グラフィック薄氷大魔王[511]敗北だが、ついにEl Capitanに戻した/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:9分(本文:約4,000文字)



●El Capitanに戻すことにした理由

先日、新intuos ProのMサイズPaper Editionを購入。使い心地とか豪華な箱の件は後で書くとして、ちょっと期待してたのがSierraでのペンタブの不具合(WACOMではなくMacOSの問題と認識)が、新intuos Proと最新ドライバで解決されるんじゃないかと。

しかし「連続クリックできない」症状が出てやはりダメでした。Sierra上で最もマシなドライバ6.3.18-4では、新intuos Proは動かない模様。

Sierraの次のMacOSが出るのは秋頃だろうけど、この問題が直る保証はない。それまで半年待つと、MacBook Pro 15(Mid2015)は昨秋から丸一年間まともに使えないということになる。





昨年10月にEl Capitanに戻した古いほうのMBP(Mid2014)をメインマシンとして使ってるのだが、新しいほうが使えないのではもったいない。

Windowsに移行するのも躊躇。というのは、ここしばらくSurface Pro 4と外付けディスプレイ+intuos Proで試してみてたところ、筆圧が効かなくなるトラブルに見舞われる。ドライバを開いた瞬間に外れるらしい。

このへんちゃんと挙動の検証とかしてないものの、PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTで筆圧が効かなくなるのは確か。

Windowsでもペンタブのトラブルに悩まされるのなら、El Capitanに戻すほうがぜんぜんマシ。クリーンインストールでも、工場出荷状態に戻すのでもぜんぜん抵抗ない。

というか、クリーンインストールは気持ちよくて好きw 以前は趣味のリフレッシュみたいに年に何度もやってたし。ただ、Dropboxの全ファイルダウンロード同期に丸二日くらいかかるのだけがイヤ。ど〜しよ。

しかし、今までいくつかのPCやBootCampでWindowsでWACOMを使ってきてたわけだけど、こんなすぐ外れたっけ? 他社ユニットのSurface Pro 4だからなのか?

Facebookで聞いたら、「他社ペンタブドライバが入ってるものを含むノートPCは外れまくる印象だが、デスクトップPCはそれほど外れない」との事。WACOMサービスを再起動して使えるようにする、ユーティリティなどもあるようだ。

Windowsマシンを買うなら強力なグラボ入りのゲーム用ノートにするつもりだったけど、今はやめとくか。デスクトップPCは今さら気が進まないなあ。WindowsはBootcampで使ってもいいわけだし。それなら今後マシンの買い換えなしに数年はイケる。

とりあえずEl Capitanに戻す方向で。するとSierraマシンがなくなって、アップデートや新ドライバで直ったかどうか確認ができなくなるので、サブのMacBook AirをSierraにアプグレする。

僕のOSやソフトを使う上でのポリシー「古いバージョンや開発終了したソフトを使わない」的には敗北……。

ソフトやドライバの対応も確認せずにSierraを入れるから、こういう目に遭うんだとか言われそうだけど、未対応だったスキャナドライバのアップデートをしばらく待った上でアプグレしたんだよなあ。

そもそも、ペンタブのトラブル情報はほとんど出てなかった、というか僕しか書いてないわけでw 待つ意味もなかった。

●インストール関連のあれこれメモ

普段の環境に戻すというか整備する場合、Facebookなんかに実況レポート的に書くことが多いけど、肝心なことを書き忘れたりする。次回に役立つであろう件を書き留めておく。

・念入りにバックアップ

2台のTime Machineと、Dropboxとユーザーフォルダを別に保存。これらは3台のHDDだったのだが、数百GBを扱うにはやはり遅すぎ、最終的にはMacBook AirのSSDをターゲットモードで接続してデータ移行した。

・認証の解除

Adobe CC、iTunes、ZBrushなど、ライセンス認証を解除しておかないと後で面倒。Dropboxのリンクを解除、Evernoteもログアウト。

・設定をメモ

環境設定を再現するのがややこしいソフトは、メモしたり画面キャプチャを撮ったりしておく。

・工場出荷状態に復元を始める起動ショートカット

「command + R」Mac に内蔵されている(ローカルの)復元システムから起動
「option + command + R」インターネット経由で復元システムから起動
https://support.apple.com/ja-jp/HT201314
後者を使った。

