[2740] 500円ジーンズの時代はやってくるのか

投稿:  著者:  読了時間:19分(本文:約9,300文字)


《本当の意味で独り言だったんですね......》

■音喰らう脳髄[78]
 インフルエンザにかかっちまったい
 モモヨ

■KNNエンパワーメントコラム
 500円ジーンズの時代はやってくるのか
 神田敏晶

■アナログステージ[24]
 腹肥商事社内プレゼン その5「つぶやきと独り言の境界線」
 べちおサマンサ

■セミナー案内
 版元ドットコム入門・電子書籍の状況から作り方売り方まで


■音喰らう脳髄[78]
インフルエンザにかかっちまったい

モモヨ
< http://bn.dgcr.com/archives/20091110140400.html >
───────────────────────────────────
バンドの新作完成(なんと22年ぶりのスタジオ録音!)を機に、京大西部講堂でのライブを予定していた。これもまた数十年ぶりだし、なにしろ頭脳警察とも一緒。私もメンバーも楽しみにしていたのだが、私のインフルエンザ罹患の影響で突如として中止。関係者やファンの方に多大なる迷惑をかけてしまった。返す返すも残念だ。

しかし、インフルエンザ(新型)の感染のひろがりは凄まじかった。

私の住む地域の小中学校では、9月の中ごろから周辺地域に学級閉鎖が散見しだした。そして、じわじわと学年閉鎖、学校閉鎖等が見られるまでになっていた。しかし、どういうわけか、娘や息子が通う小中学校では、10月中旬まで、学級閉鎖ひとつなかった。つまり踏みとどまっていたわけだ。

それが、10月最後の週になって、娘の通う中学校で突如として学年閉鎖が実施された。そして、その翌週には息子の小学校、それも息子のクラスが学級閉鎖になってしまい、それと前後して息子が罹患。私と娘がそれに続いた。

おかげで、週末の休日診療を一回、そして、平日の内科に3回ほど、一週間のうちに都合4回ほど通うことになり、新型インフルエンザをめぐる医療現場の混乱を目の当たりにした。

現在、国会でも新型インフルエンザ・ワクチンの件で討論が交わされているが、現場では、すでにワクチンをめぐる駆け引きが行われているようで、小児科などでは予約電話が殺到し、対応に追われているようだ。

もっとも、この調子で流行が進めば、私の住む地域の子供たち、特に小中学生の大半は、何らかの形でウィルスにさらされるに違いなく、結果、現在、国会討論が続いているワクチン接種が実施される頃には、すでにほとんどの児童に免疫ができてしまっているに違いない。

幸い、私の家庭では、全員、重症化することなく済んだのだが、報道によれば、13歳以下の場合、基礎疾患の有無に関わらず、数日のうちに重症化するケースも見られるという。そうしたことを考えれば、ワクチン接種について速やかな対処が求められるのは変わらない。国会で悠長に議論している時期ではないのである。

それにしても......。京都で演奏できなかったのは残念だ。その代わりというわけではないが、今週の水曜日には新宿ロフトで新作リリースを記念したライブを敢行する。

新作の先行販売もあるので、お時間のある方は是非、おつきあいください。インフルエンザうつらないから......。新作についてのプレスリリースは↓
< http://www.transformer.co.jp/products/TMSC_002.html >

Momoyo The LIZARD 管原保雄
< http://www.babylonic.com/ >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KNNエンパワーメントコラム
500円ジーンズの時代はやってくるのか

神田敏晶
< http://bn.dgcr.com/archives/20091110140300.html >
───────────────────────────────────
日本経済新聞のエコノ探偵団は、経済情報の切り口としていつも視点がボクら目線でわかりやすい。気になるタイトルは「1,000円切るジーンズなぜ登場(2009/10/25)」であった。

ボクのお気に入りのジーンズ(であった)リーバイスの501は、すでに1万円近い値段で販売されている。ネットの最安値でも5,000円を切るのがギリギリ。送料を考えると、安くても6,000円近くだ。SMAPの草なぎさんのようなヴィンテージジーンズとかになると、数十万円もする...。

そんな中、ユニクロのジーンズスリムフィットストレート001(3,990円)が、いつしか、ボクの定番ジーンズになっていた。この数年このジーンズが多い。ブーツもABCストアかASBEEだ。完全に半値以下になっている。

