装飾山イバラ道[256]大型台風の前/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)



台風の前の夕方、私はまだ雨もさほど降っていない時間帯から、東京の渋谷にいた。今日は、都内在住の私のあの日前夜について、ほぼ記録に近い内容。

ランタンを買いに渋谷の大型電器店に行くと、既に売り切れのようだ。空っぽのワゴンが悲しい。乾電池式のスマホ充電器が少量入荷したとの売り場の人の大きな声で、一つを手に取って乾電池と共に買う列に並ぶ。このタイプの充電器は、周囲のお店ではほぼ売り切れだという。

ランタン代わりに、サイズ違いのLEDライトも幾つか購入した。一人づつ持てるようなミニタイプも移動時に役立ちそうだ。





3.11の後に購入したランタンは、既に劣化していたので処分した。代わりのランタンを買うのを忘れていたのは、ノド元過ぎればなんとやらで反省している。新しいものを買ってから捨てるべきだった。

なぜそんなに焦っていたかというと、その日に英会話で話したニュージーランド人の情報によるものだ。日本で暮らす外国出身者にとって、あの日の台風の大きさは驚異だったようだ。彼からいつもの明るさを奪っていた。

渋谷の駅前、風が強い。スクランブル交差点に立っていると、ビルに付けられた看板などが大丈夫か心配だった。広告用の色々な板があちこちにくっつけられた街だということを、この日再確認する。グレー色の空の下、普段気づかない場所までじっくりと見渡す。

●グルメだけではないデパ地下

デパ地下では、パン屋に長蛇の列ができていた。私も実はパンを目指して寄ったのだ。「忘れずにパンを買わねば」もしも停電になったら、電気やガスを使わずに食べることができるパンは助かる。

SNSでは、近所のスーパーやコンビニの、パンの売り切れ情報が出回っていた。全国どこでもパンの棚が空っぽの写真。

不思議なことに、まだ駅ビルのデパ地下のパン類には在庫があった。列が長いということは、買うものがあるということだ。商品棚にも色々なパンが、けっこうある。すると、店の奥でパンを作っている人々が見えた。ギリギリまで焼きながら出していたようだ。ありがとうございます。

スーパーやコンビニは工場で作ったパンを車で運ぶので、品不足になるのが早かった。事前に決めた量しか出荷されていないからだ。規模は小さいけれど、作る量を増やして対応できる点で、デパ地下も頑張っていた。

今後に備えて、明日以降のパンを多めに買っている人もいたけれど、中には一人分のサンドイッチだけという人も。危機意識や備えは人それぞれなのだ。長蛇の列にいると、つい観察眼と想像が巡ってしまう。少し長く保存できそうな、フランスパン系も人気だった。

焼きたてのパンは良い香りで、すぐにでも食べたい気分になる。その時のためにとっておくべきだと自分に言い聞かせて、今晩の夕食の弁当を買う。なんだか今晩は、ガスで調理する気分がすっかりとなくなっていたのだ。

●無駄だとは思わない

家に帰って、買ってきたものをテーブルに並べる。充電器にロングケーブルに、乾電池とライト。夫に、これらのほとんどは既に家にあると言われた。気持ちが慌てていたようだ。食べ物だけは嬉しそう。夫は私と違って、危機に無頓着なのがかえって助かる。

私は何かしておかないと足りなくなりそうな不安で、買い物が多くなりがちだ。しかし、私もこれについてはそう反省はしていない。まったく使えないものはないし、イザという時にどれがどう役に立つかは、実際のところよくわからないものだからだ。

その後、台風をリアルタイムに可視化できる天気系のアプリを沢山iPhoneに入れて、雲の動きを見ていた。嘘のように大きな渦に、日本列島が飲み込まれていくような映像。風の向きの矢印や、雨の量の色分けがすごい。

天気系のアプリはどれがいいのかわからないので、とりあえず入れていたら、アラートがうるさくてまいった。こういうものは、必要最小限の方がいいようである。

「東京防災」のアプリも入れた。黄色が華やかでサイのマスコットが可愛い。しかし、演出が多すぎて緊急時の気分には、少々合わない気もした。おそらく余裕のある時に使うものなのだろう。

いや、もしや、本当に困った時でも、このくらいの可愛いアプリの方が気分が紛れる効果があるのかもしれない。

実際の台風が上空を通り過ぎる時には、風の音が今まで聞いた中で一番強かった。可視化アプリでは一番濃い色ではなかったものの、あの時だろうというのが後でわかった。うちの周辺は停電はなかった。

朝になってテレビの情報で被害の大きさが明らかになっていく。情報収集と判断のタイミング。情報発信する番組も少ない、夜の間に来る台風は本当に恐怖だった。

【武田瑛夢/たけだえいむ】
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
http://www.eimu.com/

その後、ランタンをネットで注文。ソーラータイプで人気のものだ。電池で点くものとダブルで用意しておけば、安心だ。かなり周囲を照らせる明るさで、ものすごく軽いし、パワーの残量も見える。普段も使えそう。

・キャリー・ザ・サン-CARRY-THE-SUN
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07RN1C9F1/dgcrcom-22/