クリエイターとLLPと……[7]バビル6LLP設立(1)/深川正英

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,500文字)


バビル6LLPの直接の前身である「バビル6プロジェクト」を立ち上げてからの一年間で、最も悩んだことは「どう見せるか?」でした。

クリエイターの繋がりを大切に活かしていきたいと考えている組織が、活動のコンセプトをうまく伝えられないということは致命傷だからです。


コンセプトを整理した資料を作り、直接会う人には語り、クリエイターには長文メールを送り、MLも立ち上げました。オフィスシェアリングするということで、そのルール作りもしました。

堅すぎず、緩すぎず、話し合いで決められる余地も残し、出来るだけ柔軟に対応できるようにしました。

しかし、コンセプトがうまく伝わっていなかったり、自身の仕事に忙殺されていたり、しかも大風呂敷を広げていたために、具体的な動きを見せられず、これといった反応を得られないまま時間だけが過ぎていきました。

オフィスシェアリングに関しても、タイミングが合わなかったり、条件に折り合いが付かなかったりで、場所の維持を優先させるために妥協の連続が続き、当初の思惑とはかけ離れていきました。

結局、シェアリングを試みたことがある先輩方から「難しいからやめておけ」と言われていた意味を体感する事になってしまいました。

一年が経ち、手詰まり感をひしひしと感じ、もう諦めようと心に決めかけた時に奇跡的な再会がありました。5年ほど前に「Movin' Picture Project」で知り合ったその人物は、いつの間にか大阪産業創造館(以後「産創館」)で働いていました。

・大阪産業創造館 < http://www.sansokan.jp/ >

産創館は、大阪市内の中小企業を支援することを目的とする大阪市経済局の外郭団体が運営している施設なのですが、一介のデザイナーとしては敷居の高さを感じる場所でした。

しかも、そんな施設に所属する彼とは数年ぶりの突然の再会。一体何の用があるのだろうかと思いながらもノコノコと顔を出すと、そこには大阪市が運営を委託している「iMedio(イメディオ)」の職員がいました。

・iMedio(イメディオ) < http://www.imedio.or.jp/ >

「iMedio」は大阪での映像を中心としたコンテンツ産業の振興と育成を目的とした施設なのですが、産創館としての目的は「iMedio」と「Movin' Picture Project」とのマッチングでした。

個人的には「Movin' Picture Project」の名前が出てきたことに驚きましたが、彼との繋がりは「Movin' Picture Project」以外になかったので、当然といえば当然で、彼の中では「Movin' Picture Project」は脈々と生き続けていたのです。

ただ、マッチングといっても話自体は漠然としていたため、今後の「Movin'Picture Project」としての動きを約束しつつも、話は自然に「バビル6プロジェクト」へと移っていきました。

今は「Movin' Picture Project」のコンセプトを引き継ぎつつ、よりビジネス的な視点で捉えた活動をしていることを伝えると、彼の表情がみるみる変わり、そして思いもよらぬ言葉が飛び出しました。

「LLPってご存知ですか?」                  (続く)

【ふかがわまさひで】
バビル6 LLP(有限責任事業組合)組合員
※バビル6 LLPは日本第一号のLLP(有限責任事業組合)です
< http://www.b6p.jp/ >

photo
株式・合同・LLPベンチャー企業設立ガイド―企業形態の違い、定款の作り方、資金調達etc起業に必要な知識と手続のすべて
古田アンドアソシエイツ法律事務所
学陽書房 2006-06
おすすめ平均 star
star新会社法準拠のわかりやすい起業解説
star教科書に使いたいです。非常にわかりやすいです!
starフローチャートが役立ちました

だれも言わなかった! 新会社法 5つの罠と活用法 すぐに使える!自分でできる株式会社設立―従業員10名未満の会社の作り方 ベンチャーキャピタルからの資金調達術 VCがお金を出したくなるビジネスプランのつくり方

by G-Tools , 2006/10/24