲くいろは」が好きでした。

M:あ。いろはもそうですね。あれも可愛い。もうちょっと「グラスリップ」の話をすると、舞台が福井なんですよ。このアニメ。なので、福井・石川テレビでも放映するという。

K:へー。

M:あの花もそうですが、アニメ町おこしですね。

K:福井→鯖江→「メガネブ!」という連想黒歴史。w

M:メガネブ・・・・・・・・・・・・・・あれは、あれは、アカン。素っ頓狂すぎて、見る人を選びすぎるアニメ。

K:P.A.WORKS、いいですね〜。「グラスリップ」期待。

M:あ。話が戻ったw

K:「メガネブ!」の話題は1〜2行で十分ですw

◎──国鉄が舞台のアニメ!

M:話は変わって、「RAIL WARS!」今期密かに期待してます。

・「RAIL WARS!」< http://www.tbs.co.jp/anime/railwars/ >

K:国鉄!!!

M:そう! しかも、多分、アクションあり!

K: これはちょっと惹かれるww

M:面白そうでしょー? しかも、女の子が可愛い!巨乳ちゃんもいるし。

K:視点がオッサンですねw

M:ちなみに、福山さん出てますヨ。ウフフ。

K:そこ重要なんですよねw

(注:福山さん=福山潤さん。森さんが大好きな声優さん)

M:そう。そこで引っかかって、番宣PVみたら「なんですか! この面白そうな奴は!」となった、というわけです。

K:これもラノベ原作なんですね〜。

M:そうなんだ。それは知らなかったなー。やっぱり、世界観とストーリーがしっかりしてるから、漫画よりラノベの方がアニメ化しやすいんでしょうね。なんとなく。

K:密度じゃないですかね。小説だと、一巻ぶんで一期ぶんくらい作れるので。マンガはゆっくりだから......

M:たしかに。それもありますね。

K:マンガは完結しないと、いい作品かどうかも判断つきかねたりしますしねぇ。マンガ大賞とかみてても、そこが微妙なんですよねー。えらい推してるけど、それまだ海のものとも山のものとも......みたいな作品がランクインしてたり。

M:お偉い方の評判で決めてるだけな気がします。ほんとに読んだのか? と問いただしたい。前回も話ありましたが、大賞ものと好みが全然一致しなくて、なにか漫画からハブられたような疎外感を感じたりも。

K:さて、そんなこんなでこの夏(と、少し先取りの秋)アニメはこんなところでしょうか?

M:いえ、まだ足りませんので、この後にひとり語りします。

K:よ、宜しくお願いしますっ!


◎──MKのM担当・森からオススメ追記

チャット中には、詳しくお伝えするチャンスを逃したので、今期のおすすめを3つ、改めてご紹介。

●「グラスリップ」< http://glasslip.jp/ >

キラキラ青春アニメ。福井の港町(福井県坂井市三国町)を舞台に高校生名の夏休みの物語。「もしも、未来が見えるとしたら、どうしたい?」がキーワード。"凪のあすから"でおなじみのP.A.WORKSさんの作品は、外れがないので楽しみです。ワクワク

●「残響のテロル」< http://terror-in-tokyo.com/ >

フジテレビのノイタミナ枠アニメ。この枠は、準備時間と予算が多くて、クオリティの高い枠こちとで定評があります。なんと、今夏のノイタミナはこの一本だけ(もう一本は、既存アニメの総集編のため)なのです。

かなり前からタイトルだけ発表されてはいましたが、設定やストーリーは非公開のままでした。仕上がったPVは、雰囲気たっぷりの映像が素敵なので、期待しています。

主人公がテロを起こすところから物語が始まるなど、退廃的な感じが同じノイタミナ枠の"東のエデン"や"東京マグニチュード8.0"っぽい匂いがするアニメです。

●アルドノア・ゼロ< http://www.aldnoahzero.com/ >

地球を攻めにきた火星からの侵略者を倒すべく、立ち上がった若者たち。わかりやすいロボットアニメです。ですが。「放浪息子」の志村貴子さんがキャラクターデザイン、「まどかマギカ」の虚淵玄さんが原案。

