ドラえもん占星術[07]骨川スネ夫(スネ夫)の星座&特徴 真の姿は悩める優しい少年・スネ夫/Ririco

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)


こんにちは。占い師のRiricoです。

今回のキャラクター分析は、骨川スネ夫こと「スネ夫」です。しずかちゃんと同様に、2月生まれという設定しかありません。しずかちゃんのように、誕生日を推定するかたちになりますが、スネ夫の性格から見ますと、魚座の第1旬(2月20日〜2月29日)だと思われます。

この星座の人は、支配星・副支配星がともに海王星で、その影響を二重に受けます。非常に優れた直観力や想像力を持ち、物の真の価値を見抜く能力と、美や芸術に対する優れた鑑賞力を持っています。そして、一度流れに乗ると、上手く世の中を渡っていく力を持っています。

魚座の特長はロマンティックで空想的。何かに浸っていたい、夢みることで自分を守るという特徴があります。しかし、海王星の力が強すぎるため、逃避的になったり、気の弱さゆえに悪友を引き寄せたりするところがあります。よくジャイアンと組んで、後ろで色々言っているのはそのせいもあると思います。

また、魚座は非常にナルシストな面を持っています。スネ夫はドラえもんに出てくる仲間の中では一番の金持ちで、珍しいものをよく皆に見せて「こんなものを持っているのは僕だけだと思うよ」と自慢します。その自慢している自分に陶酔しているところもあるようです。

スネ夫は芸術的センスだけでなく、しっかりした技術も持っており、例えば物置を改造してアニメスタジオを作り、アニメーションを自主制作します。ジオラマもただ作るだけではなく、部屋ごとスタジオにして撮影をしたり、部屋一杯の鉄道模型のセットを作ったりします。




とくに鉄道模型のセットに関しては、「僕みたいなベテランになると、これくらいではまだ足らないんだよ」と、ここで自慢や嫌味を言うのはスネ夫ならではですが、じっさいスネ夫が作ったものは、すべてプロの域を超えているものばかりで、鉄道博物館クラスの高品質なものです。仲間みんなは「すげぇ...」と言うしかありません。

スネ夫には、自分がはまったものには容易にお金をかけられるという有利な面もあるのですが、技術やセンスがないただの「金持ちの道楽」だったら、だれも感心はしません。自分の趣味にお金を有効に使いながら、自分のセンスを磨いていく。まさに魚座の感受性に、海王星の想像力や鑑賞力が、こういうところでも生かされています。

そんなスネ夫の将来の夢は、ファッションデザイナーになることです。彼の画力はかなりのもので、美術の評論家もその実力を認めているくらいです。ドラえもんの道具「着せ替えカメラ」を使う時も、スネ夫は水着でも普通の服でも何でも、その場でスラスラっと描いてしまいます。

ただ、スネ夫は将来お父さんの会社の社長になると家族から期待されているようで、その辺はスネ夫も分かっており「将来は、お父さんの後を継がなければならないから...」と、時には寂しい顔をします。

魚座は「ナイチンゲールのような星座」とよくいわれます。自らを犠牲にしても「人の役に立ちたい」「人の喜ぶ姿を見たい」と思う気持ちが人一倍強い星座です。だからこそ、スネ夫は最終的には親の家業を継ぐ道を選んで成長していくと思われます。

映画や長編におけるスネ夫は、ジャイアンほど目立たないキャラクターと思われがちですが、ある種キーファクターになることも多く、持ち前の判断力や器用さを発揮してメンバーに的確な提案をしたり、戦力として大いに貢献する場面がよく見られます。

しかし、魚座独特の感情に動かされやすいところも出てきて、楽な方法があるならば敵に頭を下げてもいいのでないかといった提案も度々します。でも最終的には、泣きながらも仲間の意見に同意し、戦うとなったらみんなと一緒に徹底的に戦うことを選びます。

そして、いざ敵と戦う状況になった時には、ドラえもんから出してもらった道具を用い、手先が器用なスネ夫ならではのみごとな戦いを展開します。

なんだかんだ、楽なほうに逃げようとするスネ夫ですが、結局はみんなのことを考え、みんなと一緒に行動します。この「みんなと一緒に」というところが魚座のキーワードになります。一人だったら逃げ出す局面でも、魚座の博愛精神・奉仕精神が出て、どうしても仲間をほったらかしにできないのです。

確かにスネ夫は、自慢、嫌味、いばるという面が見られますし、仲間うちの権力者・ジャイアンの腰巾着になることも多いのですが、実は非常に繊細で、自分を傷つけないように、極力弱いところを見せないように強がっている感じがします。

という理由で、スネ夫の誕生日は支配星も副支配星も同じ海王星の、魚座の第1旬(2月20日〜2月29日)と想定しました。

これで、ドラえもんの主要キャラクターの分析は終わりましたが、今後はサブキャラクターについても分析します。その前に、のび太・しずかちゃん・ジャイアン・スネ夫の占星術上でも崩れぬ友情と星の持つパワーを書いていきたいと思っています。この4人を合わせてみると、実はとんでもないパワーが......。次回をお楽しみに。

※参考文献:「占星術」ルル・ラブア/実業之日本社 「ドラえもん深読みガイド」小学館ドラえもんルーム編・藤子プロ監修/小学館 「決定版・ドラえもん大事典」藤子・F・不二雄原作・いそほゆうすけ作画/小学館 Wikipedia

【Ririco】jujumoon@nifty.com
ホームページ:「占い屋・Ririco(リリコ)のページ
< http://homepage3.nifty.com/jujumoon/ >

かなり寒い日が続き、桜の開花も去年より遅れていた気がしますが、気がついたら、東京ではもう葉桜になっている木も沢山見られます。暖かくなってきたせいか、冬の寒い日には一緒に寝ていた猫達(うちには2匹の猫がいます)もそろそろ自分の好きな場所で寝ることが多くなってきました。ホッとするような寂しいような、なんとなく複雑な気分です。

◇イベント情報第一金曜日恒例、16時より、町田の猫カフェ・ねこのみせにて占いイベント第三土曜日恒例、16時より、町田の猫カフェ・ねこのみせにて占いイベント※西洋占星術をご希望の方は、鑑定の約2週間前に、データ等をご連絡下さい。※ねこのみせでのイベントでは、通常のライダーウェイト版のタロットカードはもちろん、猫柄のタロットカードを数点用意しており、好きな柄を選んで占いが可能です(どれを選んでも結果は同じですのでご安心下さい)。その他はWebサイトにて!