ユニクロのセカンドブランド、ジーユーでは、「990円」シリーズを投入している(2009年3月発売初年度50万本を100万本に上方修正)。ユニクロは「最高品質を手頃な値段で」だが、ジーユーは「まあまあの品質を最低価格で」だそうだ。

ユニクロが国内調達したデニムを中国で縫製しているのに対して、ジーユーでは、中国で調達したデニムをカンボジアで縫製することにより、価格を990円にできるそうだ。

さらに、この市場に向けて登場したのが大手スーパーだ。西友は、1,470円のジーンズを850円と値下げにふみきった。西友は、カンボジアよりも人件費の安いバングラデッシュで縫製するという。ダイエーやイオンも880円でその価格に対応している。さらに、2009年10月14日からはドンキホーテが、驚安シリーズとして690円ジーンズを販売開始。

ジーンズが格安に販売できる理由として、日経では次の点を上げている。
・季節に関係なく年間を通じて売れる──工場の閑散期を含めた安定量の発注
・若者から中高年まで老若男女を問わず販売可能
・「880円」による広告効果による来店効果

もう、こうなるとジーンズ1本が500円を切る時代は、そう遠くないのかもしれない。

「ユニクロの広告付きジーンズ」とか販売すれば、300円とかも可能かもしれない。衣料品が安くてもいい人は、「100円マクドナルド広告ジーンズ」も限定であれば可能だろう。500円ジーンズだったら、雑誌の付録でつけることも可能だろう。ジーンズ付き雑誌とか...サイズは5種類くらいか......。

ジーンズに広告をつけるというのはそろそろ登場してもいいのではないだろうか? バックポケットにバナーがはいるのだ(笑)

しかし、よくよく考えてみると、日本→中国→カンボジア→バングラデシュの人件費の上に成り立つ市場価格で、失うものも非常に大きいと思う。食料品や衣料品が、ジェットやタンカーで石油を使って遠路はるばる運ばれてくるほうが国産よりも安いことそのものが、国内経済の破綻を完全に促している。国内の生産力、消費力を上げなければ、将来的にどこかで行き詰まることは経済の初心者でもわかることだ。

また、ユニクロ製品を買うことによって、発展途上国に対しての援助や協力になっているのかどうかについて、もボクにはどうもわからない。コーヒー豆と同様に、人件費に対してまっとうな価格を支払う「フェアトレードジーンズ」というのがあれば、それを選ぶことの意味は出てくる。多少高くても買うことや、はき続けることの「意味づけ」を与えることは重要ではないだろうか。

しかし、もうボクは完全にジーパンの値段に、5,000円以上を支払えない体質になってしまった。ボクの衣服のほとんどが、ユニクロに侵略されていることにいつしか気がついた。どこでも気軽に買いやすく、そこそこのタイミングでシーズンに会った商品が選べる。好きなショップに足を向ける機会が、ユニクロへとシフトしている。

他のブランドが値段の割にインパクトがなさ過ぎる。お気に入りのジャケットは、ユニクロのフェイクレザーで3,980円だった。Tシャツとパンツと靴下のユニクロから、ジャケットにシャツにジーンズ、さらに鞄がすでに加わっている。一度、身についてしまった金銭感覚を元にしたライフスタイルを、戻すのは非常に難しい。

昨日のお昼の、オーケーストアのお弁当は300円を切った幕の内弁当だった。完全にデフレの中で生きている。こんな時だからこそ、20万円以上しても売れ続けている、国産のパナソニックレッツノートの意味を考えてみたい。

KandaNewsNetwork,Inc.< http://www.knn.com/ >
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸7-10-12 グランドソレーユ105
KandaNewsNetwork,Inc. 代表取締役 神田敏晶
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5458-6226

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アナログステージ[24]
腹肥商事社内プレゼン その5「つぶやきと独り言の境界線」

べちおサマンサ
< http://bn.dgcr.com/archives/20091110140200.html >
───────────────────────────────────
【前回のあらすじ】
健康促進グッズの製造・販売をしている腹肥商事は、社長の山本と微妙なアイデアマン、相川の二人で切り盛りしている会社。登場するたびにキャラ設定が変わっていく山本に、不信感を抱き始めた相川だった。
< http://bn.dgcr.com/archives/20090609140200.html >

