おかだの光画部トーク[103]SONY DSC-RX100M2 が欲しい!/岡田陽一

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,700文字)


「数年かけて数10か国に滞在しながら世界一周する人に、どんなカメラをオススメすればいい?」と友人に聞かれ、あれこれシチュエーションを考えてみました。

・世界一周の目的は撮影ではないので極力荷物がかさばらないもの
・目立つカメラで撮影していると危険を伴う地域もある
・コンパクトかつ高画質

など考えると、ちょっといいコンパクトデジカメをメインに、もしもの時の予備にもう一台のコンデジがあるとよさそう。そう思ってコンデジを色々調べると、自分が欲しくなってしまったのが、6月下旬に発売になったこの機種です。




◎SONY サイバーショット DSC-RX100M2
< http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M2/ >
< http://amzn.to/12rSi0D >(67,000円前後@Amazon)

今、普段使っているカメラは同じSONYのミラーレス一眼 NEX-5N
< http://www.sony.jp/ichigan/products/NEX-5N/ >

これに、カール・ツァイス製のレンズ、Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA
< http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL24F18Z/ >

を付けているので、画質に関しては申し分ないのですが、サイズがでかい。一眼レフと比べると小さいですが、鞄に収まりにくい形と大きさなので、意外とかさばるカメラなのです。

そこで、このRX100M2。コンデジなのでコンパクト。センサーサイズはNEX-5NのAPS-Cサイズ(23.5 x15.6mm)と比べると1.0型(13.2×8.8mm)と小さいものの、他の多くのコンデジが採用しているセンサーの中では大型なので、画質には全く問題ありません。

レンズは、広角28mmから中望遠100mmまでをカバーするF1.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」です。

日々のスナップ撮影でiPhone5と併用で使うカメラとしては、レンズ交換の煩わしさがなく、使いやすいズーム域がよさそう。ちなみにNEX-5Nに付けているのは単焦点24mm(フルサイズ換算で36mm)なので、たまにズームが欲しくなります。

操作性や搭載されているピクチャーエフェクト、写真の仕上がりを設定できるクリエイティブスタイルなどは、NEX-5Nとほぼ同じようなので、違和感なく使えそう。

そして、最近のデジカメではウリの機能として、スマホとの連携するために多く採用されるようになってきたWi-Fiも搭載されているので、外出先でもカメラからスマホへ画像を送り、スマホからネットにシェアということが可能となっています。

大型の高機能センサー+カール・ツァイスのレンズ+画像エンジンなどで、暗い場所でも低ノイズの撮影ができたり、明るいレンズと7枚羽根円形絞りにより、美しいぼけ味を得られたりなど、小さなボディの中に高機能が詰め込まれています。

普段iPhoneと共にもち歩くにはとってもいいカメラに違いないということで、最近物欲から遠ざかっていたのですが、久々に買ってみたくなった素敵コンデジです。


【岡田陽一/株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
< mailto:okada@fuwhat.com > < Twitter:http://twitter.com/okada41 >

Vol.2が終わったばかりですが、[CSS Nite in KOBE, Vol.3]が既に始動しています。

9月7日(土)神戸市産業振興センターにて、「Webサイト制作・運用に必要なWebマーケティング、ソーシャルメディア、SEOの本当の知識」と題し、出演は高畑哲平さん(KDDIウェブコミュニケーションズ)・松尾茂起さん(Webライダー)・住太陽さん(SEO 検索エンジン最適化)・古荘貴司さん(日本情報化農業研究所)・大月茂樹さん(ニイハチヨンサン)で、5つのセッションを企画しています。

Web制作者、企業のWeb担当者だけでなく、経営者の方にもおすすめの内容だと思います。是非参加ご検討お願いいたします。

参加申込み受付中です。
< http://cssnite-kobe.jp/ >