装飾山イバラ道[271]期待した夏
── 武田瑛夢 ──

投稿:  著者:



昨年は2020年のオリンピックに期待していた。実は陸上競技のチケットに当たっていたので、すごく楽しみにしていたのだ。競技場でゴールサイドに近いといいなと想像していた。同じ金額のチケットでも、反対側だとゴールが遠かったりする。

結局、今年コロナが流行し、そんな想像していた未来はすっとんでしまった。あの時チケットの当落で一喜一憂したのは何だったのだろう。開会式のチケットに再トライするのを忘れてしまい、呆然としたりしたっけ。

しかし時というのは、残酷なようで優しく、今はすっかり諦めもついた。また他の楽しみを探せばいい。アスリートたちは戦いの機会が延期され、大変だと思う。





今年の春、コロナが流行っていた時は、夏にはおさまるかもという新たな期待をもった。実際はさらなるピークが来そうになっていて、また期待は破られた。検査数が増えたことも理由なようで、数ばかりを注目してもしょうがないかもしれない。

コロナへの恐怖は変わっていないけれど、感染予防の対策に慣れてきたことで落ち着きは取り戻している。人が多い所へは行かないし、買ったものは徹底的に消毒する。

次亜塩素酸や次亜塩素酸水も活用。ようやく効果が認められたようで、安心して使える。そもそも消毒って、目に見えないので実感が伴わない。洗剤の汚れ落ちのようには効力が見えにくいのだ。

この量をこう使えば消毒できています、という説明を信用するしかない。YouTubeで見た拭き取り方法の動画。人が触れたものには全体にラメが付着していると思って、それをすべて消毒剤でぬぐいさるイメージを持つ、というのがコツだそうだ。

私も拭く前の食材には、全てラメがついているイメージでがんばっている。例えばバナナがラメだらけを想像するから、なんか美味しくなさそうだけれど、食欲は旺盛なので大丈夫みたいだ(笑)。食の細い人だと、精神的にキツいかもしれない。

●宅配でも楽しむか

自炊ばかりだと限界が来るので宅配も便利。そろそろテイクアウトもやり方が整っているだろうから試してみたい。近所のピザ屋さんが、ステーキ丼の宅配もしていたのに気がついたので試してみた。グリルを活用しているのだろう。美味しかったけれど、そもそもステーキは自分で焼くのも好きなので、やはり作った方がいいかな。

記念日に利用していたレストランでも、テイクアウトやデリバリーが始まっているらしい。デリバリーには専用のお届けシステムを使うらしく、デリバリー料だけでうちの区だと3000円くらいする。万単位の食事を運んでもらう場合でないと大変だ。素直に行った方が良さそう。

コロナ対策についてもいくつも項目が書かれていて、スタッフは1分以上接するサービスを控えますとか、メニューは使い捨てもしくは使用毎に消毒済みというように考えられていた。

元々良いお店ほどテーブルの間隔は広いので、安心かもしれない。レストランでは個室予約の利用価値も、コロナ対策としての需要がありそう。私はまだまだそんな気持ちにはなれないので、当分はおあずけだ。

カラオケ店やレジャー施設のWEBを見てみても、コロナ対策用の説明文や動画を用意している。どれも丁寧でわかりやすかった。すっかり準備が整っていて、日本人のまじめさがよくわかる。

●無駄は削るべきか

私はカラオケ店の会員なので、自分のアカウントにいつも使う歌のリストが保存されていている。今はまったく行っていないのに、月会費だけがかかっている状態だけれど、継続するかを悩み中。やめてしまえば、以前のリストも録音も消えてしまう。これも執着でしょうかね。

新しい暮らし方の中で、継続していくサービスと思い切ってやめるものを選択する必要がある。

今はインスタライブが楽しい。行きたい時に行って、常連と話しながら過ごすのが気楽でいい。日々のコメントのやりとりで気にし合う関係が程よい。

アカウントネームしか知られていない人がほとんどだけれど、そのぐらいがちょういどいい。それぞれしっかり個性が感じられて、信頼できる友人も沢山できた。

実際に会わない関係も捨てたものではない。いつかリアルにつなげたり、さらに関係を深めたり広げたりしたいと思っている。この未来の想定があるかないかで、今の関わり方も変わる。私にとっては、皆大事な人なのだ。


【武田瑛夢/たけだえいむ】
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
http://www.eimu.com/

「NiziU」のミュージックビデオが可愛い。毎日見て元気をもらっている。
NiziU 『Make you happy』 M/V


オーディションの様子もYoutubeで見直して、マコちゃんやミイヒちゃん、リオちゃんに加えて、ニナちゃんのファンになった。結局、みんな可愛い。