エンドユーザー大変記[13]乗るしかない、このビッグウェーブに/ジョニー・タカ

投稿:  著者:  読了時間:9分(本文:約4,400文字)


今日は前フリを省いて、とりあえず、android3つのトピック。

●EVO WiMAXの良いところを褒めてみる

濱村さんから「EVO WiMAXで何かいいところはないのか」というご意見を頂戴したので確かにケチ付けるばかりではイカン、と思った。

いいところとしては、今所有のXperia2.1と比べると、とにかく早い。ネイティブでAndroid2.2なだけでも速さが違う。それが分かるのがGoogleマップの速度。ピンチイン/アウトでの速度が桁違いだ。更にHTC端末にしか発生しないセキュリティホールにも対応した上でOSが2.3.4になった。
< http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1110/11/news077.html >
< http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1109/16/news092.html >

2.2と比べたらちょっともっさりする感はあるが、一番驚いたのは文字が読みやすくなったこと。単純に見たら解像度が上がっているようにも感じる。これが統合型CPUの強みなのかもしれない。一番いいのはHTC純正アプリの質の良さ。ガラスマでここまで質のいいものはない。

そしてUIであるHTC senceのクールなデザイン。アイコンから一貫したセンスの良さがいい。ただHTCを象徴する時計は画面の半分を占めてしまうので、一回り小さく出来ればいいかな、と思った。そしてTPOによって壁紙やアイコンを変えることが出来る。これもいい。

某カメラ会社に務めていた時、デジカメの評価前試作品をさわって外観的評価をすることがあった。出来ている場合はファームウェアの動きや画面UIも評価することもあった。

その後に商品開発会議での決定後、本体評価が始まるわけである(派遣社員という身分上、参加することは一度もなかった)。割とダメ出しをすることが多かったが(もちろん、いいところはきちんと褒める事を忘れない)、その時に「お前のために作っているんじゃない」と開発側に言われたことがある。ありがちな「派遣のくせに」も。その時に切り返したのが「(他の部門の)女性にも聞いてますか?」と。その時開発側が黙ってしまった記憶がある。




スマートフォンからデジカメの話に飛んでしまったが、細かいところに手抜きがあると、その商品は一度さわってみて印象が悪かったら、二度と手に取ってもらえない。

でもアップルの商品は、何度でも手に取れる=購入を段階的に検討してくれるという不思議な魅力がある。そのプロセスまでも、リサーチ嫌いだったジョブズが織り込んでいたとは思えないが...。

ただ、共通して言えるのは盗難やネットの余計な使用を恐れるあまり、ネットワークに繋いでなかったり、繋いでいたとしても盗難防止用コードのせいで重さや取り回しが分かりにくかったりする。コールドモックしかないのも勘弁して欲しい。これはiPhoneでも同様。

●あまりに小さいEricsson mini

10/17の濱村さんの後記で「イーモバイルからXperia miniが出るかも」と狙っていたようですが、その後Sony Ericsson miniが出てしまいましたな。
< http://emobile.jp/products/se/s51se/index.html >
< http://bn.dgcr.com/archives/20111017140000.html >

コールドモックしか触れてないが、あまりにも小さい。同じ小ささはrayに通じる。EVO WiMAXでは大きすぎるが、rayとminiでは小さすぎる。適切なサイズが今のXperia2.1というのは何たる皮肉であろうか。しかし、手の小さい女性にはオススメである。更にテザリング対応。おそらく、ドコモかauでもXperiaブランドでクリスマス商戦に合わせて発売するだろう。

●ドコモの逆襲

このテキストを書いている10/18、ドコモの新製品発表会がある。ドコモはauのiPhone販売で一気に崖っぷちに追い込まれた観があるので、ここで巻き返せるような製品を出せないと土管屋にならざるを得ない。更にアップルが東京地裁に申し立てた、Galaxy販売差し止めの仮処分が決定してしまったらダメ押しだ。端末サポート解除料払ってもいいから買い換えたいんだよなぁ。

と、ここまで書いたのが新製品発表会の直前。しかし、ドコモは逆襲の一手を打ってきた。それがAndroid4.0を搭載した「Galaxy Nexus」。
< http://www.nttdocomo.co.jp/product/next/sc04d/index.html >

本来なら既に発表されていたのだが、10/11に予定されていたグーグルとサムスンの発表会がジョブズ死去による延期となり、翌10/19に発表されたもの。これを世界に先駆けて日本で発売される。

後押ししたのが端末購入サポートの手厚さ。Xperia2.1以前のドコモ・スマートフォンユーザーを対象に端末購入サポートの解除料をキャッシュバックするもの。
< http://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/smart_price/index.html >

