買い物の王子さま[135]アナログで実現「おサイフケータイ」/石原 強

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,200文字)


財布をお尻のポケットに入れると形が崩れるので、いつも鞄に入れています。でも、ウッカリそのまま財布を持たずにランチやコンビニに出かけてしまうことがあります。たいてい途中で気が付いて渋々とりに戻るのですが、先日はお店に入っても気が付かなかったので、席についてからお店の人に謝って出てくる羽目になりました。

財布は忘れても携帯電話は必ず持っているので、これでお金が払えれば便利だと思う。携帯電話はもう二年近く同じものなので、そろそろ最新機種に買い替えてもいい。「おサイフケータイ」にすれば便利だなと思ったけど、お店もまだまだ限られるし、自販機には使えない。

そんな悩みを解決できそうな「クリップオン」という商品をサイトで見つけました。500円玉二枚を収納して1,000円を持ち歩けるという小さな革のコンホルダーです。帆立貝のような変わった形をしています。


---
掌で握るとすっぽり隠れるほど小さく、なめらかな雫型の形状。その内側にあ
るスリットにコインを素早く出し入れでき、不意に飛び出す事のない仕様など
すべて500円硬貨に最適化させました。
---

このコインホルダーは、携帯電話に取り付けるストラップタイプの他に、リングが着いたキーホルダータイプもあります。両方持っていれば2,000円が常に持ち歩ける! なんて考えたけど、鍵もいつも鞄に入れているので止めました。

カラーは黒と茶の二色。色の変化が楽しめそうな茶に惹かれましたが、携帯電話のカラーにあわせて黒を選択しました。5,880円とちょっと値が張るけど、いざという時の保険になるならと注文。確認のメールに指定された口座に代金を振り込むと、注文から二日後に到着しました。

商品はかわいらいい箱に入っていました。表側が黒で内側がコゲ茶のツートンです。しっとりしたマットな質感が革小物好きにはたまらない。小さいながら丁寧に縫製されていて、コバの仕上げもキレイ。細部まで手を抜かずに作られています。

やわらかい革なので開閉もスムーズ。真ん中から180度に開きます。開くと両側にあるスリット状のホルダーに500円玉を二枚入れます。「最適化」しているというだけに隙間なくぴったりハマります。そのままでも落ちることはなさそうだけど、スナップで止めるから万全です。横から見てもお金が入っているようには見えません。

これで古い携帯電話が最新の「おサイフケータイ」に変身です。でも、使った後のお釣りは入らないし、必ず新しい500円玉を「チャージ」しないと、変わった飾りがついているだけになってしまうので気をつけなければなりません。

コインホルダーを買ったお店「rethink」
< http://www.rethink.jp/ >

【いしはら・つよし】info@muddler.jp
ウェブプロデューサー、ウェブアナリスト
やっぱり同じデザインのキーホルダーも欲しくなってきました。他には最新のiPod nanoに対応した革ケースなどもあって使いやすそうです。色違いで揃えてみようかな。
・ウェブアナ
< http://www.muddler.jp/ >