音喰らう脳髄[19]ロックンロールウォーリアー/モモヨ(リザード)

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,100文字)


去年、新宿ロフトで二度目のライブを行なってから、とんでもなくロックな日が続いている。

活動の活発化は、1月の終わりにリリース予定しているDVD『リザード/ロックンロール・ウォーリアーズ Live'80』の影響が大きい。これは、まだビデオカメラが普及していない1980年、ツアーにおけるステージをフルで2セット記録したドキュメントに、ミュージッククリップやインタビューなどを加えたDVDで、去年からトランスフォーマー社において制作を進めていたものだ。12月後半には関連インタビューを幾つかこなし、2月には、某レコード店店頭での発売イベントも予定されている。


去年の年末には、ダークサイドミラーズのライブにサポートギタリストとして参加した。かねてより興味を持ちサポーターであることを宣言してきたバンドだ。秋、彼らはついにデビューアルバムを完成させた。自分たちのレーベルを立ち上げたのだ。目出度いことこのうえないが、そこでギタリスト脱退が余儀なくなった。ということで、おせっかいにもサポートギタリストを買って出たのだった。年始をはさんで、まずはその続き。1月は20日の夜中、24時過ぎてから渋谷、青い部屋にて、今年最初のロックンロールをきめる。ひどく楽しみだ。

それに続いて、ATPの新作リリース記念のギグに参加する。これはエレキのソロ、あるいは弾き語り。ATPが数年越しで改作を繰り返してきた曲があり、私も制作に関わっていたこともあるが、それがやっと完成しタワーレコードからシングルとしてリリースするというのだ。何でもタワーでのみ販売するとのことだが、どんな状況であれ、やっと陽の目を見たとは、嬉しい限りだ。

タワーのみでの限定販売と言えば、以前、デジクリでも紹介した森永理科さんをヴォーカルにフィーチャーした、優朗プロデュースのファンクションコード【function code();】も12月に新曲《carillon》をリリースしており、年末にはUHF局でもPVが流れていたが、どういうわけか、これも調子がよさそうだ。彼らと私が共闘するユニット、ギガンティックス【GIg-Antiques】のライブも2月2日にある。

なんか、それぞれがそれぞれのところで動き出し、絡み合っている。そんな感じ。それに続いて2月から3月は件のDVDの発売記念イベントが数件ある。まだ予定の段階だが、大阪でのイベントも予定しているので楽しみだ。

年がいもなく、少しワクワクしている私なのだった。

Momoyo The LIZARD
管原保雄
< http://www.babylonic.com/ >

photo
ロックンロール・ウォーリアーズ Live’80
リザード
ビデオメーカー 2007-01-27

エンケン実況録音大全集1968-1977(DVD付) MAGIC VOX 一風堂 ERA1980-1984(DVD付) 爆裂!ニュー・ウェイヴ 1980

曲名リスト

by G-Tools , 2007/01/16