新刊案内/RAW現像の解説電子ブック「いきなりRAW現像」伊藤ひかる

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,000文字)


誠に僭越ですが、「いきなりRAW現像」というRAW現像の解説・トレーニング電子ブックを下記のデジタルコンテンツ販売サイト「ブックアス」から発売させていただきました。一眼レフカメラなどRAWにて撮影できるカメラをお持ちでしたら、立ち読みコーナーもありますので、ちょっと覗いてみてください。
< http://www.bookus.jp/ >

全285ページ PDF形式 サンプル写真82点付き 3,000円
発売元(運営会社) 川崎インターネット株式会社

数年前から、撮ったままの写真(JPEG形式データ)の色味が気に入らなくなりました。いくらホワイトバランスを調整しようが、Photoshopを覚えようが解決できません。

あるプロ写真家からはRAWで撮りなさいとのアドバイスがありましたが、なんかデータ量が大きくて面倒かも、ソフトの操作が難しそうとRAW撮影・現像を避けておりました。

ですが、いよいよのっぴきならなくなり、やむなくRAW撮影・現像をしてみたところ、意外にも簡単、手早い、ほぼ思い通りの色味に調整できる、しかもトーンカーブ、マスク、レイヤーとかの難しい操作はまったく必要なしでした。

なぁーんだ、こんなことならばもっと早くからRAWで撮っておけば良かったと残念の極みでした。それでもっと理解しようとRAW現像の解説書を探したのですが、これも意外なことに見つからないのです。ならば、自分で作っちゃえと思ってできたのが「いきなりRAW現像」なのです。

もうひとつ意外にことに、RAW現像するとさほど良くない写真、失敗写真が作品になってしまいました。加えて、JPEG写真をRAW現像をするととても面白いです。というより、はまりました。ということも「いきなりRAW現像」に書きました。

虹の両端がある写真を偶然にも撮りました。初めてのことなのでとても幸せな気持ちです。
< http://www.joytothecamera.com/20120528Rainbow/ >

実はこれもRAW現像済みです。「いきなりRAW現像」に記載してあるような用語の解説はありませんが、RAW現像の概要がお分かりいただけると思います。
< http://www.joytothecamera.com/20120528Rainbow_Raw/ >

Joy To the Camera 舞アートフォト
伊藤ひかる < itohikaruphoto@gmail.com >