[4563] 退院後のちょっと不思議な話◇アプリケーションの不具合をとことん確かめる

投稿:  著者:  読了時間:26分(本文:約12,800文字)


《なんと「指定難病」の認定》

■羽化の作法[61]
 現在編・退院後のちょっと不思議な話
 武 盾一郎

■LIFE is 日々一歩(74)[コラム]
 アプリケーションの不具合をとことん確かめる
 森 和恵



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■羽化の作法[61]
現在編・退院後のちょっと不思議な話

武 盾一郎
http://bn.dgcr.com/archives/20180515110200.html
───────────────────────────────────

早いもので、退院してから2か月が経ちました。

羽化の作法[58]入院と13月世大使館工事
http://bn.dgcr.com/archives/20180320110200.html

●『ネズミに恋したネコのタムちゃん』、「詩とファンタジー」で2017イラストレーション部門優秀賞

入院した日に知らせが届いた「詩とファンタジー賞2017」イラストレーション部門優秀賞ですが、そのお話を少しまとめておきます。

“今日、入院中に電話がありまして、線譜『仔猫タムの誕生』が「詩とファンタジー2017」賞イラストレーション部門・優秀賞に選ばれました。どうも有り難うございます!”(2018年3月7日)


実は、以前に「ガブリエルガブリエラ」でも投稿していたのですが、掲載には至りませんでした。なので、ダメ元で今度は武盾一郎のソロ作品で投稿してみたのです。

今まで知らなかった人が見てくれるかも知れないと思いまして。そしたら入選して掲載となったのです。

“「詩とファンタジー」No.36(10月1日発売)に入選しました! 『ネズミに恋したネコのタムちゃん』絵本に向けた、線譜『仔猫タムの誕生』です

代官山アートラッシュ @artsrush
『絵物語り』展に原画展示します(10/18〜10/30)

是非お立ち寄りください!”(2017年10月9日)



『ネズミに恋したネコのタムちゃん』は、2013年にふと思い付いて描き始めたシリーズでした。気が付いたらお話が出来上がっていたのです。

それは以下のような物語でした。


ネコのタムちゃんは恋に落ちました。相手はシッポの先がくるんと丸まったネズミさん。とっても一途な恋心。

春にタムちゃんはネズミさんに「好き」と告白しに行きました。ネズミさんはびっくりして逃げてしまいました。

夏にタムちゃんはネズミさんにかき氷をプレゼントしました。ネズミさんはかき氷を知らなかったので見向きもせず、氷は溶けてアリさんが食べてしまいました。

秋にタムちゃんはネズミさんにチーズをプレゼントしました。ネズミさんはチーズが嫌いでした。

冬にタムちゃんはネズミさんにチョコレートをプレゼントしました。ネズミさんはチョコレートは食べたけれど、タムちゃんからは逃げてしまいました。

どんなに想いを伝えようとしても、ネズミさんはネコのタムちゃんを怖がるのでした。

そんなある日のこと、タムちゃんのママがネズミをくわえてやってきました。

ママはタムちゃんのためにネズミを捕まえて、一緒に食べようとしてくれたのです。

「今日はごちそうよ」

タムちゃんのママは美味しそうにネズミをひとくち食べると、タムちゃんにも食べるようネズミを差し出しました。

息の絶えたネズミのシッポの先は、くるんと丸まっていました。ママが食べているネズミはタムちゃんの恋したネズミさんだったのです。

タムちゃんはショックのあまり気を失ってしまいました。

どれくらい時がたったのか、タムちゃんは目覚めていました。

タムちゃんは少しだけ微笑んでいるのでした。(つづく)


なぜこんなストーリーが思い付くのか、自分でも分からなかったけど、それからずっと「タムちゃん」をなんとなく描き続けてきたのです。

そして2017年、タムちゃんの物語を組曲とした『聴く展覧会・観る音楽会・組曲 仔猫のタムちゃん』という展示・演奏会を開催する機会に恵まれました。
http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2017/02/blog-post.html

線譜『内部被曝してるタムちゃんは、それでも失恋の方がとっても悲しい』をフェイスブックでたまたま見かけた、上遠野博子さんに曲が思い浮かんだのがきっかけでイベントにまで発展していったのです。
https://www.facebook.com/junichiro.take/posts/1471392282905654:0


