装飾山イバラ道[222]私がイカになる時/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,000文字)



スプラトゥーン2は、一試合が3分や5分なので、気軽にできるのがいい。

そして、とうとうガチエリアでのウデマエがA-になった。憧れのA帯だ。11段階あるウデマエの下から7つ目。

この上には「A、A+、S、S+」のあと4つがあるけれど、一説によればプレイヤーの分布はAから下の人で全体の8割位らしい。

その他のガチルールでもA帯になりたいけれど、B帯で安定してしまっている。たまにしかできないし、このままでは何かのキッカケで強気にならないと突破できないだろうな。

それにしても、ずっとB帯の中を上ったり下がったりブキを変えたりだったので、停滞が長かった。

調子がいい時はたまにブキが光ることがあったので、戦いには慣れてきたとは思う。どうやら、新しく出たクラッシュブラスターネオが自分に合うようだ。

このブキにはクレヨンがついてるなとは思っていたけれど、よく見ると鉛筆削りっぽくもあるヘンテコな見た目だ。

スプラトゥーンのブキって、大抵は家庭用品がもとになっているのだ。洗剤とか灯油ポンプとか筆とかがデザイン元のブキで、インクを塗り合う。





●ブキごとの強い場所を見つける

ザップで鍛えたエイム力は捨てて、クラッシュブラスターネオの爆風4発あてでパンパンパンパン。楽しい。リアル世界では何事も平和を心がけている私が、マルチミサイルを撃っている姿は自分でも恐ろしい。

ただ、せっかくウデマエが上がったのに、ガチエリアで戦うのが怖いという状況。みんなそうかな。続けて負けるとウデマエが落ちちゃうからだ。

何戦か勝ってゲージの真ん中ぐらいにあるラインを上回れば、しばらくはA-から落ちない仕組みだ。実力が安定していないと、結局はゲージが割れてしまうので仕方がない。

なかなかうまくできたレベル判定なので、なるようにしかならない。この記事も、A帯に入ったものがあると言えるうちに言っておかないと、すぐに落ちる気がして慌てて書いているのだ(笑)。

得意のステージ「ザトウマーケット」が来たので、恐る恐るやってみる。A帯のみんなは動きにムダがないような気がする。一つ勝って一つ負けてまた休む。早くラインを超えなければ、A帯の人たちと戦う機会がなくなってしまう。

自分が得意だと思っているステージというのは、ブキの適性ももちろんだけれど、立ち位置を把握できていることが大事なようだ。

うまい人の動画を参考に、ブキの射程にあった立ち回り方を練習する。「このブキはココが強い」という場所が必ずあるので、積極的にそこに居られるようにする。

ただ相手が強い時はすぐにバレて、同じ場所には長い時間はいられなくなる。先に敵を見つけて攻撃を仕掛けた側が強い場合が多いので、単純な戦法は通用しなくなるのだ。

●4人の中のエース

4人対4人で戦っていると、敵で試合を引っ張っているのが誰なのかわかるようになってきた。何度も自分がヤラれるので、試合終了後の結果発表を見てみると、キル数が20を超えているような人がいるのだ。

案外、味方で強い人は「裏取り」で相手陣地へ行って戦っているので、試合中は気がつかなかったりする。あのブキの人が、実はこんなに強かったおかげで勝てたのかと後でわかる。これが私の弱いところだと思う。

使うブキの射程によって戦う場所が違ったとしても、味方の動きも視野に入れないと強くはなれないのだ。Mapをマメに見て、すぐに把握できるようにならねばと思う。

普通の地図も、ゲームのダンジョンマップも、苦手なタイプなんだよなぁ。

状況判断に必要なものはすべて揃っているのに、目の前のことでいっぱいいっぱいで見るクセが付かないのだ。スプラトゥーンがすごく上手いYouTuberたちの動きの速さと、状況把握の的確さにはいつも驚く。

おそらく前にも言ったけれど、強い人って同時に掴むことのできる情報の多さが全然違うのだと思う。多くの情報を「試合運びに有利になる」という目的の一点に集中させて使うことができる人たちなのだ。

ガチはその名の通り本気で戦う人の場所なので、自分がおばさんであるという甘えは通用しない。次の試合が誰かの昇格試合かもしれないし、ゲージが割れるギリギリの試合の人もいるかもしれないのだから。

クラッシュブラスターは周囲の仲間と助け合うことも重要なブキなので、前線にいることが多い。前で一緒に戦うタイプの味方がいるとありがたいし、つかの間の連帯感を感じる。

どこかの小学生と、味方になって助け合っているのかもしれないな。

ゲームの中では、結局、みんなイカなのだ。


【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
http://www.eimu.com/

掃除で大量のLPレコード、人形をそれぞれ専門業者に送ったりした。物をきちんと手放すというのはとても大変だ。LPって「帯」が残ってるかが買い取り価格を決めるらしい。ほとんど残ってなかった。

一方マンションのゴミ捨て場に、どう見ても粗大ゴミをそのまま置く人がいてとても困る。カメラ設置などの方法しか、防ぐ手立てはないのだろうか。