「オハヨウ、相川クン!」
「おはようござ...あのー、すいません、どちらさまでしょうか?」
「なにを朝から昼寝しているようなことを言っているんだね、ワタシだよ」
「え? 社長ですか?」
「社長ですかって、ワタシ以外に誰だというのかね」

「え? え? ここ数回のうちにキャラが変わってきてしまっているのは気付いてましたけど、まさか顔まで変わったなんて、もう、びっくりですよ」
「なにを寝ぼけたことを言っておるんだね。顔が変わっても、テキストでしか登場していないのに、読者さまにわかるわけないでしょ」
「アハハ...。実はボクと社長は、パンダとオカピーでした。っていっても、誰も分かりませんね」

「それよりだ。べちおくんの会社がシャレにならないくらい忙しいみたいだ」
「このご時世になんとも羨ましい...」
「ここにきて生産率が250%上がって、どうにもならないらしい。ま、彼は製造とかには関係ないんだけどね」
「出張先でもTwitterで呟いてますもんね」
「結局、今年の休みも10日間あったかどうか。夏期休暇も、ここ数年とってないし、ゴールデンウィークなんて、3年以上は確実にとってないし」

「このまえ落ちてましたね」
「なにが?」
「べちおさん」
「あー、相当落ち込んでいたね。あんなに休みもとらないで仕事していたら、ノイローゼにもなるわなぁ... 気の毒ったら、ありゃしない」
「会社、真剣にやめようとしてましたもんね」
「やめるらしいよ」
「え? ええええええ? 本当ですか?」
「うそ。でもホント」

●「つぶやき」として成立しないんだよ、独り言なんだよ

「それより、今年ももう終わりだねぇ。近所はもうクリスマスのイルミネーションでギラギラしているよ。相川クンは今年も独りでクルシミマスかい? 彼女とかつくらないのかね?」
「いやー、ボク、苦手なんですよ。草食系男子ってやつですか。狩りのセンスが元々ないんでしょうね。そういえば、奥さん見つかったんですか?」
「もう居なかったことにした」

「......。Twitterで思い出しましたけど、シャチョーってTwitterのクライアントはなにを使ってます?」
「そんなオシャレなことはやってないよ。mixiボイスでボソボソとつぶやいているだけ。先日、『くだらないことを連投しないでください、ほかのマイミクさんのボイスが流れてしまって、すっごい迷惑です!』ってメッセージがきたあとに、そのマイミクさんが去っていった......」

「あらら。mixiボイスの連投は控えたほうがいいですよ、ホント。ボクのマイミクさんも、連投流れで、かなりご立腹してましたもん。ボイスで連投するなら、Twitterでやればいいじゃないですか」
「やっていたんだよ、Twitter。800人くらいフォローしていたのに、誰もワタシのことをフォローしてくれないから、寂しくてやめた。フォローしてくれた! と喜んでフォロワーさんを辿ってみると、海外のエロスパマーだし」
「本当の意味で独り言だったんですね......」

「フォロワーが0人なのに、『おはよう! 今日もいい天気だぴょん! 仕事もピクニック気分だぴょん!』なんてつぶやいても、気が滅入るだけで『誰につぶやいてんだよ!』って独りツッコミの練習場でしかないって」
「800人以上もフォローしていて、フォロワーが0人って......。どんだけ人類から避けられているんですか」

「相川クン、キミにこの寂しさがわかるかね! 海外エロスパマーにフォローされて喜んじゃうこの気持ちが分かるかね? ワタシだってね、みんなのようにフォローされて、『いくらでも寝れそうですよね! RT @bachiosamansa:ねもい。』って、リツイートとかしてみたかったんだよぉぉ!」
「......。」

●新しいコミュニケーションツール「Google Wave」

「でも、べちおさんなんか、意味不明なことつぶやいていること多いですよ」
「もうTwitterの話しはイヤだ。つまらん。自分が不憫で仕方ない。散歩中に犬は吠えられるわ、猫には『シャーッ!』ってされるわ、ヨメは帰ってこないわ、もう哺乳類はダメだ」
「公園でハトに餌あげても、一羽も寄ってこないですもんね。鳥類にまで嫌われちゃって、ホントに気の毒だと思います」
「バカにしてんのかね」

