グラフィック薄氷大魔王[588]iPad Proでラフ提出を完結させるテスト/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,500文字)



●Mac必須だったことがiPad Proで!

新iPad Proは素晴らしい! って話が毎日のように入ってくる。まだしばらく旧iPad Proを使い続けるつもり。春に12.9インチ(第二世代)を買ったばかりなので、飛びつくにはまだ抵抗がある。

最近はProcreateをラフ描き作業によく使うようになった。実際のところ、ラフ描きに限ればiPad Proのみで足りてしまう。

とはいえ、iPad ProはあくまでMacの補助なので、iPad Proのみで完結させたことがない。で、ラフ描き仕事はたとえば下記のような手順が必要↓

1・紙に描いたスケッチをiPad ProのProcreateに取り込む
2・Procreateでラフとして完成させる
3・A〜C案として三つを集めてトリミング→JPGでメールに添付

1と2は問題ない。ところが、3の「トリミング」がProcreateではできないんだよ〜。なんでそんな簡単なことができないんだ?




検索したところ、ArtStudioでトリミングできるとのこと。
http://necojita.com/2018011613206

1〜3の手順をあらためてiPad Proでやってみた。PSDで書き出してArtStudioに読み込み、トリミングもメール添付も確かにできた。Mac無しでできるけど、めんどくさいねえ。PhotoshopのiOS版が出たら、そのあたりラクになりそう。
http://www.yoshii.com/dgcr/artstudio_IMG_0053.jpg

トリミングできるアプリは、他にもいろいろありそうだけど何かないかな? と思ったら、なあんだ。iPad Proで必要な部分のスクリーンショットを撮って、写真.appでトリミングすりゃよかったんだw メール送信もできる。
http://www.yoshii.com/dgcr/photo_crop_IMG_0055.jpg

そういえば、ラフを描く上でProcreateの不満な点がもうひとつ。彩色する際にカラーピッカーを出しっぱなしにできないのがとても不便!

○追記
 
他の記事の都合で掲載を二週間ほど後回しにしてたら、先週のProcreateアップデートでクロップが搭載されてしまった〜。いや、搭載してくれてありがとうw 試しにやってみたら、クロップして「共有」から直接メール添付で送れた〜。完璧!

アップデートといえば、Procreateとは関係ないけど、映画配信のU-NEXTアプリに再生速度変更機能がついたのがうれしい。これでiPadで映画観るのに不自由なくなった。なんか、Mac必須だったことがどんどんiPad Proで出来るようになっていくぞ。

●アルバイトしたほど好きだったラーメン屋

スガキヤラーメンは地元蒲郡のユニーの一階にもあって、高校時代によく行ってた。ソウルフードと思えるようになったのは40歳に近づいた頃。それまでは、確かになじみのある味だけど、特別何も思ってなかった。ごめんw

で、そのユニーの三階(四階だったか?)のフードコートに別のラーメン屋があった(ソバ・うどんもやってた)。脂がこってり浮いていて、香ばしい焦げかけの豚肉の切れ端が混じってるスープなのだが、めちゃくちゃ美味しかった。何度も通った。

どういうわけか「味の秘密を知りたい!」と、高校三年の夏休み〜冬休みにか
けてアルバイトに行った。

主に皿洗いとソバなどの麵を茹でたり、盛り付けなど。ラーメンのスープそのものは、中華スープの粉をお湯に溶かすもののようだったが、浮いてる脂の作り方はわかった。

一斗缶のラードをでかい鍋に出して火にかけ、小さく刻んだ豚肉をどっさり放り込む。しばらくすると豚肉の水分が飛んで、フライ状態のカリカリになる。それを提供するときに、ひとすくい丼に放り込むのだった。それが「味の秘密」だったw

チューブ入りのラードと豚肉を使い、家でスープを作ってみたことあるけど、まああんまり似なかったw

バイトは高三の冬休みに「卒業したら専門学校に行く」と話したら「仕込んでずっと働いてもらうつもりだったのに、学校行くんだったらもう来なくていい」と即クビ。今考えたらヒドイw その後、「忙しいから手伝って」と一〜二回呼び出されて行ったことある。

最後に客として行ったのがいつだったか忘れたけど、たぶん二十代前半か。三十数年前。

最近、そのラーメン屋の存在を思い出して「ユニーのフードコートのラーメン屋」を検索してたのだが、出てこない。ユニー自体、2000年頃に近くに移転してアピタになってしまった。その店は入ってない。

そもそも、その店の名前を覚えてなかったんだよw だって、僕にとって「ユニーの三階のラーメン屋」でしかなかったから、名称があると思ってなかった。

食材の入った段ボールに、「ホテイフーズ」と書いてあったのは何となく覚えてたんだけど、考えたら大手食品会社のホテイフーズ製の食材だったんだなあ。

昨日、奥さんが「ユニーの店舗が現在残ってるかわからないけど、ユニー関連のアピタ他の、フードコートに入ってるラーメン屋を確認してみれば?」と。

そしたら、なんと!「ホテーフーヅ」という麺類の店があるじゃないか〜!! 現在、名古屋近辺のアピタやビアゴなどに九店舗が存在することが判明! 過去にユニーにも出店してたことを確認。この店だ〜〜!

しかし、食べログなどでラーメンの写真を見てみると、ちがうかなあ……。記憶にあるラーメンはスープがこんなに茶色くなかった。海苔やモヤシなどの具材は共通だとしても。

これは、ぜひ一度行って確認してみないとねw(Twitterなどで検索してみると、ホテーフーヅも地元ではそこそこ知られている店らしい)


【吉井 宏/イラストレーター】
http://www.yoshii.com
http://yoshii-blog.blogspot.com/

高校時代、その「脂に浮く香ばしい焦げかけの豚肉の切れ端」は「実はヘビの肉」という噂があって、アルバイトに行ったのは、それを確認したいという理由もあったわw

・スワロフスキー「HOOT HAPPY HOLIDAYS 2018年度限定生産品」
https://bit.ly/2QbNMmg

・スワロフスキー「SCS ペンギンの妹 PATTY」
https://bit.ly/2OZa3n9