KNNエンパワーメントコラム Snipurlにおける新規参入機会の創造/神田敏晶

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,500文字)


KNN神田です。

GoogleMapや、オークションでやたらと長いURLを見ることがたくさんある。

そんなときに、< http://tinyurl.com/ >にアクセスし、長文のURLを打ち込むと、省略したURLを生成してくれる。何かと重宝なサービスだ。


こんなに長いURLを
< http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.42.0.5N35.39.27.9&s1=%A2%A9150%2D0042%20%20%C5%EC%B5%FE%C5%D4%BD%C2%C3%AB%B6%E8%B1%A7%C5%C4%C0%EE%C4%AE%A3%B3%A3%B3%2D%A3%B1%A3%B3 >

これだけに生成してくれる
< http://tinyurl.com/3x9wv9 >

これだと、メールの本文に紹介しても、改行されることがない。ニッチであるが便利なサービスだ。

当然、これを便利だと思った人は、ここのサイトへ来訪し、クリック数はアップしてくることだろう。これは日本語でやるとなかなかいけるかな! と思ったら、日本語でサービスが展開されていた。ここである。
< http://snipurl.com/ >

しかし、< http://snipurl.com/jpindex.php >へリダイレクトされるので、クレジットを調べてみると、どうやら、米国のサービスで、日本語ボランティア(未確認)を使って日本語化してたのであった。なぜわかったかというと、「その他」をクリックしてみてほしい(※ヘルパーの欄に日本人の名前があった)すると、とてもユニークな「SnipURL 統計」なるデータが公開されている。

最も検索されているスニップや、最も多くスニップしたユーザーなどが公開されているのだ。これは見ていて楽しい。世界で最も検索されているスニップのランキングの1位は、
< http://snipurl.com/1ff8n >
で、Google imagesでのBonoである。なんだかボノボノいや、ほのぼのとしてきた。

最も多くクリックしたユーザーは、Stevebassさんでなんと412万回もクリックしている。この方はきっと何か変なネットのご商売をしている人なんでしょうか? でもクリックされているのではなく、しているからなんとも不思議だ。

こんな短くされたURLだけでも、もしかしたら、いろんな共有につながるのかもしれないと感じた。

実際に、今、自分がなにやっているのかをチョロっとお知らせするサービスの
< http://twitter.com/ >
なども知りあいが今、何をやっているのかをインスタントメッセンジャーよりもゆるやかに知ることができる。このような自分の今の「プレゼンス」をお知らせするサービスが話題になっている。
< http://www.technorati.jp/search/twitter?language=ja >

ちなみに自分の動向を知らせるためのRSSがあったり、URLがあったりするのでさっそく作ってみた。
< http://twitter.com/knnkanda >

知人同士だととても便利だろう。さらにそこからのマッシュアップでGmailと一緒になるとおもしろくなってきた。
< http://twittervision.com/ >

世界中の他人が何をやっているかで、世界をとびまわるのだ! 何の役にたつかはわからないけど、世界の地理には詳しくなるだろう。そのうち地震が起きた国の人の要望が世界中で共有できたりすることだろう。

もしかするとミニミニブログとして大流行するかもしれない。やはり「共有」することによって何かが生まれるのがこれからのネットのムーブメントだろう。

snipurlも最後にはプロモーション用のバナーがあるが、サービスそのものをブログ上で展開できるところに意味がある。ある意味、これは相手先ブランド供給、OEMである。しかもASPサービスのように課金されるわけでもない。

大事なのは「みんなに便利、みんなが喜ぶ、みんなが使う」というビジネスモデルなのである。

みんなが使うが、100万人に達した段階でビジネスモデルは勝手に向こう側からやってくる。果報は寝て待て、なのだ。
< http://snipurl.com/promote.php >

ビデオ投稿スタジオ BarTube < http://snbar.ameblo.jp/ >
毎週金曜日22:00MXテレビ「BlogTV」出演中 < http://trj.weblogs.jp/blogtv/ >
NetSurfin2.0 放送中!デジハリ大学放送部 < http://blog.dhpodcast.com/ >

KandaNewsNetwork,Inc. < http://www.knn.com/ >
CEO Toshi Kanda mailto:kanda@knn.com
#502 1-4-8 Komaba Meguro Tokyo Japan,153-0041
TEL 090-7889-3604 FAX 020-4622-7170
< http://mixi.jp/show_friend.pl?id=550 >
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5458-6226





photo
YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ 2006-12-16
おすすめ平均 star
star既得権益の危機
starYoutubeについて、一通り分かります
star内容に何の意味があるのだろう
star内容が薄い
starYouTubeの「ヤバさ」より「すごさ」を説いた画期的なビジネス書

ウェブ人間論 ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか グーグル・アマゾン化する社会 次世代ウェブ  グーグルの次のモデル テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0




photo
Web2.0でビジネスが変わる
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ 2006-06-16
おすすめ平均 star
star「Web進化論」は頭のいい人達だけの世界って感じだったけど
starユーザサイドからみたWeb2.0の世界
star読みやすくはありますが
starWen2.0との共通点をみる
star面白い

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) Web2.0 BOOK グーグル・アマゾン化する社会 テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0

by G-Tools , 2007/04/23