KNNエンパワーメントコラム Windows XP販売は2008年6月30日まで延長/神田敏晶

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,300文字)


KNN神田です。

今年の1月30日からVistaを使いはじめて、八か月が経過した。同じノートパソコンを買い替えるならば、新OSをと思って初日で飛びついて、大後悔している……。

未だに某社のCMでは「エアロが使える!」と喜びながら、ウインドウを切り替えているが、まったく意味のないUIだと思う。ボクが「エアロ」のUIを使ったのは、最初にプレゼンで切り替える時にVISTAらしく「エフェクト」を見せたい時だけだった。


半透明になるファインダーは、ブラウザのキャプチャを撮影する時に、背景をきれいに「清掃」しなければならないし、愛用していたキャプチャソフトが使えなくなってしまって、Vista OS付属の「Snipping Tool」の機能で甘んじている。付属ソフトとしては機能不足だ。

一番困るのが、プリンタやスキャナ、Webカメラのドライバである。一世代前のデバイスが全滅になってしまった。Vistaのほとんどが、XP互換性モードで立ち上げているので、Vistaの意味がまったくない。

Vistaにしたことによって、ボクの場合、メリットは何もなく、デメリットだらけだ。ここまでデメリットだらけのOSも珍しい。

何度もVista搭載のLet's note W5をXPへと戻そうとトライしたが、ドライバがすでにXPでは動かないということで、泣く泣くVistaを使用している。

どうして、こんなVistaなるOSが世の中にでてきたのだろうか? マイクロソフトにとって、このVistaは社運をかけたプロジェクトだったのかもしれない。引退するゲイツ氏の置き土産だったのだろう。

Windows XPが普及するまでに約五年間。このOSも普及するまでに同じ時間を要すると、未来に向けて事業の継続性が約束されることとなる。グーグルのGmailが普及するのに、たったの三か月。この差は、今後のOSの衰勢を物語っているからこそ、VistaのようなWindowsXPのSP3的な製品で莫大な利益を上げなければならなかったんだと分析する。

もはやパッケージでOSを販売するというビジネスモデルは、VISTAが世界で最後のそれになろうとしていることだろう。

もし、Linux陣営がもっとパワフルにOSをビジネスに個人へと浸透させていたら、この業界は大きく変わっていたことだろう。そしてOEMメーカーも最初からブラウザとメールとオフィススイートが使えるLinuxマシンをもっと精力的に販売していれば、このVistaへのリプレイス市場に利益を上げられたと思う。

マイクロソフトとインテルに、メーカーが牛耳られていることがそもそもの問題だ。まるで、しばりのないのに勝手に、携帯キャリアとメーカーの関係になり下がってしまっている。

今からでも決して遅くない。ブラウザがしっかり走るOSであればいいのだから、Linuxマシンの標準的なものを安価で提供すべきだろう。

問題はドライバだ。むしろ、ありとあらゆるドライバを最初からプリインストールして、アップデートできる環境を構築するのは、それほど難しいわけではないだろう。

考えてみれば、マイクロソフトにいつも「認証されていないソフトウェア」と指摘されて、ドギマギしながらインストールする精神的に不安をともなうネガティブな環境よりも、自動的につながったデバイスを勝手に認証してもらいたいものだ。

しかし、ここにきて、Vistaに陰りが見え始めたようだ。
< http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/09/28/17021.html >
WindowXPのOEMライセンス提供を、来年の1月末から2008年6月と、なんと五か月もの延長を発表したのだ。

本当に完成度が高く、アップグレードの意義のあるOSであれば、誰もがこぞって大喜びで新OSに変えていたのかもしれない。ところが、ボクは次のPCのOSはXPにしようと考えている。もはやVista OSに後悔している。

OSがVistaになってメタボリックのように重たくなり、メモリを2GBにしても以前の1GBのメモリのXPの方が快適という現象が起きている。まるで、これはダウングレードとしかいいようがない。