イベント終了後、組曲の脚本をベースにして、絵本仕立てにしたタムちゃんを制作し始めます。その作品から「詩とファンタジー」に応募したのでした。

掲載されるとも思ってなかったので、ちょっと驚きました。さらに年間賞があるなんてことも知らなかったので、「詩とファンタジー」についてはすっかり忘れていました(入院してたからそれどころじゃなかったのですが)。

なので、ビックリしたと言うよりも狐につままれたような気分でした。

受賞の知らせらの後に掲載誌が届きました。

“『詩とファンタジー No.37』「詩とファンタジー賞2017」イラストレーション部門優秀賞を受賞しました。有り難うございます!”(2018年4月5日)


そしてその後にトロフィーが届いたのです。

“「詩とファンタジー賞」2017イラストレーション部門 優秀賞
「仔猫タムの誕生」
武 盾一郎様

トロフィーが届きました。
どうも有り難うごさいます!”(2018年4月20日)


トロフィーが届くとはまったく思ってなかったので、これはかなり驚きました。そして更に驚きなのは、「詩とファンタジー」はこれで終わってしまうようなのです。

そういった訳で「詩とファンタジー」は思いがけない事づくしでした。これもいろいろな人との繋がりがあってのこと。有り難いでございます。受賞は応援してくれている人たちに捧げるものなんだなあと思った次第です。

●退院後のちょっと不思議な話

退院二日後の3月16日(金)の診断で「鼻うがい」をするようにと言われて鼻うがい器を購入。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01198R9XC/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

「鼻うがい」は子供の頃にやらされた。頭上のタンクに塩入り温水が入っていて、チューブが伸びている。それを鼻の穴に突っ込むと、塩入り温水が鼻を逆流して入ってくる。子供の頃は苦痛で仕方なかった。

なので、なんとなく「嫌だなぁ」という気持ちがしたのですが、この「鼻うがい」が実に気持ち良い。退院から一か月くらいは一日二、三回やっていました。

2016年に「瞑想」を新たな習慣として取り入れ、2018年には「鼻うがい」が新たな習慣として我が人生に加わることになったのです。嗅覚は今のところ、順調です。

そこでちょっと不思議なことがありましたので、ここでお話しさせて下さい。

退院二日後の診察では、手術後の状態は良好とのことでした。肝心の病名ですが、「好酸球性副鼻腔炎」と診断されました。なんと、「指定難病」として認定されている病気なんだそうです。

保健所に申請をして「指定難病」として認められると、補助が受けられるようです。しかし、僕の年齢で「好酸球性副鼻腔炎」の場合だと、とりたてて大した補助はないとのことでした。

難病だと言われて多少なりともショックを受けた僕は、ちょっと調べてみることにしたのです。

「好酸球性副鼻腔炎(指定難病306)」
http://www.nanbyou.or.jp/entry/4537
http://www.nanbyou.or.jp/entry/4538

“1.「好酸球性副鼻腔炎」とはどのような病気ですか

好酸球性副鼻腔炎は、両側の鼻の中に多発性の鼻茸ができ、手術をしてもすぐに再発する難治性の慢性副鼻腔炎です。”

手術をしても再発するようなのです。厄介だなあ。。難病ですからね。

“3. この病気はどのような人に多いのですか

気管支喘息の人や、アスピリンなどの解熱剤などで喘息を起こしたりショックを起こしたりする、アスピリン不耐症の人に多く起こります。”

確かに喘息だったので当てはまる。

“原因は不明”だそうです。難病ですからね。

かなり凹んだけど、そもそも「好酸球」ってなんだろう?

「好酸球の病気」
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/13-%E8%A1%80%E6%B6%B2%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%90%83%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E5%A5%BD%E9%85%B8%E7%90%83%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97#v26232498_ja

“好酸球は白血球の一種で、アレルギー反応、喘息(ぜんそく)、寄生虫感染に対する身体応答で重要な役割を果たしています。”

好酸球とは白血球なんですね。

“白血球の主な働きは、病原菌や異物から身体を守る防御作用である”
(白血球の働き|白血球の種類と機能より)
https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2197

好酸球とは、そもそも身体を守ってくれるものだ。言ってみれば防衛軍だ。「好酸球性副鼻腔炎」とは、敵国を恐れるあまり軍備を過剰に拡充して自国が滅びそうになってる国家みたいだ。