なんか、やらかしてくれそうな感じがします。番宣PVを見る限り、志村さんのやさしいイラストが元にされつつ、骨太な部分もしっかり描かれています。ひさしぶりに、まじめなロボットアニメがみられるかな? と期待しています。

◎──MKのK担当・川合からオススメ追記

オススメというか、リストで見かけた気になるアニメ。夏でなく、秋ですが。

●「繰繰れ!コックリさん」< http://www.gugukoku.com/ >

原作も知らないのですが、各キャラクターの見た目にやられました。(笑)主役の市松こひな役、広橋涼さん、役作り大変ってなこと言ってました。まあ、「自分を"人形"と設定したデンパ少女」って役ですからね......広橋さん、でも見た目は結構、こひなに似てます。

と、そんなこんなでお届けしたチャット対談、いかがだったでしょうか。また、いつか第3回を、そのうちお送りします。マンガネタかアニメネタで。(笑)

【森和恵 r360studio 〜 Web系インストラクター 〜】
< site: http://r360studio.com >
< twitter: http://twitter.com/r360studio >
< mail: r360studio@gmail.com >
< サイト制作の教科書 r360study: http://www.facebook.com/r360study >

【川合和史@コロ。】koro@cap-ut.co.jp
合同会社かぷっと代表
< https://www.facebook.com/korowan >
< https://www.facebook.com/caputllc >
< http://manikabe.net/ >
前回のまにころ中、W杯グループリーグの勝ち上がり条件、間違ってました......

◎セミナー/イベントのご案内

●田口真行のWebディレクション特講 がっつりワークショップ3DAYS
< http://manikabe.net/2014/06/masayukitaguchi_3days/ >

現役Webディレクターが実際の現場で行っているWebディレクションテクニックや思考プロセスをヒントに、Webディレクションの現場術を学ぶ実践型セミナー。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■クリエイター手抜きプロジェクト[394]Illustrator CC 2014編 
CC 2014で追加された機能

古籏一浩
< http://bn.dgcr.com/archives/20140630140100.html >
───────────────────────────────────
Adobe Illustrator CC 2014が発売されました。今回は、CCから変更追加されたJavaScript部分について書いてみます。ちょっとプログラマ向けっぽい内容です。

まず、開発のために必要なガイドとリファレンスは、以下のページからダウンロードすることができます。どちらもPDFです。

・Adobe Illustrator CC 2014 JavaScript Reference
< http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/illustrator/sdk/CC2014/Illustrator%20Scripting%20Reference%20-%20JavaScript.pdf >

・Scripting Guide(スクリプティングガイド)
< http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/illustrator/sdk/CC2014/Illustrator%20Scripting%20Guide.pdf >


・追加された定数
 【書き出し】
 AutoCADCompatibility.AutoCADRelease21
 AutoCADCompatibility.AutoCADRelease24

 【過去のバージョン保存】
 Compatibility.Illustrator17

 【ドキュメントのレイアウトタイプ】
 DocumentLayoutStyle.CASCADE
 DocumentLayoutStyle.HORIZONTALTILE
 DocumentLayoutStyle.VERTICALTILE
 DocumentLayoutStyle.FLOATALL
 DocumentLayoutStyle.CONSOLIDATEALL


・追加されたメソッド(機能)
 【ワークスペース】
 saveWorkspace()
 switchWorkspace()
 deleteWorkspace()
 resetWorkspace()

 【テキストフレームのポイント/エリア変換】
 convertAreaObjectToPointObject()
 convertPointObjectToAreaObject()

 【SVG書き出しオプション】
 saveMultipleArtBoards
 artboardRange
 includeUnusedStyles


Illustrator CC 2014で追加されたライブシェイプなどの新機能は、実際のところJavaScriptでは関係がありません。というのも、新機能は内部の変更を伴わないと実現できないものと、そうでないものがあるためです。

Illustrator CC 2014の場合、内部の機能を変更しなくても実現することができる新機能がほとんどだということです。悪くいえば、店の外装が変わっただけで内装は同じという感じです。

