Dの憂鬱[10]ストレスを吹っ飛ばせ/笠居トシヒロ

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,400文字)


まいどー、前回のまつむらさんのテキストで、超能力がどうこうってのがありましたが、彼が何で自らの超能力「まっ波」について触れなかったのか、不思議でしょうがない笠居です。

ご存知でない方に説明しとくと、まっ波とは、触れたものを何でもかんでも壊してしまうという、何の役にも立たない超能力です。

さて、だんだん暖かくなってきて、桜も咲いてまいりましたが、皆さん、お花見はもう済ませましたか?(済ますものなのか?)オレはもう済ませましたよ、2回w 実際は寒かったですけどねー2回ともw いくら綺麗な桜の下で、美味しいお酒を飲んでいても、寒さというストレッサーにはかないません。やっぱ温かいお店の中に移動するとほっこりしますね。

というわけで、今日は「ストレス」の話です。つっても、ディレクター独特のストレスってわけじゃなくて、最近オレがストレスに感じてることを、ぶりぶりグチたれちゃうというだけなんで、「笠居のストレスなんかどーでもいいわ」という方はよみ飛ばしてくださいね(^_^;

いま第一のストレスは、「デスクトップマシンが急に遅くなる」ですw なんだよー制作の人間みたいなストレスじゃんよー、と思われた方。笠居はディレクターだけじゃなくて、制作もまだまだ続けております(^_^;

今、出向先の会社で使ってるのは、2008年モデルのMacProなんですが、まぁなんというか、すでに4年前のマシンですし、メモリが4GBしかないのに、Parallels突っ込んで常時XP走らせてるし、そこの社内ネットワークに直接は繋げさせてもらえないんでVPN使ってるし、しかたないっちゃしかたないんですが、メールチェックとかの何でもない作業で、虹色カーソルくるくるしちゃうと、「あ゛ーーーーーーーーーーーーーーっ!!」とか叫んでしまいそうになりますわね。




解決策はわかっとるんですよ。結局のところメモリが足らないんです。せっかくの64bitマシンなんだから、どかんと16GBくらい積んじゃえばいいんです。それから、HHDをSSDに積み換えちゃえばいいんです。自宅で使用しているMacBook Airが証明しています。CPUが非力でも、メモリが少なくても、SSDだというだけでサックサクに動きます。

とはいうものの、相手はその出向先の会社から提供されているマシンです。自腹でメモリやらSSDやらを追加するのはちょっと。。とはいえ、ストレスをそのままにしておくのも、ていうか仕事の効率落ちまくりですから!

てことで、ちょっと調べてみました。いったいナンボ投資すればストレスのない作業環境が手に入るのですか、と。

メモリは、まぁここのところ下げ止まりを知らない商品なので、どんどん安くなってきてますし、12GB追加っても1万でお釣りが来るくらいです。

問題はSSD。HDDと比べるとまだまだ高いっす。しかもどのメーカーのどの製品でもいいってわけにいきません。やっぱり、お値段なりに信頼性の高いメーカーの、できるだけ速度の早い、耐久性の高いものでないと、という心理が働きます。

で、オレがチョイスしてみたのがこれ。
Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh)2.5inch MLC 9.5mm 300GB
< http://goo.gl/ru2D8 >

4万強といいお値段ですが、Amazonでの評価も高いインテル製。耐久性では東芝がエエという話も聞くんですが、いまいちコストパフォーマンスが悪い。データ類はHDDに置いといて、OSとアプリをSSDに移動させれば、それなりに速度アップが期待できるのではないかと思っております。

SSDがらみでもう一個。動作そのものは快適なMacBook Airなんですが、いかんせんSSDの容量が小さい! 現行モデルでは256GBのSSDも選択できるみたいですが、オレの使っているのは、2010モデルの128GB。DropBoxで仕事のデータを他のデスクトップと共有しているので、すぐに容量が切迫してしまいます。さっきも「容量がわずかになってまーす」と警告が出ました!

ということで、こっちもSSDを換装できないものかと調べてみましたら、ありました!
OWC Mercury Aura Pro Express Solid State Drive
for MacBook Air 2010-2011 Edition
< http://eshop.macsales.com/shop/SSD/OWC/Aura_Pro_Express >

秋葉館とかVintageComputerでも扱ってますが、手数料かかっちゃうのか1万くらい高くなってしまうので、本国サイトで購入することに(そう、こっちはそもそも自分のマシンなんで、速攻注文しちゃったのです)。

取り外した元のSSDは、特殊な形状なので、外付けドライブとして使うために専用のケース(秋葉館だと7000円、しかも売り切れ)が必要ってことで、それも一緒に購入して、UPSの送料も入れて$479.02(3万9千円弱)なので、ざっくりですが国内で買うより2万ほど安かった計算になりますね。

ちなみにこのテキストを書いている時点では、オレのSSDはアラスカはアンカレッジに居るみたいですw

これらの換装が済めば、さぞや快適な環境が手に入るに違いありません。よく考えたら、ここんとこあまり設備投資もしてないんで、オフィスのMacProにもメモリとSSDをくれてやることにしましょう。

アレ? ストレスの話のつもりが、SSDの話になっちゃいました。まぁええか。(笑)

【笠居 トシヒロ/WEBディレクター、デジハリ大学院客員教授、京都嵯峨芸術大学講師】
< http://www.mad-c.com/ > < kasai@mad-c.com >

あんまりにも出てきた腹に耐えかねて、運動することを決意。フィットネスクラブに通い始めましたよこれがまた。ほんで自転車乗りも復活。もうちょっと体力が回復したら、フィットネス(梅田)まで自転車でいくことを目論んでおりますw