外敵をやっつけるはずの軍隊が、大軍となり過ぎて自国を攻撃してしまってる。などと思ってハッとした。

「これは自分の性格なのではないだろうか?」

僕はとても怖がりだ。臆病のあまり、過剰に人を攻撃してしまうことがよくあった。何もかもが敵に見え、この世界が生きづらくて仕方がないと思い込んでいた。

好酸球性副鼻腔炎は、僕の意識がそのまま身体化したように思えたのだ。病気はその人の個性を表すと言うし。

僕の身体は外世界を過剰に恐れ、一所懸命に好酸球を増やしていた。

「ひょっとしてその誤解を解いてみたら良くなるのでは?」

どうせ難病なんだから、ここで試してみよう。「好酸球ちゃん有り難う、よく頑張ったね。もうこの世に敵など存在しないんだよ」と、念仏のように唱えてみるのはどうだろう? で、さっそく唱えてみた。

「この世に敵など存在しない」という世界認識を、自分に心に刻むのは悪い気分ではなかった。別に難病が治らなくても、ちょっとだけ毎日を楽しく過ごせる感じがする。

それに、事実として敵など存在していない。敵は「概念」なのだから。なんて思いながら、繰り返し自分に「この世に敵など存在しない」と言い聞かせた。

こうして「この世に敵など存在しない」と唱え続けて、二週間経った4月4日(水)の耳鼻科の診察で、難病申請をするための好酸球の検査を行った。

結果を聞きに行ったのは、次の診察の5月2日(水)。

好酸球の検査結果を見て、先生が「あれ?」と言った。好酸球が正常値になっていたのだ。そして「好酸球の状態は変動があるから再検査しましょう」と、再度検査をすることになった。

「この世に敵など存在しないと唱え続けてたのですが、その影響ってありますか?」と訊ねようとしたけど、鼻で笑われそうなので聞けなかった。

以上が、ちょっと不思議な話しでした。

たまたま好酸球が少なくなってる時に検査をしたのだろうけど、自分としては「この世に敵など存在しない」と思えてきた心の変化と、好酸球の正常化が関係していて欲しい。

再検査の結果は6月6日(水)の診察で分かる。再々度好酸球が正常値であることを祈るのみ。(つづく)


【武盾一郎(たけじゅんいちろう)/嗅覚はほんのり】

◎個展やります!
武盾一郎個展"0.03"@参宮橋ピカレスク
https://take-junichiro.blogspot.jp/2018/05/003.html
https://twitter.com/picaresquejpn

◎VALUやってます
https://valu.is/takejunichiro

◎TimeBankで時間売ってます
https://twitter.com/timebank_pr
リワード申請来ました!

Facebookページ https://www.Facebook.com/junichiro.take
Twitter https://twitter.com/Take_J
take.junichiro@gmail.co

ガブリエルガブリエラ
13月世大使館建設中。インスタ始めました!
Twitter https://twitter.com/G_G_jp
Instagram https://www.instagram.com/gabrielgabriela.jp/
ブログ http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp

目指せジャケ買い!『星野智幸コレクション・全四巻』(人文書院)

星野智幸コレクションI スクエア
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226418.html

星野智幸コレクションII サークル
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226413.html

星野智幸コレクションIII リンク
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226414.html

星野智幸コレクションIV フロウ
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b278897.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■LIFE is 日々一歩(74)[コラム]
アプリケーションの不具合をとことん確かめる

森 和恵
http://bn.dgcr.com/archives/20180515110100.html
───────────────────────────────────

こんにちは! 森和恵です。GWも明けて、すっかり初夏らしい陽気ですね。次の連休まで、がんばって乗り切りましょう!

今回は、“アプリケーションの不具合を確かめてみた”という、悲しい体験をお話します。「仕事で毎日使う機能が、バージョンアップで使えなくなっちゃった!」なんて、よくあるけど笑えない話って、身近でありますよね(涙)。
※末尾に追記あり(2018.5.15)

さて、まずは告知から。7月に大阪で開催されるイベントに登壇します。「Bootstrapありきで考えるXDでのページレイアウト」というセッションを担当します。

【CSS Nite in Osaka, vol.45「All About XD」 w/YATのblog】
http://cssnite.jp/osaka/vol45/

このイベントで取り上げられるAdobe XDは、ウェブのデザインツールとして注目が高まってきているツールです。そんな中、私が気になっているのが「デザインツールを使った後のコーディング」のことです。