Illustrator CC 2014で追加されたワークスペース関係の機能は、以下のように使うことができます。

app.switchWorkspace() はあらかじめ用意されている、もしくは自分で設定したワークスペースに切り替えるメソッドです。app.switchWorkspace() でパラメーターに存在しないワークスペース名を指定すると、エラーで停止してしまいます。このため、try...catchで囲んでおく必要があります。

// ワークスペースを切り替え
try{
app.switchWorkspace("レイアウト1")
}catch(e){
alert("そのようなワークスペースはありません");
}


ワークスペースを削除することもできます。しかし、削除したワークスペースをプログラムから戻すことはできないので注意してください。

// ペイントのワークスペースを削除
app.deleteWorkspace("ペイント");


ワークスペースをリセットするには以下のようにします。

// ワークスペースをリセット
app.resetWorkspace();


現在のワークスペースを保存する場合は、以下のように名前を指定します。ただし、try...catchで囲まないと、同名のワークスペース名が存在した場合、エラーで停止してしまいます。


// 現在のワークスペースを保存
try{
app.saveWorkspace("テストワークスペース01");
}catch(e){
alert("すでに、そのワークスペース名は存在します");
}


次にテキストフレーム関係です。これはIllustraror CC 2014からではなくIllustrator CCから搭載されている機能です。以下のようにして使います。CC 2014でも特に追加されたオプションはありません。


// すべてのテキストフレームをエリアオブジェクトからポイントテキストに変換
var docObj = app.activeDocument;
for(var i=0; i<docObj.textFrames.length; i++){
docObj.textFrames[i].convertAreaObjectToPointObject();
}

ポイントテキストからエリアテキストに変換するには、convertAreaObjectToPointObject()を、convertPointObjectToAreaObject()に変えてください。実際のところ、テキストエリアの種類を切り替えるスクリプトを使うことはほとんどないでしょう。

ということで、Illustraror CC 2014で追加されたJavaScript関係の説明はこれで終わりです。DocumentLayoutStyleは検索しても出てこなくて、内部実装されているかと思ってやってみたのですが、分かりませんでした。


【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >

ヒットしている曲の「Let It Go」ですが、英語耳ではないので「Let It Go」と「Ready Go」と「Lady Go」の区別がつきません。どれも「レディゴ〜」に聞こえます。

成果を時間で評価しない働き方。配達業だと配送時間しかないので辛いところ。もともと残業手当はありませんので、結局どうなったかというと、道路を客先までMAX SPEEDで走るというオチになってます。

雪が降っただけで配達に時間がかかるので、天気が悪くなれば時給は減ってしまいます。天気が悪いだけで損するわけです。もしくは、少し渋滞しただけで損するわけです。自分の能力に関係なく安定しないわけです。

以前に勤務していた会社だと、流れ作業で段ボール作っていました。これは何人もがかかわるチームワークですから、誰か一人しくじれば全体的に遅くなってしまいます。結局、精神的にも体力的にも辛いので早い人は2時間で、普通でも一週間後にはいなくなるという職場でした。まあ、一か月持てば素晴らしいという感じ。

次々と素人がやってきていなくなる職場で、生産性だけで評価されるのは悲しいものがあります。多少仕事がまわるようになっても、今度は個人やチームワークの能力に関係なく、導入されている機械の性能に大きく依存するので、自分達でどうにかするには限界があります(機械は億単位ですし)。

結局、一週間で人が入れ替わるのでノウハウとか何もたまらない。プライベートで勉強もへったくれもない。自宅には何も持ち込めないので。持ち込めるのは職場で稼いだ金のみ。まあ、参考までにそういう職場もあるということで。


・D3.js例文辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/D3.js/ >

・Chromecast (クロムキャスト) 使い方辞典
http://www.openspc2.org/reibun/Chromecast/

・Swift例文辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Swift/1.0/ >

・データビジュアライゼーションのためのD3.js徹底入門
< http://www.amazon.co.jp/dp/4797368861 >

・ExtendScript Toolkit(ESTK)基本編
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00JUBQKKY/ >

・4K/ハイビジョン映像素材集
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >

・JavaScript逆引きハンドブック
< http://www.amazon.co.jp/dp/4863541082 >

・Adobe JavaScriptリファレンス
< http://www.amazon.co.jp/dp/4844395955 >

・Nexus 7(アンドロイドタブレット)使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Android/Nexus7/ >