地球市民は、どれだけマイクロソフトに寄付すれば気がすむのだろうか? しかし、マイクロソフトも実はいろんなユニークな技術を生みだしている。最近の一押しは、Photosynthである。
< http://labs.live.com/photosynth/ >

写真を自動的に解析し、ひとつのオブジェクトにするなど、デモを見るだけでもとても秀逸だ。問題はリリース時期だ。マイクロソフトは、どうしてもビジネス化が見えないとなかなかスタートができない旧世代モデルの企業である。そして、参入時期をいつも誤ってしまう。

このPhotoSynthをいち早く公開し、いろんな人に使ってもらえるように開放できないのだろうか? 写真関連の機器メーカーなどと連携もできるはずだろう。もしくは、どこかの有名写真共有サイトを買収し、Corbisあたりと融合させることもできるはずだ。

OSとOfficeスイートとサポート契約のあるサーバーOSだけを販売していても、これ以上の繁栄は何も望めないのは明確だ。旧体制化した官僚システムといわざるをえない。

いくらマイクロソフトといえども、マーケティングではなく、技術で売っていかなければならない時代へ突入している。

ビル・ゲイツは、引退前の最後の仕事で、次のジェネレーションへ向けてのヴィジョンを明確に示し、引き継がせるべきであろう。それを、CSA(チーフ ソフトウェア アーキテクト)職のレイ・オジーが、実践しなければならない。

ロータス・ノーツの開発者であるレイ・オジーが、ネットワーク上でのさらなるサービス化で、OS会社からネットワーク会社へと、マイクロソフトの第二ステージを考えていくべきであろう。


ビデオ投稿スタジオ BarTube < http://snbar.ameblo.jp >
毎週木曜日23:00 MXテレビ「BlogTV」出演中
< http://www.technorati.jp/blogtv/ >
「NetSurfin2.0」毎週放送中!デジハリ大学放送部
< http://blog.dhpodcast.com/ >

KandaNewsNetwork,Inc. < http://www.knn.com/ >
CEO Toshi Kanda mailto:kanda@knn.com
#502 1-4-8 Komaba Meguro Tokyo Japan,153-0041
TEL 090-7889-3604 FAX 020-4622-7170
< http://mixi.jp/show_friend.pl?id=550 >
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5458-6226

photo
YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ 2006-12-16
おすすめ平均 star
starテレビは過去のものになるのか?
star完全なる生活者主権の時代へ。YouTube革命の衝撃と既存メディアへの影響を理解する。
stargoogleとyoutube
star既得権益の危機
starYoutubeについて、一通り分かります

ウェブ人間論 (新潮新書) ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書) グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書) 次世代ウェブ  グーグルの次のモデル 爆発するソーシャルメディア セカンドライフからモバゲータウンまで グーグルを超えるウェブの新潮流 [ソフトバンク新書]



photo
ウェブ3.0型社会 リアルとネット、歩み寄る時代
神田 敏晶
大和書房 2007-02-23
おすすめ平均 star
star近未来のインターネットに関する考察
star読んで楽しい本に久しぶりに出会いました
star業界人なら必読
starネット世界のファクトを丁寧に拾い、整理し、近未来を洞察する
starWeb2.0を俯瞰してこそ知り得るインターネットのあるべき姿

爆発するソーシャルメディア セカンドライフからモバゲータウンまで グーグルを超えるウェブの新潮流 [ソフトバンク新書] ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸 (アスキー新書 8) YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書] ウェブ人間論 (新潮新書) クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング



photo
Web2.0でビジネスが変わる [ソフトバンク新書]
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ 2006-06-16
おすすめ平均 star
star内容が薄い
star「Web進化論」は頭のいい人達だけの世界って感じだったけど
starユーザサイドからみたWeb2.0の世界
star読みやすくはありますが
starWen2.0との共通点をみる

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) Web2.0 BOOK グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書) YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]

by G-Tools , 2007/10/01