ウェブコーディングが未経験でも、ツールを使えばそれっぽい画面の設計が手軽に作れますが、いざコーディングの段階ですごく手間がかかることも多いようで……そうならないために、コーディングを意識してツールを使うポイントをお伝えする予定です。

●ある日突然「できない」に気づく恐怖

Adobe Photoshopには、「画像アセット生成」という機能があります。これは、「生成→画像アセット」メニューをチェックし、フォルダ名に「xx.svg」や「xx.jpg」など画像のファイル名をつけておけば、PSDファイルと同じ階層のassetsフォルダ内に、レイヤーに指定した画像の形式で自動的に書き出してくれるという、便利な機能です。

【Photoshop でのレイヤーから画像アセットの作成】
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/generate-assets-layers.html

Photoshopはビットマップデータがメインのソフトなので、ベクターデータのSVGを書き出す頻度は少ないのですが、デザインカンプをPSDファイルで作成した時などにSVG書き出しが必要になるので、画像アセット生成を使うこともあります。

とても便利に使っていたのですが、先日久しぶりに使ってみるとSVGファイルだけが出力されていないことに気づきました。

「あれ? たしかこのデータ、前は普通に書き出せていたような……」と、そこで初めて不具合に気づくわけでした。時間がないときに、このトラップに陥ると本当に泣けてきますよね……ちょうど、そんなタイミングでした。

とりあえずSVGファイルが必要だったので、Photoshopに埋め込んでいたIllustratorの元ファイルを開き、その時は書き出してなんとか対応したのですが、これをこのまま放っておくわけにも行かず、調べることとなりました。

わたしの作ったデータが悪いのか? それとも、ソフトに原因があるのか?それを解消する手立てはあるのか? を突き止めなくてはなりません。

●「他にも困っている人はいるの?」リサーチ

まずは、ネットで「他の人はどうなのか?」を調べてみることにしました。

「Photoshop 画像アセット生成 できない」と、頭で思いつくキーワードで検索し、めぼしい記事を読んで情報を収集していきます。収集する過程で気になったキーワードがあれば、それを追加してまた検索、検索の繰り返しです。

できるだけ、公式に近い情報にたどり着くまで、繰り返し検索を行ったところ、いくつかの記事が見つかりました。

【photoshopCC 2018 最新版にアップデートをしたらSVGの書き出しができなく
なりました | Adobe Community】
https://forums.adobe.com/thread/2448605

これは、日本の公式サポートサイトにユーザーが投稿した記事です。いくつか検索を繰り返すうちに、それが起っているユーザーがWindowsを使っていることに気がついて、再検索をしたところたどり着きました。

内容は、アセット書きだしをしたときのエラーについてと、同じ現象が起っているユーザーの書き込み、最後に「CC2017にバージョンダウン」すれば回避できるとのことがわかりました。

その文面を読んでいると、本家海外の公式サポートに不具合を投稿したという話が合ったので、その先を調べてみることにしました。

【Photoshop CC 19.1: SVG export problem | Photoshop Family Customer Community】
https://feedback.photoshop.com/photoshop_family/topics/svg-export-problem-by-photoshop-ver-19-1

おお。英語ですね。当たり前ですが。英語ができないわたしは、慌てず騒がず、右クリックの「日本語に翻訳」でChromeのGoogle翻訳をしました。

翻訳されたページを読むと、不具合報告の詳細と1件返信があるものの、とくに話の進展はなさそうでした。そこで、このコミュニティ内でも検索をしてみたところ、2件の記事がヒットしました。どちらも1か月前の記事のようでした。

【Photoshop CC 2017, CC 2018: Export to SVG file - endless processing loop | Photoshop Family Customer Community】
https://feedback.photoshop.com/photoshop_family/topics/export-to-svg-file-endless-processing-loop

海外の方が書き込んだ、同様の不具合報告でした。返答している方々のコメントを見ても、海外の方でもWindows版で同様のトラブルが多数報告されているようです。

最後に、Photoshop 19.1.3バージョンで修正されるというコメントがありますが、わたしの手元にある一番新しいPhotoshop 19.1.3バージョンで解決していないなぁ……と思っていると、その続きの記事がヒットしました。

【Photoshop: Export as svg, endless loop | Photoshop Family Customer
Community】
https://feedback.photoshop.com/photoshop_family/topics/export-as-svg-endless-loop