「まぁまぁ、そんなこと言わずに。あ、シャチョー、Twitterで馴染めないんでしたら、Google Waveでも始めたらどうですか? そろそろ日本語版も公開されてくるんじゃないですかね?」
「なんだねそりゃ?」
「Googleのオモチャ箱みたいなもんですかね。ボクはGmailとかを使う頻度は少ないんですけど、Google Waveを使ってみた友人は、面白いって言ってましたよ」

「だから、なにが面白いんだね?」
「チャットというよりも、会話のログをまとめるって言い方のほうが適切なんですかね。いままでだと、チャットの会話って修正したりできないじゃないですか。発言を後から修正できたりして、会話というよりも、ドキュメントを作成していく。という感じですかね」
「ふーん、で、なにが面白いの?」
「え? なんでそんなに突っかかるんですか?」

「相川クンは、そのGoogle Waveを使ってみて、なにが面白いのかって訊いているの」
「いや、実はですね、入れないんですよ。何日経っても、ログインし直してもGoogle Waveに入れないんです。だもんで、ボクはまだ未体験なんです」
「キミは、自分で使ったこともないものを人に勧めるのが趣味なのかね?」

「ええええ!? 趣味って......なんですか、なんでそんなにひねくれているんですか!」
「キミは『免許を取ったので車が欲しい』といっている人に、乗ったこともないフェラーリを『この車は速いですヨ!』といって勧めるのかね」
「もういいです。勧めません」

「気を遣って勧めてくれる裏には、本当はTwitterのように、ワタシの輪が広がらないのを陰で嘲笑いたいだけなんじゃないかね?」
「なんでそんなに歪んでいるんですか......友達いなくなりますよ」
「いないよ。mixiのマイミクさんも、自動承認の公認アカウントだけになっちゃったし」
「......」

・Google Wave:
< http://wave.google.com/ >
・Google Waveを説明している映像(1時間以上あるので暇な方はドゾ)
< http://wave.google.com/help/wave/about.html#video >

【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp
FAプログラマであり、ナノテク業界の技術開発屋。
< http://www.ne.jp/asahi/calamel/jaco/ >
< http://twitter.com/bachiosamansa > ←意味不明発言多数

しかし、この忙しさはどうにかしないと。/会社、辞めるのではなく、来年からしばらく移籍することにしました。行き先は技術提携しているベンダーさんのとこ。/最近のお好みビールは、柴田編集長と同じで「麦とホップ」。スーパードライがキツく感じ始めたので、サッポロの黒ラベルを愛飲していたんですが、ヨメに「美味しいよ、これ」と勧められてから飲んでます。/皆さん、本当に身体だけはご自愛くださいです。心が壊れると、いいことないです。身をもって体験。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
版元ドットコム入門・電子書籍の状況から作り方売り方まで
< http://www.hanmoto.com/news/2009/11/09/20091202-denshisyoseki/ >
< http://bn.dgcr.com/archives/20091110140100.html >
───────────────────────────────────
〈版元ドットコム サイトより〉

書籍の電子化はどうやら具体的に足下まで近づいているようです。マンガや小説などの携帯配信を中心にした電子書籍は、150社約1000サイトの電子書店サイトが営業し、年商500億円規模という調査も出ています。

アマゾンのキンドル、アップルのiPhoneと年明け発売かと噂されるマックタブレット、デバイス(端末)側が先行して、これにのせる書籍や新聞などのコンテンツの対応動向が注目されているような気がします。

版元ドットコム入門(版元ドットコムの勉強会のシリーズ名)では、電子書籍の状況と、どのように作るのか、どこでどのように売ることができるのか、出版社としての具体的な対応の選択肢として、電子書籍の販売を考えてみることにしました。たとえば

・電子書籍フォーマットって全部でいくつあって、それぞれ、どういう端末に対応関係にあるか?
・電子書籍フォーマットのそれぞれの特徴
・電子書籍を販売するサイトはどこにどれだけあるのか
・実際電子書籍ってどうつくるの

