アナログステージ[151]晴れのち休み、ときどきアレ?〈後編〉/べちおサマンサ

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,600文字)


ふきのとうが美味しい季節が今年もやってきました! もう、本当に美味しい。

安めの固〜いステーキ肉を、食べやすいサイズにカットして、ふきのとうと一緒に、塩胡椒だけで炒めて食べると、なんとも美味しい仕上がりになることを今年発見しました(笑)

今回は、昨年に書きかけた続きです。前編から約3か月も開いてしまいました。
http://bn.dgcr.com/archives/20161125140200.html

出張ばかりで、本来やらなくてはいけないことが、次々に置き去りにされてしまい、それを消化するために休日を割り当てたりと、完全にブラックタスクに陥ってしまっております。




●消え去ってしまったタスクの再構築

さてさて、前回からの続きで、オーバーワークの末に訪れたのは、『やらなきゃいけないタスク』が一瞬で消え去ってしまい、呆気にとられながら放心状態が多発する大事件が。

このとき、本当に無表情で、頭のなかが空っぽになっていると、心のなかの自分でも冷静に分かるくらい。

頭のなかで整理して、きれいに並べられていたタスクが、一瞬にしてバラバラになるものだから、我に返ったときはパニック確定。

慌てて再構築しようとするものだから、焦りから、余計に頭のなかが混乱してしまったりで、手に負えない。

昨年(一昨年かな)から、スマホやパソコンを利用したToDoやタスク管理は、仕事終わりに管理しても、朝起きて見ないことが多かったので、それを入力したりする時間のほうがムダという考えから、一切やめてしまいました。

来客(訪問)や打合せなどは、うっかり忘れてしまうと大変なことになるので、人と会う約束をしたときのみ、トラベラーズノートで、手書きで書き残しております。

コピー用紙の裏に、とりあえず思い出せるタスクを書き出し、順番に整理を始めてみたものの、なにか不足しているものがある気がしてやまない。

トラベラーズノートに書き残してある情報と見比べてみても、こういうときに限って、『肝心なご用件』というものが思い出せない。思い出さないのだから、大した用件でもないような錯覚にも陥りますが、そんなわけない(笑)

人との約束なら、トラベラーズノートに絶対に書いてあるし、思い出せないタスクは、自分で処理しなくてはいけない案件に間違いはないはず。

結局そのときは、それがどうしても思い出せずに、後から大変ツラい目にあってしまいました。

再度、デジタルでToDoで管理しようかと頭を過ぎったのですが、皆さんご存知のとおり、車を運転中にスマホの操作はNG。

ラボで実験やデータとりしている以外は、車で移動している時間が長いので、単発の簡単なワークであれば、車内通話(ナビと電話が連動して、ハンズフリーで通話ができる)で、用件(案件)を済ませてしまうことも多い。

それも頭のなかにすべてインプットできているからこそなので、頭のなかから消えてしまったらお話にならない。

そこで目をつけたのが、A4サイズのホワイトボード。トラベラーズノートに書き込むという手もありますが、運転中にトラベラーズノートのページをペラペラめくって探すのも、なんかイヤ。

移動まえに、車内で処理できる案件をホワイトボードに書き留めて、手の届く運転席の前に置いておけば、順番に処理できるという、なんとも原始的な発見をしました。

しかも処理が終わったら、簡単に指で消せるというエコロジー(大笑)

と、タイムオーバーになってしまったので、また。


【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp

NDA拘束員であり、本当の横浜を探しているヒト。ぶら撮り散歩師。愛機はD90とGRD4。最近はiPhone6で写真撮影多し。全国寺社巡りで、過去の懺悔道中をしております。→ついに西国を打ち始めました。結願まで何年掛かるのやら。

花粉症のかた、ツラい季節を乗り越えてください! ではでは( ^ω^ )