19.1.3にアップデートしても、まだ直っていないという質問者のコメントがあり、Adobeの中の人っぽい方が、システム情報を送ってくださいというところで止まっています。

ここまで記事を読んで、自分のデータの作り方が悪くて書き出せていないのではないこと、おそらくPhotoshop Windows版が、いま抱えている問題なのだという確信がある程度持てました。

●自分のマシンを使って、動作検証する

ここまで調べたところで、次は自分のマシンでの動作検証をしていきます。バージョンによって上手くいくことがあるのなら、どのバージョンからそれが起こったのかを突き止めて、その過程でなにか探れないかという実験です。

まずは、先の書き込みにCC2017ならOKだったという話があったので、それを確かめてみたところ、CC2017では何の問題もなく、スルッとSVGファイルが書き出されました。

http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis74a.png

CCバージョン以降のAdobeアプリケーションでは、デスクトップアプリの
「Creative Cloud」を使ってソフトのインストールを行います。Photoshopでは、最新バージョンの「CC(19.1.3)」と旧バージョンの「CC2017」は、両方インストールして共存ができます。

http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis74b.png

ちなみに、最新バージョンから、バージョン番号に年号がつかず「CC」表記のみとなったので、細かいバージョンを確認するには、図番号1のPSアイコンをマウスでポイントするとポップアップで表示されます。

また、旧バージョンをインストールするときは、図番号2の下向き矢印ボタンをクリックし、「他のバージョン」から選べます。

わたしは、CC2017から現在のバージョンまでを、ひとつづつインストール/アンインストールを繰り返して「どの時点で不具合がでるか?」を調べてみました。すると、2017年10月18日にアップデートされた「19.1」バージョンで起ることがわかりました。

Adobe公式サイトで、CCになってからのバージョンアップ履歴が確認できます。

【Photoshop CCの新機能】
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop/features.html

また、「19.1」バージョンは大型バージョンアップだったので、その時にどんな機能が追加されたのか? というリリースノートが確認できます。

【新機能の概要 | 2018年1月および2017年10月リリースのPhotoshop CC】
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/whats-new.html

SVGが出力できないために、旧バージョンを使わないとならないときは、これらの新機能がつかえないことを覚えておかなくてはなりませんね。

あとひとつわかったことがありました。画像アセット生成は、Generatorという機能を使うのですが、今回のSVGが出力されていないメッセージがログファイルで残っていました。

C:\Users\KazueMori\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2018\Generator\logs
の下に生成されるテキストファイルを確認したところ、SVGファイルを生成する段階でエラーメッセージらしき内容が確認できています。


●顧客が本当に必要だったものは、知らせてくれること

Adobe公式サイトのコミュニティの海外でも日本でも、この問題がユーザーによって報告されているので、恐らく不具合対応のために動いてくれているのでは……と期待しているのですが、表面的にはなにも見えていないのが不安です。

先に紹介したリリースページには「既知の問題」が掲載されていますが、残念ながらここに今回のトラブルは記載されていませんでした。

今回の不具合は、旧バージョンを使わないと対応ができないという、かなり不便なトラブルではないかと個人的には感じたのですが、事実をつかんだ段階で、まず知らせてくれるとうれしいなと思いました。

そうすれば、この調べる時間を無駄に費やさずにすんだのではと思います。

この記事を書くことにした理由は、不具合を切り分ける方法として、こういう調べ方があるよという例をお伝えしたかったからなのですが、もしも困ったときに突破口を見つけるきっかけになれば幸いです。

ちなみに、いま私がどうしているかというと、普段は一番新しいバージョンを利用し、SVGの画像生成が必要なときだけ旧バージョンを使っています。

というところで、今日は終わりです。

次回は、Bootstrapの話に戻ります。バージョン4.1もリリースされて、再び注目されてますし、楽しみです。

今年は、「Bootstrap×Adobe XD×Dreamweawver」をテーマに話していこうかなと思います。

ようやく仕事も落ち着きだしてきたので、Youtubeライブ配信もまた放送しますね。(チャンネル登録500名さま突破!記念なんてのもいいかも)

チャンネル登録、お待ちしております。
https://www.youtube.com/r360studio

ではまた、次回お目にかかりましょう!
(^^)