などなど、です。「電子書籍の状況から作り方売り方まで」どうぞご参加ください。(文責・沢辺均)

内容(一部変更のある場合があります)
・電子書籍の制作と販売の実際
 梶原治樹(扶桑社 デジタル事業推進チームマネージャー)
 漆山保志(扶桑社 電子書籍担当)
・PC/iPhone/携帯での配信実例
 鎌田純子(株式会社ボイジャー取締役 制作企画担当)
・.bookをinDesignから作ってみた(デモ)
 山田信也(ポット出版 デザイナー)
・国立国会図書館のすすめる資料の電子化の構想と現状(予定)
 国立国会図書館から予定

日時:12月2日(水)18:30〜20:30(終了予定)
場所:東京電機大学7号館7階 7702教室(東京都千代田区神田錦町2-2)
< http://mirai.dendai.ac.jp/access.html >
参加費:版元ドットコム会員社=無料 関西支部枠10席用意あります。
関西支部の方は直近の参加申し込みも可能
会員社外=500円 会員社以外、出版社以外の方も参加ください
懇親会=割勘
申し込み方法 サイトのフォームから 申し込み締切11月25日(水)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(11/10)

・酒井法子被告に有罪判決、あ〜あ、ようやっとこのバカ騒動も終わるのか。あの失踪から今日まで、たかがタレントの動静を大のマスコミが追いかけ回し、何度もテレビのトップニュースになるのを苦々しく思っていた。いい加減にしろ、もっと大事な報道があるだろうが〜、何度もテレビに向かって文句を言っていたわたし。先の衆院予算委で「みんなの党」の渡辺喜美は、党の大事な発表の日にのりピーが事件を起こし、みんなの党の報道がすっ飛んだと嘆いていた。とんだ災難お気の毒。ほんと、くだらない覚せい剤事件であった。判決要旨に「現在は反省を深め、自分の責任を直視し(略)芸能プロダクションを解雇され、社会的制裁を受けていることなど、酌むべき事情も認められ」刑の執行猶予が相当とある。まあ、今回は被害者がいないからいいけど、さいきんの裁判員裁判でも、執行猶予がよく出ている(ような気がする)。犯行がどうだったかよりも、被告がいまどれくらい反省しているか、更生の可能性がどれくらいかが量刑の決め手だと、おかしなキャンペーンを展開していた朝日新聞の影響かもしれない。被告がどんな反省の態度を見せようとも(それが本心であろうと、サルでもできる反省ポーズであろうと)、量刑には関係がないはずだ。裁判官や裁判員が裁くべきは、被告の犯行そのものである。被告が罪を悔いていようがいまいが、泣こうが開き直ろうが、社会的制裁を受けていようがいまいが関係ないだろう。被害者側に立てば、加害者に酌むべき事情なんかない。犯した罪に見合った刑罰を科すのが正しい裁判である。被告のウソ涙や、練習を重ねたお詫びなどに騙されてはいけない。/版元ドットコムの「電子書籍の状況から作り方売り方まで」興味津々、行ってみるか。(柴田)

・今日はリザードのライブ。予定に入れていたが、行けそうにない......。完全復活ライブなのに〜!/移籍されるのか〜。/瀬奈じゅんさんの宝塚大劇場でのサヨナラショーが見たかった〜。/11倍の給水力を持つというクロス「シャム・ワオ」のCMを見るたびに欲しくなる。国産でも同じようなものがありそうな気もするんだが。/アペリオ パラソルハンガー20本付 H-2297パラソル型のタオルハンガー。タオルが洗濯バサミなしで手早く干せるし、乾いた後も畳みやすい。他の小物も狭い場所でたくさん干せるから好きなんだが、マンションの物干って低いから、かけるとタオルは地面から10cmほど上にしかならなくて、なんだかなぁである。軸が短くなるといいのに。(hammer.mule)
< http://www.sanspo.com/geino/news/091109/gne0911092055001-n1.htm >
6,500人か〜。東京だともっと増えそう。
< http://www.666-666.jp/product/3196.html >
シャム・ワオ。Macの人はFlip4Macを入れてから動画
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00243GOGU/dgcrcom-22/ >
パラソルハンガー