・二段階のOS復帰とソフトのインストール

工場出荷状態に戻すとYosemiteになった。そこからEl Capitanにアプグレ。手順は簡単。無事、El Capitanに戻せた。WACOM最新ドライバを入れて新intuos Proちゃんと使えてます。

Adobe CCや3Dソフトなど制作に使うソフトはインスコ完了。他ソフトも淡々とインストール。Mac App Storeで購入したものは、購入済みリストのインストールボタンを次々押すだけ。めちゃくちゃラク。

・ファイルメーカーと他データベースソフト

10年も前のver.9を延々使ってるけど、元々アプグレ版ディスクなので新規インストールができない。前回どうやったんだっけな〜。どうやってもダメならアプグレ範囲外なので最新版を買うしかない。

ファイルメーカーは、20年以上前のver.3の時に作ったデータベースをほぼそのまま使ってるだけなので、高機能な最新版を入れるのに抵抗がある。

っていうか、Windows移行の可能性も踏まえて、そろそろ他ソフトに移行したいのだが。一般的にはExcelを使うんだろうけど、ちゃんと調べてない。

一時期、FileMaker社のパーソナル版Bentoに移行しかけたんだけど、住所ラベルプリントの不自由さに躓いてファイルメーカーに逆戻り。その後Bentoが開発終了しちゃったので、どうしようもないw

Mac App Storeを見てみたら、「Stewardデータベース」や「Tap Forms」などいくつかあった。データベースのインポートもできるようだし、いいかも。でも、やはりファイルメーカーほどプリントレイアウト自由自在じゃないだろうな。
https://itunes.apple.com/jp/app/tap-forms-5-organizer-secure-database/id1081981112?mt=12
https://itunes.apple.com/us/app/id1031794822

と思ったら、別マシンからファイルメーカー9のフォルダをコピーしてきたら普通に起動した。あれ〜〜? そんなんでいいのか?w

・MS Office

Office Mac 2011をそのまま使おうかと思ったけど、結局Office 365 Soloを一年購入してOffice Mac 2016をダウンロード。滅多に使わないけど、ないと困る。感情入れずにポチッとな。

・データ転送に手間取る

Mail.appデータ読み込みに3時間以上かかった上に、アカウントがどこか不備で受信できなくて困ったけど、なんとか解決。Evernoteも読み込み完了。

ようやくDropboxと書類のコピーに取りかかったのだが、Carbon Copy Clonerは安全とはいえ時間がかかりすぎる。Dropboxはターゲットモード(Tを押して起動)にしたMacBook AirのSSDから転送。それでも数十分かかった。

やっとインデックス作成までたどり着いた。このまま放っておく。ダウンロード同期でなくても、丸一日くらいはかかるだろう。と思ったら、2時間ほどで完了。

・完了

ちょっと手こずった割に、同期含めず10時間ほどで整備完了。けっこう早かった。MacBook Proの初回Time Machineバックアップ中。手順としてはこれで全部終了。ふー。続いてMacBook AirをSierraにアプグレ。こっちは手間はかからない。数十分後に完了。

・その後の追加

リストを見ながらインストールしてるわけじゃないので、大事なものを忘れてたりする。後で追加したのは、Jedit、Skype、プリンタドライバ、スキャナドライバ、ディスプレイのプロファイルなど。

・クリーンインストールは気持ちいい

OSX以降、新しく購入したMacはほとんど丸ごと、データ移行で済ませているんだけど、たまにクリーンインストールすると、不要なソフトやデータが省かれて気持ちが良い。

各ソフトに設定した環境設定や、ショートカットなどを移行しなきゃならないけど、それもいろいろ確認して取捨選択できるし。


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  http://www.yoshii.com/
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

チュッパチャップスの包装紙ってなんであんなに取りにくいんだ? 日本の製品だったら、まっ先に改良される部分に違いない。100円で2本(アタリはもっと多く)出てくるガチャポンの、前を通りがかるたびに買っちゃうのだ。

ネットで調べてみたら、包装紙の端っこを見つけて引っぱればラクに開くと。そりゃそうだけど、それでも開かないこと多いんだもん。

・ショップジャパンのキャラクター「WOWくん」
https://shopjapan.com/wow_kun/

・パリの老舗百貨店Printemps 150周年記念マスコット「ROSEちゃん」
http://departmentstoreparis.printemps.com/news/w/150ans-41500

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii

・rinkakの3Dプリント作品ショップ
https://www.rinkak.com/jp/shop/hiroshiyoshii