※追記
 本日のデジクリ発行後、夕方に新しいバージョン Photoshop 19.1.4 がリリースされました。
 今回の不具合が、きれいに解消されておりますので、慌てての追記です。
 (本人が一番ビックリしています……。調べた半日が……)
 http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis74c.png

【森和恵 r360studio/ウェブ系インストラクター】
mail:r360studio@gmail.com
サイト:http://r360studio.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(05/15)

●2015年の中国・香港合作「ドラゴン×マッハ!」(原題:殺破狼2)を鑑賞。かつてよく見ていたムエタイのトニー・ジャー、知性豊かとはいいがたい風貌は変わらず。今回は刑務官・チャイ役で、白血病で余命わずかの8歳の娘サーがいる。彼女が助かるためのドナーの存在は判明したが、連絡がとれない。彼は不正報酬を貰っているため、刑務所内の悪事を見て見ぬふりをしている。

凶悪そうな顔のアジア人ばかりで、初めのうちは何が何だかよく分からない。ちょっとマシなのがチーキットという、臓器密売組織を探る潜入捜査員、正体がばれて収監され拷問を受け、さらに麻薬中毒に苦しんでいる。もっともマトモな見映えの刑務所所長・コーは、じつは臓器密売組織に関わる悪党だった。

この話の最大の悪人は臓器密売組織のボス。坂本龍一が病気なったような風貌で、いやじっさい重病で、臓器移植で助かりたいと切望し、なんと実の弟からむりやり心臓を奪おうとするんだから、なんともいやな話である。弟は兄に畏敬の念を抱いていたのだが、さすがにそれは拒否して、ほんとに無惨な展開に。

チャイと娘が全然似ていないのにはあきれたものだが、チャイの知的貧困さぶりにも見ていて困惑する。POLICEという単語も知らない。スマホも幼い娘から使い方を教わる。この映画、Xperiaだらけらしい。翻訳アプリ、顔文字の使い方も、なるほどなあと思う。ストーリーの進行に重要なアイテムがXperiaだ。

ストーリーの転がりぶりはイマイチだが、アクション・シーンはものすごい。いくつもの戦いが描かれるが、それぞれが見映えがする。最後の戦いは、ムエタイ・アクションで世界的なスターのトニー・ジャー、香港のカンフー・スターのウー・ジン、この二人に対して、何の武術か知らないが中国のマックス・チャンの、タフでスタイリッシュでムチャクチャ強い戦いぶりにほれぼれする。

もっとも、ここにはワイヤー・アクションも含まれている。編集のうまさもある。長い長い戦いの最後は、高層ビルの窓からウー・ジンとマックス・チャンの二人がつながってぶら下がり(ネクタイを掴んで、って…)、室内のトニー・ジャーが一人で支えているという、絶体絶命のシーンで、その続きが……。

一方で、白血病娘・サーは病院を抜け出し、街を彷徨い、森へ行くという謎の行動をとる。そこになぜか狼が現れて……。激戦の舞台だった高層ビルと森は近かったのか、チャイとチーキットとサーは偶然(?)合流して。サーの白血病のドナーはチーキットだったという、ものすごく劇的(笑)な話になって。

チーキットは麻薬の影響で、3年間は移植ができない身体のドナーであったはず。サーは余命わずかだったはず。ところが、ラストには成長したサーの姿が現れる。どこまでご都合主義なんだ〜。ストーリーなんかどうでもいいや。多様なアクションシーンが楽しめたから。売らんかなタイトルだが。(柴田)

「ドラゴン×マッハ!」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0713X694Y/dgcrcom-22/


●優秀賞おめでとうございますっ。トロフィー!/コーディングのことを考えると、デザイン中に頭がフリーズします。/チャンネル登録者数500人突破!

/「面倒くさい」続き。せこい? 時間のムダ? いやいや、空けた時間でめっちゃ稼げるなら別ですが、締めるときは締め、使うべき時に困らないようにしておくんですわ。湯水のように使えるほどの余裕は、私にはまだないなぁ……。

世の中「お得」だらけでしんどいよ〜。勝手に付与されるポイントは、見て見ぬふりしたりも。

どうせ買うなら安い時や、ポイントやクーポンのあるお店でという心理があるわけで、自動投資だ、フィンテックだって言っているんだもの、今後はその手の価格.comなものも、ユーザーの環境に合わせて最適な時期に、最適なお店で自動購入してくれたらいいのに。続く。(hammer.mule)