装飾山イバラ道[226]パンダに行ってきた/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,900文字)



やっとパンダに行ってきた。「パンダに行ってきた」って、日本語としてはかなり間違っていると思うけれど、シンプルで内容にあったユルさがいい感じなので採用。行ったらほとんどの人がこう言うような気もするし。

・上野動物園 公式twitter
https://twitter.com/UenoZooGardens

以前、パンダ観覧の抽選にトライしたことを書いた。パンダが小さかった、抽選が激戦の頃や、整理券方式だった時には結局行かなかった。

抽選には当たらず、整理券の頃は忙しかったのだ。今現在は、列に並んだ順というシンプルな方法だった。





まだ一時間待ちは当たり前な感じで、これ以上暑くなると熱中症対策を講じる必要が出てくるので、夏休み前の今しかないんじゃないか? と頑張ってみた。(夏休みになるとまたルールが変わるかもしれないので、行く前に最新の情報を確認した方がいい)

開園の一時間前ぐらいに着いて待つ。パラパラと雨が降ったり止んだりで、涼しくてよかった。動物園の入場券は先に買っておくのがいいらしいけれど、コンビニにはなく、動物園の券売機でないと買えないようだ。

今思えば、チケットショップに行けば売っていたんだな。入場券を持っている人の列と、これから買う人の列は違うので数十分の違いが出そうだ。園内の行列は木陰の場所も通るけれど、帽子や日傘、飲み物の用意が必要だ。

シャンシャンはとても元気だった。昔コアラが来た時に見た、木の股で寝続ける灰色の丸い塊のような状態ではなく、なんとアクティブに水浴びをしていたのだ。

ガラスの前がちょうど水場なので、暑くて早い時間だと水浴びをすることが多いのかもしれない。WEBのライブカメラで、何時頃がアクティブなのか調べておくのもよさそうだ。

・上野動物園 シャンシャン
http://eimu.com/dgcol/pand01.jpg

これはiPhoneの動画から切り出した写真だ。こちらに顔が向いている時に撮ることができて良かったけれど、ボケていて申し訳ない。パンダの前に居られる時間が短いので、ワンショットづつ狙うよりも、動画の成功率が高かった。

一歳になったばかりのシャンシャンはとても可愛くて、黄色い声を上げている人がいる。パンダの前では立ち止まらないで歩くのがルールで、警備員の人が誘導していた。私の写真にも青色の警備員の服がかなり写っている。もっとじっくり見たいよう。

・シャンシャン 茶色の肉球
http://eimu.com/dgcol/pand02.jpg

動いている姿をはっきり見られたので、一回目としてはおそらくラッキーだったと思う。シャンシャンは丸々としていて、肉球は茶色だった。

朝から費やした時間に比べると、見るのって本当にあっという間だ。パンダコーナーの外に出されると次にすることが思いつかなくて、しばしさまよってしまう。

簡単な食事をしてから園内を見回った。プレーリードッグが可愛くて、小動物好きの人にはオススメだ。まだ生まれたばかりの小さい子も数匹いて、愛らしい動きがたまらない。

・プレーリードッグの子供(手前)
http://eimu.com/dgcol/prepre.jpg

奥の大人のプレーリードッグに比べると、子供の大きさは三分の一程度で、片手に乗せられそうだ。もう立派に草を食べている。両手で葉っぱを持ってカジカジと食べ続けていて、本当に可愛い。

こちらはパンダ舎と違っていくらでもいられるので、時間を忘れて見てしまう。

夏はシロクマが水の中を泳いでいて、清涼感があってとても人気で、人だかりができていた。猿山も見たけれど、午後は暑くなってきたので、皆日陰に入ってしまい、外から見られる猿は少なかった。

連夜のワールドカップ中継で、寝不足なのに朝が早かったので、今日は見たいものだけ見て帰ってきた。

動物園は入場券も600円と安いし、年間パスポートでも2,400円だ。私は一年に四回以上動物園に行った実績は今までないのでやめたけれど、もっと近くに住んでいたら、動物園に散歩に行くのもいいと思う。

シャンシャンを毎月見に来ているという人もいるらしいし、行くたびに違うことを発見するのが楽しいのはよくわかる。思いついたらすぐに行ける距離にあるレジャーも、たまにはいいものだ。


【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
http://www.eimu.com/

とうもろこしや枝豆、スイカが美味しい夏が来た。とうもろこしも枝豆も、生からレンジで美味しく出来るのが便利でありがたい。スイカは小玉スイカ。最近のはだいぶ甘いと思う。