新連載=装飾山イバラ道 勇気を磨く日々/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,000文字)


武田瑛夢です。タイトルの「装飾山イバラ道」は、制作しているデコラティブなアートが積み重なって山になるには険しいイバラの道がある、というような意味です。これから日々の喜怒哀楽を書き綴っていこうと思いますので、よろしくお願いします。

私はあまりゲームと縁がなさそうなタイプだけれど、任天堂のWiiで最近かなり遊んでいる。そもそもこれがはじめての自分で買ったテレビゲームなのだ。本当はファミコン世代。しかし子供の頃は学校のみんなが持っていたゲーム類を、私は一切買ってもらえなかった。縁日のものは食べちゃダメ! というのに近いノリで、ゲーム禁止の幼少期だったのだ。

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスそんなヒトが大人になって、こうしたおもちゃを手にしてしまうと、変にはじけることが多いらしいけれど、私もまったくその通り。今年は正月から「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」をクリアするのに躍起だったし、そのあとは「おどるメイド イン ワリオ」や「エキサイト トラック」などなど。


週末にまとめて進めるゲームや、ちょこっと気分転換用などいろいろなタイプがある。そして、今進行途中のゲームが「ゼルダの伝説 時のオカリナ」だ。そう、もう何年も前のゲームを、それこそ時を越えてやっている。オンラインで購入し、クラシックコントローラという昔タイプのコントローラを使って遊ぶのだ。

Wii版「トワイライトプリンセス」をクリアできたので9年前に制作された「時のオカリナ」もきっといけると思っていたら、これが難しい。グラフィックは思ったよりもきれいで、一度その世界に入り込んでしまえば、過去のゲームのクオリティという点はまったく気にならなくなった。

「時のオカリナ」は単に難易度が高いというよりは、「厳しい」のだと思う。たとえば、縄の上を歩くときにちょっと操作がどんくさいとすぐに下に落っこちる。次への手がかりに気づくまでに時間がかかり、まさかと思う方法でやっと先に進めたりする。

そして、年齢的な問題のせいなのか週末にだけプレイするというやり方だと、かなりの時間を「前回まで何をやっていたか」を思い出すのに費やさなければいけないから辛い。自分のせいとはいえ、情けないし時間がもったいない。

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス 初回生産限定:「失踪」「フォーン・ブース」DVD付海外ドラマの「24」の「前回までの24」ように「前回までのゼルダ」がてっとり早くムービーで見られたらどんなにいいだろうと思う。既にそんな機能のあるゲームはあるのかな。プレイヤーのシーンを、ダイジェストして生成しなければならないからけっこう大変そう。

そして私は、瑛夢(えいむ)という名前で性別不詳だけれど、地図が読めない女なのである。だからダンジョンマップが読めない。読めないというよりも、ワクワクしないのだ。しかし、うちには去年からだんながいるので、マップはだんなが解読してくれる。

そう、実は私は一人でなんか絶対ゼルダをクリアする力などないのであった。マップがみつかると、だんなは私よりも明らかに嬉しそう。私に指示ができて主従関係が好転するからか?

でも私の方が剣で戦ったり、何かを飛びながら進むなどのアクションが得意。そしてどうもだんなより勇気がある。まだ見たことのない敵が登場するシーンになると、なぜか必ず私がコントローラを持たされているから。

つくづく思うのはゼルダを戦うのに必要なのは、この「勇気」だということ。ずっと抜けられないところを、ある日の朝、少々の犠牲を払ってでも行こうという気持ちで戦ったら勝てたりする。ゼルダは勇気を磨くのにもってこいだ。

ただ実際は「勇気の前に記憶力」というのも事実。すばやく前回までの戦いを思い出せなければはじまらないなと。勇者である前に賢者でなければクリアへの道は遠い。

人が9年も前にとっくに超えた道を、今がんばっているのもなかなか楽しいものだ。きっとどんなに昔のゲームでも新鮮に楽しめるのが、幼少の頃にゲーム禁止だった恩恵なのかもしれない。

【武田瑛夢/たけだえいむ】 eimu@eimu.com
300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)「やさしいデザイン」を書き上げて見に行った映画は「300」のスパルタ世界。
ヘルメット付きDVDが買えなかったのが残念です。

装飾アートの総本山WEBサイト“デコラティブマウンテン”
< http://www.eimu.com/ >

新刊「やさしいデザイン」誰でもかんたん、レイアウト・配色・文字組
エムディエヌコーポレーション発行 インプレスコミュニケーションズ発売
< http://www.mdn.co.jp/content/view/3983/ >

photo
やさしいデザイン―誰でもかんたん、レイアウト・配色・文字組
武田 瑛夢
エムディエヌコーポレーション 2007-09



photo
Photoshop デザイン便利帳
吉田 浩章 武田 瑛夢
翔泳社 2005-11-23

Illustrator デザイン便利帳

by G-Tools , 2007/10/30