これなら買い換える気になる。同じドコモでもXi対応の「Galaxy SII LTE」になびかなかったのは、自宅近辺がXi未対応であること(当然、実家の群馬も未対応)。WiMAXで懲りたのでさすがに同じ轍は踏みたくなかった。こうなったら乗るしかない。日本でも10/25メディア向けの説明会があった。
< http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1110/25/news109.html >

かなり何でも出来そうな感じである。ただ実機を触ってみないとなんとも言えない。日本向けにしているのが、エリアメールとモトヤフォントを採用していること。Xperiaはそうでもないが、EVO WiMAXでの日本語はどちらかと言えばたどたどしく、ブラウザで読むにしろ、フォントの影響からか、どうも中国語を読んでいる感覚だった(特に漢字に関しては)。文法に関しても、無線APに接続する時は「(AP)に接続されました」になる。誰も指摘しないのかね。

少なくとも、消去法でこのGalaxy Nexusにすることにした。他に選択肢はない。自分が携帯を使い始めた頃のミーハー感が蘇っている。

【ジョニー・タカ】johnnytaka32(a)gmail.com

1976年、横浜・関内で生まれ、上州と越後の風を受けて育ち、来世でもFUNKを踊り続けるフリーランサー。ヴァーチャル・キャラクターに曲を付けて選曲を展開する"コンピレーション"を1998年から行っている。2011年は発売未定になったPSPソフト『フォトカノ』のコンピレーションを展開予定(と言っても勝手にやってるだけです。それを続けて今年で13年目)。
PS3でも『THEIDOLM@STER2』が発売されたので、そちらの選曲作業も始めてます。3名ほど大筋を作りました。
< http://music.ap.teacup.com/cafedejohnny/ >

(日常ブログ)< http://ameblo.jp/johnnytaka/ >

○ウェンディーズもうすぐ復活! 年内に東京で再上陸1号店がオープン予定
< http://wendys.co.jp/wendys/index.php >
< http://rocketnews24.com/2011/10/03/136485/ >
< http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1110/05/news111.html >

まだ横浜にアメリカの香りが漂っていた頃(つまり米軍がまだ本牧を接収していた頃)、伊勢佐木町3丁目のマクドナルドより前にあった。"ハンバーガーは手で食べるもの"という概念を覆されたのもここだった。

名物であるチリがスプーンで掬わないと食べられないように、マクドのブレックファストの如く、頼めばプラスティックのナイフとフォークを貰って食べられた。「手掴みで食べるのは車の中や船の上で」というのを、後に知り合いのアメリカ人に教わった記憶がある。「その時に手のひらでバーガーを潰すと食べやすいぞ」とも教わった。

私も歳を取り、肉類やパンが身体を受け付けなくなった。でもチリの味は忘れがたいな...。チリにシーズニングをひと差し入れることで味に深さが増す。そんな味を覚えたのは中学の頃。

同時に懐かしさを感じた店がある。デイリークイーンだ。仕事しながらワールドシリーズを見ていた時にライト側の看板にあった。
< http://www.dairyqueen.com/us-en/ >
幼い頃、横浜の元町にあった。ユニオンスーパー旧店舗の近くにあった記憶がある。独特の形をした濃厚なソフトクリームがポイントだった。

○痛っ! 寝ていて足がつった時にやるべき5つの対処法:ライフハッカー[日本版]
< http://www.lifehacker.jp/2011/10/111023komuragaeri.html >

今年に入ってとにかくこむら返りがひどくなった。一番深刻だったのは震災の大規模余震が止まない時、夜中に大きな揺れを感じたと同時にこむら返りを起こしてしまい、すぐに立てなくなってしまったこと。有効な治療法がない、というのも医学が進んでいるにも関わらず何故? と思ってしまう。薬を処方してもらっている近所の薬局で聞いてみると、漢方が効くとのこと。芍薬がいいそうだ。ちなみにその薬局はお盆明けに経営母体が変わったが、なんと大倉山で故・坂本九の実家が経営しているのである。開局時に柏木由紀子が花を贈っていたので聞いてみたのである。

○ポンチャックの帝王「イ・パクサ(李博士)」はいまだ健在
< http://rocketnews24.com/2011/10/23/144554/ >
ポンチャック自体はクレイジーケンバンドを聴き始めた頃より知っていたが、改めて聴くと凄くカッコいい。ボカロでもありそうだが、「ルカルカ★ナイトフィーバー」がそれに近いのかな?
< http://www.nicovideo.jp/watch/sm6119955 >

○おしっこゲー。ついに稼働。
< http://www.gizmodo.jp/2011/10/fancy_playing_this_game_in_the_bathroom.html >
下な話になってしまうが、これは男性ならでは。勢いがいつも気になるし、小便器にある的を使ったゲームという発想がセガならではだ。