・クリエイター手抜きプロジェクト
< http://www.openspc2.org/projectX/ >

・本の訂正ページ
< http://www.openspc2.org/book/error/ >

・Adobe Illustrator CS3 + JavaScript 自動化サンプル集
< https://www.ddc.co.jp/estore/cgi/item/start.cgi?m=DetailViewer&record_id=243 >
吉田印刷所の「印刷の泉」でも購入できるようになりました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(06/30)

●朝顔の鉢がどんどん増えて8つになった。発端は小4の孫が、昨年学校で育てた朝顔の種を、10粒ほど持って来たことにある。発芽するかどうかわからないけど、とにかく一晩水に浸けて、学校で使った朝顔セットの鉢の土に埋め込んでおいたら、しばらくして全部が芽を出した。しかし、過密状態なのでもう一鉢に半分を植え替えた。土は荒川の土手から盗んで来た、のではなくちゃんとホームセンターに行って買って来た。鉢植えの場合、のびた蔓を誘引するシカケが必要だ。ダイソーに行ったら、こんなセットが売っていた(写真参照)。

ふたつの鉢は毎日花を咲かせる。花はひとつのときも複数のときもある。いろいろな色と模様があって美しい。毎朝テラスに出るのが楽しみだ。先日、朝刊が届いていないので販売店に電話したら、すぐに新聞とお詫びの(?)朝顔の種+ネットのセットが届いた。ネットは緑のカーテンをつくるもので、大掛かりになるからやめて鉢植をふやすことにした。結局、8鉢が並ぶことなった。これから10月末ごろまで、毎日朝顔の花を楽しめる。朝顔にちなんだ名句。「あさ かおを あらうは ねんに にさんかい」これ誰かの落語で聞いた。

また市議会の傍聴に行った。問題の自治基本条例は、質疑もなく、積極的な賛成や反対の意見表明もなく、「異議なーし」とあっさり可決した。まあ、こんなことだと思っていた。この条例は行政、議会、市民の三者の心がけみたいなことを、もっともらしくまとめただけで、やっぱり必要不可欠なものとは思えない。行政と議会がしっかりしていれば済むことであり、市民と行政との直接的な関係は不要だという考えは変わらない。市民を信頼してすべての施策に参画させたりしてはまずい。適切な時と場所を選び「アリバイ的に」市民を使うというくらいでいいと思う。

市議会はセレモニーである。議場で揉めることはないようだ。専門委員会で執行部(行政)と「談合」して決める。議場で一番目立っているのが日本共産党の4人だ。議案や請願に賛成の意見を述べるなど、発言数が多い。そのくせ、採決のとき起立しない少数派であることも多い。それにしても、市政レベルでこの党はじつによく働いていると思う。わたしがさいたま市で高層マンション建設に反対する立場で運動を始めたとき、最後まで全面的にサポートしてくれたのがひとりの女性市議だった。他の党はまったく頼りにならなかった。でもなあ、県政、国政となるとバ......以下略。(柴田)

< http://bn.dgcr.com/archives/2014/06/30/images/001.jpg >
うちの朝顔2号鉢 過密状態のとき


●肘の痛み続き。痛める少し前、家人の知人が空手の大会に出たので、そのテレビ放送を見た。かかと蹴りを得意とする選手がいて真似してみたりした。

で、そこからまた連想して、UFCでの「どの体勢からでも肘打ちのできる人」や、「それは痛い、ききそう、腰入りすぎな膝蹴りの人」の真似もした。あの体勢からの肘って〜とか思いつつ。

肘打ちの真似をした後、空手の基本稽古の肘打ちもちょこっとやった。肘打ちって緊急時にとっさにやれない気がする〜とか言いつつ。

その時期、仕事が大変だったから、ストレス解消の意味もあった。基本稽古の肘打ちやパンチって、気軽にできるし、身体を動かすとすっきりする。もしかして? ハードな仕事で腕や手、肩首目腰が痛んでいる時に、急に肘打ちやらをしたからの......単なる使い痛み? いやいや、病院に行くほどの痛みって今まで経験していないし、関係ないはずはずはず。(hammer.mule)