3Dプリンター奮闘記[108]学校とイベントと設備投資と/織田隆治

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,800文字)



7月はなにかと忙しい時期でして、7月7日〜8日は、筑波大学で集中講義を行ってきました。「3Dプリンターの基礎と制作への応用」という内容で、今回は総勢160名近い学生さんに受講してもらえました。

そして、この講義を受けた学生さんの中から、翌年2月に筑波大学で行う集中実習へ参加してもらうのですが、それも、今回募集で参加希望が50名を超え、2年にまたいで行うことになりました。

受講したことで物作りへのやる気スイッチが入った学生さんも多く、今後の活躍が楽しみなんですよね。

そして、7月29日は、幕張メッセにて行われた世界最大のフィギュアの祭典、「ワンダーフェスティバル」にも参加してきました。

毎年思うのですが、3Dプリンターを使った原型もどんどん増えてきていますし、3Dモデリングソフトのメーカー、3Dプリンターメーカーさんの出展もどんどん増えてきていますね。時代は確実にこの方向へ動いていることを感じさせられます。





●UVプリンターの導入

さて、話は設備投資について。

昨年は3Dプリンターを4台も増やしましたし、今年は全身3Dスキャナーも導入しました。そして、来月にはUVプリンターも導入する予定になっています。

昨年入れたのは、FDM(熱融解式)の3Dプリンター3台と、光造形(DLP)式3Dプリンター。合計で170〜200万円ほどになります。

これ、当然資産となりまして、5年償却となるわけです。一発で経費計上できないんですよね。

大きな会社ならともかく、僕みたいな吹けば飛ぶよな零細個人事業主ですと、これが結構痛い。

1/5しか経費として計上出来ず、4/5は税金がかかってくる訳です。購入でお金を使ってしまい、収入がないのに税金を払わないといけないんですよね。

補助金等の申請は、大体3月くらいから始まり、色々な手続きを経てある程度長期計画を立てていないといけないんですが、僕みたいな零細個人では、なかなか難しいところがあるんです。急に機材を入れないといけなくなったりしますし。

そういった面で、行政のほうで、モノ作りしている零細工場や企業への税の軽減ってしてもらえないのかなぁ……って、いつも思います。

もしかしたら、そんな制度ってあったりするのかな?

昨年、それでなかりキツイ感じになったので、今年はリースを組んで行こうと思ってます。これ、毎月のリース料は経費で落とせますし、ドーンと一気に払わないでいいですもんね。

そして、今回。UVプリンターを導入することになりました。

UVプリンターとは、要するにインクジェットのプリンターのインクが、UV(紫外線)を当てると硬化する樹脂を混ぜたようなもので、色々なものに印刷ができるプリンターです。

インクをある程度盛り上げて出力することも可能で、凹凸を付けることも可能。色の付いた樹脂を硬化させるので、金属、各種プラスチックなど、色々なモノに鮮やかに印刷できます。

これまで、このジャンルでは、シルク印刷やタンポ印刷が主流でした。

女性の方が理解しやすいと思いますが、要はマニキュアの一種で、紫外線で硬化させるタイプのジェルネイルですね。最近、ネイル業界では、このUVプリンターを使ったネイルのプリンターも出て来ています。

これを導入することにより、今までとは少し違うジャンルでの製品作りも可能となりますし、まだ稼働しているところも少ないことから、今回導入を決めました。

僕の仕事だと、ネームプレートや細かい建築モデルの窓枠とかにも使えますね。その他、今まではシルク印刷でしかできなかった、樹脂や金属へのフルカラー印刷や、透明樹脂に印刷したキーホルダー、スマホケースのオリジナル印刷、流行のアクリルフィギュア等にも使えます。

あと、試してみたいアイデアなどもあり、導入決定してしまえばあとは早く来ないかなぁ……と思うだけです。

ただ、インクがまだまだ高額なのと、もちろんリース代も稼ぎ出さないといけないので、導入前から色々と営業をかけておかないとなぁ……と、いろいろ対応を考えています。

以前導入したレーザー彫刻機の際は、建築模型では必須だったので、すぐ元は取れましたが、また少し勝手が違うので、不安半分といったところです。

でも、レーザー彫刻機との組み合わせでも、色々なものが作れるようになるし、「やらないと始まらない!」んですよ。

3Dプリンターを導入した際も、同じような感覚でした。がんばるぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

●シゴトバLAB 3D PRINT CONTEST 03

で、話を3Dプリンター関連に戻します。前回にもお伝えしましたが、

★シゴトバLAB 3D PRINT CONTEST 03
http://shigotoba-base.com/event/1027

いよいよ募集も中盤に入ってきまして、ぽつぽつと作品応募も増えています。各賞も以下になっています。

★最優秀賞は、なんと、先日発表されたばかりのピッカピカの新製品ですよ!
FLASHFORGE ADVENTURER3(アドベンチャー3)
http://flashforge.co.jp/adventurer3/
ご提供:Apple Tree株式会社様

それから、特別賞です。

★Autodesk「Fusion360賞」
Autodesk様より、Fusion360関連の書籍が贈られます。

今回、以下の賞が確定致しました!

★Pixologic 「ZBrushCore賞」

Pixologic様より、ZBrushCoreの正規ライセンスが、2名様に贈られることになりました! 是非、学生さんに受賞してもらい、今後の制作活動に生かしてもらいたいな〜と思います。

★アクセサリー部門特別賞

「ぅらめしぃ〜わっほい」様より、応募作品の中から1点、真鍮もしくはシルバーにて鋳造して頂けます。

★フィギュア部門特別賞

本コンテスト「シゴトバLAB 3Dプリントコンテスト」のキャラクターデザインの部門を開設します。

これも、応募しないと始まらない! んですよ。
是非、このメールマガジンをご覧の皆様は

★シゴトバLAB 3D PRINT CONTEST 03
http://shigotoba-base.com/event/1027

をチェックしていただき、エントリーお待ちしております!

大阪での開催にも関わらず、東京から九州まで、色々な方からのエントリーをお受けしています。芸術系大学や、デザイン系専門学校様からの応募も増えてきまして、若い方の活躍に期待しています!

講師をされている学校なんかございましたら、拡散していただけると嬉しいですね(^_^)

それでは、皆様。まだまだ暑い季節は続きますので、くれぐれも熱対策は怠らず、体調管理をしっかり行ってくださいね!

でないと、僕みたいにダル〜い体調での生活を強いられますよ…。


【織田隆治】
___FULL_DIMENSIONS_STUDIO_____
oda@f-d-studio.jp
http://www.f-d-studio.jp